【最新話含む】『付き合ってあげてもいいかな』 ネタバレ・画バレ含む考察と感想
ここでは漫画「付き合ってあげてもいいかな」の最新話ネタバレ一覧をまとめています。

『付き合ってあげてもいいかな』は隔週連載、金曜日に配信されますので、配信後に「付き合ってあげてもいいかな」の最新話のネタ・画バレを更新していきます。現在のところ最新話は12月10日に公開予定の第71話です。

 

☝作者の公式アカウントでも、結構多めに漫画をツイート&紹介してくれてるぞ。フォローして随時流れてくるマメ情報を拾っていくと本編も面白かったりするので是非!

 

 


 

ネタバレを含む、とあるけど、そこまで詳細なネタバレをするつもりはないので注意。

 

 

一言一句 説明しているネタバレサイトもあるが、それは僕の基準ではネタバレというレベルではないのでな。漫画村とさして変わらんだろ。そういったものをご所望の方には申し訳ないがご期待には添えかねる。『付き合ってあげてもいいかな zip』みたいな検索してるヤツの要望に付き合ってたら漫画業界が廃れるぞ。

 

 

 

それでも違法でもなんでもいいから無料で読みたいヤツには素晴らしいリンクがあるので、下から飛んでくれ。有名漫画家たちの漫画が無料で読めるぞ。無料で、好きなんだろ無料。

 

 

 

こんバッカチンが!

 

 

 

そういうわけで作品の面白さを抜くようなネタバレはしていないつもりだけど、チラリ画付きで紹介するので苦手な人はここらでブラウザバック頼みます。

 

 

 

 

【最新話含む】付き合ってあげてもいいかな 
ネタ・画バレあり感想と考察

それでは『付き合ってあげてもいいかな』の各話 大まかなあらすじについてまとめていくよ。

何度も言うように、マンガの面白さを抜くようなネタバレはしないように細心の注意を払ってまとめているけど、ネタバレはネタバレ。魅力を伝えるには絵が最良だと思って付けているので、『真っ白な状態で読みたい』という人はここでブラウザバックだ。これが最終忠告ぞ!

 

 

 

64話:紡ぐ

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 64話

 

これまで以上に気を許し合うようになった2人。ベッドの小ささがリアル。

 

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 64話

 

このイチャつきっぷり。一読者ながらにドキドキさせられる。。

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 64話

 

一緒にお風呂に入ろう、と提案する冴子。

言い切る前に、優梨愛ちゃんが自身の裸にコンプレックスがあったことに気付くが…

 

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 64話

 

親密度が上がったからか、一緒にお風呂に入ることに。

 

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 64話

 

で、お風呂パート。一人暮らし感満載なお風呂場の小ささがリアル。女性でユニットバスを選ぶところらへんも、優梨愛ちゃんの芯がある性格が伺える。

 

 

で、ひょんなことから

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 64話

 

優梨愛ちゃんの過去話に入り…

 

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 64話

 

……

 

 

 

 

 

 

といったところでネタバレ終わり。

 

 

65話:奔走する煩悩

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 65話

 

ただならぬ雰囲気の2人がいるのは…

 

 

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 65話

 

毎年恒例の軽音部の合宿所。

去年は完先輩と色々あってドンヨリしてたミワだったが、今回はなんのウィークポイントもないので楽しく過ごしているようだった。

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 65話

 

久しぶりに登場のみっくん。

またも合宿直前に彼女に振られてしまったらしく傷心。

 

 

そして、別れたとはいえ、

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 65話

 

フラットに会話できてる2人。

別れてからの方がお互い自然に会話できてる気がするぜ。

 

 

また、ミワの方は更に

 

 

と、年下の子に振り回されているようで……?

 

 

 

66話:発火する感情

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 66話

 

ひたすら環ちゃんがミワを翻弄する66話だった。

 

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 66話

 

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 66話

 

 

 

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 66話

 

っていうね。

 

 

 

 

 

67話:翻弄すら本望

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 67話

 

 

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 67話

 

と、部屋での一件は冴子に見破られていた様子。何度も寝顔を見てきた冴子からすると一目瞭然な不自然さだったらしく、途中から寝たふりだったのを完璧に看破。

 

『告白しないの?』

という冴子に曖昧な返事のミワ。先輩の一件があったので若干 及び腰になっているようだったが、

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 67話

 

と冴子。

これに面食らったような表情のミワ。

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 67話

 

と、思うところがあったが、、、

 

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 67話

 

環ちゃんとの関係は、更に進み……?

 

 

 

68話:蜜月な実結

 

この1コマに尽きる幸せっぷりの68話だった。

 

 

 

最終回、って言われても何ら違和感のない68話だったけど、これからも続くようで何より…

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

69話:あなたに染まる

学外ライブが迫ってきたらしく、練習に励む軽音部のミワと冴子。

 

しかし…

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 69話

 

と冴子。

冴子の今カノ(優梨愛ちゃん)にはミワのことは伝えていないものの、思うところがある様子。

 

ミワの方も…

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 69話

 

言えるわけないじゃん!

と、やっぱり思うところがある様子。

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 69話

 

……

 

合宿中に環ちゃんとミワの関係を知った冴子。割と受け入れられていたようで、今カノの優梨愛ちゃんとの関係もすこぶる良好。

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 69話

 

 

 

70話:ありふれた、愛

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 70話

 

話はミワ編。

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 70話

 

無事に環ちゃんと付き合うことになったミワ。

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 70話

 

そんな環ちゃん×ミワのデート編。

環ちゃんの私服がめっちゃ可愛いんだが…

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 70話

 

ミワの表情からも分かる通り、付き合って間もないころの幸せ全開の70話。とにかく楽しくて、幸せで仕方ないミワの表情もたまらないけど…

 

 

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 70話

 

イチャイチャだけではなく、少しヒリッとする部分もある70話だった。そうだよね。相手の意見に迎合するだけじゃ良くないよね…

 

 

 

71話:隣人

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 71話

 

気持ちが安定しているためか、すっかり大人びたミワ。

環ちゃんの心配を吹き飛ばすような自信に満ちた表情。

 

 

 

万事良好に見えるミワだが、

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 71話

 

元カノの冴子には距離を置きたいスタンス。

 

しかし、ミワの方は心を許せる相手が欲しいというコトもあり…

 

 

 

あくまでも話相手、という関係で続行。

 

 

 

そんなこんなで学園祭がスタート。

 

引用:付き合ってあげてもいいかな(著:たみふる) 71話

 

…各自、色々ありつつも……

 

 

 

 

って感じ。

これ以降は本編で読んでね。

 

 

どんなネタバレサイトであろうと、どんな文豪がネタバレサイトを書こうと面白さは2割も伝わるわけがないからして、今記事で続きが気になった人は本編を読むべきよ。

 

 

本編では今記事の何倍も多くのコマを読めて、魅力的なキャラ達の織り成すストーリー、言動をじっくりと読めるぞ。

 

続きがどうしても気になる人は、掲載アプリマンガワンから読むと良い。

(クリック後、公式ページにジャンプします)

 

 

 

僕としては、単行本を購入して一気に読むことを強くおススメする

 

 

『付き合ってあげてもいいかな』は女性作家の描くガールズラブ(百合)漫画である。各所にキャラの心象が現れたシーンがある。それに一気に読んだ方が絶対に感情をジェットコースターのような波乱万丈な恋愛を存分に堪能できるし、何より面白いからだ。

 

 

先日、最新刊の第7巻が発売されたぞ。

 

 

 

 

それでは

 

 

 

おすすめの記事