【2022年】ヒラメ特化ワーム おすすめランキング⑮&選び方まとめ【コスパ&高実績!】
  • 簡単なアクション(ズル引き)で釣れる
  • 食べても美味しい高級魚

と、近年めきめき人気になってきたヒラメです。シーズン時にはサーフに人が殺到するくらいの大人気ルアー対象魚になった気がします。

 

シーバス(青物)追うの疲れた……

という方にも是非トライしていただきたいのがヒラメ釣り。ルアー操作は簡単(ずるずる海底を擦ってるだけでも釣れる)、刺身が最高に美味しい高級魚としても人気です。そんなヒラメを狙う際に使ってほしいルアーがソフトワーム、通称『ワーム』です。

 

 

というわけで今回はヒラメ釣りに最適な

  • ヒラメ釣りの基礎知識
  • ヒラメワームの基礎知識
  • おすすめワームランキング

の順に解説させていただきます。

 

 

 

 

とりあえず知っておいてほしい!
ヒラメ釣りの基礎知識

まずはヒラメ釣りについて、簡単に!

 

 

サーフ?堤防?
ヒラメを狙う際のおすすめポイント

ヒラメの釣り場は『堤防・漁港』と『サーフ』がメインとされています。

 

超おすすめ!《漁港・堤防》

強くおすすめしたいポイントは漁港内や堤防です。

今までヒラメを釣ったことのない、むしろ釣りにそこまで自信のない初心者のアングラーには堤防が断然おすすめ。

 

まず何より足元から水深があります。潮通しの良い堤防は地形変化もあるため遠投する必要もなく、近場をチョロチョロ探っているだけでもヒラメが簡単に釣れたりします。釣り初心者が広大なサーフでポイントを探すよりも、堤防や漁港の方がヒラメの居着きそうなポイントが分かりやすいです。

 

ヒラメ釣り おすすめポイント《堤防・漁港》
  • 波が穏やか
    →ルアーを泳がせやすい
  • 足元から水深がある
    →遠投の必要がない
  • その他 カサゴ等の根魚も狙いやすい

 

初心者以外ならサーフも良いかも…?

ヒラメのルアー釣りと言えばサーフ!

というイメージの方もいらっしゃるでしょう。基本として紹介されるサーフですが、(筆者的には)あまりおすすめではありません

 

というのも先述した堤防に比べると、やや難易度が上がるからです。昔は人が少なかったのでプレッシャーも少なくヒラメが釣れやすかったのですが、現在は釣りブームということもあって人が沢山いますし…。波が強いポイントは重いルアーじゃないと釣りになりませんし、逆風にめちゃくちゃ苦戦しますし…。ある程度 サーフに慣れた方は良いでしょうが、未経験者には堤防の方が絶対おすすめです。

 

釣りプロやYoutuberは超簡単に釣ってるように見えますけど、実際に波打ち際まで行ったら分かります

え、思ってたより難しそう…

と。。まず砂浜歩くのだって結構体力いります。ソロで初心者の方におすすめできないのがサーフです。

 

ヒラメ釣り おすすめポイント《サーフ》
  • 潮通しが良い
  • (比較的)人が少ない
    →魚がスレていないので警戒心が薄い
  • (比較的)根掛かりが少ない

 

 

ヒラメ釣りのおすすめの時期

引用:アングラーズ

 

春から晩秋までがベストシーズンです。

特に秋口などで、ベイトフィッシュとなるカタクチイワシが接岸する季節が激アツ。その時期なら素人が適当に投げても釣れるほどヒラメの魚影も濃くなります。ヒラメを釣ったコトない方には是非、真夏を除いた春秋シーズンがおすすめです。

 

 

ヒラメ釣りのおすすめ時間帯

引用:アングラーズ

 

マズメ時(それも朝!)が特におすすめです。

夜行性とされるヒラメですが、ルアーに素直に反応する気性があります。そのため釣り人が増えた昨今の状況下では朝方(特に朝マズメ)に抜かれてしまい、夕方には素寒貧ということが筆者のホーム堤防では増えました…。

 

 

ヒラメ釣りにおすすめ!
ワームの基礎知識

色々なタイプのワームがあります。

先述したように、ワームには素直に反応してくれるヒラメなので決して難しく考える必要はありませんが、最低限知っておいた方が良いところを簡単に紹介させてくださいませ。

 

 

ヒラメ釣り特化ワーム
おすすめのカラーは?

