【しょうもないクレーム】テレビがつまらなくなってきたことから考える日本のバカ率の向上【攻撃的マイノリティ】

 

最近どんどんテレビ面白くなくなってきてない?端的に言えば、ゲラゲラと笑えた番組が減ってきて、なんだかどうもつまらない。もちろん面白い番組はあるんだけど、どうにも、、的な感じ。

 

 

ご聡明な視聴者たちの様々な規制が入ってきたので子供が見ても安心できるテレビ番組も増えたんだろうけど、いったいなぜ、、

 

芸人たちがパイ投げをした後の「この後 パイはスタッフが美味しく食べました」というテロップ。今もこの世界には食べ物にも困っている人がいる、ということを忘れた日本人へのよい警告にもなっているらしい、知らねーけど。床に散乱した食べ物を美味しく食べられるなんて見上げたスタッフだよ。多分、そのうち漫才をしてても、画面隅に「これはあくまで個人的な意見です」なんてテロップが付いたりするんじゃねーの。そりゃ、若者はYoutubeに流れるんじゃねーの。

 

 

最近テレビって面白くなくなってきた感じがする。

 

個人的な意見としては、バカな人たちが増えたからなんじゃないかなぁ、と思う。おっと待って。袋叩きにするのは待ってくれ。無論 私もバカ側のひとりだ。行列を見るとなにかくれるんだろうと思って訳が分からなくても並ぶバカ、火事とか事件があると真っ先に現場に行って、後からきた人に説明しているバカなど様々なバカがいるけど、私も負けず劣らずのバカです。こんにちは

 

 

ただ、テレビがつまらなくなってきたことの背景には絶対になんらかのバカの存在があると思うんだ。だってこんなにつまらなくなってんだぜテレビ。「私が子供の頃は~」なんて年寄りじみたことは言いたくないけど、実際 面白くなくなっていってる気がする。少なくとも面白いと思える番組は減った。そのかわりコメンテーターとかがベラベラと興味ないことをしゃべっている番組が増えた。

 

 

 今回は自分なりに「テレビがつまらなくなったこと」についてまとめていきたい。

※あくまで個人的な意見です。

 

 

 

テレビがつまらなくなったワケ

 

バカげたクレーム・規制が増えた

引用:らーめん才遊記より

 

まずは過剰なコンプライアンスの向上。正直 必要以上にコンプライアンスを強化している感じがする。要は全部クレーム対策なのだろうけど。「食事を粗末にするな」系のクレームを言ってるやつはまずは近所のコンビニに行って「まだ食べられるのに捨てるのは何事だ!」と抗議することから始めたほうが良いだろ

 

私的にはくだらないクレームなんだけど、そういった実態のない建前・クレームの類が横行してしまい、テレビをどんどんつまらなくしてしまっているんだろうと思う。Youtubeで一昔前のお笑い番組とかを見ているとコメント欄で「面白いけど今やったら放送できないんだろうなぁ」といった類の投稿があるのは多分、くだらない規制が増えてしまったからなんだろう

 

 声のでかいバカが増えた分、もう少しテレビは厚顔になっても良いんじゃなかろうか。「これは海外では考えられないことですよ」とか声高に言ってるヤツは もう無視しとけ。ほかの国のことは知らないけど 「ごっつええ感じ」 みたいな日本以外では見られないような番組を もう一度 見せておくれよ

 

 

過剰な反応

子供の頃はアホな顔して駄菓子屋で着色料がギンギンに入っていた30円のチューチューするヤツを飲んでいたくせに、上京して社会人になってからやけに高級志向になり、食事も健康志向になったヤツとこの前 飲んできた。

 

そういうヤツって意外に多くない?多分 テレビで美魔女なんて呼ばれてた一般人の方達だって今でこそ至高の健康思想でしょうけど、子供の頃は総じてやっすい駄菓子食ってるはずなんだよ。それがちょっと生活が変わってからやれエステだの やれオーガニック料理だの遠赤外線ドームだの。。生涯 綺麗でありたいっていうの女性は好きだけど、何なの この年相応に生きるってのが恥みたいな風潮。一生ハリツヤビューティーしてろ

 

 

