【尺メバル?!】2018年 冬  銚子マリーナ前・飯岡漁港で釣り シーバス・ヒラメ・メバル・アイナメ狙い

もうすこしで2019年ですねぇ。

今年はなにかと飛躍的な一年だったと思います。社会的には大きく後退した一年だった気もしなくもありませんが、考えすぎると死にたくなりますし、何より考えても仕方ないので考えないようにしています。現実は逃避するべし

あーージャバリパークに行きたい^

 

ひさしぶりに遠出しようと思って、千葉県は銚子までやってきました。個人的には高速道路が使えるから、距離的には近いんだけど千葉港とか船橋港に行くよりはこっちのほうが快適で好きかも。まぁ道中 低体温症で死ぬかと思ったけど

 

ということで今回は千葉県 銚子は飯岡漁港と千葉科学大学という大学の前にある銚子マリーナ前での実釣レポートをまとめていきます。実は銚子には過去にも来たことがあります。たしか、綺麗なシーバスとヒラメが釣れてた気がします。

 

 

     

    実釣レポート

     

    実釣場所

     

    飯岡漁港

     

     

     

    銚子マリーナ前

     

    飯岡漁港で釣りをしてるとき、地元っぽい人に「銚子マリーナでは今何が釣れてるんでしょうか?」って聞いたところ、「銚子マリーナは知らないけど、名洗ではシーバスが釣れてるっぽいよ」と言われました。多分、横の名洗海浜公園のことだったのでしょうか?

     

    釣りコンディション

    満潮は15時くらい。風はそこそこ(風速4メートル)。海は穏やか。

    良い釣りコンディションだった。

     

    実釣

    日中(飯岡漁港)

    まずは日中の部は飯岡漁港でルアー釣り。朝方には50㎝の大ヒラメも出ているらしかったので、迷わずルアー釣り。

    仕掛けはジグヘッド(14グラム)+パワーシャッドっていう魚の形をしたワーム。

     

    遠投を繰り返すが反応がない。ならばと水面をゆらゆらゆっくり引いてきたら40㎝くらいのシーバス(セイゴ)が寄ってきてスカッと空振り。ドキドキしてもう一度同じようなところを引いたらまたも寄ってきて、またまた空振り。この下手くそが!え、私の力量不足?

     

     

    ということでおそらく目には見えないけど、海底の方でも同じような怒涛の空振りが展開されていることだと思うので、再度 アイナメとかカサゴ、あとヒラメとかを狙って底をずるずるとジグヘッドワームを引きずる。

     

    たまにチョンチョンと小手先のアクションを加えると

     

    ピク……ピク……!

     

    と魚っぽいアタリ。その瞬間 今までよりもさらに遅くジグヘッドワームを引きずると

     

    無事 魚をかけることに成功。

    今日はいつもとは違う写真を撮ろうと思ったので望遠レンズを持参して釣りに来ていた。そこでこちらをガン見していたキッズに声をかける。さすがはキッズ順応性が高い。すぐさま竿を持ってくれてこちらの意図を読み取ってくれた。ということで私は写真を撮るのに専念させてもらった。

     

     

    この広大な海原に

     

     

    魚が遠くからゆらゆらと寄ってくる

    魚をかけたときは何の魚か分からなかったけど、水面にその顔が近づく

     

    体の半面が水面に浮かび上がると

     

    バシャバシャッと力いっぱいの抵抗。命のきらめき

     

    暴れ疲れて勝負あり

     

     

    と思いつつの

     

     

    「もうちょっと竿傾けてください!」、「ちょっと巻いてください!」という私の意味わからない指示にも関わらず、少年の匠な竿捌きによってなんとか満足のいく写真が撮れた。

     

    そして抜きあげた魚がこちら

     

     

    アイナメ(35㎝くらい)

     

    ひとしきり少年に感謝して、お礼にこのアイナメをあげようとすると「オレが釣ったわけじゃないからいいです」と少年。なんて意識の高い少年(小学高学年)なんだとわたくし、感動しまして。だいぶの年差がありますが、「ありがとうございました!」と頭を下げて感謝するしかなかったです。

     

     

     

    夜間(銚子マリーナ前の堤防)

    日中は飯岡漁港でのアイナメで満足したので、近くのファミレスで写真の整理してた。Kindleで手塚治虫の「アドルフに告ぐ」を読んでいたらすっかり日が没してたので再度、飯岡漁港で話した人に教えてもらった名洗海浜公園とその横に位置する銚子マリーナ前の堤防で夜釣りをすることにした。

     

    名洗海浜公園の方はなんかヤンキーぽい人がやんや騒ぎながら釣りをしていたので諦めて、銚子マリーナ前の堤防へ。

    狙う魚は勿論、シーバス!ヒラメ!カジキマグロ!くらいの大型の魚でも良かったんだけど、地元のおじさんっぽい人達が「メバル釣れるからメバル狙えよ」とフレンドリーなタメ口で教えてくれたのでメバル釣り、もとい軽いジグヘッド(1.2グラム)を使ってのメバル、カサゴ、ソイとかの小型から中型の根魚を狙って釣りをすることに。ナイスな情報ありがとうな地元のおじさんっぽい人達よ

     

     

    で、やってみるんだけど、、、、釣れない。。まったく釣れない。釣れる気配がない。というか魚が釣れる気配がない。。

     

     

     

    謀ったな!! 

