【2024年】堤防釣りのクーラーボックス おすすめ15選【丁度良いサイズ&保冷力最強も!】

釣った魚を美味しく食べたい!

というあなた。堤防釣りの必需品とも名高いアイテム『クーラーボックス』はお持ちでしょうか?釣るだけでも楽しいですが、新鮮な魚を使った料理は絶品です。サビキで良く釣れるアジですら新鮮な刺身は絶品。最高に美味しいです。釣りを楽しむのであれば是非、『食べること』も堪能してみてくださいませ。

 

 

しかし、クーラーボックスは容量やサイズ、保冷力など様々。選ぶのが大変で、

アジやイワシを大漁に釣れるんだけど…

投げ釣りでキスを狙うんだけど…

などなど、狙う魚種によっても結構違ったりします。

 

 

そこで今回は、堤防釣りに最適なクーラーボックスを中心に紹介していきます。当記事ではクーラーボックス選びに悩む皆さんに分かりやすいように

  • 堤防釣りに最適なクーラーボックスの選び方
  • おすすめクーラーボックス(堤防釣り特化!)

の順に紹介していきます。

 

 

 

もくじ

キャンプ用とどう違う?
釣り用クーラーボックスとは?

普通のクーラーボックスでいいじゃん?

たしかに、すぐ行って帰ってくるだけならキャンプ用等の普通のクーラーボックスで良いのかもしれません。

 

 

保冷力が高い!

しかし、堤防釣り用のクーラーボックスは保冷力が高いように設計されています。これは保冷剤や氷などを極力溶かさず、釣りあげた魚を新鮮に持って帰れるようにするためです。

 

真夏に堤防で釣りをする上では、普通のクーラーボックスでは役に立ちません。すぐに氷が溶け、魚が傷んでしまいます。高い保冷力がなければ無用の長物。持っていく意味がありません。

 

冬に数時間釣りをするだけなら普通のクーラーボックスでも良いかもしれませんが、年中使える汎用性を考えると、釣り用のクーラーボックスがおすすめです。

 

 

その他 便利機能も!

  • 餌を入れるトレー
  • 持ち運び便利なキャリー

というような、様々な釣りに役立つような機能を搭載しているのも釣り用クーラーボックスならでは。ダイワやシマノ等の釣りブランドが販売しているクーラーボックスには抗菌加工や消臭加工がされているタイプもあります。

 

このように、普通のクーラーボックスにはない、釣り用だからこその機能が搭載しているのがポイントです。

 

 

 

堤防釣りに最適!
クーラーボックスの選び方

それでは堤防釣りに最適なクーラーボックスの選び方について、チェックするべきポイント4つに絞って紹介していきます。

 

間違って

小さすぎて入らない…

大きすぎて使い勝手が悪い…

 

ということにならないように、チョットだけ基本を学んでおきましょう。

 

 

チェックポイント①:
『サイズ』について

  • 色々使える15L前後

がおすすめです。サビキ釣りやチョイ投げ釣りなど、様々な堤防釣りに対応可能なのが15L前後のクーラーボックスです。

 

投げ釣りでキスを専門的に狙うんだけど…

という方は10L前後でも十分です。頻繁に場所を移動する方は持ち運び性能も考えて、無暗に大きいクーラーボックスを選ばない方が良いでしょう。

 

フカセ釣りでチヌやグレを狙いたいんだけど

カレイやヒラメを釣る予定なんだけど…

という方であれば20L~25L程度の容量があると安心です。注意していただきたいのが『容量が多い方が良い』というワケではないということ。釣りモノや時期にもよりますが、堤防釣りで35L以上のクーラーボックスを持ってくる人は非常に少ないです。

 

 

チェックポイント②:
『持ち運び(携行性能)』について

持ち運びしやすいか?

というのも堤防釣りのクーラーボックスを選ぶ上では重要です。

 

肩にかけるベルトや持ち手があるかどうかもチェックしましょう。特に移動距離が長い場合は上の写真のようなキャリーがあると持ち運びが超楽です。ランガンと呼ばれる場所移動を繰り返す釣りをされる方にとっても『持ち運び』性能についてもチェックすると快適に釣りができるでしょう。

 

 

チェックポイント③:
『保冷力』について

魚の鮮度を落とさないために

重要なのがクーラーボックスの保冷力です。

 

釣りに特化したクーラーボックスは、使われている断熱素材によって保冷力が変わります。ダイワやシマノなど、一流の釣り具メーカーであれば各自、『ICE値』『KEEP値』のような独自の保冷力表記があります。高ければ高いほど保冷力が強い、ということになります。

そんな長時間 釣りしないけど…?

