【2024年】ダイワ製 アジングロッドおすすめランキング12選【選び方徹底解説!】

ダイワ(DAIWA)

といえば、国内の釣り具メーカーとしてはシマノ(SHIMANO)と並んで2大巨頭です。アジングに使えるロッドも豊富な種類がラインナップされており、

何が何だか分からないんだけど…

という方も多いでしょう。

 

 

そこで今回は、

  • そもそもアジングロッドって?
  • アジングロッドの選び方
  • おすすめロッド紹介(ダイワ製)

の順に解説していきます。

 

 

 

失敗しない!ダイワ製
アジングロッドの選び方

一概には言えませんが

  • 竿の長さは6~7フィート(2m)前後
  • 竿の柔らかさはUL~L
  • 扱えるルアー重量は1~5g程度

というスペックを持つロッドがアジングでは良く選ばれています。

 

それぞれ詳しく説明していきますので、気になった方は是非 参考にしてみてください。

     

     

    ダイワ製アジング用ロッドの
    『価格』について

    迷ったら

    1万円前後

    のロッドが一番おすすめです。

    もっと高いモデルもあるけど

    初心者から3万円以上のハイエンド(高級)モデルを買う必要は全くありません。もちろん、初心者でも最初からある程度グレードの良いものを選びたい方は2万円前後が最もコスパが高いと思いますが、まずは1万円前後の月下美人シリーズがコスパ最強かと…。

     

     

    アジング用ロッドの
    『長さ』について

    6フィート(1.8m)前後

    の長さがアジングでは汎用性が高く、おすすめです。

     

    4フィートから8フィート後半まで、色々な長さのアジングロッドがラインナップされています。釣り人によってスタイルが違うので一概には言えませんが、まず最初の一本としては様々な状況に対応してくれる6~7フィート(2m前後)の長さを選ぶことをオススメします。

     

     

    アジング用ロッドの
    『自重』について

    軽い方が疲れない

    ため、なるべく自重は軽い方が良いです。アジングに関わらず全ルアーロッドで言えることですが、何度もキャストするので軽いに越したことはありません。軽いロッドは操作性に優れ、疲れにくいという大きなメリットがあります。

     

    ダイワでは竿の素材や仕様に工夫を凝らしています。価格にも大きく影響するポイントですが、釣りの快適さや効率を向上させるためにも是非、軽さについても意識して選んでみるとよいでしょう。

     

     

    アジング用ロッドの
    『ルアーウェイト』について

    1g前後のルアーが扱えればOK

    です。それぞれの竿に、適合ルアーウェイトのような、

    『これくらいのルアー重量が扱えますよ~』

    という指標があります。

    できるだけ幅広いルアーが投げられた方が良いんでしょ?

    と考える方も少なくないですが、アジングでは1g前後のルアーが基本。重すぎるルアーを扱えるメリットよりも、1g前後のルアーを快適に扱えるスペックが重要です。

    フロートリグ(飛ばしウキ)を使って飛距離を出したいんだけど…

    というような明確な目的がある方ならともかく、10gなんて投げられなくても全く問題ありません。むやみにルアーウェイトが幅広いモデルよりは、まずは1g前後のルアーが投げやすいアジングロッドがおすすめです。

     

     

    アジング用ロッドの
    『柔らかさ(硬さ)』について

    それぞれ特徴を簡単に紹介すると、

    • UL(ウルトラライト)
      非常に柔らかく感度が高いのが特徴。
      軽量ルアーを飛ばすことに長けており、小アジの捕食も手元にシッカリと伝えてくれる。

    • L(ライト)
      ULの次に柔らかい。
      一番汎用性が高く、軽量のルアーから少し重めのプラグまで投げられる。ヘチ釣りにも丁度良く、ロッドにハリがある。

    • ML(ミディアムライト)
      ライトゲームとしてはパワー強め。
      キャロライナリグなどをキャストするような、遠投が必要な場合は最適。軽量のルアーは扱いにくいモノが多いので、1本目としては不適(だと思います)。

    といった具合です。

    初心者の方は、まずはジグ単で狙われてみるのが釣果に結び付きやすいと思うのでUL(ウルトラライト)、L(ライト)が個人的にはおすすめです。

     

     

