【2024年】シマノのサーフ・堤防ヒラメロッド おすすめ10選【選び方・価格別まとめ】

圧倒的ブランド信頼度

のシマノ(SHIMANO)です。ラインナップも豊富で迷ってしまいますが、今回はサーフや堤防などのショア(岸)からヒラメを狙ってみたい方に是非、検討していただきたい『ヒラメロッド』について紹介していきます。

ど、どう選べばいいのか分からないんだけど…?

という方も多いと思いますので、

  • そもそもヒラメロッドって何?
  • シマノ製 ヒラメロッドの選び方
  • 価格別おすすめモデル紹介

の順に解説していきます。

 

 

 

シマノのヒラメロッド(サーフ・堤防用)
基礎知識&選び方

 

 

そもそもヒラメロッドって…?

そもそもヒラメ(サーフ)ロッドって何?

シーバスロットとショアジギングロッドの中間くらいのモデルを「ヒラメ(サーフ)ロッド」として扱っていることが多いです。極端な話、シーバスロッドのちょっと硬いモデルでも応用可能だし、ショアジギングロッドのちょっと柔らかいモデルでもヒラメロッドとしては普通に使えます。

じゃヒラメロッドって、何をチェックすればいいの?

他のロッドと同じく、

  • 長さ
  • 仕舞寸法
  • 適合ルアーウェイト

など、様々な仕様があります。

 

どう選べばいいか、まったく分からないんだけど…?

という方に向けて、ヒラメロッドを選ぶときのチェックポイント以下の通りまとめてみました。

 

 

ヒラメロッド(サーフ・堤防用)の選び方:
硬さ(クラス)について

ヒラメロッドでは

MLMMH

クラスのロッドが選ばれています。

一般的にはMクラスが最も汎用性が高く、投げられるルアーウェイト的にも通常のサーフでは十分であり人気です。50g以上のメタルジグをフルキャストするのであればMHクラス、20gに満たないルアーを軽快に扱いたいのならMLクラス、といった具合で選ぶのが基本であり、失敗が少ないでしょう。

 

MLは流石に弱すぎないか…?

たしかにサーフロッドとしては少し心配ですが、その分 堤防ヒラメ釣りにおいて、7g程度のジグ単であっても着底感が明確に伝わるというメリットもあります。堤防か?サーフか?あなたのメインフィールドがどちらかを考えた上でクラスを決めると良いでしょう。迷ったらMで間違いないですよ。

 

 

ヒラメロッド(サーフ・堤防用)の選び方:
長さ(レングス)について

飛距離に深く関係するのが

ロッドの長さ(レングス)

です。

一般的に『フィート(≒30㎝)』、もしくはメートル(m)で併記されていることが多いです。

 

長いほど遠心力がかかり、ルアーを遠くに投げることも可能。結果的に

  • 遠くの潮目・ナブラという激アツポイントが発生したときに届く
  • 手前に障害物があっても避けることができる

といったメリットがあります。

 

『10フィート(3m)』以上がおすすめ

ヒラメロッドの最初の一本としては10フィート前後(3m程度)がおすすめです。やや腕力が必要になりますが、サーフフィッシングにおいては基本となる長さであり、キャストに慣れた方は11フィート以上の長尺ロッドを振り抜いています。

 

ヒラメロッドの長さについては一概には言えません。自分が釣りをするポイントによって選ぶのがベストです。

完璧に釣り初心者なんだけど…

という方であれば、9.6フィートでも大丈夫です。堤防釣りなら全く問題ないでしょう。ただし、サーフで使う場合は注意。やはりサーフでは飛距離がものを言う場合が多いため、まずは10フィート以上のロッドを選んでいただきたいところです。最初は長く感じても、一日キャストすれば慣れますよ。

 

 

ヒラメロッド(サーフ・堤防用)の選び方:
自重(軽さ)について

軽いものが好ましいです。

何度もキャストするのがサーフフィッシングなので、自重は軽い方が良いです。しかし、良く分からないメーカーが軽さを重視して作ったヒラメロッドは剛性がなく、許容範囲のルアーでもフルキャストしたら折れた、ということもあるので注意。

自重が軽いロッドって高くない?

その通り。なので、自分の予算の中で軽量なものを選ぶと良いでしょう。

 

 

ヒラメロッド(サーフ・堤防用)の選び方
仕舞い寸・継数について

仕舞寸法・継数は主に、持ち運び・収納などに関係します。

 

基本は2本継ぎ!

2本継のルアーロッドが基本です

持ち運び性能を考えると継数が多いコンパクトロッドが良いように感じますが、激安メーカーのマルチロッドが信頼性が低いです。また2本継のヒラメロッドは組み立てが簡単です。電車釣行などで、極力 コンパクトに収納できるヒラメロッドを選びたい人以外は、2本継ぎのヒラメロッドがおすすめです。

 

コンパクトロッドもおすすめ!