他の魚に比べて視覚によるアピールが効果的

というのもヒラメ釣りの特徴です。そのためケイムラや赤金、オレ金(オレンジ×金色)などのド派手なカラーが良く選ばれている印象があります。

 

筆者の経験でいうと、日中はナチュラル系やクリア系、マズメ時はホワイト・ゴールド系・パール系のようなカラーによる実績が高いです。夕マズメ以降に狙う際はケイムラピンク等のカラーで釣れたことも多いですね。

 

 

ヒラメ釣り特化ルアー:
カタチ(タイプ)について

ヒラメは小魚を食べる!

と念頭においておきましょう。良く似たマゴチ釣りでは甲殻類がベイトになることもありますが、ヒラメは基本的にカタクチイワシなどの小魚を捕食しています。

 

ヒラメ釣りのワームとして、最も選ばれているのが以下の3種類になります。

 

シャッドテール

ヒラメワームの基本がシャッドテールです。

小魚のように尻尾のテールがパタパタと動き、ヒラメに効果的にアピールします。

 

ストレート・ピンテール

シャッドテールに比べるナチュラルな波動が特徴で、ヒラメの警戒心が高い・低活性の状況下では効果抜群。シャッドテールで釣れないとき、同じポイントを攻めると一投目で釣れたという経験も多いです。

 

カーリーテール

アピールを高めたい時にはカーリーテールも良いです。

ヒラメの活性が高いときに使うと勝負が早いです。

 

 

 

信頼度・実績・コスパ最高レベル!
ヒラメ特化ワーム おすすめランキング⑩

それでは、ヒラメ釣りおすすめなワームをいくつか紹介していきます。

 

記入漏れがないように心がけましたが、もしかしたら新バージョンが出ているかもしれません。また実際に使用されている方のレビューも見られるので、詳細はアイテムリンクからもご確認ください。

 

 

1位:Ecogear(エコギア)
パワーシャッド

  • ヒラメおすすめルアー1位
    引用:Amazon
ブランド(公式アイテムページ) Ecogear(エコギア)
サイズ 4/5/6インチ
個数 7/6/5個
コスパ
おすすめ度
おすすめポイント
  • コスパ最高レベル
  • 歴史の古いロングセラーワーム
  • フィッシュイーターの捕食本能を強烈に刺激する”ボディサウンド”

    筆者が初めてヒラメフラットフィッシュを釣った記念ルアーでもあり、あれから数年経った今でも愛用しています。なにも筆者の個人的な感想ではなく、Amazon、Twitter、Youtubeいたるところで高評価されているロングセラーのワーム。超ゆっくり巻いてもテールがチョロチョロと動き、ヒラメに限らずアイナメやクロソイなどの根魚にも効果的。3インチが絶版になってしまったのが残念なところ…(釣れすぎたのか…??)

     

    created by Rinker
    マルキュー(MARUKYU)
    ¥735 (2022/05/26 14:26:25時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

     

    2位:MARS(マーズ)
    R-32 (ヒルクライム)

    フラットフィッシュ ルアー おすすめ『MARS』
    フラットフィッシュ ルアー おすすめ『MARS』1
    previous arrow
    next arrow
    ブランド(公式アイテムページ) MARS(マーズ)
    サイズ 3.2/4インチ
    個数 6個
    コスパ
    おすすめ度
    おすすめポイント
    • 転売が横行するほど人気
    • 10年以上の歴史があるロングセラーワーム
    • シャッドテールで釣れないときに大活躍

      オフシーズン以外には定価で買うことが困難なほどの大人気ワームです。もとはシーバス狙いに開発されたっぽいですが、ヒラメをはじめとするフラットフィッシュや根魚でも大活躍。ナチュラルな微弱ロールとリブから発する水流がカタクチイワシそのものの波動を生み出しているらしく、タフコンディション(アピール力の強いワームでは食ってこないような状況)でも釣れるワームです。

