【2022年も大活躍!】SHIMANO フリーゲームXT 【インプレ・実釣2年後の感想】

飛距離

それは釣果に間違いなく関わってくる要素のひとつです。そして、そんな飛距離を稼ぐために有用なのが、長い竿(ロングロッド)。

 

コンパクトロッド

それは小さく折りたためることで持ち運びが便利な竿です。飛行機の機内にも、さらには都内の電車内にも違和感なく持っていける優れもの。

 

 

で、色々と探し回ってようやく見つけたのが『シマノ フリーゲームXT』シリーズというルアーロッドです。出張や旅行などで地方に行く機会の多い方に間違いなくおすすめなフリーゲームのXTシリーズ。今回はそちらについてのインプレと実際に使ってみてのレビュー記事です。

 

 

 

 

 

SHIMANO フリーゲーム(FREEGAME) XTシリーズ
インプレと感想まとめ

フリーゲームXTはパック&トラベルロッドにおけるさまざまな弱点を克服した、ショアスタイルの本格マルチピースロッド。ブランクスにはシマノが誇るハイパワーXを搭載。継数の多さにより重くダレがちになるブランクスに張りをもたせ、シャープな振り感を追求しました。また、フリーゲームXTでは、あえて並継を採用。これにより強靭なバットパワーを獲得。振出に比べガイド設定の自由度も高く、より優れたパフォーマンスを生み出すことにつながっています。もちろん、パック&トラベルロッドならではの携行性と使いやすさもとことん追求。仕舞寸法は国内航空機の機内持ち込み可能サイズである60cm 未満に設定、大きめのスーツケ(略)


引用:SHIMANO FREEGAME XTシリーズ

 

 

 

シマノ フリーゲームXT シリーズ
各種スペック一覧

※おおまかに抜粋。他スペックもあります。

 

 

 

SHIMANO フリーゲーム(FREEGAME) XTシリーズ
【実際に使ってみて】おすすめポイント

とにかく筆者が信頼してやまないフリーゲームXTシリーズ。

おすすめポイントを厳選してまとめてみました。

 

 

フリーゲームXT おすすめポイント①:
竿の綺麗な曲がりっぷり!

シマノ フリーゲームXT S100MHの動画です

 

パックロッド、それも6本継ぎのコンパクトロッドなので

 

継ぎ目から簡単に折れないか…?!

ちゃんと竿がしなるのか…?

 

と懸念される方もいらっしゃるかもですが、心配ご無用。流石はSHIMANOの信頼感。上の動画で分かる通り、青物の強烈な引きでもと~~っても綺麗に曲がってくれます

 

SHIMANO自身が

2ピースロッドに匹敵する、美しい曲線

と形容しているくらい、フリーゲームXTシリーズは粘り強く、綺麗に曲がって巨魚の強烈な引きを上手に受け流してくれるのもおすすめポイントの1つでしょう。

 

 

実際に使ってみても、6本継ぎということを忘れるくらい綺麗に曲がりました。パックロッド特有の”ぎこちなさ”は少なく、筆者も何度も大物を釣り上げてます。多少 雑に扱ってしまったこともありますが、以前として素晴らしいパフォーマンスをしてくれる万能ロッドとして大活躍しています。

 

FREEGAME XT S106Mの実績記事

 

 

フリーゲームXT おすすめポイント②:
抜群の持ち運び性能!

最長のフリーゲームXT S106Mでも、この短さ!

何と言ってもその仕舞寸法。すんごい短んですこれが。今まで2本継のルアーロッドを使ってた自分からすると信じられないくらいコンパクトで持ち運び超快適。都心の電車内に持ち込んでもなんら不自然に思われないようなコンパクトっぷりは圧巻です。

 

国内線・国外線など飛行機の機内にも持ち込める寸法と言うのも旅行好きにとってありがたい。急な出張のついでにヒョイっと持っていけるのはこれ以上ない長所でしょう。

 

 

フリーゲームXT おすすめポイント③:
バリエーションの豊かさ!