小さいほうが持ち運び便利です。後述しますが

  • 振出し式
    →車のアンテナのように伸ばして従来の長さに戻るルアーロッド
  • マルチ継数
    →4本以上に分解できるルアーロッド

など、60㎝以下の長さにまで縮むタイプのヒラメロッドがあります。筆者も横浜に住んでた時は50㎝くらいに縮む振出し式のルアーロッドを愛用していました。自転車や電車を使ってポイントに行かれる方はコンパクトロッドがおすすめです。

 

 

 

それでは長々と説明してまいりましたが、以上のことを留意すれば読者のあなたに最適なシマノ製のヒラメロッドが選べると思います。

 

 

 

シマノのヒラメロッド
1万円前後のおすすめモデル

それではシマノ製のヒラメロッドについて、おすすめアイテムを紹介していきます。

 

なお各種、さまざまなスペックがあったりしますが、今回は目安として大体10フィート(3.05m)前後のものを例にして紹介していきます。それぞれリンクを辿ると公式アイテムページ、サイズ選択、使っている人のインプレ(レビュー)が確認できるようになっているのでお試しくださいませ。

 

 

シマノ(SHIMANO)
ルアーマチック (S96M)

23 ルアーマチック ソルト
公式アイテムページ シマノ(SHIMANO)
全長(フィート) 290㎝/9.6フィート
継数/仕舞寸法 2/148.8 ㎝
自重 156g
竿の硬さ M
適合ルアーウェイト 8-42 g
おすすめ度
4.81
おすすめポイント
  • 圧倒的コストパフォーマンスの高さ
  • サイズバリエーションの豊富さ
  • 使い勝手の良さ(餌釣りもモチロン可能)

コスパ最高のルアーロッド『ルアーマチック』です。自社工場生産によるシマノ基準の高品質、万全のアフター体制など、普及モデルを思わせない安心感を味わえます。個人的には2020年モデルの方がデザインは素敵だったのですが、2023年モデルになり、投げられるルアーウェイトが幅広くなりました。コスパを重視する方にはルアーマチック以上にオススメ度が高い竿はないでしょう。

 

 

 

 

シマノ(SHIMANO)
ムーンショット (S100M)

公式アイテムページ シマノ(SHIMANO)
全長/フィート 305㎝/10フィート
継数/仕舞寸法 2/156 ㎝
自重 166 g
竿の硬さ M
適合ルアーウェイト 8~42 g
おすすめ度
4.91
おすすめポイント
  • コスパ最高レベル
  • 自重が非常に軽い!
  • 適合ルアーウェイトの幅広さ!
  • 剛性が高く、しなやかに曲がる
  • 9フィート以上のバリエーションが豊か!

自重が軽く、幅広いルアーを自在に操れる名作ルアーロッドです。ロッド基本性能を高次元で具現化したブランクスにはシマノ独自の強化構造ハイパワーXを採用されていたりと価格に見合った高性能が魅力的。ブレを抑えたシャープな操作性と、飛距離及びパワーの向上を実現したハイスペックモデルであり、初心者ヒラメアングラーにも超おすすめの万能ロッドです。

 

 

 

 

シマノ(SHIMANO)
エンカウンター (S106ML)

公式アイテムページ シマノ(SHIMANO)
全長/フィート 320㎝/10.6フィート
継数/仕舞寸法 2/164 ㎝
自重 161 g
竿の硬さ ML
適合ルアーウェイト 6~32 g
おすすめ度
4.76
おすすめポイント
  • 価格が安い!
  • 自重が軽い!
  • サイズ・モデルバリエーションが超豊富

高い総合力を備えたショアキャスティングモデルとも言われるシマノのエンカウンターです。ブランクスにはシマノ独自の強化構造、ハイパワーXを採用し、ブレを抑えたシャープな操作性と、飛距離、パワーの向上を実現。リールシートにはカーボン強化素材CI4+を採用し、軽量化と高感度化を達成。シーバスを筆頭に、ヒラメや青物などの多種多様な魚をターゲットとしており、ヒラメロッドとしてはS100ML、もしくはS106MLが使い勝手が良く、飛距離も抜群に出せるでしょう。

 

 

 

シマノ(SHIMANO)
ソルティーアドバンス (S100MH)

公式アイテムページ シマノ(SHIMANO)
全長/フィート 305㎝/10フィート
継数/仕舞寸法 2/157 ㎝
自重 265 g
竿の硬さ MH
適合ルアーウェイト MAX80 g
おすすめ度
4.69
おすすめポイント
  • 価格が安い!
  • サイズ・モデルバリエーションが超豊富
  • 高感度な穂先
    ルアーをしっかりアクションさせられる軽快な操作性と、水中の動きをはっきりと手元に伝える感度を備えた穂先。
  • 泳がせ釣りやショアジギングでも使える汎用性の高さ