という方であれば(真夏でもなければ)どちらも15(時間)あれば十分でしょう。しかし、遠征釣りをされる方は高い保冷力が必要です。用途・目的に合った保冷力のクーラーボックスを選びましょう。

 

 

チェックポイント④:
『断熱材』について

先述した

保冷力

に大きく関係あるのが断熱材です。釣り用のクーラーボックスで使われる断熱材にいくつか種類があり、それぞれ熱伝導が違います。(熱伝導率…熱の伝わりやすさを表す値で、数値が小さいほど熱が伝わりにくい=保冷力が高い)

 

真空断熱パネル>発砲ウレタン>発砲スチロールの順に保冷力が強いです。それぞれ簡単に特徴を見ておきましょう。

 

真空断熱パネル

  • 熱伝導率…約0.002~0.008(W/mK)

多孔質素材を金属フィルムで真空パックしており、最も断熱効果が高く、保冷力が高いとされるのが『真空断熱パネル』です。

一番いいじゃん!

はい。しかし、その分 価格が高い・自重が重い、という傾向があります。あまり移動をしない船釣りにはおすすめの真空断熱パネルだと思います。

 

発砲ウレタン

  • 熱伝導率…約0.02~0.03(W/mK)

ポリウレタンを発泡させたものです。クーラーの内部の隅々まで冷気が充填するため保冷効率が良いとされます。価格としても手頃になっており、よく選ばれている印象。

 

発砲スチロール

  • 熱伝導率…約0.03~0.04(W/mK)

ポリスチレン粒を炭化水素ガスで発泡させたものです。釣り用クーラーボックスの断熱材としては最も軽量になっています。

発泡スチロールって、あの発砲スチロールでしょ?
弱そう…。座れなさそうだけど…

問題なく座れます。思いのほか 頑丈に作られているので安心して大丈夫。

 

自重が軽く、価格的にも最も安いのが発砲スチロールです。そこまで高性能なモノじゃなくていいんだけど…、という方には発砲スチロールの断熱材を使ったクーラーボックスがおすすめです。実際 筆者も最初は発砲スチロール仕様のクーラーボックスを使いましたが、十分使えましたぜ。

 

 

 

というわけで長々説明してまいりました。

以上のことを踏まえれば、釣りに最適なクーラーボックスが選べると思います。

 

 

 

堤防釣りに最適!
クーラーボックス おすすめランキング15選

それでは、堤防釣りのクーラーボックスについて、いくつオススメアイテムを紹介していきます。

 

それぞれ公式アイテムページを設けています。リンクから詳細が確認できますので、気になったものがあれば是非お試しくださいませ。

 

 

1位:ダイワ(DAIWA):
クールラインα3 S1500X

クールラインα3
クールラインα3①
クールラインα3②
クールラインα3③
previous arrow
next arrow
公式アイテムページダイワ(DAIWA)
KEEP値26
容量10/15/20/25L
外寸(15L)25×47.5×30㎝
内寸(15L)17×36×23㎝
断熱材スチロール
おすすめ度
4.95
おすすめポイント
  • 対象魚に合わせて選べる4サイズ
  • 用途に合わせて選べる断熱仕様
  • ガッシリ座れる剛性ボディ(リブ構造を採用)
  • 取り外し可能でお手入れ簡単な両開き上フタ
  • 冷気を逃さず出し入れできる投入口付き

堤防釣りに丁度よい大きさ・価格がおすすめポイントのクールラインα3。釣具屋さんで買える板氷を入れるなら15Lサイズがおすすめですが、ファミリーフィッシングなどでほのぼのサビキ釣りをするのなら10Lサイズで十分でしょう。

どっちか決められない!

という方は、15Lがおすすめです。大きすぎるものを選ぶと携行性が落ちますが、15Lと10Lではそこまで大きな違いになりません。大漁の日を見越すと15Lが良いでしょう。

 

 

 

2位:ダイワ(DAIWA):
クールラインα ライトソルト S1000X

クールラインαライトソルト
クールラインαライトソルト1
クールラインαライトソルト2
クールラインαライトソルト3
クールラインαライトソルト4
クールラインαライトソルト5
クールラインαライトソルト6
クールラインαライトソルト7
クールラインαライトソルト8
previous arrow
next arrow
公式アイテムページダイワ(DAIWA)
KEEP値25(時間)
容量10L/15L
外寸(10L)25×37×29㎝
内寸(10L)17×26×22㎝
断熱材発泡ポリスチレン
おすすめ度
4.92
おすすめポイント
  • デザインバリエーションが豊富でおしゃれ!
  • 軽量スチロール・高保冷ウレタン、用途に合わせて選べる断熱仕様。
  • 竿立て×2(CPキーパーマルチ)と小物入れ(CPポケット125)付きで便利
  • 釣った魚を入れる時に便利な投入口付き

