【色々使える!】actto BST-02 ブックスタンドのコスパが素晴らしい件【レビュー】

長時間の読書は首が疲れる…

という人もいるかと思います。本の厚みや種類によっては

テレビのリモコンで本が開いた状態を(不安定に)維持していますけど…

洗濯ばさみを工夫して使ってるけど…

という方もいらっしゃるかと思います。

 

そんなときは本を開いたまま固定できるブックスタンド(書見台)がとっても便利です。そんなワケで表題の通り、actto BST-02というブックスタンド(書見台)をレビューしていきます。ながら読みする方は是非!!!

 

 

 

 

 

どんなアイテム??
actto BST-02 ブックスタンド

ブックスタンド、書見台と言われる通り、本を読むときに非常に便利なアイテムのactto BST-02。しかし、それだけではなく、勉強、趣味、タブレット操作などに多用途で使えるactto BST-02です。ザックリと、どういうアイテムなのかを見てみましょう。

 

 

ざっくりと!
actto BST-02 ブックスタンド 製品情報

  • actto BST ブックスタンド1
    引用:Amazon
ブランド(公式アイテムページ)メジャークラフト
サイズ縦: 26.8cm 幅: 20.5cm
材質ABS樹脂
自重0.3kg
角度調節機能18段階
おすすめ度
メーカー紹介文
  • 厚み62mmまでの書籍を挟み込み可能。
  • ブックスタンド本体を丸くデザインし、用紙類などを挟み込んでも用紙が後ろに倒れません。
  • 大きめの本を支えるために、前面の左右に2本のストップホルダーが付いています。
  • 書物などを開いた状態で容易にホールドできる上に、ホールドしたまま指先でページ送り可能。
  • 18段階のプレート傾斜角度調整が可能 デスクでは書物や書類を見ながらのPC入力に、キッチンでもレシピ本を見ながらの調理に重宝します。
  • 本の種類によりますが、基本的にはB6判からA4判程度の本のご使用に適したサイズ設計となっております。 B6判よりも小さなA6判(文庫本など)の場合は、本の後側(背表紙側)に適当な厚さ(15~20mm程)の別の本などを挟み込んでいただくとご使用になれます。

 

 

本を快適に読むためのアイテム!

手軽さでいったらブッククリップなんかが良いのでしょうが、

角度を調節して読みたい!

というときにはブックスタンドがおすすめです。ちなみにactto BST-02 、ブックスタンドとしては歴史が長く、某ネットショッピングサイトでは評価数が1700件以上と桁外れにレビューが多かったりします。

 

 

お絵描きのお供にも◎

読書家だけではなく、イラストレーターにとっても便利なアイテムで

  • ペラペラの紙
  • 分厚い資料集

などを開きながら作業することが超簡単になるようです。さいとうなおきが言ってるんだから間違いないでしょう。駆け出しイラストレーターは是非 検討してほしいブックスタンドです。

 

 

実際に使ってみて…
actto BST-02 ブックスタンドの特徴

それでは次に、実際にActto BST-02を使用してみてのレビューをまとめていきます。

端的に言うと、しっかりとした作りなので

持ち運びには、ちょっと大きいかな…

と思った以外は以下の通り、長所ばっかりです。

 

 

actto BST-02 長所①:
ほとんどの本に使える

広辞苑とか以外なら大抵の本に使えます

大きさは幅26.8㎝・高さ20.5㎝と、A4サイズの紙を横に置いた時と同じくらい。ブックスタンドとしては極めて一般的な大きさです。しかし漫画本から文庫本、雑誌などがしっかりと挟みこめます。六法全書などの超分厚い本は不可能ですが、

そもそもそんな本挟まねーよ!!

に尽きるでしょう。そんな分厚い本は、普通に、置きましょう。

 

 

actto BST-02 長所②:
広く角度調節ができる(18段階)

角度は90度~180度まで調節可能

  1. 操作方法は簡単で、
  2. つまみを開く
  3. 好きな角度に合わせる
  4. つまみを閉じる

といった操作だけ。

 

実家では父がIPADを見るのに勝手に使っているときがありますが、還暦近い人であっても特に説明書なくとも感覚で操作できるほど簡単に角度が調節できるようでした。

 

 

actto BST-02 長所③:
ページホルダーのカッチリ感

ページを固定する『ページホルダー』がカッチリしてます。

安すぎるブックスタンドありがちな、開いた書籍のページを抑えるページホルダーが弱くて固定できてないといったコトが一切ありません。許容範囲内の分厚さ(6.2㎝)の本であれば、ガッチリと(しかし挟み痕は残らず)固定できるのでストレスフリー。

 

 

actto BST-02 長所④:
タブレット操作もバッチリ!

また突起自体も小さいので隠れてしまう部分も極限まで小さく、

ページホルダーが本の下部を覆っちゃって使いにくい…

ということもなかったです。IPADを参考に絵を描く方にも有効で『戻るボタン』等を隠さないのでタブレット操作も快適。効率的にイラストが描けるでしょう。

 

 

actto BST-02 長所⑤:
滑り止めがシッカリしてる

細かい部分ですが、ページ抑えアームを良く見るとオレンジの滑り止めが付いています。コレによって、軽量・スベスベとした雑誌などでもズレることなく安定させるコトができるようです。

 

 

actto BST-02 長所⑥:
価格が安い

執筆時現在、価格は1500円程度

数多有るブックスタンドの中では安価な部類に入るでしょう。筆者が購入した秋頃はどういうワケか(読書の秋だからか?)1900円程度まで価格が上がっていましたが、それでもブックスタンドの中では安いです。先述してきた機能を考えると、素晴らしくコスパが良いブックスタンドでしょう。

 

 

 

価格以上に便利!
総括:actto BST-02 レビュー

以上、actto BST-02 ブックスタンド(書見台)についてのレビュー評価でした。

 

総括すると、

  • 本読み以外にも色々使える(勉強・お絵描きなど)
  • 角度調節機能が18段階あるのでコントロールし放題(首痛バイバイ!)
  • 価格が安い&必要十分な性能

という点からして、本読みの方は是非 検討していただきたい便利アイテムでしょう。

 

なにか資料(本)を固定して作業をしたいんだけど…

という方にマジでおすすめ。

本を読みながらストレッチやら料理やらができるので便利でっせ。

 

 

それでは!

 

 

created by Rinker
actto
¥1,540(2022/11/30 15:25:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

黒もあります。

created by Rinker
actto
¥1,540(2022/11/30 15:25:24時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

こちらも読まれてます

 

おすすめの記事