シマノ フリーゲームXT S70MLの動画です

先述したように、スペックの幅広さも魅力的で、

このサイズのコンパクトロッドがあればなぁ…

というアングラー達は是非、SHIMANOの公式ページでフリーゲームのスペック表を見てみましょう。本格的なジギングからライトショアジギング、シーバスに根魚等 狙いたい魚に最適なスペックのフリーゲームXTがあるでしょう。

 

 

フリーゲームXT おすすめポイント④:
圧倒的な飛距離!!!

普段は届かない船道ポイントまで…!

シマノ フリーゲームXTシリーズに搭載されている『ハイパワーX』ってのが功を奏しているらしく、同じ寸法のルアーロッドと比較しても良く飛ぶのも素晴らしい。

 

ハイパワーXとは、見た目にもおわかりの通りブランクス最外層にカーボンテープをX状に巻き付けて、さらにネジレを抑制する強化構造です。45度前後のテープの交差角度によって、わずかな荷重がかかる状態から限界に近い領域までパワーを発揮する構造で、キャスターのイメージ通りに竿の曲がりの方向性をキープするのが特色です。


引用:HI-POWER Xとは

 

 

フリーゲームXT おすすめポイント⑤:
ロッドパワー!!!!

フリーゲームXT S100MHの動画です

上のはMH(ミディアムヘビー)の実釣動画なのでアレですが、ロッドパワーも比較的 優れていると思います。

 

 

筆者が使っているフリーゲームXT S106Mだと

50㎝くらいの魚だったらヒョイっと抜き上げられます。出張先や都内で釣りをするとき等では、筆者のように

 

た、タモ網は使いたくねぇ…

 

と思う人もいるでしょう。そんな人におすすめのフリーゲームXTシリーズだと思います。まず大抵の魚なら抜き上げることが可能です(スペックにもよります)。

 

 

フリーゲームXT おすすめポイント⑥:
アタリもしっかりと分かる!!!

フリーゲームXT S106Mの動画です

アタリが非常に分かりやすいのもおすすめポイントです。

 

これはSHIMANO基準でいうところの『CL4+』という炭素繊維樹脂素材を使っているためか、6本継ぎのコンパクトロッドにも関わらず小魚のアタリも逐一 手元に知らせてくれます

 

CI4+リールシート を採用。軽くて手に馴染むデザイン。

さらにフォアグリップが主張しないデザインのため、バイトを待つ間、ロッドを指で触れるブランクタッチが可能。 魚のわずかなバイトを見逃さず、フッキングへと持ち込む可能性を広げる。

 

実際、筆者はシーバス・ヒラメがどうしようもないときは許容範囲を大幅に下回るルアーで子メバルを釣っていることからも、アタリを感じ取りやすいというのは間違いないと思います。

 

 

 

SHIMANO フリーゲーム(FREEGAME) XTシリーズ
おすすめモデル

 

 

シーバスと青物を狙いたい方には
フリーゲームXT S96M・S96ML

 

コンパクトこそ正義!

とにかくコンパクトに持ち運べることを最優先に考えてこの製品をチョイスしました。

シーバスがメインなので9ft以上のレングスは欲しい。
けど電車や自転車での移動がメインなので2ピースは邪魔。
最近の小さいガイドは糸がらみが怖いので、昔ながらのレギュラーサイズのガイドが良い。
予算は頑張っても2~3万程度に収めたい。
などなど・・・。
色々考えた結果、フリーゲームにたどり着きました。

まずコンパクトさは6ピースなので当然◎!
ただし付属ケースはかなり大きい(太い)のでチョット邪魔かな。。。
まぁ、布ケースなどに入れ替える事も視野に入れて工夫します。

汎用のモバイルロッドなのでシーバスロッドと比較するのはおかしい事だが、チョット重め&硬めですね。
それでも釣りにならないって程ではないので、慣れれば気にならない範囲です。
本命のシーバスはまだ釣れていませんが、ぶっとい真鯉がスレがかって来た時にも竿で魚をコントロールできたので、パワー不足は感じませんでした。
これならランカークラスとのパワーファイトも楽しめそうです!
チョット重め&硬めも信頼の裏付けと感じるようになりました。

一点だけ気になったというか、初体験だったのが、並継ぎだった点。
今まで使っていたロッドは逆並継ぎだったのでチョットだけ違和感がありました。
この継ぎ方が硬めに感じる原因なのかな?