アジ・メバル・キス釣りなどのライトゲームに超おすすめなクーラーボックスです。価格もそこそこに、上記のように便利な機能がたくさん搭載しています。一流釣り具メーカー『ダイワ』の筆頭クーラーボックスということもあり、デザインも良く、コスパも抜群です。

 

 

 

 

3位:リブウェル(Livewell):
ホリデーワールド 17L

公式アイテムページリブウェル(Livewell)
保冷力
容量17L(他モデル有)
外寸(17L)幅45.4×奥行25.8×高さ31.1c㎝
内寸(17L)幅36×奥行17×高さ22.5㎝
断熱材発泡ポリスチレン
おすすめ度
4.90
おすすめポイント
  • 価格が安い
  • 自重が軽め(1.95kg)
  • 容量バリエーションが超豊富

とにかくモデルバリエーションが豊富で価格が安いクーラーボックスです。しかし、安心の日本製。眩しいくらいの明るいホワイトを基調に燃えるようなレッドがアクセント。これから堤防釣りを始める方には11L、少し大型(尺メバル・アジなど)を狙ってみたい方には17Lがおすすめです(秋以降の釣りシーズンには17Lが特に良いです)。価格が安いので、お小遣いアングラーから人気のクーラーボックスだったりします。

 

created by Rinker
リブウェル(Livewell)
¥3,980 (2024/04/19 12:58:38時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

4位:伸和(SHINWA):
ホリデーランドクーラー 17H

公式アイテムページ伸和(SHINWA)
保冷力-(時間)
容量17L(他モデル有)
外寸(17L)幅45.4×奥行25.8×高さ31.1㎝
内寸(17L)底部(約)幅36×奥行17×高さ22.5㎝
断熱材スチロール
おすすめ度
4.89
おすすめポイント
  • コスパ最高レベル!
  • 気密性・保冷力が高い
  • サイズバリエーションが豊富

価格が安いのが魅力的なクーラーボックスです。知る人ぞ知るメイドインジャパン『株式会社伸和』で、容量の割には価格が非常に安いです。カゴを入れたり、仕切りを作るなど様々なカスタムが可能なのも面白いところ。色々なサイズがありますが、堤防釣り全般で使うなら17Lモデルがおすすめです。

 

created by Rinker
伸和(SHINWA)
¥3,980 (2024/04/19 12:58:39時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

5位:ダイワ(DAIWA):
クールラインキャリーII(SU1500)

公式アイテムページダイワ(DAIWA)
KEEP値45(時間)
容量15L
外寸34×47.5×33.5 ㎝
内寸17×36×23 ㎝
断熱材空パネル底1面+ウレタン
おすすめ度
4.85
おすすめポイント
  • 使い勝手の良い両開き上フタ
  • 大型静音キャスターで移動が楽々
  • 引っ張るだけで一発固定可能なCPショルダーベルト付属

持ち運び便利な『キャリー』付きのクーラーボックスです。改札も通れるサイズ設計で電車釣行も可能となっており、コンパクトながらも使い勝手が良い仕上がり。

SU、GU、Sとか色々なモデルがあるみたいだけど?

断熱材が異なります。保冷力が強い順に並べるとSU、GU、Sとなっています。普通の堤防釣りであればSでも十分(35時間)ですが、キャンプなどでも併用したい方はSUがおすすめです(値段もそこまで違いません)。

 

 

 

 

6位:シマノ(SHIMANO):
フィクセル ライト RS 12L

公式アイテムページシマノ(SHIMANO)
ICE値30
容量12/17L
外寸(12L)43.6×23.6×30.9㎝
内寸(12L)31.2×16.2×23.5㎝
断熱材

発泡ポリスチレン

おすすめ度
4.83
おすすめポイント
  • ロッドスタンド2本
  • ワンアクション水栓
  • 自動ロック機構

抗菌剤採用で清潔に使える釣り特化のクーラーボックスです。片手で引くだけのワンアクションで開閉・ロックが可能なレバーを天面に配置。実釣時など、片手がふさがっている場合でも簡単に蓋が開けられるよう設計されています。ロッドホルダーが初期搭載されているのもおすすめポイント。

 

 

 

7位:シマノ(SHIMANO):
フィクセル リミテッド 9L(90HF-009N)

