【2022年】シーバス特化バイブレーションおすすめランキング15【ロスト率軽減&コスパ最強!】
  • 小さいのに飛距離が出る
  • デイゲーム(日中)に大活躍する
  • 引き抵抗も分かりやすい

という点から、シーバス初心者の方でも比較的 使いやすく価格の安いルアーがバイブレーションになります。

 

ロストしやすいって話だけど…??

うんうん合ってます。ルアーの性質上、根掛かりが多発するのもバイブレーションの特徴の一つです。しかし、それを補って余るメリットがあります。広範囲&幅広いレンジ(水深)を自在に、手返し良く探れるという点では他ルアーよりも使い勝手が抜群に良いです。

 

 

そこで今回は、

  • シーバス釣りの基礎知識
  • バイブレーションの基礎知識&選び方
  • バイブレーションおすすめランキング

の順に解説していきます。

 

 

 

 

釣れる確率を上げる!
シーバス&バイブレーションの基礎知識

ルアーの対象魚としては超人気のシーバス。活性が高い時期なら初心者でもポンポン簡単に釣れて、なおかつ引きがとても良いのが特徴です。東京の市場なら1匹1000円程度で売買される高級魚でもあり、昔の月桂冠のCMなら『ヒラメの縁側』と並んで『スズキの洗い』が紹介されるくらい美味な魚でもあります。

 

ゲーム性も非常に高く、創意工夫が求められるシーバス釣り。いろいろと要素が絡みますが、今回は時間帯や時期などの基礎知識を簡単に紹介していきます。『釣れないのは知らないから』という名言がある通り、まずはシーバスの超基本的な知識を知っておきましょう。

     

    シーバス釣り
    おすすめの時間帯

     

    初心者には『マズメ』の時間帯がおすすめです。

    その中でも特におすすめなのが『夕マズメ』以降です。新聞紙がギリギリ読めるか読めないかくらいの時間帯が一番釣果が上がる、という釣りプロの方も少なくもありません。

     

    現在はルアーの発達に伴って日中(デイ)でも釣れるようになりましたが、昔は「シーバスは夜」と言われるくらい夕方以降に釣れる魚でした。現在でもやはり、活性が高くなるのは朝・夕マズメ、そして夜が最もシーバスの釣果が高いです。

     

    そんなわけで日中よりも夕方以降の方がおすすめですが、バイブレーションを使うなら日中もおすすめの時間帯になります。障害物周りにバイブレーションを通すと意外に簡単に釣れたりするので是非、デイゲームにも挑戦してみましょう。

     

     

    シーバス釣り
    おすすめの時期

     

    4月以降がおすすめです。

    3月以前も釣れなくはないですが、初心者が始めるには厳しい時期なのは間違いないです。バチやハクなどの小型ベイトを偏食している傾向もあるため、バイブレーションよりはミノーで狙った方が釣果が良いでしょう。

     

    その点、春以降のシーズンではシーバスの活性が徐々に高くなるので、デイゲームでシーバスを狙うには最適にシーズンになります。

     

     

    バイブレーションって何?

    シルエットが小さくとも自重があり、コンパクトで風の影響を受けづらいので飛距離が抜群に良いのがバイブレーションというルアーです。小柄なサイズなので小シーバスの食いつきも良く、初心者でも飛距離を出しやすいメタルバイブです。

     

    バイブレーション おすすめポイント
    • 大きさの割に飛距離が良い!
    • 初心者でも扱いやすい(引き抵抗・キャスト)!
    • 沈下速度が速い(中・低層のシーバスに◎)!

     

    注意!
    筆者の経験上、バイブレーションが役に立たない時期があります。
    それは1月~3月あたりの厳寒期です。シーバスがバチやマイクロベイトを偏食する時期なためか、バイブレーションではなく、ナチュラルな波動で泳ぐシンキングペンシルの方が釣果が良いです。
    暖かくなる4月以降が抜群に使い勝手の良いバイブレーションですが、厳寒期に使うルアーとしてはイマイチだと思います(筆者的には!)。

     

     

     

    シーバス釣りで活躍する!
    バイブレーションの選び方

    それでは実際に、シーバス釣りで活躍するバイブレーションの選び方を見ていきましょう。

    買い揃えられるほどの金銭的な余裕はない…

    という筆者のような方にむけて、出来るだけ一つのバイブレーションでシーバスを狙えるように、要点のみを簡潔に紹介させていただきます。よければ参考にしてくださいね。

     

     

    素材によって若干違う2タイプ!

