【極細PEライン!】DUEL アーマード® F アジ・メバル の実釣インプレ評価まとめ

そんなに高性能を求めない

のであれば安いPEラインが良いのですが、

アジングで細いPEを使いたいから、安すぎるのは心配…

ある程度のブランド信頼度は欲しい…

という方もいるでしょう。

そんな方に超おすすめなのがDUEL ( デュエル )の『アーマード® F アジ・メバル』です。3g以下を使うライトゲームにおいて、とにかく細い0.4号以下を豊富にラインナップしており、価格もお手頃。迷ったら是非 検討してほしいハイコスパPEラインなのです。

 

 

そんなワケで今回は、DUEL ( デュエル )のPEライン「アーマード® F アジ・メバル」について実釣を重ねてみてのインプレ所感・評価をまとめていきたいと思います。

 

 

 

 

スペックざっくりと!
DUEL ( デュエル ) アーマード F アジ・メバル 

アジングライン おすすめ『DUEL アーマード』
アジングライン おすすめ『DUEL アーマード』1
アジングライン おすすめ『DUEL アーマード』2
アジングライン おすすめ『DUEL アーマード』3
アジングライン おすすめ『DUEL アーマード』4
アジングライン おすすめ『DUEL アーマード』5
アジングライン おすすめ『DUEL アーマード』6
アジングライン おすすめ『DUEL アーマード』7
previous arrow
next arrow
アイテム説明(公式サイト) DUEL
号数 0.2/0.3/0.4
長さ 100/150
カラー オレンジ/ミルキーピンク
おすすめ度
4.96
おすすめポイント
  • フロロカーボンに近い使用感(強度はPEライン)
  • コストパフォーマンス最高レベル
  • 比重が高いので糸ふけ減少
  • 適度なコシ・ハリでライントラブルレス

フロロカーボンに近い使用感でPEラインの強度を実現したDUEL『アーマードF』。従来PEラインよりバックラッシュや結びコブ等のライントラブルが激減しており、初心者でも扱いやすくなっています。 PEラインとしては重い、比重1.0で潮なじみが良く、糸ふけ減少。アーマード® INTERNATIONAL PATENTによりPE原糸を特殊ポリエチレン樹脂の中に綴じ込める事で モノフィラ(ナイロン、フロロカーボン)ラインと同様の感覚で使用が出来ます。

 

created by Rinker
DUEL(デュエル)
¥1,247 (2024/03/03 23:53:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

使用者のレビューを見る

 

 

さらに高性能を求めるなら

『アーマードPro』がおすすめです。

価格が2倍くらい跳ね上がりますが、直線強度や伸度なども結構違ったりします。是非 確認してみてくださいませ。

 

 

DUEL ( デュエル )の低価格帯PEライン!
アーマード F アジ・メバル の実釣インプレ

それでは実際に釣り場(堤防)で使用してみたインプレ評価をまとめていきます。

 

 

『色落ち』について

カラーは落ちにくい

ように感じました。

上の写真は使用して1か月程度。ピカピカで色落ちも少ないですね。

 

 

こちらが3か月経過後。

ちょっと良く分かりにくいですが、まだまだ綺麗なオレンジ色を保っており、視認性も抜群に良いまま。同じくソアレBBのような橙を基調としたリールに良く合います。

 

 

『感度』について

小っちゃい魚のアタリも拾える

くらいには感度も良かったと思うDUEL ( デュエル )のアーマード F アジ・メバル 。

 

 

初期の伸びが少なく、感度が違うと評価も高く、

伸びが少ないから、アタリが的確に伝わってくる

のもPEならでは。

 

上の通り、従来のブレイドラインと比べ、2倍強の低伸度を誇るそうです。

 

 

『飛距離』について

線径が細い&樹脂に覆われている

こともあってか飛距離は普通に良かったです。

同強度のナイロンやフロロラインと比べ線径が細い&樹脂に覆われているので空気抵抗を軽減できているそうです。足元付近では上のようなチビカサゴしか釣れない状況でも、

 