多彩なターゲットを楽しみたい、というコンセプトのロッドです。そのなかでもサーフ、ライトショアジギングに特化したのがMHクラスであり、低価格帯ながらに頑強なブランクス、糸がらみの少ないKガイド、充実したスペックバリエーションなど、安いサーフロッドとは一線を画すコスパの良さ。最初の一本には86ML、ショアジギングにも使いたい方には96M、サーフや河口シーバスなど飛距離が求められる状況では106M、106MHがおすすめです。

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥9,433 (2024/07/13 11:35:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

シマノのヒラメロッド
2万円前後のおすすめモデル

個人的に、

そこそこの価格で、最も丁度良い性能のロッドが欲しい…

という方におすすめなのが2万円前後のヒラメロッドです。ネッサBBのように、ヒラメを特化しているモデルを選べるのもありますし、装飾もシンプルながらに洗練されている印象があります。

 

 

シマノ(SHIMANO)
ネッサBB (S104M)

ブランド(公式アイテムページ) シマノ(SHIMANO)
全長/フィート 315㎝/10'4"フィート
継数/仕舞寸法 3/110
自重 176 g
竿の硬さ M
適合プラグウェイト 8~36 g
おすすめ度
4.97
おすすめポイント
  • ヒラメ特化モデル
  • 3本継で持ち運びが楽
  • コスパ最強サーフ専用ロッド
  • 青物をも想定したパワー

シマノのコスパ最強ヒラメ・サーフ専用ロッドのネッサBBです。2022年発売であり、これまでの上位機種で磨き上げた設計ノウハウを基に、こだわり抜いた軽量設計で疲労軽減。ショアジギングに必要な重量級ルアーのキャスト、大型ヒラメ・青物をかけても安心なバッドパワーがあります。

もっと長いモデルもあるけど…?

女性や初心者にはS104Mが丁度良く、体力・筋力に自信のない方でも振り抜きやすいです。一応ネッサBBとしては最小のショートモデルとなっていますが、飛距離は圧倒的。筆者も愛用しています。詳しくは以下の記事で。

 

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥17,093 (2024/07/13 13:42:11時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

シマノ(SHIMANO)
ディアルーナ (S106M)

リバーシーバスロッド おすすめ『ディアルーナ』
リバーシーバスロッド おすすめ『ディアルーナ』1
リバーシーバスロッド おすすめ『ディアルーナ』2
リバーシーバスロッド おすすめ『ディアルーナ』3
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ シマノ(SHIMANO)
全長/フィート 320㎝/10.6フィート
継数/仕舞寸法 2/163.5㎝
自重 176 g
竿の硬さ M
適合ルアーウェイト 7~38 g
おすすめ度
4.92
おすすめポイント
  • 飛距離が半端ない
  • 自重が軽いので疲れにくい
  • 感度が素晴らしく良かった
  • 適合ルアーウェイトの幅広さ

10フィート以上のサイズを選べるシマノの名作ロッドです。個人的には初めての場所で、底の地形変化を探るのに重宝しているレベルで使い心地抜群。シーバスは勿論、ヒラメの釣果が最高に良い印象があります。ロッドパワー、適合ルアーウェイト、自重どれをとっても超一級のシーバスロッド。

初心者には持て余すかな…?

そんなことはありません。むしろ初心者から良いモノを使いたい方、これからステップアップしていきたい方に超おすすめ。70㎝程度のシーバスをかけましたが、手前の沈み根に潜らせずに強引にやり取りが出来たことも踏まえると、サーフを主体に楽しむならM~MHクラスがベスト。初心者の方にとっては少し高いかもしれませんが、予算が許すのであればディアルーナがおすすめです。流石はシマノの名作ロッドですよ。

 

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥24,310 (2024/07/13 11:35:41時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のインプレを見る

 

 

シマノ(SHIMANO)
フリーゲーム XT (S106M)

シーバスロッド おすすめ『SHIMANO フリーゲームXT』
シーバスロッド おすすめ『SHIMANO フリーゲームXT』1
シーバスロッド おすすめ『SHIMANO フリーゲームXT』2
シーバスロッド おすすめ『SHIMANO フリーゲームXT』3
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ シマノ(SHIMANO)
全長/フィート 320㎝/10.6フィート
継数/仕舞寸法 6/59.6㎝
自重 205 g
竿の硬さ M
適合ルアーウェイト 8~45 g
おすすめ度
4.84
おすすめポイント
  • 飛行機で手荷物として機内に持ち込める
  • 適合ルアーウェイトの幅が広い
  • 餌釣りでも大活躍(オモリ負荷25号程度まで投げられます)
  • 軽くて手に馴染むデザインのCI4+リールシートを採用