    上のように、主流のバイブレーションとしては上のように2タイプあります。

    ホントにそこまで考える必要があるの?

    1%でも釣れる確率を上げたい方は考えておいた方が良いポイントです。特にプラスチック・ABS樹脂製と鉄板系ではフォールスピードが結構違います。同じバイブレーションですが、釣果に差が出る要素なので参考程度に見ておきましょう。

     

    プラスチック・ABS樹脂製

    中層を攻略しやすいのがプラスチック・ABS樹脂製のバイブレーションです。

    沈下速度が他の素材に比べて遅く、リフト&フォールがさせやすいためスローリトリーブで中層や低層を巻きたい時に多用できます。ナイトゲームの激流で、ミノーやシンキングペンシルだと流れ過ぎる時にロッドを立ててスローに流すという使い方もおすすめ。小型で軽いバイブは浅瀬(シャロー)エリアやマイクロベイトパターンでも活躍します。

     

    飛距離の良い鉄板系(メタルバイブ)

    低層を攻略しやすいのが鉄板系、またはメタルバイブと呼ばれるバイブレーションです。

    名前の通り、鉄板が使用されているため厚さも薄いので空気抵抗が極限まで少ないので飛距離が出ます大きさに対して自重が重いので沈む速度も早いところも特徴的。ボトムノックをはじめとする底付近を攻略するのに最適なバイブレーションです。

     

     

    • 日中は鉄板系
    • ナイト(夜)はプラスチック・ABS樹脂製のバイブレーション

    という風に使い分けている釣りプロの方も少なくありません。とりあえず、使い勝手が良いのは鉄板系のバイブレーションだと思います。

     

     

    バイブレーションの重さについて

    場所(流れの速さ・水深)によって適性な重さが違います

    勿論 重いバイブレーションの方が飛距離は出ます。が、河川のような水深の浅いポイントでは30g前後のバイブレーションは使い勝手が悪いです。。簡単に、目安となるメタルバイブの重さは以下の通りになります。

     

    河川では14g前後がおすすめ!

    河川や河口では14g前後のメタルバイブがシーバス釣りで活躍してくれます。

    オレの行くポイントは流れが速いらしいけど…?

    それでも14g前後が使い勝手が良いでしょう。

    流れに逆らずにゆっくりと巻いてくることでドリフト気味にもなり、シーバスにも自然にアピールさせることも出来ます。根掛かりのリスクも軽減しつつ、リフト&フォールもさせやすく、底を攻められる重さとしても14g前後のメタルバイブが河川シーバスではおすすめです。

     

    水深が深い&サーフ等では30g前後がおすすめ!

    飛距離が必要なポイントでは30g前後のメタルバイブが良いでしょう。

    特にサーフなどで吹く強烈な逆風に負けずに飛距離を出す場合、どうしても重いメタルバイブじゃないと釣りにならないことも多々あります。

     

    水深が深い沖堤防のようなポイントであっても、フォール(落下)スピードが速い方がスピーディに探れるので、30g前後のメタルバイブがおすすめです。

     

    水深で選ぶ方法も!

    • 3m以下は15g未満
    • 5m前後なら20g前後
    • 8m以上なら30g以上

    という目安でバイブレーションの重さを選んでいる釣り上級者の方も多いようです。ポイントの水深がある程度分かる方は参考にしても良いでしょう。

     

     

    バイブレーションのサイズについて

    6㎝前後のサイズがバイブレーションとしては主流で、定番のサイズだと思います。

     

    基本的にはマッチザベイトのシーバス釣りですが、フラッシングやアクションによってシーバスの捕食本能を刺激させるのがバイブレーションというルアーです。サイズについては、そこまで重要視しなくてよいでしょう。サイズよりは重さを重視した方が良いでしょう。

     

     

    バイブレーションのおすすめのカラー

    特におすすめのカラーはありません

    好きなカラー、各自が愛着のもてるカラーを選べば良いと思います。

    なんかあるだろ!おすすめカラー!

