【これ投げて釣れないなら無理!】サイレントアサシン狂鱗の狂鱗ホログラムが半端ない件

まずはじめに、シマノが新たに投入した『狂鱗ーキョウリンー』っていうキラキラしたホログラムが、どの程度 私の釣果に影響したかのかをご覧にいただきたい。対象魚はシーバスだ。

 

期間 本数(シーバス)

去年の釣果(普通のサイレントアサシン99F)

2.5ヶ月 48
今年の釣果(キョウリン使用時) 1か月 35

 

 

ご覧の通り、釣りができた期間は少ない(しかも冬季)にも関わらず、1か月あたりの釣果は約1.4倍にもなっている。技術的なことは全く変わっておらず、とにかく投げて巻くだけである。

 

 

なぜこんなにも釣果が上がったのかを考えると、スペック(飛距離、アクション、潜行深度など)は、ほとんど変わらないので『狂鱗ホログラム』という艶めかしくキラキラとした外装がキーポイントだと思う。

 

 

値段もたいして変わらずに、この釣果は劇的だ。前のモデルからそうだったが、初心者から中級者の釣り人にとて、サイレントアサシンを投げてダメなら他のルアーだって釣果が見込めない、と私は思っている。

 

 

それどころか、サイレントアサシンさえ持っていれば早々に見切りを付けられたりするところを『いや、オレの釣り方が悪いだけだ、、ここにはシーバスはいるハズなんだ』と意固地になってしまって貴重な時間を浪費してしまうのは勿体ないことである。

 

というわけで、今回は『サイレントアサシン-狂鱗-』についてまとめてみた。

 

 

 

スポンサーリンク

サイレントアサシン99F 狂鱗の凄さ

サイレントアサシンの圧倒的スペックによる信頼度などについては過去に記事を書いたのでそちらを参考にしてみてくださいな。

 

 

とはいっても、このページから訪れる人もいるだろうから、基本的なスペックは紹介しておくね。

 

 

サイレントアサシンのスペック

 

☝左が『129F(129mmのヤツ)』が右が『99F(99㎜のヤツ)』。

 

129㎜の方が大きいし、飛距離も出る分 流速スペック(アクションさせるためのスピード)も速いのかと思ったが、そうではない模様。つまり、大きい方がゆっくりとアピールできる。

 

とはいっても、99Fの方でも十分 ゆっくりとアピールさせられる。総じて流速スペックは高いことが特徴的だ。

 

 

アクション

アクションは

☝の動画の4:38くらいからを参考にどうぞ。

 

千鳥足のようなユラユラ、キラキラとした魅力的なアクションをする。

 

人によっては『千鳥足アクション』と称するようフラフラ、ユラユラ、キラキラとしたアクションが特徴だ。

 

 

なんといっても煌びやか【狂鱗ホログラム】!

本当のリアリズムを追い求める上で狂鱗ホログラムのデザインは、生きたイワシの鱗をスケッチする所から始まっている。

実際のイワシから鱗を採取し、それを拡大。スケッチに起こしたイラストのアウトラインをデータ化し、それをイワシの拡大写真に重ね写しながら本物の鱗が配置されている実際の間隔でレイアウトを作成。

この一枚一枚の鱗をそれぞれしっかり輝かせるために、更に必要な技術を取り入れて独自に開発されたのが、シマノオリジナルの狂鱗ホログラムなのである。

 

引用:エクスセンス サイレントアサシン 99F AR-C[EXSENCE Silent Assassin 99F AR-C]より

 

引用:エクスセンス サイレントアサシン 99F AR-C[EXSENCE Silent Assassin 99F AR-C]より

 

 

店頭で手に取ってすぐに目を奪われるようなキラキラとしたホログラムはSHIMANOのルアー開発チーム、プロアングラー、更にはホログラム開発のプロフェッショナル達が携わっている。

 

そんなプロ達の尽力もあり、ただキラキラと煌めいてるだけではなく、本物のイワシにも劣らない艶めかしい「ぬらぬらとした」輝きを放っている。

 

(☝GIF)

 

他の釣りブログとかでサイレントアサシン狂鱗のインプレを見ると

 

正直 狂鱗というほどキラキラしていない。縦ホロのほうがキラキラしている・・・

 

