【携行性×飛距離=釣れる!】SHIMANO [FREEGAME XT S106M]のレビュー&インプレ

飛距離

それは釣果に間違いなく関わってくる要素のひとつである。そして、そんな飛距離を稼ぐために有用なのが、長い竿(ロングロッド)だ。

 

 

 

コンパクトロッド

それは小さく折りたためることで持ち運びが便利な竿である。飛行機の機内にも、さらには都内の電車内にも違和感なく持っていける優れものだ。

 

 

 

『飛距離×コンパクトロッド(携行性)』

 

これが旅行好き×釣り好きの僕にとってうってつけの釣竿なんだけど、まぁ全然見つからなかった。そもそもコンパクトロッドが少ない。ようやく見つけても全長130㎝とかいう穴釣りにしか使えないような釣竿で、信頼できるメーカーで、長尺かつコンパクトロッドはなかなか見つからなかった。

 

 

 

飛距離と持ち運び…

 

どちらかは諦めないといけないのか……?

 

 

 

 


 

で、色々と探し回ってようやくケチな僕が見つけたのがタイトルにもある『FREEGAME XT S106M』というルアーロッドだ。飛距離と携行性、それらを併せ持つのがフリーゲーム XT S106Mである。間違いなくおススメ。フリーゲームのXTシリーズ。

 

 

わかる。

 

いきなりそんなこと言われても

 

 

だよね。

 

 

と、ここでフリーゲームXT S106Mについて、SHIMANOのホームページを見てみよう。

 

フリーゲームXTはパック&トラベルロッドにおけるさまざまな弱点を克服した、ショアスタイルの本格マルチピースロッド。ブランクスにはシマノが誇るハイパワーXを搭載。継数の多さにより重くダレがちになるブランクスに張りをもたせ、シャープな振り感を追求しました。また、フリーゲームXTでは、あえて並継を採用。これにより強靭なバットパワーを獲得。振出に比べガイド設定の自由度も高く、より優れたパフォーマンスを生み出すことにつながっています。もちろん、パック&トラベルロッドならではの携行性と使いやすさもとことん追求。仕舞寸法は国内航空機の機内持ち込み可能サイズである60cm 未満に設定、大きめのスーツケ(略)

引用:SHIMANO FREEGAME XTシリーズ

 

相変わらずSHIMANOの商品紹介は何を言ってんのか分からねぇ…。ブ、ブランクス?ハイパワーX??言いたかないけどダイワさんの方が商品紹介上手いよね。

 

 

そういうわけで、今回のレビューには専門的な説明は期待しないでくれ。釣り歴10年にも満たない僕が、実際に1年間を通して使って得た所感を述べていくぞ。

 

 

 

 

【レビュー】FREEGAME XT S106M

 

 

[FREEGAME XT S106]のスペック

全長(m) 3.2
仕舞寸法(cm) 59.6
自重(g) 205
先経(mm) 1.9
ルアーウェイト(g) 8~45
適合ライン(PE) 0.5~1.5(号)
適合ライン(ナイロン) 6~16(lb)
カーボン含有率(%) 95.9

 

 

 

[FREEGAME XT S106]での釣果

で、実際に釣れんのか?

とお思いの方もいらっしゃるだろう。どんなにツラツラと素晴らしい性能を語ろうが、釣れない竿の説明を聞くほど貴方も暇じゃなかろう。

 

 

というわけで実際にFREEGAME XT S106Mを使って得た釣果をいくつか紹介しておくね。

 

 

FREEGAME XT S106Mの実績記事

 

 

 

[FREEGAME XT S106]の気に入ったところ

デザインは勿論のこと、1年間 大物狙いにはフリーゲームXT S106Mを使って改めて好きになったところを解説していく。

 

 

抜群の連行性

何と言ってもその仕舞寸法。6本継にすることによって、仕舞寸法が60㎝を切る短さを実現させた。すんごい短んだこれが。今まで2本継のルアーロッドを使ってた自分からすると信じられないくらいコンパクトで持ち運び便利。都心の電車内に持ち込んでもなんら不自然に思われないようなコンパクトっぷり。

 

 

さらには国内線・国外線など飛行機の機内にも持ち込める寸法と言うのも旅行好きにとってありがたい。急な出張のついでにヒョイっと持っていけるのはこれ以上ない長所。

 

 

各航空会社の規定によっても違うだろうが、これまでは何も言われることなく機内の中に持ち込めた(Jetstar、cebu pacific、qantas航空など)。

 

 

 

10フィートを超える圧倒的長さから生まれる飛距離

先述したように仕舞寸法が60㎝に満たないくらいのコンパクトロッドなんだけど、組み立てあげるとあ~ら不思議。10フィート(3m)を超える長尺っぷり。10フィートって君、サーフでも問題なく使える長さだからね。

 

一概には言えないが、物理的に考えてもロングロッドは飛ぶ。今回のフリーゲームXT S106Mも例に漏れず、今まで使っていた8.6フィート程度のルアーマチック等では届かないポイントまで遠投することができた。扱えるルアーウェイトも豊富(8~45g)なのもおススメポイント。

