【アジ・メバルに!】月下美人クロスビームFATの実釣インプレ評価【使い方&おすすめカラー】

釣り友に使わせると

ジグヘッドに刺しにくいんだけど…
他のワーム持ってない?

と、イマイチ不評なメバリング(アジング)ワームがDAIWAの月下美人シリーズです。その中でも独特のつぶつぶ形状を持ち、裏返したオナホールのような蠱惑的なデザインから手に取ってしまったのが『クロスビームFAT』になります。

 

 

というわけで今回は『クロスビームFAT』について。

実釣を踏まえてインプレ評価をまとめてみますので良かったら参考にしてみてくださいませ。

 

 

 

そもそもどんなワーム?
月下美人 クロスビームFAT

 

 

スペックざっくりと!
月下美人 クロスビームFAT

ブランド DAIWA(ダイワ)
サイズ 1.5インチ
個数 10個
ワームタイプ ピンテール
おすすめ度
4.89
おすすめポイント
  • クロスビーム1.5をボリュームアップ
  • ノーマルよりもボディ体積があるため自重があり遠投可能
  • また表面積も大きく、引き抵抗感が強いためレンジキープも容易

引用:ダイワ『クロスビームFAT』

 

 

 

 

 

短くて太い!

アジ釣りに特化した「アジングビーム」の改良版が「クロスビームFAT」になります。

FATという名前の通り、従来のアジングビームよりも太く、短くなったようで抵抗感が生まれてレンジキープがしやすくなったりしているようです。詳しくは後述させていただきます。

 

 

ニオイ付きワーム

  • エビ粉成分

が入っており、動きだけでなく『ニオイ』にも期待が出来るクロスビームFAT。

ニオイはワームの中心部に組み込まれており、魚が捕食してから違和感を感じて吐き出すまでの時間を稼いでくれるという効果が期待できます。

 

 

 

月下美人 クロスビームFAT
実釣インプレ

それでは実釣インプレ。

実際に月下美人 クロスビームFATを使用してみての感想・評価をまとめていきます。

 

 

『飛距離』について

そこまで期待しない方が無難

だと思います。

メーカー公式サイトには

  • ノーマルよりもボディ体積があるため自重があり遠投可能

とあったので結構期待して使ってみたんですけど、正直 そんなに違いがあるようには感じられなかったです。釣りプロとかが使ってようやく「ちょっと飛距離が伸びる」くらいなのでは?少なくとも趣味釣り師の僕からしたら、期待外れでした。

 

近年 ますます増える釣り人口において、他人が打っていないポイントを打てる「飛距離」はアジングやメバリングでも結構重要な要素です。とにかく1mでも飛距離を伸ばしたい、という方には良いのかもしれませんが、飛距離が格段に変わるというわけでは決してない(と思う)ので注意。

 

 

『サイズ感』について

1.5インチ(38㎜)!

と、ライトゲーム用のワームの中でも一際 小さいサイズ感になっており、アジのような小さい捕食でも喰わせられるような感覚がありました。

 

 

冬真っ最中の活性激悪状態でも釣りを楽しむためには小型根魚とも遊べるルアーを選ぶ必要があるのですが、そんなときにも適していたクロスビームFATだったそうで、10㎝くらいの豆アジ相手でも十分 遊べるサイズ感になってたのは嬉しかったです。魚は少ないですが、人が激減している分 釣れ度は変わらないのが冬釣りですからね。

 

 

『耐久力』について

ワームが強靭

というのはクロスビームFATを含む月下美人シリーズ全般の特徴です。

さすがに大フグに齧られるとワームが切れますがズレにくいんです。先述したように、ジグヘッドに刺しにくいというデメリットはありますが、ズレが極端に少ないような印象がありました。

 

 

セイゴの群れに当たり入れ食いの状態が続いてもワームを変えることは勿論、刺し直すこともせずに使えました。冬は極力 指すら出したくないので助かります。ワームが刺し込みにくい分、ズレにくいようでした。

 

 

『釣れ度』について

めっちゃ良く釣れる

クロスビームFATでした。

超微波動系のワームでは全くアタリがない状況で、ワームを付替えてみたら一発で釣れるようなことも多々ありました。

 

 

小さいサイズ(1.5インチ)なので、正直

小メバルと遊ぶくらいにしか使えないかなぁ…

と、あまり期待していませんでしたが普通に良いサイズが釣れました。ちなみに釣り方はリフト&フォール(ジグヘッドは1g)。冬は追っかけてくるよりは目の前に落ちてきた餌を食べるようになっているのか、ただ巻きよりはフォール中にガツン!と喰ってくることが多かったです。

 

 

 

超簡単!
クロスビームFATの使い方

  • 表層を狙うときは1g以下
  • 中層~海底付近を狙うときは1~2g

のジグヘッドと組み合わせるコトで釣果を発揮してくれたクロスビームFAT。ここでは

具体的に、どうやって動かせばいいの?

という方に向けて、クロスビームFATの使い方を紹介していきます。

 

 

基本はただ巻き!

基本は巻いてくるだけで十分です。

表層だろうが中層だろうがボトム付近だろうが、ただゆ~~~~っくりと巻いてくることが一番。アジやメバルに警戒心を与えずに、流れなどがあれば勝手にアクションしたりしてくれるので、下手にアクションを入れるよりは、ただゆっくりと巻いてくるのが良いでしょう。

 

 

巻いて、止める(カーブフォール)

ただ巻きで喰わないときには、カーブフォールも有効

併用するジグヘッドの重さにもよりますが、リールを2回転させたら5秒止めて…と繰り返しているだけでも十分に魚にアピールしてくれました。表層からボトムまで順に探って釣れないようなら魚がいない可能性が激高なので、素直に場所移動が吉。

 

 

 

迷ったらコレ!
クロスビームFAT おすすめカラー

カラーバリエーションが非常に豊富なクロスビームFAT。

どんなカラーでも万遍なく釣れることが分かっていますが、

とにかく釣れる色が良い!!

という方もいるでしょう。そこで、筆者的なおすすめカラーをいくつか紹介していきます。

 

 

月下美人クロスビームFAT おすすめカラー①:
グローレモン

  • 夜釣りで使いやすい『夜光』

ということから人気のカラーです。

ボディが透けることなくシルエットもクッキリ。夜光なので蓄光させると夜でも視認性がバッチリで、釣り人的にも使いやすいおすすめカラーです。

 

 

月下美人クロスビームFAT おすすめカラー②:
桜ドットグロー

  • 点夜光

ということから、マズメ時に大活躍すると評判の人気カラーです。キラキラしたものが紫外線に反応してキラキラと青白く光ります。グロー系の光り方とは違うので、使い分けると良いかもしれません。筆者の地元では買い占めている方も多いのか、店頭では極端に在庫が少なくなっていることもあります。

 

 

 

 

 

短くて太い!
クロスビームFAT インプレ総括

以上、月下美人クロスビームFATについてのインプレ評価でした。

 

総括すると、

  • 短くて太いサイズ感
  • 一定の水深をキープしやすい
  • ワームがズレない&強い高強度素材仕様

という点がおすすめポイント。アジングを軸に色々なライトゲームで使える汎用性があります。価格も500円程度で12個入りと、ダイワにしては良心的です。ひとつ持っておけば1年間は使える耐久性がありまっせ。

 

とりあえず、アジとかメバルを釣りたいんだけど…

という方は是非 検討してみてくださいませ!

 

 

以上、月下美人クロスビームFATのインプレ評価についてでした。

 

それでは!

 

 

 

こちらも読まれてます

 

 

 

おすすめの記事