おススメ

別に必要であれば現地でも探せば買える……しかし、このアイテムを持っていることで日本人らしさがアップしたりすること間違いなし。

 

 

扇子

ファーストエントリーは扇子です。Sensu。私たち日本人はお馴染みのアイテムですが、他の国の人からするともの珍しいアイテムらしく、語学学校にいた間、扇子を使って扇いでいると他の人からよく「それは何だ?」と尋ねられ、会話のキッカケになってくれたシャイな私にとって それはそれは素晴らしいアイテムでした。

 

箸のように知名度がそこまでないみたいなので(2019年現在)、お土産としてホストファミリーに買っていったりしても良いかもしれません。

 

 

折り紙

まず間違いないです。鶴でも折ってあげようものなら非常に喜ばれます。

 

ただ折り紙といっても和紙でできたものキラッキラなもの両面に色があるものまで色とりどりです。なんだか書いていて懐かしくなってきました。子供のころはキラッキラな折り紙好きだったなぁ。

 

私としてはお土産にかっていくのでしたらトーヨーの和紙折り紙別デザイン)が非常におすすめです。なんといっても柄がとても和風で美しいです。こっちの折り紙も柄が45種類もあって良いとは思うのですが120枚もあると何を追っていいのかわかりませんし、何より荷物になってしまう気がするので先述したものがお手軽で良いと思います。

 

 

ハンカチ

別にワーキングホリデー・留学にかかわらず紳士。淑女たるもの持っているべきアイテムだと思うのですが、国を問わず、持っている人が少なかったような印象があります。

 

そんな中で、手も洗った後や汗をぬぐうときにポケットからハンカチを取り出す人達のなんと美しいことでしょう。人を見かけで判断することは悪いこととされていますが、たいていの人(それも異なる言語により意思疎通が難しい場合)は第一印象で判断せざるをえない場合が多いです。

 

今のところハンカチを常備している人で悪い人にはあったことがないので、紳士・淑女ならば持つことを強くお勧めします。男の場合、それだけで好感度が上がることはあっても下がることは間違いなくないのでおススメです。

 

 

耳栓

空気を読むというのは日本独自の文化であることを海外にいると日々感じます。私はオーストラリアで生活をしていますが、シェアハウスやバックパッカー宿で泊まると周囲の騒音に悩まされることが多々あります。

 

それ以外でも飛行機やバスで一泊する際に重宝するのが、この耳栓です。私の場合は騒音に悩まされていなくても、集中したいときなどにつけていたりします。 現在の私のシェアメイト、ジャパニーズヤンキーのトシヤ君のように酷いイビキに耐えられているのも この耳栓のおかげです。耳栓~~

 

耳栓ごとにNRRという遮音能力を表す値などがあります。30db以上あるものを選ぶと良いと思われます。

 

 

結露しないコップ

結露しない、というのは簡単にいうとグラス表面に水滴が出てきて付着することです。

日本にいるときはさほどその素晴らしさを感じませんでしたが、海外の人と一緒に住んでいると「すげーな!なにそれ!」と驚かれるのが、この水滴の垂れないコップです。調べてみると最新式のものは水滴の垂れないどころか冷たいものは冷たいままに、温かいものは温かいままにという風な保温機能も抜群に良いです。

 

どこの国が発祥なのかは分かりませんが、他国では知名度が低いらしく、持っていると他の国の人に感心されてるような便利なアイテムでした。

 

 

寝袋

別に野宿などをしなくても持っていった方が良いです。というのもシェアハウスやワーキングホステルなどでベッドやシーツが粗末で寒い思いをすることがあるからです。

 

機能を追求するとキリがないのでコンパクトに収納できて、お値段が手ごろなものをお勧めします。私は現地で中国製のものを買いました。お値段は3000円ほどでしたが何の問題もなく使用できています。

 

 

サンダル

別に海外でも買えるのですが、そこでこのクロックスのサンダルを是非買ってみてください。Amazonでの総レビュー数1700超えというモンスター商品です。快適さがほかのペラッペラのビーチサンダルとは格段に違います。

 

サンダルはファッション性を重視して買うことをお勧めしますが、その際には底面をしっかりと確認してください。ある程度厚いものではないと疲れます。

 

 

 

おすすめの記事