【メバルは釣れるけど…?】DAIWA 稚美魚(ちびうお)42㎜のレビュー&インプレ

ヒュッと投げて、ポチャッという小さな着水音。しばらくフォールさせて、ゆ~~っくりとリールを巻く。静寂。少しの緊張。そして、

 

ピク…

 

 

ググッ!!!

 

となったときの強烈な興奮・エクスタシーを感じたくて1g程度の極小ルアーをお使いの皆さん、こんばんは。最初の頃は

 

ルアーでメバルって…電気ウキでいいじゃん…

 

という初心者ありがちな考え方をしてたけど、最近では風が強くなったらご破算になるような微小ルアーで挑むメバル釣りに面白さを感じるぐらいには釣り人として仕上がってきた。

 

 

春の足音きこえる今日この頃。メバルの活性も日に日に増している様子。

 

今回はタイトルにもあるように、メバル釣りに特化したルアー『稚美魚(チビウオ)』のレビュー(インプレ)をさせていただくぞ。

 

 

 

 

 

月下美人 稚美魚(チビウオ) レビュー

まさに稚魚!メバル専門 新感覚スイムベイト!

引用:DAIWA

 

とDAIWAさんが紹介しているだけあって、メバル釣りにフォーカスを当てているのが月下美人『稚美魚』である。

 

 

稚美魚のスペック

サイズ 42㎜
自重 1.4g
フック仕様 サクサス加工トレブル#12

 

脅威の貫通力』と名高いサクサス仕様のフック!初めて月下美人シリーズを使ったときに感動させられた仕様のフックは有難い。使ったことのない人は是非。すごいぞ、サクサス(Saq Sus)。

 

 

 

稚美魚の特徴

 

深度をカスタム可能!

稚美魚には付属として、0.2gネイルシンカーが3つ同梱されていた。そんなネイルシンカーを腹部後方の穴に挿入することによって簡単にウェイト追加可能。

風が強い場合や少し深く沈ませたい場合はネイルシンカーの挿入がオススメである。

 

 

ワンタッチで取り外し可能!

ボディやフックの交換が簡単&スムーズである。

 

なお、ボディ自体は結構頑丈に作られているので、フグとかに食いちぎられたりしない限りは交換する必要はないと思われる。

 

 

稚美魚のカラーバリエーション

カラーバリエーションも非常に豊富で、現在 11種類ものタイプが登場している。『夜光』『ケイムラ』『ドットグロー』という名前の通り、それぞれ発光の仕方が違う。

 

 

☝ケイムラ発光

 

 

☝夜光シラス

 

 

☝メバルグリーン

 

 

といった種類の多さ。

ちなみに僕は間違って発光しない『アミチラシ』という種類を購入してしまったので、光るタイプをお求めの方は注意してほしい。

 

 

 

実釣&インプレ

で、実際に稚美魚(チビウオ)を持って、実釣してみた。

 

2021年も春が訪れたようで、関東の堤防ではメバルの活性もグングンと上がっている様子。今回訪れたのは、2020年メバル釣りで大変お世話になった堤防である。ポイントは熟知していた。実際に足元でパシャパシャと小魚のはしゃぐ音まで聞こえていた。

 

竿はルアーマチック、リールはアルテグラC2000HGS。凡庸な装備。ちなみにラインはPE0.6号。

 

状況はベタ凪で、潮も良い。

 

 

 

それでは一投目………

 

 

 

 

おすすめの記事