    …先述したように、フラッシングやアクションによって誘うのがバイブレーションなので有効なカラーという概念は他ルアーに比べて薄いのですが…。信憑性は高くないと思いますが、一部の釣りプロの方が提唱しているおすすめカラーを一応 まとめておきます。

     

    濁りが強い&活性が低いときは派手系カラー

    濁りが強いときは、光が広範囲に届く金色系などのド派手なカラーのバイブレーションが良いそうです。

     

    ミノーでは人気がない金色ですが、バイブレーションにおいてはグリキン(グリーン&金)やオレキン(オレンジ&金)のように、金色が絡むカラーが人気なようです。

     

    水が澄んでるときはシルバー・ナチュラル系カラー

    水が澄んでいるポイントのデイゲームではシルバー系や魚を模したナチュラル系のカラーの実績が高いようです。

     

     

     

     

    シーバス特化のバイブレーション
    おすすめランキング15選

    それではシーバス釣りで活躍してくれるバイブレーションを紹介していきます。

     

    各種 公式サイトのアイテムページやアイテムリンクを載せています。そちらから使用者のレビューも確認出来たりしますので、合わせてご活用くださいませ!

     

     

    1位:Jackson(ジャクソン)
    鉄板バイブ

    ブランド(公式アイテムページ) Jackson(ジャクソン)
    ルアータイプ メタルバイブ
    サイズ 48/55/63/72㎜
    自重 9/14/20/26g
    ターゲットレンジ -
    おすすめ度
    おすすめポイント
    • コンパクトなシルエットで風の抵抗が少ない
      遠投性能に優れ、小さいシーバスにもアピール可能
    • コスパ最高レベル
      根掛かりを恐れずに、ボトム(海底)付近までしっかり攻められる
    • 価格が安い(昔より値上がったけども!)

    他のメタルバイブに比べて安い、という実用的で非常におすすめな鉄板バイブです。数年前よりは若干 根上がった印象がありますが、それでも安いです。根掛かりを恐れずに攻められる、という点から初心者に超おすすめのバイブレーションです。価格だけではなく性能も遠投性、レスポンス、強波動など、メタルバイブに求められる要素が高次元で融合されています。

     

     

     

    2位:ダイワ(DAIWA)
    モアザン ミニエント

    ブランド(公式アイテムページ) ダイワ(DAIWA)
    ルアータイプ バイブレーション
    サイズ 57/70 ㎜
    自重 11.5/20 g
    ターゲットレンジ -
    おすすめ度
    おすすめポイント
    • 横風、向かい風にも負けない強さ
    • 立ち上がりが素晴らしく良い
    • フォールスピードが遅いので、リフト&フォールさせやすく根掛かりが少ない

    マイクロベイトパターン等で使用することの多いバイブレーションです。小さいのにしっかりと飛び、フォールスピードが遅いので使い勝手が良いです。ライントラブルもほぼ起きないので集中して釣りが出来て、他のメタルバイブに比べて巻き感が軽いのもおすすめポイント。春先は11.5g、夏以降は20gがおすすめです。

     

     

     

    3位:シマノ(SHIMANO) 
    サルベージ ソリッド

    ブランド(公式アイテムページ) シマノ(SHIMANO)
    ルアータイプ バイブレーション
    サイズ 60/70/85 ㎜
    自重 12/16/20/26 g
    ターゲットレンジ
    おすすめ度
    おすすめポイント
    • 抜群の飛距離!
      16gで平均飛距離は75m程度と圧倒的です!
    • 薄肉樹脂ボディ採用
    • スケールブースト採用
      本物のベイトフィッシュの鱗のように水中で複雑な反射!

      テンションフォールがヒラヒラ魅力的なようでシーバスは勿論、ヒラメ等のフラッドフィッシュにも効果的なサルベージソリッドです。

      普通のサルベージとは違うの??