       

      created by Rinker
      マーズ(MARS)
      ¥770 (2022/05/26 14:34:08時点 Amazon調べ-詳細)

       

      アピール力を上げたい方には

      グラマラスサイズ(4インチ)』がおすすめです。

      サイズは大きくブリブリしていますが、50㎝程度あるヒラメなら丸呑みでした。

       

       

       

      3位:メガバス(Megabass)
      SUPER SPINDLE(スーパースピンドル)

      フラットフィッシュ ルアー おすすめ『Megabass』
      フラットフィッシュ ルアー おすすめ『Megabass』1
      previous arrow
      next arrow
      ブランド(公式アイテムページ) メガバス(Megabass)
      サイズ 4/5インチ
      個数 6個
      コスパ
      おすすめ度
      おすすめポイント
      • 高比重・強波動のVIOSミネラルマテリアル
      • 高浮力&活き活きした動きを実現するスーパーマテリアル
      • XLAYERで高い実績を誇る天然アニスフレーバーを配合したニオイ!

      生命感溢れるアクションとナマ感覚の触感を徹底追求されたワームで、生々しい質感が特徴的です。やや身が千切れやすいというデメリットはありましたが、それ以外が最高レベルの機能性。超スローリトリーブや、わずかなロッドワークにもレスポンスよく反応し、軽快で活き活きとしたボトムアクションの演出にも最適です。

       

       

       

      4位:エコギア(Ecogear)
      バルト

      マゴチ ワーム おすすめ『ekogeraバルト』
      マゴチ ワーム おすすめ『ekogeraバルト』1
      previous arrow
      next arrow
      ブランド(公式アイテムページ) エコギア(Ecogear)
      サイズ 3.5/4/6インチ
      個数 6/5/4個
      コスパ
      おすすめ度
      おすすめポイント
      • アピール力が超高い
        フラットサイドボディ+ビッグテール
      • 強すぎない水押しのテール
        深いレンジでのレンジキープも簡単
      • 豊富なカラー・サイズバリエーション

      大きな尻尾と平面ボディによって高い波動とフラッシングを獲得したニュータイプのシャッドテールワームです。安定してナチュラルかつハイピッチなローリングアクションを繰り出し、かつ他のシャッドテール系ルアーとは異質の波動を生むことでバイトを誘発します。ヒラメの実績多数有り。

       

      created by Rinker
      エコギア(Ecogear)
      ¥694 (2022/05/26 15:34:12時点 Amazon調べ-詳細)

       

       

      5位:イッセイ海太郎(Issei Umitaro)
      カタクチワーム

      ヒラメ ワーム おすすめ『issei海太郎』
      ヒラメ ワーム おすすめ『issei海太郎』1
      previous arrow
      next arrow
      ブランド(公式アイテムページ) 株式会社issei[一誠]
      サイズ 4.5インチ
      個数 6個
      コスパ
      おすすめ度
      おすすめポイント
      • 4.5インチという絶妙なサイズ
      • 気持ち悪いくらいの生命感
      • シャッド系だと反応しないときに使いたいピンテール(ストレート)系ワーム

      海の魚のメインベイト『カタクチイワシ』を模したピンテール系ワームです。形状を似せることに加え、スリットを深く規則正しく刻み込んだ多溝ボディデザインを採用。スリットが水流を受けながら泳ぐ姿はまさにカタクチイワシそのもの。あまり知られていませんが良くヒラメが釣れるワームです。

       

       

       