といった声もあったが、キラキラしすぎずに艶めかしいような柔らかな、ぬらぬらとした輝きを放てるのが狂鱗たる所以ではなかろうか。

 

 

実際に好釣果が続いている

アングラーズ:シーバスの釣り情報まとめ

一般的には釣果の下がる冬。しかし、私の場合はそんな冬の最中であっても、狂鱗を使い始めてからというもの釣果は上々である。

 

 

1月だろうが2月だろうがシーバス、それもランカーサイズだって釣っている。

 

一応 釣れたときの記事を紹介しておくね。

記事によっては釣れた瞬間のことを詳細に書いてあるので参考にしてほしい(といっても基本的には巻いているだけだが、、)。

 

 

 

 

 

格段にルアーの耐久性が良くなっている。

もちろん、シマノがオリジナルで作るホログラムだからといって強度や耐久性が弱いという事があってはいけない。その点もホログラムの品質に精通するプロが、最新の技術を投入してカタチにしてあるので、思う存分、フィールドで投げ込んで頂きたいと思う。

 

引用:エクスセンス サイレントアサシン 99F AR-C[EXSENCE Silent Assassin 99F AR-C]より

 

☝のように、SHIMANO自身 ルアーの耐久度が芳しくないと(レビューなどで)言われていることには気づいていたようで、従来のサイレントアサシンに比べて、今回の『サイレントアサシン 狂鱗』の耐久度は格段に上がっているようだ。

 

というのも、こちらの写真に写っている従来のサイレントアサシンを見てほしい。

ボロボロになってしまっている。ただ長く使っているから、というわけではなく、初めて使ったとき、キャストするときにラインが緩んでしまい、2メートル程度のところから落としただけで写真のように塗装が剥げてしまった。そのくらい従来のサイレントアサシンの塗装は剥げやすかった。

 

つづいて最新の『サイレントアサシン 狂鱗』を見てほしい。

一か月程 酷使して、ミスキャストも何度もしたが、外装が剥げ落ちるといったことは全く見当たらず、購入した当時のホログラムは依然 健在である。

 

 

勿論 高スペックの分 衝撃にシビアな面があるということは事実であるが、塗装に関しては確実に従来のサイレントアサシンを超えてきたと断言できるだろう。

 

 

おすすめカラー

 

 

キョウリンボラ

おススメ度No.1は『キョウリンボラ』だ。

私はナチュラル系のカラーが好きで愛用しているのだが、なかでもキョウリンボラの完成度の高さは随一だと思う。

私がよく釣りをする河口なや漁港ではイワシよりもボラがいることが大半なので、キョウリンボラがマッチザベイトで最高に釣果が良い。よく行く漁港のベイトを確認しよう。

 

 

 

キョウリンRH

おススメNo.2は『キョウリンRH(レッドヘッド)』だ。

 

シーバス釣りのド定番のカラー。なおかつ凶鱗ホログラムが加わって、素晴らしいアピールをしてくれる。

白系に凶鱗ホログラムというのが他にない武器になっている。夜に大物を狙うなら最高のルアーだ。

 

 

 

 

 

まとめ

というわけで今回は『サイレントアサシン 狂鱗』について紹介してみた。

 

これを投げていれば釣れる⇔これでダメなら厳しい

 

そして何よりもお伝えしたいのが、初心者、それもこれまでシーバスを釣ったことのない人、もしくはまだ自分のテクニックに自信がない人にとっては最上のルアーだということだ。

 

 

ルアー釣りというのは最初の一匹を釣れるまでが勝負だと言われている。釣れなければ勿論 ルアー釣りなんてやめてしまうし、もしかしたら釣りすらやめてしまうかもしれない。

 

最初の一匹を釣り上げるまでの時間は短いほうが良い、というのが私の持論だ。

もし、友達がルアー釣りを始めたい、というときは迷わずサイレントアサシン狂鱗を勧めてあげてほしい。

 

 

 

 

釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょうけど、わたしは専らブログ村での釣りブログを参考にしてます。検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

 

 

関東の釣りブログ一覧 日本ブログ村

 陸っぱり(堤防・磯)の釣りブログ一覧 日本ブログ村

ルアー釣りブログ一覧 日本ブログ村

 

日本ブログ村に参加してるよ!

以下のボタンを押してくれると更新頻度が上がるよ!

 

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ
にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ
にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

 

スポンサーリンク
おすすめの記事