      ソリッドの方がスリムで水切れが良いです。あえて流行のメタルプレートではなく薄肉樹脂ボディを選択したことによりロングキャストした先やディープエリアでも低速リトリーブからしっかり立ち上がります。筆者的には河川では20g以下のソリッドタイプが使いやすいのでおすすめしています。

       

       

       

      4位:ダイワ(DAIWA)
      モアザン リアルスティール

      ブランド(公式アイテムページ) ダイワ(DAIWA)
      ルアータイプ メタルバイブ
      サイズ 55/60/76 ㎜
      自重 14/18/26 g
      ターゲットレンジ -
      おすすめ度
      おすすめポイント
      • 2WAYで使える!
        前:ノーマルアクション・速引き対応 後:ワイドアクション・デッドスロー・シャロー引きに最適!
      • 引き抵抗の軽減とかつてない水抜け波動を生み、模様の役割も兼ねるウォータースルーホール
      • ボディ前方下部にタングステン球埋入
        着底が感知しやすく、根掛かり防止に役立っている

      飛ぶ、沈む、泳ぐ、強アピールを当たり前に、快適な使用感にこだわって設計されているのがリアルスティールというメタルバイブです。フックとラインの絡みを極力起こさずに、安定した前傾フォール姿勢を保ちます。着底感知力に長けているのも初心者アングラーには有難いでしょう。飛距離と扱いやすさのバランスが良い、18gがおすすめです。

       

       

      TGシリーズも出てます!

      より飛距離を求める方や、激流ポイントでの使用を想定されている方にはTGシリーズも良いかもしれません。

       

       

      5位:バレーヒルValleyHill 
      邪道 冷音(レイン)

      ブランド(公式アイテムページ) バレーヒル
      ルアータイプ メタルバイブ
      サイズ 62/77 ㎜
      自重 14/24 g
      ターゲットレンジ
      おすすめ度
      おすすめポイント
      • 価格が安い!
      • ライントラブルが少ない!
      • 控えめアクション

        ライントラブルが非常に少ないメタルバイブです。若干 塗装が剥げやすいというデメリットは否めませんが、それでも釣れるため非常に人気。メタルバイブですが、アクションは他に比べて控えめなため、警戒心の高いシーバスにも有効です。現在はちょっと価格が上がりましたが、それでもルアーローテに入れておきたい傑作メタルバイブだと思います。

         

        created by Rinker
        バレーヒル(ValleyHill)
        ¥1,384 (2022/05/27 00:05:59時点 Amazon調べ-詳細)

         

         

        6位:ダイワ(DAIWA)
        サムライ

        ブランド(公式アイテムページ) ダイワ(DAIWA)
        ルアータイプ メタルバイブ
        サイズ 48/54/60/70 ㎜
        自重 10/15/20/25 g
        ターゲットレンジ -
        おすすめ度
        おすすめポイント
        • 価格が安い!!
        • 水平姿勢で泳ぐ!
        • 状況に応じて使い分けられる2WAYスリット
        • フォールスピードが遅いので、リフト&フォールさせやすく根掛かりが少ない

        価格が非常に安いDAIWAのメタルバイブです。一般的なメタルバイブとは異なる『センターバランス設計』が施されており、リアフックのテーリング(エビ)を軽減するとともに、水平フォールでフォール時のバイトを誘発します。

         

         

         

        7位:アムズデザイン(ima)
        シュナイダー

        ブランド(公式アイテムページ) アムズデザイン(ima)
        ルアータイプ メタルバイブ
        サイズ 55/68/73 ㎜
        自重 13/18/28g
        ターゲットレンジ -
        おすすめ度
        おすすめポイント
        • 状況に応じて使い分ける2ラインアイ !
        • ストラクチャーやボトムとの接触をいち早く感知するプロテクションジョー !

        投げる・巻く・沈めるといった基本性能を徹底的に追及したメタルバイブのシュナイダーです。ビギナーからエキスパートまで幅広い層から支持されています。河口や海で使うとチヌが異様に釣れるのも面白いです。13gは河口などの浅い水深で、汎用性を求めるなら18gが一番おすすめです。

         

         

         

        8位:エバーグリーン(EVERGREEN)
        アイアンマービー

        ブランド(公式アイテムページ) エバーグリーン(EVERGREEN)
        ルアータイプ メタルバイブ
        サイズ 55/75 ㎜
        自重 13.5/25 g
        ターゲットレンジ
        おすすめ度
        おすすめポイント
        • 使い勝手の良いバイブレーション
        • コンパクトなサイズ感
          シーバスの口にスッポリ納まる一口サイズ
        • ライントラブルが少ない!!

