【SHIMANOのワームだと…?】《ソアレ モモアジ》インプレ・実釣感想

表題の通りです。

これまで数々のワームを使ってライトゲームをしてきました。が、灯台下暗し。SHIMANOのライトゲーム専門に作られたワームを見落としていました。まぁ無理もありません。販売から数年以上経ち、店頭からは徐々に姿を消し、今では滅多に見られないらしい《ソアレ モモアジ》…

 

値段は普通(500円程度)で8本程度入っており、コスパは手頃。しかもSHIMANOという大手メーカーから出てるワームなのに……、はて…?

 

 

というワケで、今回は実際に購入して実釣にも行ってきました。

 

なぜだ…?

 

なぜ人気がイマイチなんだ??!

 

ソアレのモモアジ!!!

 

 

 

SHIMANO ソアレ モモアジ 1.8インチ 
スペック&購入を踏み切ったポイント

上の動画を見てSHIMANOに釣られた僕です。是非 モモアジを検討している方は見てください。デイゲームですらアジがモモアジを獰猛に追う姿。。。 

 

 

 

SHIMANO モモアジ 購入ポイント:
リアリティ溢れるデザイン!!

SHIMANO ソアレ モモアジは、メバルやアジ等を釣るために作られたワーム(ストレート系)です。

サイズは1.8インチ(4.5㎝)、吸い込み力が弱いアジに最適なワームと言えるでしょう。

 

ワームなんて、どれも一緒でしょw
という方に伝えたいのが

『小魚』を模倣した精巧なデザイン

他の会社では類を見ないほどのリアルさです。頭の真後ろアタリ(エラ周辺)からヒレのようなパーツが左右に突き出しています。風に煽られるだけでもボディがふるふると震えるくらいに「弱弱しい小魚」を模倣したデザインがスゴイ。

 

強い波動のアピールが強いワームを嫌うアジにもモモアジがおすすめです。タダ巻きやカープフォールで反応が得られなければ、ジグヘッド「スキップヘッド」や「ファインヘッド」との組み合わせで、横や縦に竿先で軽くトゥイッチすると更に効果的とのこと。

 

 

SHIMANO モモアジ 購入ポイント:
ら、ライブテール…???

ライブテール

ベイトフィッシュが泳いでいるように見えるテールアクション。
特に小魚は尾びれを振る頻度が高い。
その泳ぎをリアルに再現できるのが「ライブテール」です。

引用:SHIMANO

 

上記の通り、頻繁に尾を振る小魚の泳ぎをリアルに再現する『ライブテール』も特徴的。風呂の中でモモアジを落とせば一目瞭然。落ちるだけでもめっちゃテールを振るんですモモアジ…。そんなん絶対 釣れるじゃん…と。

 

プラグのようにアクションを加えることなく落とすだけ(フォール)、もしくは引いてくるだけで魚にアピールしてくれること間違いなしのモモアジです。

 

 

SHIMANO モモアジ 購入ポイント:
実際に使ってる人たちのインプレも良かった

ベイトパターン

この日は色んなワームをローテしてたのでこのワームでは5匹程度(20~22㎝)釣りましたが裂けることもなく丈夫でした
ジグヘッドに刺す時、頭にホールが有り刺しやすくしてあるのですがホールが浅く真っすぐ刺すには慣れが必要だとおもいました
この日は太めのワームが良かったようでアピール力はやや劣るのかな?と言っても色んなパターンがあるので検証を継続したいとおもいます(普通に20㎝UPも釣れましたし)
マテリアルはかなり柔らかいです
D社のエラストマーと違って表面の艶は劣化がないです(D社のエラストマーはクスミが酷く新品と使用後の差が激しい、長持ちするエラストマーの良いところがスポイルされている)
※いち個人の感想なので参考程度に読んで下さい
引用:Amazon

 

刺しづらいけどよく釣れます。

1軍ワームのひとつです。
細かいシェイクでプルプル震わせるのがオススメ。表層に沸いているアジならイチコロです。
ただ、よく釣れるのでネンブツダイとかもすっごく反応します。
外道をいくら釣っても壊れない素材も魅力的!

カラーが二つ入っているのもあるので、ローテしやすくて素敵です。

引用:Tsurihack

 

動きも良く、アジの水込みが良いのかバラシが少ないです。

引用:Naturum

 

 

SHIMANO モモアジ 購入ポイント:
カーブフォールで釣れる楽しさ!

上の動画でも分かるように、フォールでもガンガン食ってきます。

 

あんまり器用じゃない自分としては最高です。夜の海、静寂の中『くるか…ッ?』と固唾を飲んで待ってるときの緊張感。と言うワケでソアレ、モモアジ1.8インチ 購入してみたわけです。

 

 

 

 

SHIMANO ソアレ モモアジ 1.8インチ 
実釣インプレ(使ってみた感想)

コンディション
時間:18時~20時半
潮位の変位:小潮(下げ→上げ)
水色:澄み
風量:強い

 

ジグヘッドは1.2gを使用。

もちろんアジ・メバル狙い。

 

 

地元のおっちゃん曰く、連日メバルが釣れてるらしいポイントがあるらしい。会話が弾んだので案内してもらってキャストするも……釣れねぇ。。。おっちゃんは颯爽と超良さげなポイントに入っていったので『ガセネタを掴まされたのか…?!』と疑心暗鬼になってると

 

 

 

 

電撃鬼合わせ!!

 

雑念を抱きながらも手元は全集中していたので、細かなアタリの瞬間に鬼合わせ!脳汁ぷしゃー!メバリングは静寂とアタリの緩急がエグイ!

 

 

お…お…ッ?!

 

と次第に感じる痛烈な引き!

 

メバルなら25UPは確実だぞ…?

 

と固唾を飲む。バシャバシャッと魚が水面を暴れる音。

 

デカい…!……

んだけど、

 

思ってたよりスレンダー…

 

エイヤっと抜き上げ…

 

 

釣れた魚は……

 

個人的には、あんまりルアーで釣ったことのない魚は……

 

 

 

 

イシモチ…!!

 

 

 

 

それも30㎝アップ!

めっちゃグゥグゥ鳴いとる…!

 

 

 

まさかのイシモチがファーストフィッシュ。デップリとして美味しそうだったけど、ストリンガーを忘れてしまったのでリリース。

 

表層はアタリがないので中層~下層を引いてみるイシモチ(29㎝)、カサゴ(15㎝)が立て続けにヒット。が、未だアジ・メバルは釣れず……

 

 

 

最後…

 

 

ギュンギュンッ!!

 

と小気味の良い(アジっぽい!)引きを感じつつも…

 

 

 

フッ……

 

 

と痛恨のバラシ。

あれは確実にアジの引きだった(遠吠え)。

 

 

 

おすすめの記事