つい話が脱線しかけたけど、言いたいのはそんな感じの話。今まで散々 笑わさせてもらっていたのに大人になってから「アフリカの子供たちは今も満足に食事がとれなくて~」とか「子供の教育上よくないのでは~」なんて言うのは少々 身勝手じゃなかろうか。子供の教育上~って言ってるやつはまずテレビ番組を改善するより自分の教育方針を見直せ。お前の子供スーパーで走り回ってんぞ

 

 

不必要に高すぎる健全思考

そんなに物事の善悪を判断できる人が少なくなったのか、やけに毒にも薬にもならない無味無臭なテレビ番組が増えたと思う。過保護な視聴者が増えたのだろうか

 

伊豆海水浴場の話がある。

あまりにもお客さんの…特に若い男女のマナーが悪いという苦情が相次いだらしい。

このままでは、安心して子供を連れて行けない、と。

逗子市は逗子の海岸を「日本一安全でマナーのいい浜辺」として利用できるようにしよう!と決断。結果…

・酒はダメ

・刺青は論外

・音楽もかけちゃダメ

逗子海岸は今年施行された法律により、日本一、間違いなく「マナーが良く」「子供にも安心して楽しめる海岸」へと生まれ変わった。

そして、大きな問題が発生した。

海開きは7月1日。

そこから2週間がたち、逗子海岸お訪れたお客さんは1万3千人。

去年の同時期は…

 

7万4千人だった。

なんと、客が激減。7分の1の客数では周囲の海の家や旅館は立ち回らない。

そう。地元の観光協会やホテルなどが逗子市を相手取って裁判を検討し始めたのだ!

一体何故?マナーがいい方がいいんじゃないのか?親子で安心して遊べる方がいいんじゃないのか?

 

しかし、行政が良かれと思ってやったことは、逗子海岸が「見捨てられた海岸」となる結果をもたらした。。

 

 

そしてこれを書いた筆者はこのように締めくくっている。

人間は…もっともっと、リラックスして生きている。

ダメなことはダメだ。が、その…ダメなことをしちゃうことも受け入れながら生きているのだ。

人間はバカで、だらしなくて、だからこそ愛すべき存在で、だからこそ楽しさや苦しみがあるのだ。

 

人間が生きる生活には…本来もっと『のりしろ』があるべきなのだ。

そして、多くの人間はそんなこと、とっくの昔に知っていて、だから人間みんな、うまいことやりながら許し、許され、生きている。

 

ダメなことはダメだ。その通り。が、実は人間はそうは言いながらもう少しリラックスして生きるものだし、ダメなことを許容しながら生きている。

逗子海岸はそこをあまりにもきっちりと線引きをした。 

 引用:「テレビがつまらなくなった理由」 IRRONA

 

ホントにその通りだと思う。もっとリラックスして生きるべきなんじゃない?

そこまで私たちはテレビに完璧をもとめてはいけないんだと思う。むしろ完璧じゃないから面白いことだって往々にしてあるだろ

 

あと、「世界的に~」とかいうフレーズを頻繁に出すやつ。世界的ってなんだ。広すぎるだろ。どうせアメリカとか欧米での話なんだから「世界的に~」だの「海外では~」とか言うな紛らわしい。お前らが黒人差別 黒人差別って言うから余計に問題がでかくなってない?というか、「差別」って言葉、軽くなってきてない?二度とオレにニートって言うんじゃあないぞ!! えっ、それは区別、、?

 

 

高まる個人発信力

現在では様々なSNS(ソーシャルネットワークサービス)がある。有名どころであればTwitterとかYoutubeとか。そんなSNSが台頭してきたので一般人の人たちの発信力も上がってきた、らしい。Twitterではやたら毒舌な水商売のお姉さん、生理の苦しみをあの手この手で男性に分からせる女性、アンチ安倍総理のおっさん、やたら強気なアニメアイコンの人などの様々なキャラクターがいる。

 

LGBT(レズビアン・ゲイ・バイ・トランスジェンダー)などのマイノリティーの人達も当然 メキメキと発信力をつけているワケで、とんねるずの保毛尾田保毛男騒動、ダウンタウンの浜田さんのエディ・マーフィー問題などでは大変な批判があった。そんなこというなら渡辺直美が肌を白く塗ってビヨンセのモノマネしてたけど、「人種差別だ!」って ちゃんと言うんだろうな。

 

相手の不快に感じることをやめましょう、っていうのはごもっともだけど、そんなこと言ってたらテレビ自体、なにかを公の場ですること自体が困難になると思うんだけど。

 