 

 

よくよく調べてみると、『ハイパワーX』ってのも肝だそうだ。

 

 

ハイパワーXとは、見た目にもおわかりの通りブランクス最外層にカーボンテープをX状に巻き付けて、さらにネジレを抑制する強化構造です。45度前後のテープの交差角度によって、わずかな荷重がかかる状態から限界に近い領域までパワーを発揮する構造で、キャスターのイメージ通りに竿の曲がりの方向性をキープするのが特色です。

引用:HI-POWER Xとは

 

詳しくは『飛距離を伸ばすブランクスの基本構造』を参考にしてみよう。

 

 

僕は「とにかく長くって重めのルアーをフルキャストできるルアーロッド」を前提に購入したけど、間違いじゃなかった。キャスト時の抜けも良いし、何より飛距離が出る。

 

 

 

50㎝くらいのヒラメなら楽々抜き上げられる

適応PEが0.5~1.5号。

で、僕が使ってるのが1.2号。強度でいうと10㎏程度の強さがあるのでまぁ当然っちゃ当然なんだけど、フリーゲームXT S106M自体の竿の強さ・しなやかさもあって50㎝くらいの魚だったらヒョイっと抜き上げられる

 

 

出張先や都内で釣りをするとき、僕のように

た、タモ網は持っていきたくねぇ…

 

と思う人もいるだろう。そんな人におススメ。

 

ラインの強度にもよるけど、50㎝くらいの魚ならなんでも抜き上げられるよ。僕の師匠いわく、70㎝のシーバスでも抜き上げられるとか言われたけど、真偽のほどは定かじゃない。

 

 

 

☟MHだけど、参考までに。。

 

↑70㎝で3㎏くらいのワラサレベルだったら楽々抜き上げてた。フリーゲームXTシリーズすごい…

 

 

 

デカシーバスでの使用感

ご覧のような、脂の乗って丸々と太ったスズキサイズのシーバスでも難なく寄せられる。ランカーシーバスを釣ったことのない僕でも、やり取りを楽しめたフリーゲームXT S106Mだ。竿に任せてるだけでも、グーンと曲がって魚の引きをいなしてくれる。

 

 

 

 

SHIMANOさんも

 

2ピースロッドに匹敵する、美しい曲線

と形容しているくらい、フリーゲームXT S106Mは粘り強く、綺麗に曲がって巨魚の強烈な引きを上手に受け流してくれる。

 

 

他のサイトでも

6本で継いでるコンパクトロッドということを忘れさせる曲がりっぷり!

という評価を受けていた。

 

 

アタリの分かりやすさ

アタリが非常に分かりやすい。

 

これはSHIMANO基準でいうところの『CL4+』というもので、炭素繊維樹脂素材のことを指すらしい。詳しいコトはSHIMANOさんに聞くと、

 

CI4+リールシート を採用。軽くて手に馴染むデザイン。

さらにフォアグリップが主張しないデザインのため、バイトを待つ間、ロッドを指で触れるブランクタッチが可能。 魚のわずかなバイトを見逃さず、フッキングへと持ち込む可能性を広げる。

引用:Amazon

 

とのこと。

 

実際、僕も許容範囲を大幅に下回るルアーで子メバルを釣ったことから、アタリを感じ取りやすいというのは間違いないと思う。

 

 

☟アタリの瞬間

 

 

[FREEGAME XT S106]の悪いところ

 

 

滅多に売ってない

全然売ってないんだなこれが。

 

ホント、どこを見ても全然売ってない。

 

生産数が少なかったのか、コンパクトロッドというのはネットショッピング市場を見る限り本当に少ない。そんな品薄状態のコンパクトロッド業界でも際立って、どこにも売っていないのが[FREEGAME XT S106M]だ。9.6フィートのフリーゲームXTならあるんだけど、10フィート以上は滅多に見ない。激レアだ。

 

 

 

 

 

 

総括[FREEGAME XT S106M]

見た目
携行性
使い勝手
コスパ

 

正直、フリーゲームXTシリーズは少々 価格が高い。1年前に買ったときは22000円くらいで購入した記憶がある。ケチな僕にとっては大きな買い物であった。

 

 

しかし、対価に見合う性能と魅力は十分にあった。今でも大物を狙うとき、飛距離を出したい時は迷わずフリーゲームXT S106Mを手に取るし、実際に釣果も上がってる。

 

 

というわけで、SHIMANO FREEGAME XT S106Mの紹介だった。FREEGAMEシリーズではS106Mの他にも釣種によっていろいろな仕様のものがある。是非 自分の釣りに会ったFREEGAMEシリーズの購入をおススメする。

 

 

 

 

 

細かい性能についての説明は省いたが、僕のような釣り歴の浅いビギナークラスにも文句なくおススメできるルアーロッドだ。

 

フリーゲームXTシリーズの詳細は

SHIMANO FREEGAME

から納得のいくまでご覧くださいな。

 

 

品薄になりがちだから、購入は機を逃さないように!

 

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

おすすめの記事