あとは、供給がすご~く不安定っていう所も気になります。
今回購入した9.6MLは常に品切れ中となっており、購入までに結構時間がかかりました。
周囲の人たちにもおススメしたくても購入できないんじゃあおススメできません…。
供給が安定してくれるとありがたいな~って思います。

 

 

サーフ・飛距離を最優先にしたい方には
フリーゲームXT 《S100MH/S106M》がおすすめ

 

投釣り・サビキ・ルアーも出来る万能っぷり!

先述したように仕舞寸法が60㎝に満たないくらいのコンパクトロッドなんですけど、組み立てあげるとあ~ら不思議。10フィート(3m)を超える長尺っぷり。10フィートというサーフでも問題なく使える長さも魅力的ですが、他の釣りにも併用できる万能性もスゴイ。

一概には言えませんが、物理的に考えてもロングロッドは飛びます。今回のフリーゲームXT S106Mも例に漏れず、今まで使っていた8.6フィート程度のルアーマチック等では届かないポイントまで遠投することができた。扱えるルアーウェイトも豊富(8~45g)なのもおすすめポイントです。

 

 

エギングをメインにされる方には
フリーゲームXT 《S86ML》がおすすめ

旅行ついでの釣りにピッタリ!

気分転換に旅行に行こうと思い立ち、ついでにイカを釣ってみたいと思い購入しました。
3泊4日の日程で荷物もまぁまぁあり防犯面でトランクだけに詰め込みたかったので2ピースでは長過ぎるので新製品のこちらを選びました。
釣果はゼロでしたが扱いやすくこの1本あればエギング、20g以下のメタルジグを使ったスーパーライトショアジギング、サビキ、投げ釣りと一通りこなせます。
フリーゲームが万能低価格テレスコロッドというイメージが強すぎて買う気にはなれなかったのですが遊びで使えるサブ機と割り切れば問題ないしモノは確かなので満足です

 

 

アジ・メバリングをメインにされる方には
フリーゲームXT 《S76UL》がおすすめ

ハードケースが55㎝!機内持ち込みOK

機内持ち込みできるロッドを探していました。ハードケースもかなりしっかりしています。
オーバーハングのない渓流やアジングなどのライトゲーム、ノーシンカーでのブラックバス釣り。パックロッドを選択するということは、旅先で「100%本気じゃないけど、釣りを満喫したい」時です。それを満たしてくれる素晴らしいロッドだと思います

 

 

SHIMANO フリーゲーム(FREEGAME) XTシリーズ
インプレ総括(S106M)

デザイン
持ち運び
使い勝手
コスパ

 

というわけでSHIMANOフリーゲームXTシリーズのインプレでした。本文で散々 述べたように、非常にクオリティ、コストパフォーマンスの良い釣り竿です。筆者は餌釣りにも併用したりもしてます。サビキ、さらには30号という遠投オモリも投げられる万能性。超おすすめです。

 

最後に悪いところをひとつ言っておきますが、品切れが多い釣り竿ということです。安定供給されることが少なく、筆者自身 S106Mは結構 長期間 待って購入しました。

 

 

細かい性能についての説明は省きましたが、もっと本格的にスペック・仕様を見たい方はSHIMANO FREEGAME(公式サイト)から納得のいくまでご覧くださいな。

 

 

 

それでは!

 

 

追記

 

☝ 10㎏程度の魚をかけたときの曲がりっぷりも見事!

 

 

 

おすすめの記事