 

 

つまらないニュースや興味のない記事が量産されるわけ

高齢化

これはもうどうしようもないことなんですけど、日本では高齢化が進んでいる。

 

多分このこともテレビを面白くなくするうえで一役を担っているんじゃなかろうか。日曜の夕方に放送される長寿番組「笑点」の視聴率が平均して良いのはご高齢の人たちがたくさんいるから、ということも否定できない要素なのだと思う。つーかそれだろ。面白いけどね笑点

 

つまり高齢化に伴って、テレビ番組も決める大きな要素であろう「視聴率」の実権を握るのが高齢者になっていることも大きな要因なのではないか、と個人的には思う

 

 

他人のアレコレが好き

高齢の方々、それも女性の方って結構 人の噂事を好む傾向がある。統計があるのかは知らんが、クレヨンしんちゃんとかに出てくる近所のおばちゃんがそうだったから そうなんでしょ(投げやり)。そんなご近所のおばさんたちは周囲情報は隅なく収集し、隣の旦那の出勤時間、家族構成、年齢、実家の場所などは最低限 把握している

私の独断ですが、少なくとも私の周囲の高齢女性の方は他人のアレコレが超好きです。どういう情報網があるのかは知らないですけど、私がニートをしているというのも帰国早々ばれてるっぽい。こえー

 

先述したように、若者のテレビ離れが嘆かれる現在、テレビの視聴率を支えているのは高齢の方々であり、かつ家に多い女性が多いことから高齢女性をターゲットにしたテレビ番組が作られているんだと思う。その結果「女優の〇〇が不倫!!!」やら「○○が番組内にて激怒!!!」という非常に興味深い内容のニュースや記事がなるのではないでしょうか。興味深すぎて一瞬でチャンネル変えてしまうほどだ。「そいつが不倫したから、何?」という感想しか一般人の私は持てないのですが、ゴシップが好きな方達はそのような情報から10も100もの益となることを見出しているのでしょう。

 

そんな感じで人のアレコレが好きな人が定年とかを迎えて居間に座って芸能関係のアレコレのワイドショーとかを見てるから、そういった人の下世話な噂話とかをまとめた番組が企画されてるんじゃないかと思いまして。

 

 

他人の不幸は蜜の味(?)

ビートたけし さんによると、

ポジティブな話題のときに比べて、やれ不倫が発覚しただとか、離婚を発表しただとか、スキャンダルの場合は、会見の時間が長くなる。実際、ワイドショーでも週刊誌でも、他人の不幸の方が商売になるそ。

 

(省略)

それに比べてエイズ基金やアフリカの恵まれない子供たちにだれだれが寄付したとか、震災復興のためのボランティア活動とかのニュースはテレビでは数十秒、記事では数行で終わってしまうそうだ。

 

それよりも誰かのスキャンダルを追求したほうがメディアはもうかる、という構図は昔から変わらない。ここを温まるニュースばかりが載った週刊誌なんて誰も読みやしない。

 引用:「バカ論」 ビートたけし

 

まぁ私も嫌いではないんですけど人の不幸。ただこうも誰かを失脚させる記事がかりがバンバン量産されると胸焼けがするんだよ。そこまでは好きじゃない

 

離婚騒動の会見とかって、必要か?

子供がなんかしたからって、女優の母親が謝罪会見を開くべきなのか?

 

どんなバカが望んで見ているのか知らないけど、正直 あそこまで多くの不祥事関連のニュースや謝罪会見が開かれたりしてるとテレビを見たくなくなる。ベッキーはあそこまで多方から総勢で叩かれる必要あったんだろうか。

 

週刊文春をかスポーツ新聞をはじめとするマスコミが正義面して他人の、主に芸能人のアレコレを詮索しているのもどうかと思う。「ファンに一言 お詫びはないのか」とか「世間を騒がせた責任はどう取るおつもりなのか」ってスゲー質問するけど、必要ないだろ。むしろこちらが楽しませていただいているんだから。「話題提供ありがとうございます!」くらい言え

 

 

全員がスターになれるんだ、と思うこと

いや別になれるかどうかは知らないけど、素直に人の成功を喜べない人が増えたんじゃないかなぁ、と思う。先ほどビートたけしさんの著書「バカ論」からの引用でスキャンダルの場合、会見時間が長くなるってことを書いた。その裏返しで良いことに関する会見は時間が短く、定型文の質問がされて終わりだという。