    アジング用ロッドの
    『ティップ(穂先)タイプ』について

    アジの微細なアタリを感じ取り、フッキングさせるにはティップ(穂先・竿の先)が重要です。ソリッド・チューブラーの2タイプがあり、簡単に分けると、

    ・先端に中身が詰まっている→ソリッド

    ・先端に中身が詰まってない(空洞)→チューブラー

    という違いです。ライトゲームで度々言われる『食い込みの良さ』にも関係のある部分で、それぞれ簡単に見ていきましょう。

     

    初心者におすすめ【ソリッドティップ】

    柔軟に曲がるしなやかさ、アタリを弾かない食い込みの良さが特徴的なソリッドタイプ。

    ティップがしなやかに曲がるので、積極的にアワセる(針掛りさせる)必要が少ないため、初心者の方に特におすすめです。

     

    アジがアプローチしてきた時に違和感を抱かせにくく合わせやすい、「乗せ調子」とも言われています。

     

    感度を重視するなら【チューブラーティップ】

    軽くて反発力が高いことから、わずかなバイトも気づきやすいという利点があるのがチューブラータイプ。

    ある程度ライトゲームに慣れた方で自分から積極的にアタリを拾える方にはおすすめです。しかし、慣れていないとフッキングに向けてタイミングを合わせるのが難しく、口元が脆いアジなどはバラシがち(それも楽しいんですけどね!)。

     

    弱いバイトも逃さない、「掛け調子」とも言われています。

     

     

    以上、アジングロッドの基本的な選び方でした。

    あまり考えすぎても仕方ない部分があります(釣りは趣味なので、好みの影響が強いです)。現在では予算に応じて最適なモデルが選べるので、無理して高価なモデルを買わないようにしましょうね。

     

     

     

    ダイワ製アジングロッド
    おすすめランキング

    それではダイワのアジングロッドについて、コスパを重視してランキング形式で紹介していきます。

     

    なお各種、さまざまなスペックがあります。

    それぞれリンクを辿ると公式アイテムページ、サイズ選択、使っている人のインプレ(レビュー)が確認できるようになっているのでお試しくださいませ。

     

    1位:ダイワ(DAIWA)
    月下美人 アジング (68L-S)

    公式ページ ダイワ(DAIWA)
    型番 68L-S
    長さ 6.8フィート(2.03m)
    自重 63 g
    ルアーウェイト 0.5-8 g
    竿の硬さ  L
    ティップ(穂先)タイプ ソリッドティップ
    おすすめ度
    4.97
    おすすめポイント
    • 一流釣具メーカーの信頼感
    • カーボン含有率の高さ(97%)
    • 妖しい朱色の格好良いデザイン
    • 高い操作性・コストパフォーマンス最高

    コストパフォーマンス最高のアジングロッドです。価格以上の性能・機能を搭載し、細かいところまでシッカリ作り込まれています。おすすめポイントは上記の通りですが、その他にもガイドが大きくライントラブルが少なかったりと語り切れないほど利点があります。アジング・メバリングモデルに分かれているので、間違わないように注意しましょう。

     

     

    created by Rinker
    ダイワ(DAIWA)
    ¥12,068 (2024/06/23 02:57:00時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

     

    2位:ダイワ(DAIWA)
    アジメバルX (68L-T)

    公式ページ ダイワ(DAIWA)
    型番 68L-T
    長さ 6.8フィート(2.03m)
    自重 74 g
    ルアーウェイト 0.5~8 g
    竿の硬さ  L
    ティップ(穂先)タイプ チューブラーティップ
    おすすめ度
    4.89
    おすすめポイント
    • コストパフォーマンス最強格
    • 高飛距離・頑丈・パワーのあるブランクス
    • 信頼度抜群・一流釣具メーカーのアジングロッド

    2023年発売のコスパ最強格のアジ・アジングロッドです。軽量でシャープなブランクが採用され、初心者でも扱いやすい調子に設定されています。キャストでは軽量ルアーであっても負荷を感じやすく、操作ではルアーの重みを感じながら的確にルアーを動かすことができます。レスポンスが高いチューブラー穂先仕様となっており、ソリッドティップよりも若干ルアー操作をしやすいので、細かなシェイクやトゥイッチなどで積極的に誘いを入れる釣りに最適。もちろんソリッドティップモデルもあるので、お好みでどうぞ。

     

    created by Rinker
    ダイワ(DAIWA)
    ¥9,248 (2024/06/23 05:02:49時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

     

    3位:ダイワ(DAIWA)
    月下美人 MX(64L-S・N)