仕舞寸法が小さく、電車移動アングラーなどに超おすすめなフリーゲームXTシリーズです。パック&トラベルロッドですが、綺麗に曲がりタフコンディションにも使い心地抜群なショアスタイルの本格マルチピースロッドです。実際に4年程度使ってみましたが、本格投げ釣りにも併用出来たりと、価格に見合った完成度で満足度の高いルアーロッドでした。

 

 

 

 

シマノのヒラメロッド
3万円以上のおすすめモデル

お財布・気持ちに余裕のある方は3万円以上の高級モデルを検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

シマノ(SHIMANO)
ネッサXR(S110M)

公式アイテムページ シマノ(SHIMANO)
長さ(フィート/m) 335㎝/11フィート
仕舞寸法 116.6
自重 190g
竿の硬さ M
適合ルアーウェイト 8-56
おすすめ度
4.93
おすすめポイント
  • ヒラメ特化モデル
  • 3本継で持ち運びが楽
  • シマノのサーフ専用ロッド
  • 見た目の高級感・合わせマーク
  • 穂先の繊細さと力強いバットパワー

遠投性を重視した長尺、軽快なルアー操作を可能にするブランクス設計が特徴的なシマノのサーフ専用ロッド「ネッサXR」です。S110M/MHモデルにはネッサXRシリーズの中で唯一、穂先にソフチューブトップのテクノロジーを搭載してい。実際に使ってみても、その繊細さが良く分かりました。詳しくは以下の記事で。

 

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥34,378 (2024/07/13 11:35:42時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

シマノ(SHIMANO)
ネッサ エクスチューン(S104M

公式アイテムページ シマノ(SHIMANO)
長さ(フィート/m) 315㎝/10.4フィート
仕舞寸法 110
自重 167g
竿の硬さ M
適合ルアーウェイト 8-38
おすすめ度
4.84
おすすめポイント
  • ヒラメ特化モデル
  • 3本継で持ち運びが楽
  • シマノのサーフ専用ロッド
  • 自重がめっちゃ軽い
  • 穂先の繊細さと力強いバットパワー

サーフを制する実戦力と名高いシマノのヒラメロッド「ネッサ エクスチューン」です。軽さと強さを高次元でバランスさせた、シマノ・サーフルアーロッドのハイスペックモデルとなっており、小型ミノーからヘビーウエイトジグまで1本でこなす汎用性の高さが特長。複数本のロッドを持ち歩けないサーフゲームにおいて、大きなアドバンテージとなる幅広い対応力を追求されています。

 

 

 

シマノ(SHIMANO)
ネッサ リミテッド(S108M

23 ネッサ リミテッド
23 ネッサ リミテッド-1
23 ネッサ リミテッド-2
23 ネッサ リミテッド-3
23 ネッサ リミテッド-4
23 ネッサ リミテッド-5
23 ネッサ リミテッド-6
23 ネッサ リミテッド-7
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ シマノ(SHIMANO)
長さ(フィート/m) 325㎝/10.8フィート
仕舞寸法 113.3
自重 176g
竿の硬さ M
適合ルアーウェイト 10-40
おすすめ度
4.78
おすすめポイント
  • ヒラメ特化モデル
  • 自重が超軽い
  • 3本継で持ち運びが楽
  • シマノのハイエンドサーフロッド
  • 見た目の超高級感・合わせマーク
  • 穂先の繊細さと力強いバットパワー

シマノの最上級ヒラメロッドのリミテッドです。よりストレスフリーなキャスト、圧倒的な遠投性能、最高レベルの感度が実現されており、自重も驚異的に軽いです。2023年発売のサーフロッドの頂点として君臨。財布と気持ちに余裕のある方は検討してみてはいかがでしょうか。装飾も流石はハイエンドと息をつくような高級感があります(画像参照)

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥77,216 (2024/07/13 11:35:44時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

総括:サーフヒラメに適したロッドの
選び方&おすすめランキング

以上、シマノのおすすめヒラメロッドについてでした。

 

総括して一番のおすすめは?

と聞かれたら、『シマノ(SHIMANO) ネッサBB』を推します。

  • 3本継で持ち運び便利
  • お手頃な価格&抜群の実釣性能

という点でおすすめ度が高いです。2022年の新モデルとなっており、既存の上位機種に迫る、抜群の実釣性能は是非、使って判断してほしいです。ネッサBBの中でも特に評価が高いS104Mです。予算が限られているけど、長期間 愛用できるモデルをお探しの方に是非 おすすめしたいヒラメロッドとなっています。

 

 

今回の記事で、皆様のサーフフィッシングを快適にしてくれるヒラメロッド(サーフ・堤防用)を紹介できていれば幸甚に尽きます。

 

それでは!

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥18,607 (2024/07/13 17:52:08時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

こちらも読まれてます

 

おすすめの記事