【銀×黒がシブい!】21ナスキーの実釣インプレ評価【1万円前後!!】

シルバー基調の高級感!

が素晴らしく良い21ナスキーのデザインに一瞬で虜になった筆者です。先代ナスキーに比べると安っぽい金色が排除され、シックで格好良い見栄えになりました。また使ってみた所感としても、普通に価格以上の性能は持っているんじゃないの?と。

 

しかし、価格は12000円前後。

高くない…???

21アルテグラ買った方が良くない?

など、疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。1万円台で『安い!!』となるのは釣りキチだけ。安くありません。普通に考えたら絶対に安くありません。

 

 

そこで今回は、実際に身銭を切ってシマノ(SHIMANO) 21ナスキーを購入。何十回も実釣を重ねた筆者のインプレ評価をまとめていきます。特に使用感については詳しく後述していくので、悩まれている方は参考にしてみてくださいませ!

 

 

 

 

そもそもどんなリール?
シマノ 21ナスキー

まずはざっくりと、21ナスキーの性能&外見(デザイン)について紹介していきます。

 

シマノ(SHIMANO)
21ナスキー(2500SHG)

  • おすすめスピニングリール『21ナスキー』
    引用:Amazon
モデル 2500SHG
自重(g) 240
各適合ライン
糸巻量(号)-(m)
ナイロン: 5-110、6-95
PE:0.8-150、1-120
ギア比 6.2
実用ドラグ力 2㎏
最大ドラグ力 4kg
メーカー紹介文

価格帯そのままにデザインを一新!

HAGANEギア搭載のハイパフォーマンスモデル。ビギナーからベテランまで幅広いアングラーに満足してもらえるハイパフォーマンスモデル!リールの回転を支えるメインギア部分にHAGANEギア採用でハードな使用にも対応。更に今回のナスキーからサイレントドライブが初搭載。これによりスプールが上下に動く際の挙動やリトリーブを止めた直後の安定感が向上。コアプロテクトによる防水機能でボディ内部への浸水もガード。洗練されたデザインで長く使っていただけるモデル。


引用:SHIMANO[21ナスキー]

 

 

 

21ナスキー
搭載テクノロジー

ビギナーからベテランまで幅広いアングラーに満足してもらえるハイパフォーマンスモデル、という21ナスキー。搭載テクノロジーについて見てみましょう。

 

サイレントドライブ

部品間で起こるノイズを排除してくれる機能です。

SHIMANOによると、改善の対象箇所はドライブギア、ウォームシャフト、ウォームシャフトピン、ウォームシャフトギア 、摺動子ギア など多種に渡ります。そんなサイレントドライブによって、新たな次元での滑らかな回転性能、静粛性を伴った巻き心地の良さが実現されています。

 

HAGANEボディ&ギア

金属加工技術を生かして真に使い込める製品を作るシマノの設計思想です。

過酷な状況でも安心して使い続けられるタフに、感性を刺激する精緻な巻き心地と操作感を得られます。

 

X-SHIP

ハンドルを回す力を効率よく伝達してくれるギアシステムのことです。

ドライブギアの大径化、ピニオンとドライブ両ギアの最適配置、ピニオンギアのベアリングによる2点サポート。これら頑強なギアの噛み合わせが、負荷に強い軽快なリーリングを保持。軽い力で大物ともやり取りできる、というワケです。

 

G-フリーボディ

ロッドとの一体感を向上させる重心配置です。

スプールを前後運動させるためのウォームシャフトの位置をロッド側に配置することでリールの重心を手元に近づけられています。Gフリーボディによって、実際のリールの自重よりも軽量に感じることができ、キャストによる疲労軽減やロッドの操作性の向上に繋がるというワケです。

 

その他色々…!

防水効果を高める『コアプロテクト

内蔵ギアは『HAGANEギア

ライントラブルの抑制、遠投性能の向上させている『AR-Cスプール』等、ちょっと多すぎてアレなので当記事では実釣インプレに移行したいと思います。詳しくは公式サイトを参考にしてみてくださいな。

 

 

 

実釣性能抜群!
21ナスキー 実釣インプレ

『X-SHIP』やら『サイレントドライブ』だとか色々説明しました。が、ぶっちゃけそんなこと説明されても余程の釣りキチ以外は

はぁ??

でしょう。どう『釣り』に関係するか分からなすぎる。もっとこう、筆者の直感的に21ナスキーを説明していいのなら、初めて手に取ったときの感動はMONKEY MAJIK『CHANGE』。格好良すぎて痺れた。2014年のサッカー日本代表を観たくなった。

 

さて、読者の皆様が再度

…はぁ???

となったところで実釣してみての21ナスキーのインプレ評価をまとめていきます。参考までにどうぞ。

 

 

巻き心地が良い!