      6位:バディーワークス
      フラッグシャッド

      マゴチ ワーム おすすめ『FLAG SHAD』
      マゴチ ワーム おすすめ『FLAG SHAD』1
      マゴチ ワーム おすすめ『FLAG SHAD』2
      マゴチ ワーム おすすめ『FLAG SHAD』3
      マゴチ ワーム おすすめ『FLAG SHAD』4
      マゴチ ワーム おすすめ『FLAG SHAD』5
      previous arrow
      next arrow
      ブランド(公式アイテムページ) バディーワークス(Buddy Works)
      自重(g) 4/5
      個数 6/5個
      コスパ
      おすすめ度
      おすすめポイント
      • スローでも、カーブフォールでも動く魅惑のビッグテール
      • なまっぽいソフトな素材
      • 動きの良いアクションスリット(切れ込み)入り
      • 豊富なカラーバリエーション

      継ぎ目が切れやすそうにも見えますが、しっかり頑丈でハイアピールなワームです。ヒラメを含むフラットフィッシュに特に効果的なワームで、ラメの煌めき具合も素晴らしいです。価格も以外に安いのですが、出庫数が少ないのか、あまり店頭に出回っていないのが残念なところ。

       

      created by Rinker
      BuddyWorks(バディーワークス)
      ¥704 (2022/05/26 03:36:52時点 Amazon調べ-詳細)

       

       

      7位:BuddyWorks(バディーワークス)
      フラッグたぬき

      ヒラメ ワーム おすすめ『フラッグたぬき』
      ヒラメ ワーム おすすめ『フラッグたぬき』1
      ヒラメ ワーム おすすめ『フラッグたぬき』2
      previous arrow
      next arrow
      ブランド(公式アイテムページ) BuddyWorks(バディーワークス)
      サイズ 4インチ
      個数 5個
      コスパ
      おすすめ度
      おすすめポイント
      • アピール力が強い!

      魚の尾ビレのように左右にパタパタ動き必死で逃げる小魚を演出するという『フラッグたぬき』。テールが丸みを帯びていて可愛らしいです。引き抵抗が小さく巻きの釣りに最適。フラッグシャッドとの使い分けにいかがでしょうか。カラーはオレキンザブトンがおすすめです。

       

      created by Rinker
      BuddyWorks(バディーワークス)
      ¥704 (2022/05/26 21:05:13時点 Amazon調べ-詳細)

       

       

      8位:メジャークラフト
      パラワーム-SHAD

      ヒラメ ワーム おすすめ『パラワーム』
      ブランド(公式アイテムページ) メジャークラフト
      サイズ 1.5・2.3・3.0・3.5インチ
      個数 8/7個
      コスパ
      おすすめ度
      おすすめポイント
      • 価格が安い!!
      • 安くても実績抜群!!

      価格が安く、必要十分なアクションが特徴的なパラワームです。シャッド以外にもダート、グラブ等様々なタイプのワームが選べ、すべて他ワームに比べると廉価で買い求められます。ラメは派手過ぎず地味過ぎない絶妙なライン。オレンジゴールドがおすすめカラー。

       

       

       

      9位:Fish Arrow(フィッシュアロー)
      フラッシュJシャッド4SW

      ヒラメ ワーム おすすめ『フラッシュJシャッド』
      ヒラメ ワーム おすすめ『フラッシュJシャッド』1
      ヒラメ ワーム おすすめ『フラッシュJシャッド』2
      previous arrow
      next arrow
      ブランド(公式アイテムページ) Fish Arrow(フィッシュアロー)
      サイズ 3/4インチ
      個数 5個
      コスパ
      おすすめ度
      おすすめポイント
      • 超リアルな小魚っぽい外見
      • フォーミュラ配合

      もはやエサ並みのリアルさが特徴的なフラッシュJシャッド。内蔵のアルミがフラッシングとサウンドを生み出すリアルベイトの決定版フラッシュJに、フォーミュラーを練り込まれています。ヒラメ以外の根魚・シーバス・メッキなどフィッシュイーター全般が狙え、ダートさせてもよし、ただ巻きもよしなリアルベイト「フラッシュJSW」です。

       

       

      フラッシュJスプリットと迷いましたが…

      ヒラメにはシャッドじゃなくて『スプリット』の方がなお良いのですが、店頭から姿を消して久しいので今回はシャッドの方を紹介させていただきました。

      created by Rinker
      フィッシュアロー(Fish Arrow)
      ¥800 (2022/05/26 03:27:46時点 Amazon調べ-詳細)