        ゆっくり巻けばプルプル…と微振動、速度を上げると徐々にローリング幅を増して、捕食体制に入ったやる気のあるリバーシーバスを魅了します。アピールと喰わせを両立したハイピッチかつナチュラルなウォブリングアクションを生み出し、流れの変化等で一瞬バランスを崩して自動的に喰わせのタイミングを演出。よく売り切れになっているので根気よく探してみましょう。

         

        created by Rinker
        エバーグリーン(EVERGREEN)
        ¥1,430 (2022/05/26 23:02:21時点 Amazon調べ-詳細)

         

         

        9位:エバーグリーン(EVERGREEN)
        マービー

        ブランド(公式アイテムページ) エバーグリーン(EVERGREEN)
        ルアータイプ バイブレーション
        サイズ 70/90 ㎜
        自重 15/27 g
        潜行水深
        おすすめ度
        おすすめポイント
        • 使い勝手の良いバイブレーション
        • コンパクトなサイズ感
          シーバスの口にスッポリ納まる一口サイズです
        • ひらひら…とゆっくり落ちる『シミーフォール』

        ゆっくり巻けばプルプル…と微振動、速度を上げると徐々にローリング幅を増して、捕食体制に入ったやる気のあるシーバスを魅了します。水平姿勢をキープしたキレのあるローリングアクションはシーバスの本能にダイレクトに訴えます。また、リフト&フォール時は鉄板バイブに比べて『ひらひらひら…』とゆっくり落ちる(シミーフォール)のもおすすめポイント。よく売り切れになっているので根気よく探してみましょう。

         

        created by Rinker
        エバーグリーン(EVERGREEN)
        ¥1,309 (2022/05/26 18:31:44時点 Amazon調べ-詳細)

         

         

        10位:メジャークラフト
        ジグパラ ブレード

        ブランド(公式アイテムページ) メジャークラフト
        ルアータイプ メタルバイブ
        サイズ 35/44/55/75/100~ ㎜
        自重 3/5/7/14/18/23~ g
        ターゲットレンジ -
        おすすめ度
        おすすめポイント
        • 価格が安い!
        • サイズバリエーションが豊富
        • 状況に合わせて使い分けられる2つのラインアイ

        安さ&引き抵抗を抑えたタイトウォブリングアクションが特徴のジグパラブレードです。100㎜以下のサイズはフックトラブルも少なく、何より価格帯が非常に安いコトからおすすめのメタルバイブです。5g以下のサイズも選べるのでベイトが小さいパターンで活躍することも!

         

        created by Rinker
        Major Craft(メジャークラフト)
        ¥710 (2022/05/27 00:16:46時点 Amazon調べ-詳細)

         

         

        11位:デュオ(DUO)
        メタルガレージ プレートバイブ

        ブランド(公式アイテムページ) デュオ(DUO)
        ルアータイプ メタルバイブ
        サイズ 50/55/65/72 ㎜
        自重 10/15/20/26 g
        ターゲットレンジ -
        おすすめ度
        おすすめポイント
        • 価格が安い!!
        • 状況に応じて使い分けられる2タイプのラインアイ

        価格が安いですが安定した飛距離とトラブルを軽減するように設計されているメタルバイブです。ターゲットに合わせてラインアイを選択でき、様々な状況に対応可能。ただ巻きやリフトアンドフォールでも安定したスイム姿勢をキープするため、誰でも安心して使うことが出来ます。シーバスは勿論、青物 やヒラメ・マゴチ狙いにもおすすめ。

         

         

         

        12位:ロンジン
        ファンキーダート(FUNKEY DART) 55

        ブランド(公式アイテムページ) ロンジン
        ルアータイプ バイブレーション
        サイズ 55 ㎜
        自重 11 g
        潜行水深 30~120 ㎝
        おすすめ度
        おすすめポイント
        • 中層を攻めやすい!
        • コントロール自在の超攻撃的喰わせバイブ
        • スローで引いても水を捉えて、微振動でアピール