  • 値段以上の巻き心地

という21ナスキーでしょう。5000円前後のスピニングリールでルアーフィッシングをやっている友達に使わせたところ

…たしかに滑らかな気がする……

とのことでした。初心者にも違いは分かる巻き心地でしょう。

 

 

写真が映える

  • 珍しいシルバー基調

というデザインの21ナスキー。以前のナスキーよりも格段に格好良くなっている気がします。16ナスキーも悪くはなかったんですけど、個人的には金が安っぽく見えてしまいまして…。

 

 

釣果写真にこだわり、後々見返しては酒の肴にする筆者としてはスピニングリールのデザインも重要。そんなデザイン重視の筆者としても『渋い…!』と感嘆する程度には格好良い外見をしている気がします。

 

 

格好良いね。。

 

 

前モデルよりも軽い(自重)!

  • 重さは普通

に感じた21ナスキー。当然ながら、前モデルよりも軽くなっているものの、直前に使っていた21アルテグラと比較してしまうと、『うーん、ちょっと持ち疲れするかな?』という具合。

 

なんでも21ナスキーには強化樹脂製プラスチックボディが採用されているらしいです。21アルテグラを始め、SHIMANO(シマノ)の中級モデル以上には搭載されている『Ci4+』素材に比べると、どうしても重くなってしまうのでしょう。

 

しかし、それでも5000円以下のスピニングリールを主に使っている友人からして

いや、普通に軽いけど…?

という評価が聞けたように、何台もスピニングリールを買い揃えているような釣りキチ以外なら『フツーに軽い』と感じる自重でしょう。

 

 

シーバス釣りに最適!!!

  • シーバス釣りに最適!

というのが筆者の21ナスキーについて、最も伝えたいポイントです。

 

この時期、筆者が狙うのはシーバスかヒラメの2魚種。しかし、ヒラメ釣りで使用するような重めなルアー(バイブレーション等)を使うよりも、引き抵抗の軽いシンキングペンシルのようなルアーを使うシーバス釣りで大活躍

 

静寂の広がるナイトゲーム、21ナスキーをくるくる巻いて、いきなりガツン!!!とくるシーバス釣りの魅力を堪能するには最適でしょう。シーバスと同じく、シルバーのデザインも最高に格好良いです。

 

 

チョイ投げ釣りにも最適!

  • チョイ投げ釣りにも良い

でしょう。今までに5000円程度の釣りセットを買っては後悔していた友人も超満足にキス釣りができたようでした。

 

また、筆者としても”貸し出せる安さ”というのも21ナスキーのポイント。友人は一度、筆者のヴァンキッシュを磯の上に直置きして外装をボロボロにしたことがあります。釣具を貸すのは若干 恐怖なのですが、そんな友人にも(まぁいいか…)と貸し出せる安さ。丁度良い価格、とは21ナスキーのコトかもしれませんな。

 

 

 

ちょっと前のツインパワー(?)

  • 村田基、絶賛

らしいです。最近始めた釣り人からすると

…いや、誰だよ…

と分からないかもしれませんが、釣り業界のレジェンド。ルアーフィッシング業界を牽引したと言われている釣り人(自身の釣具屋経営)からして『1世代前のツインパワー(3万円以上)』と言われる性能があるようです。

 

まぁSHIMANO贔屓の方なので話半分に聞いておいた方が良いかもですが、個人的にも少し前の中級モデル程度の性能はシッカリと搭載していると思います。

 

 

価格以上(11500円)のパフォーマンス!

筆者にとって11500円(購入時の値段)は高額です。

農家バイトで自給800円。休日を削って炎天下ビニールハウスの中で滝のように汗を流し、蚊にボコボコ喰われ、泣きながらピーマンを10時間以上もぎって得られるのが11500円。セール中だったので安く買えたとは言え、安くありません。断固、安くはありません。

 

しかし、そんな価格にも まぁ納得させられる21ナスキーでした。

 

 

5000円以下の超エントリーモデルでも釣れないことはないですが、デッドスロー(超ゆっくり巻くこと)が各段にしやすい21ナスキーです。

 

 

読者の皆さんが、どんな釣りをされるかは分かりません。しかし、色々なモデルを揃えている21ナスキーです。間違いなく、みんなの釣りを快適にしてくれるでしょう。5000円以下のリールを使っている方は是非。軽さ・巻き心地がダンチですぜ。

 

 

 

 

シマノ 21ナスキー
おすすめモデル

ラインナップが豊富なのも嬉しい21ナスキーですが、執筆時現在、モデルが全部で13種類。

 

多すぎて、どれを選べばいいのか分からないんだけど……

という方もいらっしゃるでしょう。そんな方に向けて、おすすめモデルを3つに厳選させていただきました。迷っている方は是非 参考にしてみてください。

 

 

8.6フィート前後のロッドに!
21ナスキー 2500SHG

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥11,500 (2022/10/03 00:20:49時点 Amazon調べ-詳細)

筆者が購入したモデルです。8.6フィート前後のルアーロッドを多用する筆者としては

15g前後のルアーを極力ゆっくり巻きたい!