    ブランド(公式アイテムページ) ダイワ(DAIWA)
    モデル 64L-S・N
    長さ(仕舞寸法) 1.93m(1m)
    自重  55g
    竿の硬さ L
    適合ルアーウェイト 0.5~8 g
    ティップ(穂先)タイプ 高弾性ソリッド
    おすすめ度
    4.88
    おすすめポイント
    • 徹底的に作りこんだブランク
    • アジの動きを封じ込める粘り感
    • ラインテンションのコントロール◎

    アジングロッドのハイスタンダードモデルとも言われる月下美人MXです。スペックはさらに研きがかかり、外観はさらに煌びやかに。上位モデルと肉薄する軽さと操作性を手に入れ、ルアー操作性がさらに自由で快適になっています。

     

    created by Rinker
    ダイワ(DAIWA)
    ¥22,274 (2024/06/23 05:02:50時点 Amazon調べ-詳細)

     

    使用者のインプレを見る

     

     

    4位:ダイワ(DAIWA)
    月下美人 MX モバイル(72UL-S-5)

    月下MX MB
    月下MX MB-1
    月下MX MB-2
    月下MX MB-3
    月下MX MB-4
    previous arrow
    next arrow
    ブランド(公式アイテムページ) ダイワ(DAIWA)
    モデル 72UL-S-5
    長さ(仕舞寸法) 2.18m(0.49m)
    自重  70 g
    竿の硬さ UL
    適合ルアーウェイト 0.3~5 g
    ティップ(穂先)タイプ ソリッドティップ
    おすすめ度
    4.87
    おすすめポイント
    • 傾向性の高いモバイルロッド
    • オールチタンフレームのSiCガイド
    • 繊維と樹脂が均一に分散したカーボンソリッド「メガトップ」

    軽量ブランクスを搭載したライトゲーム用の本格モバイルモデルとなる月下美人MB。持ち運びに便利な5ピースながら、調子にとことんこだわって設計されています。ネジレに強く、シャープで軽量なブランクを搭載する本格仕様。1g前後のルアーであっても繊細な操作を可能。余談ですが、店頭で売っているのを見たことがありません。

     

     

    使用者のインプレを見る

     

     

    5位:ダイワ(DAIWA)
    月下美人AIR (74UL-S・W)

    公式ページ ダイワ(DAIWA)
    型番 74UL-S・W
    長さ(仕舞寸法) 2.24m(116㎝)
    自重 50 g
    ルアーウェイト 0.3-5 g
    竿の硬さ UL
    ティップ(穂先)タイプ ソリッドティップ
    おすすめ度
    4.76
    おすすめポイント
    • ハイエンド(最高級)モデル
    • 小さく握りこめるグリップ
    • 軽量なハイレスポンスブランクス
    • ルアーの存在感が増すような高い感度
    • ルアーまで即座にアクションが伝わるような高い応答性

    細く・軽量で・シャープに操作できるハイレスポンスロッドに挑んだ23月下美人AIRです。大型のフロートリグや、メタルジグなどで沖めにいる大型アジなどを狙うためのハイパワーモデル(74UL)であり、ルアーの対応力が広いので、アジ以外のターゲットにも多彩に対応する懐の広さを持ちます。

     

    created by Rinker
    ダイワ(DAIWA)
    ¥38,885 (2024/06/23 05:02:51時点 Amazon調べ-詳細)

     

    使用者のインプレを見る

     

     

    6位:ダイワ(DAIWA)
    月下美人EX AGS(66L-S)

    公式ページ ダイワ(DAIWA)
    型番 66L-S
    長さ(仕舞寸法) 1.98m(1.02m)
    自重 47g
    ルアーウェイト 0.5-8g
    竿の硬さ L
    ティップ(穂先)タイプ ソリッドティップ
    おすすめ度
    4.76
    おすすめポイント
    • ハイエンド(最高級)モデル
    • 「手に響く」ようなアタリ
    • SVF COMPILE-Xナノプラス
    • 感性領域設計システム [ESS]
    • キンキンの感度を持つSVFコンパイルX ナノプラス
    • 軽量・高感度を実現するAGS(エアガイドシステム)
    • 繊維と樹脂が均一に分散するカーボンソリッド『メガトップ』

    ダイワの最高級ライトゲームロッドです。ルアーロッドにおける最高級クラスのカーボンを素材を使用して、磨き上げた繋がりが良く鋭敏なブランクス。軽量・高感度のAGS TYPE-Rであり、まさに最高峰のハイエンドモデルです。覚悟の決まっている人におすすめ。