公式アイテムページシマノ(SHIMANO)
KEEP値30(時間)
容量9/12/17/22L
外寸(9L)36.0×20.8×28.0㎝
内寸(9L)25.9×14.3×22.0㎝
断熱材スチロール
おすすめ度
4.82
おすすめポイント
  • 保冷力が高め(30時間)
  • 抗菌剤採用で清潔に使える
  • 片手でラクラク開閉&ロックが可能
  • 踏んでも座っても問題なしな堅牢ボディ

便利・頑丈・保冷力の3つを備えたクーラーボックスです。天面からワンアクションで自在に開け閉めができるレバー方式を採用。手を放すだけでフタが閉まる便利な自動ロック機構。スピーディーな開閉で冷気を逃しにくくします。堤防釣りの常連 アジやキス、イワシなどが対象のお手軽クーラーボックスです。

 

 

 

8位:ダイワ(DAIWA):
ミニクール S1050

公式アイテムページダイワ(DAIWA)
ICE値-H
容量6.5/8.5/10.5/12.5L
外寸(10.5L)22×39×31㎝
内寸(10.5L)15×28×25㎝
断熱材スチロール
おすすめ度
4.82
おすすめポイント
  • 価格が安い(4500円程度!)
  • 自重も軽い(8.5Lで1.7㎏!)
  • カラーバリエーションが豊富!
  • 安心して座れる頑丈ボディ、上フタが平らで座りやすい
  • サンドイッチやオニギリを濡らさず収納できるプルーフケース付

これから堤防釣りを始める方におすすめのクーラーボックスです。自転車の前カゴに入れやすいサイズ設計(8.5L、6.5Lモデル)、ロングハンドルや肩ベルト、さらには別途買うと1200円程度する「ふんばるマン」という滑り止めも初期搭載。自転車・電車釣行にも◎。その割には価格も安く、コスパ最高レベルとの呼び名も高いです。

 

 

 

9位:シマノ(SHIMANO):
スペーザ ライト250(NS-E25U)

公式アイテムページシマノ(SHIMANO)
ICE値40(時間)
容量25L
外寸685×305×320㎝
内寸492×212×230㎝
断熱材発泡ポリスチレン
おすすめ度
4.81
おすすめポイント
  • キャスター(ころころ)付き
  • ハンドルが長いので転がしやすい
  • 汎用性の高い内寸50cmサイズ!
  • 安心のセーフティストッパー、機動力のキャスターを搭載(キャスターなしタイプもあります)

堤防釣りの大物サイズ(50㎝)を曲げずに収納できるクーラーボックスです。専用設計された断熱材を全面に配置することで高い保冷力を確保。

キャスターって必要かなぁ…?

迷ったらキャスター付きのタイプをおすすめします。というのも25Lは結構大きいです。明確な(移動が極端に少ないような)釣りをするなら別ですが、あって困ることは少ないです。

 

 

 

10位:秀和(SHU-WA):
フィッシングクーラー 10.4L

公式アイテムページ秀和(SHU-WA)
保冷力-
容量10.4/25/37L
外寸(10.4L)32.8-22.8-28.4㎝
内寸(10.4L)28.0-18.0-21.7㎝
断熱材ウレタン
おすすめ度
4.80
おすすめポイント
  • デザインがかわいい
  • 自重が軽い(10.4Lで1.9㎏)!

Made in Japanにこだわった秀和のクーラーボックスです。ぎっしりと断熱層に注入発泡方式で隅々まで硬質ウレタンフォームを注入されていますが、10Lで2㎏を切る自重の軽さ。 蓋の材質にはABS樹指を使用しており変形しづらいという特徴がありますが、小さな脚が四隅があるので座ると折れることも…。そちらに注意すれば、価格以上に保冷力の強いクーラーボックスでしょう。

 

 

 

11位:ダイワ(DAIWA):
クールライン SU800

公式アイテムページダイワ(DAIWA)
ICE値-
容量8/6L
外寸(8L)22.5×37.5×25㎝
内寸(8L)15×28×19㎝
断熱材HPウレタン
おすすめ度
4.79
おすすめポイント
  • カラーバリエーションが豊富
  • 上フタが外せて洗いやすいフリージョイントタイプ
  • 持ち運びに便利なロングハンドル(SU/GUシリーズのみ)
  • 冷気を逃がしにくく、魚をしまう際に便利な投入口付き

波止や海釣り公園での堤防(小物)釣りに最適なクーラーボックスです。かなりコンパクトなサイズ感なので、持ち運び楽々。サビキ釣りでアジやイワシを狙う方、チョイ投げ釣りでキスなどを狙う方には最適なサイズ設計でしょう。

 

 

 

12位:シマノ(SHIMANO):
フィクセル ベイシス22L  (NF-322V)