        コントロールが自在でキレのよいダートが魅力的なFANKEY DARTです。遠浅の河川・河口でも着水直後に巻いて、たまにポンポンとダートさせることによってハク等を食べようと浮上したシーバスに効果的にアピールさせることができます。ベイトが小さいときに使用したいバイブレーションです。

         

        created by Rinker
        LONGINES(ロンジン)
        ¥1,720 (2022/05/27 00:50:02時点 Amazon調べ-詳細)

         

         

        13位:TAKAMIYA(タカミヤ)
        FALKEN R ハーフソリッドバイブ

        ブランド(公式アイテムページ) TAKAMIYA(タカミヤ)
        ルアータイプ バイブレーション
        サイズ 58/70/78/90 ㎜
        自重 13/21/26/38 g
        ターゲットレンジ -
        おすすめ度
        おすすめポイント
        • 価格が非常に安い!
        • 安くても信頼できるTAKAMIYA製!!
        • コスパ最強レベルのバイブレーション

        最安値かつ信頼度の高いTAKAMIYA製のバイブレーションです。低重心設計により飛距離が良く、波や風、潮流に負けず、ディープレンジも攻略できます。やや塗装・フックが弱いということもありますが、値段相応でしょう。それ以外は使えて、普通に釣れます。ロストせずに使えるというメリットも良いでしょう。コスパ重視の方にはおすすめかもしれません。

         

         

         

        14位:MADNESS(マドネス)
        シリテンバイブ

        ブランド(公式アイテムページ) MADNESS(マドネス)
        ルアータイプ バイブレーション(シリコン製)
        サイズ 43/53/75 ㎜
        自重 4.5/8.5/17 g
        ターゲットレンジ -
        おすすめ度
        おすすめポイント
        • 高密度シリコンボディ
          生物的な波動を伴う強い水押し
          針音を抑えたサイレント仕様
        • サイズバリエーションが豊富!

        適度な柔らかさのシリコン製ソリッドボディが特徴のシリテンバイブです。レーザーカット貫通ワイヤーがもたらす“生物的でなまめかしいライブアクション”がスレたシーバスにも効果的とのこと。メタルバイブで魚の反応が得られないときに投げると案外簡単にリアクションが得られたりするバイブレーションの最終手段だと思います。

         

         

         

        15位:コアマン(Coreman)
        アイアンプレート

        ブランド(公式アイテムページ) コアマン(Coreman)
        ルアータイプ メタルバイブ
        サイズ 60/75 ㎜
        自重 13/18/26 g
        ターゲットレンジ -
        おすすめ度
        おすすめポイント
        • 専用設計されたシングルフック
        • アクション立ち上がりの良さ
        • トラブルの少なさ

        飛行姿勢の安定・フォール中のトラブルレス・アクション立ち上がり瞬間起動・バラシの減少・キャッチ率の向上などが魅力的なコアマンのメタルバイブです。定価は1400円ですが、多分 数年間は低下で買えることがないでしょう。。機能性は素晴らしいのですが、品数の少なさと転売屋が合わさって価格の高騰がね…残念なところです。。。

         

         

         

         

         

        シーバス釣りで活躍する!
        おすすめバイブレーション:総括

        以上、シーバス釣りに最適なバイブレーションについてでした。

         

        総括して一番のおすすめは?

        と聞かれたら、『Jackson 鉄PAN バイブ』を推します。

        • 1000円を切る価格の安さ!
        • スリムなシルエットなので空気抵抗が少なく、飛距離が素晴らしい!
        • 鼻先のボトムバンパーによるダメージ削減&着底感知能力UP!
        • フォール中の沈下姿勢の良さ&スイム姿勢の良さ!

        という点でおすすめ度が高いです。何より価格の安さ&ブランドの信頼度が高く、初心者でも安心して使えるバイブレーションとしては一番。手返しが良く探れるので、初心者でもヒットまでの時間が短縮できるというメリットも素晴らしいと思います。

         

         

        今回の記事で、皆様のお眼鏡に合うシーバス特化のバイブレーションを紹介できていれば幸甚に尽きます。

         

        それでは!

         

         

         

        こちらも読まれてます

         

         

        釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょうけど、検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

         

         

        にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

        にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

        にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

        おすすめの記事