     

    created by Rinker
    ダイワ(DAIWA)
    ¥58,131 (2024/06/23 06:59:57時点 Amazon調べ-詳細)

     

    使用者のインプレを見る

     

     

    7位:ダイワ(DAIWA)
    モバイルパック(746TUL)

    おすすめチョイ投げ竿『モバイルパック』1
    おすすめチョイ投げ竿『モバイルパック』
    おすすめチョイ投げ竿『モバイルパック』2
    おすすめチョイ投げ竿『モバイルパック』4
    おすすめチョイ投げ竿『モバイルパック』3
    おすすめチョイ投げ竿『モバイルパック』5
    おすすめチョイ投げ竿『モバイルパック』6
    previous arrow
    next arrow
    ブランド(公式アイテムページ) ダイワ(DAIWA)
    モデル 746TUL
    長さ(仕舞寸法) 2.24m(0.46m)
    自重  102 g
    竿の硬さ UL
    適合ルアーウェイト 1~6 g
    おすすめ度
    4.74
    おすすめポイント
    • 仕舞寸法がとても短い振出竿
    • カーボンファイバー入り「エアセンサーシート」
    • カーボン繊維の密度を高めた「高密度HVFカーボン」

    シャープなブランクスを搭載し、さらに高性能な振出式モバイルアールロッドがダイワのモバイルパックです。振り抜き感も良く、25㎝アップのメバルもヒョイッと抜き上げられるパワーを持っていました。やや自重が重いのが惜しいところ(疲労感はさほどありませんが)。

     

     

    created by Rinker
    ダイワ(DAIWA)
    ¥13,090 (2024/06/23 05:02:52時点 Amazon調べ-詳細)

     

    使用者のインプレを見る

     

     

    8位:ダイワ(DAIWA)
    クロスビートSW(666TUL)

    おすすめチョイ投げ竿『クロスビートSW』1
    おすすめチョイ投げ竿『クロスビートSW』
    おすすめチョイ投げ竿『クロスビートSW』3
    おすすめチョイ投げ竿『クロスビートSW』2
    おすすめチョイ投げ竿『クロスビートSW』4
    previous arrow
    next arrow
    ブランド(公式アイテムページ) ダイワ(DAIWA)
    モデル 666TUL
    長さ(仕舞寸法) 1.98m(0.41m)
    自重  105 g
    竿の硬さ UL
    適合ルアーウェイト 0.8~7 g
    おすすめ度
    4.73
    おすすめポイント
    • クセのないブランク
    • 仕舞寸法がとても短い振出竿
    • 握りやすいオリジナルリールシート

    バッグの中にすっぽりと収まる、小継ぎ振り出しのルアーロッドのクロスビートSWです。日頃のレジャーのついでや、旅行などのついでに持ち運ぶのに最適な小継ぎ振り出しタイプであり、ラインナップも人気急上昇中の海ルアー釣りをほぼ網羅できる6機種から選択可能。

     

    created by Rinker
    ¥8,485 (2024/06/23 05:02:52時点 楽天市場調べ-詳細)

     

    使用者のインプレを見る

     

     

    9位:ダイワ(DAIWA)
    ルアーニスト(74UL-S)

    シーバスロッド おすすめ『DAIWAルアーマチック』
    シーバスロッド おすすめ『DAIWAルアーマチック』1
    シーバスロッド おすすめ『DAIWAルアーマチック』2
    シーバスロッド おすすめ『DAIWAルアーマチック』3
    シーバスロッド おすすめ『DAIWAルアーマチック』4
    previous arrow
    next arrow
    ブランド(公式アイテムページ) ダイワ(DAIWA)
    モデル 74UL-S
    長さ(仕舞寸法) 2.24m(1.15m)
    自重 117 g
    竿の硬さ UL
    適合ルアーウェイト 1~6 g
    おすすめ度
    4.70
    おすすめポイント
    • 握りやすいオリジナルリールシート
    • サイズバリエーションが超豊富
    • 定価よりだいぶ安く買える(定価は9300円)

    “おかっぱりルアーフィッシング入門ロッド”と呼び声高い『ルアーニスト』。快適な使い心地を追求し、デザインも細部までこだわったエントリーモデルです。そつなくアジングも出来ますが、やっぱり楽しみたいのであればアジング専用モデルの方が良いかも…。

     

     

     

    使用者のインプレを見る

     

     

    10位:ダイワ(DAIWA)
    ルアーニスト モバイル(68L-S-4)