公式アイテムページシマノ(SHIMANO)
ICE値35H
容量9/12/17/22/30L
外寸(22L)53×30×33.2㎝
内寸(22L)39×21×25㎝
断熱材発泡ウレタン
おすすめ度
4.78
おすすめポイント
  • がっしり堅牢ボディ
  • 両開き・取り外しできるフタ
  • 対象魚に合わせて選べる5サイズ
  • ワンアクションでロックのON、OFF可能

サイズバリエーションが豊富なクーラーボックスです。利便性を考慮したフラットデザインとなっており、より使いやすく、よりシステマチック。保冷力の高いウレタン断熱素材を仕様しており、キャンプにも併用できる汎用性の高さ。移動距離が少なく(車横付け可能)、万能に堤防釣りで使いたい方には22Lモデルがおすすめです。

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥16,879 (2024/04/19 04:31:23時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

13位:ダイワ(DAIWA):
ライトトランクα S2400

ダイワ(DAIWA) クーラーボックス ライトトランクα
ダイワ(DAIWA) クーラーボックス ライトトランクα1
ダイワ(DAIWA) クーラーボックス ライトトランクα3
ダイワ(DAIWA) クーラーボックス ライトトランクα2
ダイワ(DAIWA) クーラーボックス ライトトランクα4
ダイワ(DAIWA) クーラーボックス ライトトランクα5
previous arrow
next arrow
公式アイテムページダイワ(DAIWA)
KEEP値66(時間)
容量24L
外寸31.5×60.5×30.5㎝
内寸22×46.5×22.5㎝
断熱材スチロール
おすすめ度
4.77
おすすめポイント
  • とてつもなく高い保冷力
  • 軽いのに座れる!
  • 開閉簡単な水栓付き、ワンハンドオープン
  • 滑り止め標準装備

軽い、安い、そこそこの大きいということから非常に人気なダイワのクーラーボックスです。内寸も46㎝と、容量の割には横幅があるので、堤防釣りの大物(50cm)サイズでも少し尾を曲げれば収納可能。特に保冷力が高いクーラーボックスで、真夏でも朝から晩まで使えるモデルです。

 

 

 

14位:シマノ(SHIMANO):
ホリデークール 6L(NJ-406U)

公式アイテムページシマノ(SHIMANO)
ICE値
24(24時間保冷)
容量6/24L
外寸(6L)33.4×21.7×22.1㎝
内寸(6L)25.7×14.0×15.0㎝
断熱材発泡ポリスチレン
おすすめ度
4.75
おすすめポイント
  • 価格が安い(しかもシマノ製)
  • 丸1日持つ保冷力!

軽さ・安さに優れたシマノのクーラーボックスです。

さすがに小さすぎない?

お弁当などを入れる方には小さいと思いますが、釣って帰ってくるだけの方には賢いサイズ感です。

 

 

 

15位:プロックス(PROX):
マルチクール 10α

公式アイテムページプロックス(PROX)
保冷力ー(時間)
容量7L
外寸36×25×23.5㎝
内寸-㎝
断熱材発泡スチロール
おすすめ度
4.72
おすすめポイント
  • 価格が安い!
  • ブクポンプ用ホース穴を標準装備
  • その他 色々初期装備!

信頼度の高いプロックス性のクーラーボックスです。保冷力について不明瞭なのが残念ですが、エサ箱、メッシュトレー、蓋付小分けトレーショルダーベルトなど色々な便利機能が初期搭載されておりコスパは良いです。とにかく初期投資を抑えて堤防釣りを楽しみたい方におすすめ。

 

created by Rinker
プロックス(Prox)
¥6,352 (2024/04/19 12:58:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

総括:堤防釣りで大活躍!
クーラーボックス おすすめランキング

以上、堤防釣りに最適なクーラーボックスおすすめランキングについてでした。

 

総括して一番のおすすめは?

と聞かれたら、『ダイワ(DAIWA)のクールラインα3』を推します。

  • シンプルなデザイン
  • (保冷力・サイズ・価格を総評価して)コスパが高い
  • ガッシリ座れる剛性ボディ(リブ構造を採用)

という点でおすすめ度が高いです。ルアー釣りを楽しむ方には『クールライン ライトソルト』シリーズがおすすめですが、ほのぼの堤防釣りを楽しみたい方・ファミリーフィッシングには普通のクールラインα3が最適でしょう。

 

 

以上、堤防釣りに最適なクーラーボックスについてでした。

紹介したクーラーボックスを使って是非 美味しい魚を食べてくださいませ!

 

それでは!

 

 

 

こちらも読まれてます

 

 

おすすめの記事