       

       

      10位:デプス(deps)
      デスアダー

      ヒラメ ワーム おすすめ『デスアダー』
      ヒラメ ワーム おすすめ『デスアダー』1
      ヒラメ ワーム おすすめ『デスアダー』2
      previous arrow
      next arrow
      ブランド(公式アイテムページ) デプス(deps)
      おすすめサイズ 4/56インチ
      個数 8/8/6個
      コスパ
      おすすめ度
      おすすめポイント
      • ヒラメジャンキーからの熱烈な支持
      • ブリブリとしていてアピール力が強い

      バス用のルアーですがヒラメ釣りでも大活躍してるっぽいデスアダーです。水流を身にまとうボディーフォルムと、急激に細められたテールが生むリアルなタイトバイブレーションが特徴。特に6インチが人気なようです。

       

       

       

      ジグヘッドとワームがセット!
      ヒラメ特化ワームセット おすすめランキング⑤

      続きましてワームとジグヘッドがセットになったアイテムを紹介していこうと思います。

       

      『ジグヘッド』と『ワーム』、別々に用意しても良いですが、

      ジグヘッドとワームの大きさが合わないか心配!!

      という方は是非 検討してみてくださいませ。

      失敗を極限まで減らす、という意味合いではワームセットもおすすめです。

       

       

      1位:メジャークラフト
      浜王ヒラメセット

      • ヒラメおすすめルアー3位『浜王』
        引用:Amazon
      ブランド(公式アイテムページ) メジャークラフト
      サイズ 3.5/4インチ
      自重(g) 14/18/21/28
      コスパ
      おすすめ度
      おすすめポイント
      • ジグヘッド+ワームセット
      • ド素人の友人でもヒラメを釣った実績

        ヒラメが潜むポイントを丹念に探ることが可能な「浜王」です。ヘッドのグリグリとしたアクション(ローリング)とテールのプリプリなアクション(ウオプリング)が合体。釣りド素人の友人が、初めてのヒラメルアーフィッシング3投目で48㎝のヒラメを釣り上げた伝説(個人的に)のルアーです。どんなに下手でもヒラメの目の前に投げられれば釣れる、という一点においての信頼度は今回のルアーの中では断トツの1位。

         

        created by Rinker
        Major Craft(メジャークラフト)
        ¥713 (2022/05/26 12:24:42時点 Amazon調べ-詳細)

         

         

        2位:Blue Blue(ブルーブルー)
        ジョルティ

        マゴチ ワーム おすすめ『FLAG SHAD』6
        マゴチ ワーム おすすめ『FLAG SHAD』7
        previous arrow
        next arrow
        ブランド(公式アイテムページ) Blue Blue(ブルーブルー)
        自重(g) 15/22/30
        個数 1個
        コスパ
        おすすめ度
        おすすめポイント
        • 重心移動式ジグヘッドによる圧倒的飛距離

        キャストした際に風に負けず気持ちよく飛んでいくジグヘッドワームセットです。先述のように重心が徹底的に研究されたジグヘッドと空気抵抗を極力無くした専用ワームと合わせて使用する事で、誰が投げても気持ち良く飛んでいく安定した飛行姿勢と圧倒的飛距離を成立させられています。リトリーブをすればローリングを伴い、強い波動でヒラメを誘います。

         

         

         

        3位:DUO(デュオ)
        ビーチウォーカー ハウル

        • ヒラメおすすめルアー2位『ビーチワーカー』
          引用:Amazon
        ブランド(公式アイテムページ) DUO
        サイズ 3インチ~4インチ
        自重(g) 14/21/27/35
        コスパ
        おすすめ度
        おすすめポイント
        • ジグヘッド+ワームセット
        • T・O・Yヒラメ部門2019年1位

          ヒラメゲームの必須アイテムとなったビーチウォーカーハウル。特にヒラメビギナーのエントリーモデルとして絶大な支持を集め、発売以来多くの実績を重ねています。パッケージから取り出してそのままヒラメゲームが出来ます。シャッドはヘッドに合わせた最適カラーをチョイスされています。開発者はヒラメサーフゲームの権化、堀田光哉氏。Yahooニュースでも取り上げられるほどの実力者が直々に開発に携わった信頼度の高いルアーです。