ということでノーマルギアの『 C3000』と非常に迷いましたが、時期的に河口シーバスが熱かったのでハイギアモデルにしました。実際、ルアーやジグなどを早く巻いて誘うのに非常に向いているように感じます。8.6フィート前後の竿に合わせるモデルとしては超おすすめです。

 

 

10フィート前後のロッドに!
21ナスキー 4000XG

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥12,162 (2022/10/03 04:40:05時点 Amazon調べ-詳細)

10フィート前後のルアーロッドに合わせるモデルです。

サーフから大遠投でヒラメ、青物狙いのライトショアジギング等に超おすすめの人気モデルです。一時期 評判が悪かった時期もあったようですが、現在は品薄連続。投げ釣りやカゴ釣りのような釣り方にも人気なモデルです。

 

C5000XGとの違い

C5000XGとは違うの?

糸巻き量・最大巻き上げ量

が違います。ギア比やドラグ力・ベアリングの数などは一緒。予期せぬ大物に備えて糸を多めに巻き取りたい方にはC5000XGがおすすめかもしれません。

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥12,400 (2022/10/03 00:20:49時点 Amazon調べ-詳細)

しかし、自重的には4000XGよりも重くなってしまいます。ギア比やドラグ力が変わらないのであれば、筆者的には4000XGの方が良いかと思います。値段的にも少し安いですしね。

 

 

 

7フィート前後のロッドに!
21ナスキー C2000S

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥9,700 (2022/10/03 00:20:59時点 Amazon調べ-詳細)

エリアトラウトやアジング・メバリングを主体の釣りをされる方には21ナスキー C2000Sがおすすめです。ライトゲームをされる方は

1000とc2000S、どっちが良いんだろう…??

と迷われるでしょう。正直 そこまで差はないと思われます。ドラグ力・ギア比・スプール径は一緒(C2000Sの方はコンパクトボディ)。しかし、C2000Sの方がシャロー(浅溝)スプールなので、巻くラインの量が節約できます。

そんな大事か?

個人的には大事です。というのもライトゲームで使うPEラインは細く、値段が高いです。そこで巻き取り量を少なくて済むC2000Sが絶対にオススメ。ショアジギングと違って、ラインが放出され切ってしまう、なんてことも少ないライトゲームなので。

 

 

 

シマノ 21ナスキー
価格的に近いモデルとの比較

21ナスキーと値段的に近いモデルとの比較をしてみます。

本文の通り、性能・デザインともに素晴らしい21ナスキーですが、後悔しないためにも同じくらいの値段で以下のモデルがあることを知っておきましょう。

 

 

21ナスキーの1つ上のモデル
『21アルテグラ』との比較

21ナスキー 2500SHG 21アルテグラ2500SHG
ギア比 6.2 6
実用ドラグ力(㎏) 2.5 2.5
最大ドラグ力(㎏) 4 4
スプール径(㎜) 46.5/14.5 47/17
自重(g) 240 220
  • 実釣性能では21アルテグラの方が良い

です。特に自重が20gも違うため、長くロッドを操作するルアーフィッシングでは疲労度が違うことでしょう。実際に使ってみても、やはり差は明確。マイクロモジュールギアⅡにワンピースベールなど21ナスキーにはないテクノロジーも超搭載。予算的に都合がつくなら21アルテグラの方が良いかと。

 

…しかし、21ナスキーも価格を考えると非常に良いリールなんですよ。1万円ちょっとの価格からは考えられないほど優秀。21アルテグラとはまったく違う銀ピカのデザインも高級感がありますホント。

 

詳しくは以下の記事で。

 

 

21ナスキーの1つ下のモデル
『22サハラ』との比較

21ナスキー 2500SHG 22サハラ 2500SHG
ギア比 6.2 6.2
実用ドラグ力(㎏) 2.5 2.5
最大ドラグ力(㎏) 4 4
スプール径(㎜) 46.5/14.5 46.5/14.5
自重(g) 240 240
  • 断然 21ナスキーの方が良い

というのが筆者の所感。流石は2022年に出たモデルということで2021年発売の21ナスキーとはパッと見の性能的には上のように一緒。が、搭載テクノロジーが結構違います。しかし、実際に使ってみると差は明確。デザイン的にも21ナスキーの圧勝でしょう。やはり1万円以下のモデルとは一線を画しています。21アルテグラと最初に比較したのでアレですが、やっぱり素晴らしいスピニングリールですよ21ナスキー。

 

詳しくは以下の記事で。

 

 

 

コスパ最高レベル!
21ナスキー インプレ総括

初心者におすすめ!

な21ナスキーだと思います。価格の割に性能が良いのでチョイ投げ・ルアー釣りどちらも楽しめるでしょう。

 

  • 16ナスキーよりも大幅進化
  • 銀を基調とした渋いデザイン
  • モデルが豊富で自分に見合った機種が必ず見つかる!

などなど、価格以上に素晴らしいリールです。

1万円前後でお買い得なリール…ないかなぁ…

数年は使い倒せるコスパの良いリールが良いんだけど…

という方は是非 検討してみてくださいませ。釣りがもっと楽しくなりますぜ。

 

 

それでは!

 

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥11,500 (2022/10/03 00:20:49時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

こちらも読まれてます

 

 

 

 

釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょうけど、検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

 

 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

おすすめの記事