 

後述するけど、誰もがスター、主人公になれるんだという錯覚のようなモノもテレビをつまらなくしているんだと思う。ユーチューバーのYoutubeを筆頭に各SNSで自分をアピールできるようになってきたからだ。不細工なヤツでも自信満々に顔の一部を絵文字で隠した自撮りを投稿することにその精神が見える。

 

今まではテレビで「〇〇年に一人の逸材!」とかいって一人を担ぎ上げてきたけど、一般人がスターになれる可能性を見出してきたことによって、そのようなテレビでの有名人を目の敵にして、全員で引きずりおろして「お前も私たちと変わらない。仲間だよ」とやるのが今という時代なんだと。

 

 

Youtube一強時代

 Youtubeがすげー強くなってると思う。テレビのチャンネルは有数だけど、Youtubeは無制限にあるもんな。あと、自分の好きなジャンルの動画を好きな時間に見られるっていうのはもうチート。Youtube、半端ないって

 

 

失われるリアルタイム

 

 

テレビがつまらなくなった理由として、視聴環境の変化も大いにある。

テレビにしても、今はもうただじっと座って視聴するというのはあり得ない。スマホなんかをいじくりながら見てるやつがほとんど。

下手したらメールやLINEで「今〇〇という番組みてる?面白いよ」なんて友達に連絡してたりする。でも

メールを送った時点で、もう番組は次の場面に進んでいるわけだから、じゃんじゃんズレていく。そうすると録画したうやつがYoutubeに上がったものを後で見ようとなって、どんどんディレイしていく。

結果的にオンタイムの良さというものが失われていくんだよね。

テレビというのは、放送した瞬間、そのときじゃないと面白くないことが多い。果物じゃないけど旬のものが一番美味しい。見ている状況込みで面白いのであって、一日経ったらつまらない、なんてことはザラにある。スポーツの生中継が一番視聴率を稼ぐのはそういうことだと思う。

 引用:「バカ論」 ビートたけし

 もうすべてビートたけしさんが言ってる。

 

 

まとめ

引用:ごっつええ感じ

 

Youtubeも確かに面白いけど、テレビにはテレビでしかできないことがきっとあるはず。

たしかにスキャンダルを報道することは視聴率とかには良いのでしょうけど、視聴率なんて言うのは今に座っている高齢の方達の視聴傾向くらいしか図れないと思うので、あまり気にしないで若い人たち、いやどの世代にも面白いと思えるテレビ番組を作ってほしいです。

 

話は飛びますが、週刊少年ジャンプで連載が打ち切られた漫画に関するスレッドを2chで見ると、今でも「なんで終わってしまったんだろう」とか「もう少し連載したら面白くなったはずだ」という意見があったりします。私の意見ですが、日本人って批判は頼まれなくてもスラスラと言えるのに、肯定的なことを言うのが苦手な気がします。いや、海外の人も大して知らないけど

 

私もブログをしていて批判されたりしたことの方が褒められたりしたことより格段に多いけど、褒められたことっていつまでも心に残るものです。批判されたことは意外とはやく忘れます(警察に通報されたりすると 流石に忘れづらいです)。

 

テレビに限らず、魅力的なコンテンツを作るのは批判も称賛も含めたすべての人の意見だと思います。ただ現在の日本では、私としてはどのコンテンツでも批判の声のほうが圧倒的に多い気がします。漫画なんて作者はどんなに好調でも連載中は2chとか見ないようにしてるらしいです。お国柄なんでしょうか。

 

良いと思ったら積極的に意見、コメントを投稿してみましょう。さぁ、まずはこの記事を練習台にしなさい。「面白かったです」と正直に書きなさい。「つまらねーなバカかよ雑魚死ね」なんて書こうと考えている人は一旦待って、伝え方を考えなさい。なんなんだそのラッシュ

 

自分が面白いと思った番組があったら、ほかの人達の批判的な意見に負けず、「面白かった」と意見していくことはテレビをオワコンにしないためにとても重要なことなのではないでしょうか。

 

 

 

日本ブログ村に参加しております。

上位にいるときはモチベーションが上がって 記事の更新頻度が上がったりします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
おすすめの記事