【安いけど最強!】DAIWA ルアーニスト90M 実釣インプレ評価【初心者におすすめ!】
  • 圧倒的ブランド信頼度
  • 1万円を切る価格の安さ
  • 豊富なラインナップ

という点から、ルアー初心者に人気が高いフィッシングロッドがDAIWAの『ルアーニスト』です。ルアー初心者以外の方でも欲しいスペックが廉価で選べるのでセカンドロッドとしても超人気。SHIMANOのルアーマチックに次いで選ばれている人気ルアーロッドだと思います。

 

しかし、購入を検討されている方からすると…

安すぎて不安…

ただ安いだけなんじゃないの…??

という懸念もあるでしょう。分かります。1万円以下だから安いっつったって、1万円は決して安い金額ではありません。

 

というわけで今回は、土曜だっていうのに汗水垂らして単発バイトに励み、自給800円という法定最低賃金を下回る労働を1日してきた筆者が身銭を切って購入したDAIWAルアーニストS90Mについて正直にインプレ・評価・感想を伝えたいと思います。

 

 

 

 

素晴らしい価格・自重の軽さ!
DAIWA ルアーニスト インプレ感想

それではまずは、DAIWAルアーニストを購入するにあたって気になった&おすすめポイントを紹介していきます。

 

 

DAIWAルアーニストの魅力①:
ラインナップが豊富!

ご覧のようにラインナップが非常に豊富です。

バスにしろメバルにしろシーバスにしろ、やりたい釣りが満足に出来るスペックが必ず見つかります。昨今の釣りブームで始めた右も左も分からない初心者の方が、

いろいろありすぎて、どれを選べばいいのか分からない…

となっている場合に選びやすいDAIWAルアーニストだと思います。目的の魚がいなくても、スペックから選ぶということも出来るくらいラインナップが豊富です。

 

☝のように、こちらのDAIWA公式アイテムページから非常に便利な適応モデル一覧が見られます。是非、そちらも参考にしてみてくださいね!

 

 

DAIWAルアーニストの魅力②:
価格がとにかく安い!!

なんといっても価格が安いです。

筆者は金欠です。そのくせ見栄っ張りな部分もあり、先月 友達の結婚式の祝儀に5万円支払うくらいにバカなこともあり常時 金がありません。そんな筆者にとっては1万円以下で購入できるというのは有難かったんです。

 

発売されてから数年経過していることもあり、現在ではメーカー希望価格よりも安く買えるということもあります。バイト先でもらった8000円を握りしめ、Amazonで注文したワケです。性能、見た目も良いですが一番気に入ったのは値段です。

 

 

 

DAIWAルアーニストの魅力③:
シンプルな塗装!

外観はシンプル

というかSHIMANOやDAIWAの上位モデルに比べると、装飾は皆無に等しいです。

 

安っぽくない…???

まぁ実際安いからね。あくまで性能重視で作られていることを考えましょう。1万円を切っても初心者が安心して使えるように…というDAIWA制作陣営の気持ちを思うとね、シンプルな装飾も愛らしく感じるよ僕は。。

 

 

何本もルアーロッドを所持している方はともかく、一般的な方からしたら『黒と金で格好良いなぁ…』という感想に至ると思います。好みもあるでしょう。僕はシンプルでスタイリッシュなデザインに感じますもの。むしろシンプルな外装だからこそ、ロゴのDAIWAが渋くて安心感を引き立てるぜ。

 

 

 

実際に使ってみて分かった!
DAIWA ルアーニスト 実釣インプレ

それでは実際に実釣してみてのインプレ・評価についてまとめていきます。

 

 

DAIWAルアーニスト 実釣インプレ①:
振り抜きが良く、飛距離が出た!

最後まで96MLと迷い、購入に至った90Mでしたので、

MLの方が柔らかいし使いやすかったかなぁ…

という懸念がありました。しかし、14g前後のルアーを一投してみて確信しました。

 

これは、イイぞ…!

と。自重が軽く、振り抜き感が素晴らしいので10フィート前後のルアーロッドと比べても遜色のない飛距離でした。ショアジギングで使うような40g程度のルアーが厳しいですが、そんなルアーは滅多に投げない筆者からすると、まさに必要十分なルアーニスト。

 

 

DAIWAルアーニスト 実釣インプレ②:
10g前後のルアーを扱いやすい!

昨日は春シーバスに行ってきました。

ベイトはハクという3㎝程度の小魚だったので、小型のルアーを投げなければ反応が得られにくい状況。筆者の苦手なハクパターンでしたが…、

 

 

しっかりと釣らせてくれたルアーニストでした。

 

 

 

ルアーはDAIWAのミニエント57S(11.5g)。

 

ルアーニスト90Mの適合ルアーウェイトからしても、一番投げやすいのは18g程度のルアーだと思いましたが、11gのバイブレーションでも手元にしっかりとプルプル感を伝えてくれたのも良かったです。

 

皆さんがどこで釣りをするのか分かりませんが、河川・河口・港湾で多用される10g前後のルアーもしっかりと投げられて操作感が得られるのはルアーニストのおすすめポイントだと思います。

 

 

DAIWAルアーニスト 実釣インプレ②:
バットパワーも十分!!

足場の高い堤防(6m前後)での釣りでは、極力タモアミを使わないで抜き上げたい筆者です。先述したように、10g前後のルアーを投げやすかったことから、

想像してたよりは柔らかいっぽいなぁ

と思っていたので、45㎝シーバスの抜き上げはちょっと不安でしたが、

 

ヒョイッ

と難なく上げられました(感激)。8フィート台の竿だと長さがギリギリ足りず、抜き上げきれずに堤防のヘチでラインブレイクさせてしまうこともあった堤防でしたが90M、しっかりと要望に応えてくれました。

 

 

その後も

同サイズのシーバスは簡単に抜き上げが出来たので、非常に手返し良く釣りが楽しめました。

 

 

DAIWAルアーニスト 実釣インプレ③:
感度が良いので根掛かり減!