    ルアーニスト(LURENIST) モバイル
    ルアーニスト(LURENIST) モバイル-1
    ルアーニスト(LURENIST) モバイル-2
    ルアーニスト(LURENIST) モバイル-3
    ルアーニスト(LURENIST) モバイル-4
    previous arrow
    next arrow
    ブランド(公式アイテムページ) ダイワ(DAIWA)
    モデル 68L-S-4
    長さ(仕舞寸法) 2.03m(0.56m)
    自重  120 g
    竿の硬さ L
    適合ルアーウェイト 1~10 g
    おすすめ度
    4.70
    おすすめポイント
    • 価格が安い
    • 仕舞寸法がとても短い振出竿
    • 握りやすいオリジナルリールシート

    先述のルアーニストの性能を落とすことなく、携帯性のよい4ピース仕様にしたモバイルロッドです。価格の安さの割にはデザインも良いです。実釣性能としては、アジメバルを狙うのであればやや硬く、面白味に欠けるというインプレも見受けられました。

     

    created by Rinker
    ダイワ(DAIWA)
    ¥7,854 (2024/06/23 05:02:53時点 Amazon調べ-詳細)

     

    使用者のインプレを見る

     

     

    11位:ダイワ(DAIWA)
    リバティクラブ ルアー(5105TLFS)

    ブランド(公式アイテムページ) ダイワ(DAIWA)
    モデル 5105TLFS
    長さ(仕舞寸法) 1.78m(0.44m)
    自重  100 g
    竿の硬さ L程度
    適合ルアーウェイト 0.8~10 g
    おすすめ度
    4.69
    おすすめポイント
    • 価格が安い
    • 仕舞寸法がとても短い振出竿

    ルアーフィッシングをより簡単に楽しめるエントリーモデルといえばリバティクラブ ルアーです。ラインナップは一種類だけですが、陸っぱり・ボート・フローターなどバスフィッシングの多様なシーンはもちろん、山間の渓流魚から管理釣り場のトラウト、海でのアジやカサゴ・メッキアジなどのライトSWルアーフィッシングまで用途はいろいろ。

     

     

    使用者のインプレを見る

     

     

    12位:ダイワ(DAIWA)
    月下美人 AIR アジングボート(66UL-S)

    ブランド(公式アイテムページ) ダイワ(DAIWA)
    モデル 66UL-S
    長さ(仕舞寸法) 1.98m(1.03m)
    自重  57 g
    竿の硬さ -
    適合ルアーウェイト MAX70 g
    おすすめ度
    4.69
    おすすめポイント
    • ハイエンド(最高級)モデル
    • 肘に当てても使いやすいセパレート回りの仕様
    • わずかな変化も目感で分かりやすいオレンジ塗装&イエロースレッド

    「全てのアタリをものにする。」アジの気配まで感じるロッドとも言われる2024年発売、月下美人AIRのボートアジングモデルです。軽量高感度のカーボンフレームAGSを採用しており、ゼロテン状態からわずかに震えるようなライン当たりまでブランクに伝達するとのこと。ボートアジング用なので、堤防からアジングを楽しむ方は間違わないように注意しましょう。

     

    created by Rinker
    ダイワ(DAIWA)
    ¥42,509 (2024/06/23 05:02:54時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

     

    信頼度抜群!ダイワ製
    アジングロッド:総括

    以上ダイワ製 アジングロッドの選び方&おすすめモデルを紹介していきました。

     

    総括して一番おすすめなのは何なの?

    と聞かれたら、ダイワの月下美人X(アジングモデル)がおすすめ。

     

    実際に現在使っている筆者の手前味噌ではありますが、

    • 価格がお手軽
    • デザインの格好良さ
    • 十分な実釣性能(投げ・操作感など)

    という点が超おすすめポイント。価格的には2023年発売のアジメバルXの方が安いのでコスパは最強だと思いますが、デザインとしては20月下美人の方が高級感がありました。性能としては…、う~~ん、甲乙つけがたいので各自 判断してほしいです。どちらも素晴らしく良いロッドでした。

     

     

    長くなりましたが、今回の記事であなたが目的・用途に合った素晴らしいダイワ製アジングロッドを選ぶことの一助になれば幸いです。

     

    それでは!

     

    created by Rinker
    ダイワ(DAIWA)
    ¥12,068 (2024/06/23 05:02:55時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

     

     

    こちらも読まれてます

     

    おすすめの記事