     

    と思うも、すでにおっさんは撤収しているので問い詰められない。いたところでおっさん×4人を相手にできる自信はない。もしかしたら外側のテトラポットに上る必要があったのかもしれないけど、さすがに夜は危険なので広大な銚子マリーナの堤防の隅から隅まで丁寧に探索することに。軽めのジグヘッドだとなんか時間がかかる気がしたので、そこそこ早い速度で糸を巻いてもちゃんとアクションしてくれる伝家の宝刀、サイレントアサシン99Fを使うことに。

     

     

     

    10分経過

     

     

     

    30分経過

     

     

     

    45分経過

     

     

     

     

    そして

     

     

     

     

     

    ギュギューーン!!!

     

    と、とっても良い引き。竿が弓なりにしなる

     

    前から思ってたけど、夜に大きい魚がかかると緊張が半端ない。それも知らない場所だと恐怖感もセットで来る

     

    ギュンギュンと竿がしなり、糸が出される。すごく強い引き!

     

    ようやく足元に寄るも、怒涛の底への乗っ込み。この日の糸はPEラインの0.6号なので根擦れしたら簡単にプツンと切られるので慎重に腕を伸ばしたりして、岸に張り付いているカキとかの鋭利な貝に引っかからないようになんとか耐える

     

     

    ようやく、体力が尽きたのか水面に浮かび上がってきたらしく、ヘッドライトで確認すると黒々とした丸々とした魚体が

     

    タモ網を使おうかと思ったが、さすがに抜きあげられるサイズだとは思ったので抜き上げた

     

     

    この黒くて大きな目玉

     

     

     

    尺メバル(私特有のガバガバ測定)

     

     

    魚を魅了したルアーはサイレントアサシン99F。私が初めてシーバスを釣ったハードルアー(プラグ?)のフローティングミノーで、このルアー、なんとただ糸を巻き取るだけで一定の水深を泳いでくれる優れものなんだ。現在はこのルアーしかハードルアーは持ってないけどメバルとかシーバス狙いだったら十分な気がする

     

     

     

    で、尺メバルは丁寧にリリースして、再度 投げるもアタリが連続。ただ針にかけられない。。

     

    ので、最初に使っていた軽いジグヘッド(1.2グラム)とワームに仕掛けを変えて投げてみる。

     

    そして、、、

     

     

    ややサイズが小さくなったメバルが釣れ始めるのだった。15㎝~20㎝くらい。

     

     

    その後も連続で10匹くらい同じようなサイズを釣ったが同じようなサイズなので、ジグヘッドワームの泳ぐ水深を下げてみる

     

     

    ググッ!!!

     

    またもメバルっぽい引き。てか引きでどんな魚かなんてわかったことないわ。ましてや夜とか緊張感で脳がアレになってくるから推測不可能

     

     

    そこそこ良い引きを楽しみながら、最終的にすんなりと抜きあげられたのは

     

    この艶やかな模様

     

    大きなトゲトゲとしたアタマ

     

     

     

    カサゴ(20㎝くらい)だった

     

    綺麗だったので少しの間 観察させてもらい、十分に堪能してリリース。というか返そうとしたら自分でピチピチと跳ねて海に帰られた。根魚って体力すごくない?

     

     

    まとめ

    ということで千葉県 銚子市は飯岡漁港と銚子マリーナ前の堤防での実釣レポートでした。正直、ここまで写真を使うつもりはなかったんだけど、ちょっと捨てる写真がなかったのでこのような投稿枚数になってしまった。それほどに充実した釣りだった。ちなみに序盤のアイナメの写真を6枚貼った段階でちょっと記事の読み込みが遅くなってきたので、それ以降は画像の解像度その他もろもろを下げて投稿している。あとでInstagramに投稿するのでよろしければご覧ください。綺麗に取れているので是非 見てもらいたい。

     

     

    12月といえば一般的にオフシーズンなのか人もまばらだけど、私としてはそんな人の少なさから魚影が濃いような気がする。個人的には日中にも関わらず人が少ないのはコミュ障の私としては大変 嬉しい。

     

    とりあえず飯岡漁港ではまだサバがチラホラと釣れたり、銚子マリーナ前の堤防では小さなハゼで生き餌釣りしているようだったからアイナメとかヒラメ、シーバスなどの大型魚狙いの人は行ってみてもいいかもね。あーー銚子に住んでる人が羨ましいな 

     

     

     

    釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょうけど、わたしは専らブログ村での釣りブログを参考にしてます。検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

     

     

    関東の釣りブログ一覧 日本ブログ村

     陸っぱり(堤防・磯)の釣りブログ一覧 日本ブログ村

    ルアー釣りブログ一覧 日本ブログ村

     

     

     

     

     

    日本ブログ村に参加しております。

    上位にいるときはモチベーションが上がって 記事の更新頻度が上がったりします。

    にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
    にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
    おすすめの記事