           

           

           

          4位:シマノ(SHIMANO)
          ソルトメタル 熱砂 メタルドライブ

          フラットフィッシュ ジグヘッド おすすめ『SHIMANO メタルブレード』
          フラットフィッシュ ジグヘッド おすすめ『SHIMANO メタルブレード』2
          フラットフィッシュ ジグヘッド おすすめ『SHIMANO メタルブレード』3
          フラットフィッシュ ジグヘッド おすすめ『SHIMANO メタルブレード』4
          フラットフィッシュ ジグヘッド おすすめ『SHIMANO メタルブレード』5
          previous arrow
          next arrow
          ブランド(公式アイテムページ) シマノ(SHIMANO)
          自重(g) 28/32/38
          個数 1個
          コスパ
          おすすめ度
          おすすめポイント
          • リトリーブでの浮き上がりやすさを重視
          • 抜群の飛距離を誇る『アーチドライブシステム』搭載
            キャスティング時にワームがボディから離れて空気抵抗を低減。28gで平均飛距離78m!!
          • SHIMANOの独自技術『スケールブースト』搭載
            ベイトフィッシュの鱗のリアルなパターンを模倣したホログラム

            今までワームが到達できなかったポイントにルアーを到達させるという目的で開発された構造のメタルドライブ。リトリーブ時にはワームが泳ぎ位置へ簡単に戻り、ボディのタイトなフラッシングとワームのワイドな動きでヒラメに強くアピールします。水中で複雑な反射を繰り返す『スケールブースト』も非常に魅力的。ちょっと価格が高いですが、非常に性能の高いジグヘッド+ワームセットです。

             

             

             

            5位:ダイワ(DAIWA)
            フラットジャンキー 『ロデム』

            • ヒラメおすすめルアー8位『ロデム』
              引用:Amazon
            ブランド(公式アイテムページ) DAIWA(ダイワ)
            サイズ 3/4インチ
            自重(g) 14/18/21/28
            コスパ
            おすすめ度
            おすすめポイント
            • ベイトフィッシュ(鰯など)そっくりのデザイン
            • 水鳥の足ヒレ形状からヒントを得た「ダックフィンテール」
            • パチモンが出回るほどの高い人気

              独特の形状は水つかみが良くソフト素材と相まって振り子状にスイング、強い波動とリアルな外観で食い渋ったフラットフィッシュに強烈アピールします。ヘッド部にはラインの接続位置によってアクションを変化させられる2WAYアクションアイを搭載。ヘッド前方下部のブレードでさらに感度がアップ。若干 ワームが挿しにくいのがマイナスポイント。

               

               

               

               

               

              迷っている方は是非!
              ヒラメ特化ワーム:総括

              以上、ヒラメ釣り おすすめのワームについてでした。

               

              総括して一番のおすすめは?

              と聞かれたら、『エコギア(Eco Gear)パワーシャッド』を推します。手前味噌ではありますが、

              • 筆者が初めてヒラメを釣ったワーム
              • 他ワームに比べて頑丈(身が千切れにくい)
              • カラーバリエーションの豊富さ
              • 実績の高さ・価格の安さ(4インチは7個で550円程度!)

              という点で初心者にも非常におすすめ。パワーシャッドで反応しない場合は『MARS R32』というのが筆者の王道パターン。ただR32の方は滅多に定価(770円程度)では買えないので、今回はパワーシャッドをおすすめ1位とさせていただきます。

               

               

              今回の記事で、皆様のお眼鏡に合うヒラメ特化ワームを紹介できていたら幸甚に尽きます。

               

              それでは!

               

              created by Rinker
              マルキュー(MARUKYU)
              ¥735 (2022/05/26 14:26:25時点 Amazon調べ-詳細)

               

               

              こちらも読まれています

               

               

              釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょうけど、検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

               

               

              にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

              にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

              にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

              おすすめの記事