おっぱい引力。ふくよかな外国人女性のVネックに手こずった話

みなさんはおっぱいって好きだろうか?

 

私は好きだ。なんだったら好きなものの中でも相当上位に入るほど好きだ。愛しているといっても過言ではない。当たり前だ。健全な青年なんだ。

 

 

 

そこで質問なんだが、君たちはどのくらいおっぱいは好きなのだろうか?

私は高校時代、おっぱいとは何かを友達と議論し、数時間の議論の末、おっぱいは存在しない、という訳の分からない結論に至ったくらい好きだ。当然だ。アイラブおっぱいなのだ。

 

 

 

 

ではつづいて質問なのだが、君たちはおっぱいであればなんでも良いのだろうか?

 

私の場合は断固としてNOである。そんなわけないだろ普通に考えて。ドン・キホーテでおっぱいクッションなるものが大セールで安売りされていたところで決して買わないだろう。タダでも欲しくない。というかおっぱいクッションて何…?気持ち悪……くらいのテンションだ。ガチャガチャでおっぱいストラップを当てようと奮闘する中学の同級生を蔑視していたような気の難しいおっぱいLOVERである。

 

 

 

おっぱいというのは、それがどんな容貌の持ち主のものであるのか、ということが重要なのである。ここは私の友人達と極端に意見が分かれたところで、彼らからは「おっぱいレイシスト!」やら「貴様におっぱいを語る資格はない!」などと散々言われた私でだったが、あの頃から一貫して、私のおっぱいへの思いは変わらなかった。

 

 

 

そんな私は先日、新しく口座を開設した際に不手際があったらしく、正しく処理するため本人確認やら何やらと必要とのことだったので銀行に行ってきた。

 

 

しばらく待ってると、どうやら少し時間を要するらしく、個室に案内された。

 

 

 

またしばらく待っていると、体重はゆうに100キロを超えているだろう50代手前であろう女性がやってきて目の前に対面に座り、話を始めた。

 

 

 

 

その女性の胸元がばっくりと空いたVネックであることにはすぐに気が付いた。

 

 

 

 

小生、女性のVネックは無論、嫌いではない。そもそもおっぱいが好きなのであるから、そのおっぱいをタダで見せてくれるというのなら特にそれを拒む理由は特にない。

 

 

 

しかし、先述したように、女性は50歳手前くらいなのである。年齢で差別するな!という声も聞こえてきそうだが、何度も言うように私にとっておっぱいとは、それが誰のものなのかに重点を置いているのである。若いころは可愛かったのか知らんが、シャーロット・コンポート似の方のおっぱいなど論外。貴様、本官を侮辱するか!というくらい頭にくるほど論外だった。

 

 

☟シャーロット・コンポート

 

 

 

そう論外だった。

 

 

 

 

しかし、おかしなことに冷静に話していても私の視線は彼女の胸元に集中してしまうのである。話に集中しなくては…!何度も思い、視線を手元にあった資料、最低でも彼女の首から下は見ないぞ、と意気込んでも彼女が手を動かすたびに視線が胸元には引き寄せられてしまう。おっぱい引力だ。万物はおっぱいに引かれるのである。

 

 

 

このままでは私はおっぱいであれば何でもよい無差別的おっぱい主義者になってしまう……!と過去に議論をし合った友人達にあれほど豪語した手前、何とかしなくてはと思うも彼女がパソコンのマウスを動かすたびに私の視線はそのマウス、手、腕、肩という順番に進み、最終的には胸元に吸い寄せられる。不可抗力。そこら辺からもう、なんか自分が情けなくなった。

 

 

 

「ち、違うんだ……!」と頭の中で誰ともなしに必死で言い訳するも、数秒後には「うわぁぁぁぁあ」という脳内断末魔と共に視線は胸元に。「悔しい…!」と思いつつも視線は胸元に。もはやマジック。ただでさえ英語での説明に戸惑っているのに、そんなことを頭の中であーだこーだしているうちに説明が終わってしまう。

 

 

このまま帰ってはせっかく遠地まで来たのに無駄足になってしまうと思い、なんとかもう一度説明していただくことになった。

 

 

しかし、もう手の打つところはなく、私の視線はどうあがいても最終的には彼女の胸元にいってしまう。このままでは彼女は日本人に対してよろしくないイメージを持ってしまう。日本人たちの未来を守らなければ…!と思う。

 

 

そうしてついに画期的な策を思いつく。

 

 

 

 

それが、目を伏せる、ということだった。

 

 

 

 

なまじ確認できてしまうから迷い、邪な心が生まれる。ならば見なければよいのだと。

 

 

とは言っても私の無駄な葛藤のせいでわざわざ余計に時間を取らせてしまっているにもかかわらず、完璧に目を伏せてしまっては無礼にもほどがあるので、資料と彼女のいじるコンピュータだけを見ることに努めた。

 

 

作戦は功を奏し、ほどなくして作業は終わり、説明を理解した私は銀行を颯爽と立ち去った。

 

 

 

もし、あのまま彼女と”普通”に話していたら私は永遠に彼女の説明を理解できず、視線は今もずっとおっぱいにあったのだろう。恐ろしい。男子諸君は一層 気を付けるように。ことニュージーランドはそのような服を着ている女性が多いように感じる。

 

 

以上。

 

自分で二日ごとに記事を書くと宣言した手前、このような記事を書いてしまった。反省。

 

 

 

 

 

現在更新中のワーホリブログには思いもよらない新情報やお得な情報があったりします。

☟こちらもおススメです

 

各国のワーホリブログ一覧

イギリスのワーホリブログ(現在更新中)一覧

オーストラリアのワーホリブログ(現在更新中)一覧

ニュージーランドのワーホリブログ(現在更新中)一覧

 

日本ブログ村に参加しております。

上位にいるときはモチベーションが上がって 記事の更新頻度が上がったりします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(オーストラリア)へ
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
おすすめの記事