遠目に投げればスレてない魚を獲れるので、飛距離は堤防釣りにおいては重要な要素になります。安いけど、飛距離もそこそこ出るので使い勝手は非常に良かったです。

 

 

何を狙っても、どこで釣りをしても快適にキャストが行えるPEラインでしょう。

 

 

『トラブル』について

いまのところ

ライントラブルが一切ない

というのもDUEL ( デュエル )のアーマード F アジ・メバルのおすすめポイントでしょう。

かなり細目の号数をナイトゲームで使ってもガイドに巻き付いたりすることもなく、

 

25㎝を超える良型メバルもヒョイッと抜き上げられました。もちろん細いPEラインを扱うときは超注意しなければならない「擦れ」ですが、0.4号なら強度もそこそこ強いので、ちょっとガサツな人でもトラブルレスに長い期間使っていけそうです。

 

 

『耐久力』について

耐久性も◎

というのもアーマード F アジ・メバルの良かったところ。もちろん、公式ページに提示されている以上に強度が優れているというワケではないのですが、PE原糸を特殊ポリエチレン樹脂の中に綴じ込め、FMF加工によりフロロ粒子をライン表面に散りばめる事でフロロ特有の滑りやすさと耐久性を向上させているというアーマード F アジ・メバルなので、極細ラインでもすぐにプツンッ!と切れるワケではなさそうでした。

 

少し時間はかかってしまいましたが、ヒラメも無事にランディング可能。

 

 

筆者が一番 気に入ってるのは…

 

値段

です。まぁなんとも安いコト…。

そんでもって、普通に使えるっていうんだからもはや言うコトはないです。あくまで趣味としてふわふわ~っと釣りを楽しむ筆者からすると文句なし。

 

 

 

DUEL ( デュエル )アーマード F アジ・メバル 
おすすめモデル

    0.2号~0.4号(100m/150m)が選べるDUEL ( デュエル )アーマード F アジ・メバル ですが、

    どれが良いんだろうか…?

    という方もいらっしゃるでしょう。

    簡単に、筆者的な選び方・おすすめスペックを紹介していきます。よければ参考にしてみてくださいませ。

     

     

    初心者におすすめ!
    アーマード F アジ・メバル  (0.4号-150m)

    一番のオススメは0.4号です。

    0.2号とかに比べると、そこまで繊細に扱わなくても大丈夫なので、初心者でも扱いやすいと思われます。実際、筆者が一番 愛用しているのが0.4号です。

     

     

    ライトゲーム熟練者には!
    アーマード F アジ・メバル  (0.2号)

    熟練者ならエステルっしょ!

    という方もいますが、合わせ切れやキャスト切れが超少ないのがPEラインです。ジグ単で狙う場合、できるだけ細いほうが色々便利な面もあるため、ある程度 ライトゲームに慣れている方は0.2号を選んでみても良いでしょう。

     

    結論として、号数の選び方は

    • 狙っている魚のサイズ・
    • 愉しみたい釣り方(ジグ単、スプリットなど)

    で決めるのが良いと思います。

     

     

    DUEL ( デュエル )アーマード F アジ・メバル 
    カラーについて

    カラーについては筆者が愛用している「オレンジカラー」の他、「ミルキーピンク(MP)カラー」もラインナップされているようです。性能的にはどちらも一緒なので、合わせるリールなどを考えて選ぶと良いでしょう。

     

     

     

     

    お手頃価格!
    DUEL ( デュエル ) アーマード F アジ・メバル 

    お手軽な価格&十分なスペック

    に感じたDUEL ( デュエル )アーマード F アジ・メバル でした。

     

    価格は1000円台と安く、ライトゲームに特化した仕様になっているので

    アジング用のラインで何かいいのないかな…?

    メバリングのラインで、何かいいのないかな…?

    という方は是非 検討してみてくださいませ。

     

    それでは!

     

     

     

     

    こちらも読まれてます

     

    おすすめの記事