ヒラメを狙うにしても◎なルアーニストだと思います。

価格の割には竿全体の感度が良く、15g前後のルアーであれば着底したときに竿先が『コツン…』と合図を送ってくれるので底のズル引きやリフト&フォールなどがとてもしやすいんです。

 

 

 

もう少し飛距離が必要な方は96ML~Mが良いでしょうが、堤防から狙うのであれば90の長さが取り回ししやすいかと!

 

 

DAIWAルアーニスト 実釣インプレ④:
根魚狙いにも◎!

適合ルアーウェイトは7g以上ですが、

7g程度のルアーなら操作性が良く、様々なアクションで誘えました。さすがに5gになると着底感が薄かった気がしますが、それでも穂先がフッと軽くなるので分かるっちゃ分かりました。地形変化もよく分かり、根掛かりリスクも減。安心して底を攻められるンです。

 

 

先述した竿全体の高感度に加えて、適合ルアーウェイトも幅広いので根魚からヒラメ、シーバスなどの色々な魚種が狙えるという点でも初心者におすすめです。

 

 

DAIWAルアーニスト 実釣インプレ⑤:
メバリングはキツイか…(90M)!

適合ルアーウェイトは7g以上なので、キツイとは分かっていつつも日頃のクセでメバリングをやってみました。釣れなくはなかったものの、

 

 

さすがに3g以下のルアーを引いてる感覚はなかったです。

メバリングをするには別モデルの方が良いですな。

 

 

 

迷ったらコレ!!
DAIWA ルアーニストおすすめモデル

筆者が購入するときに『コレは良いぞ!』となったルアーニストの各種モデルを紹介させていただきます。

 

 

アジ・メバリングには…
ルアーニスト 74UL-S

モデル 74UL-S
全長/フィート 2.24m/7.4フィート
継数/仕舞寸法 2/112㎝
自重 119
適合ルアーウェイト 1~6g
おすすめ度
おすすめポイント
  • アジングとしては飛距離が出やすい7フィート台
  • 繊細なアタリをとれるUL(ウルトラライト)パワー

68L-Sと迷いますが、竿の長さと適合ルアーウェイト的には73UL-Sの方が汎用性が高く、飛距離が出やすいと思います。自重も非常に軽く、初心者のアジ・メバル入門ロッドにピッタリ。根魚を狙うにはMLクラスがおすすめですが、ライトゲームにはULクラスのルアーニストの方が面白いでしょう。

 

 

 

 

シーバス・万能ロッドとしては…
ルアーニスト 90M

モデル 90M
全長/フィート 2.74m/9フィート
継数/仕舞寸法 2/142㎝
自重 172
適合ルアーウェイト 7~35g
おすすめ度
おすすめポイント
  • 様々な釣りが出来る万能モデル
  • 適合ルアーウェイトの幅広さ
  • 50㎝程度のシーバスなら抜き上げられるバットパワー

シーバスがメインですが、エギングでアオリイカ、ワインドでタチウオ、チョイ投げから遠投まで幅広い釣りに応用できるモデルです。本文でも紹介したように、メバリング等の繊細な釣りには向きませんが、その他のライトショアジギング程度までなら何でも卒なくこなすでしょう。万能ロッドを選びたい方におすすめしたいモデルです。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥7,359 (2022/10/03 09:00:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

とにかく飛距離が欲しい…

という方には96MLが良いでしょう。砂浜で使うには適合ルアーウェイトが不安ですが、堤防でヒラメを狙うにしたらピッタリなスペックだと思います。

 

 

 

ライトショアジギング…
ルアーニスト 96MH

モデル 96MH
全長/フィート 2.9m/9.6フィート
継数/仕舞寸法 2/150㎝
自重 220
適合ルアーウェイト 10~40 g
おすすめ度
おすすめポイント
  • 元ガイドがダブルフックで頑丈
  • ルアーニスト最強のバッドパワー

50㎝程度の黒鯛なら余裕で浮かせられる程度の頑強なバッドパワーが素晴らしいルアーニスト96MHです。70㎝後半のハマチ等の青物を狙える安心スペックになっており、価格の安さからは信じられないくらい頑丈に作られています。高級なショアジギングロッドの購入を躊躇っている方におすすめの一本。

 

 

 

 

 

総括:DAIWA ルアーニスト インプレ:
コスパ最高レベルのルアーロッド!

以上、DAIWAルアーニストのインプレ評価についてでした。

 

総括としては、

  • コスパの高さ(1万円以下)!
  • 竿先の感度、バットパワーの頼もしさ
  • 振り抜き感の良さ(14g前後のルアーが投げやすかったです)

という点で非常に使いやすいルアーロッドだと思います(90M)。竿先の感度も良く、底の地形変化が非常に分かりやすく根掛かりが少なかったという点では下手な2万円ルアーロッドよりも◎。7g程度のルアーも投げられることから春シーバスなどのタフパターンにも応用できるでしょう!

 

今回の記事で、皆様がお持ちの

うーん、買いたいけど不安…

安いすぎるからなぁ…

という懸念を吹き飛ばせられたら幸甚です。

不安になるほど安いですけど、必要十分なスペックを誇るルアーニストですぜ!

 

 

それでは!

 

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥7,359 (2022/10/03 09:00:26時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

こちらも読まれてます

 

 

 

釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょうけど、検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

 

 

にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

おすすめの記事