【コスパ<信頼度!】ダイワ 月下美人SWライトジグヘッドSSの実釣インプレ評価!

色々ありすぎて迷う…

という小粒ジグヘッド(3g以下)。

昨今ではアジング・メバリングなどのライトゲームが熱を帯びていることもあり、店頭に並ぶ小粒ジグヘッドも増えた気がします。

 

信頼度の高いライトゲームジグヘッドは?

と聞かれたらエコギアの次にオススメしたいのが、月下美人 SWライトジグヘッドSSです。夜光となっており、蓄光させると淡~く光るので釣り人の視認性が良い他、常夜灯回りではジグヘッドが光りにボヤけ、シルエットが小さくなるという追加効果も期待できる塩梅です。

 

 

というワケで今回は『月下美人 SWライトジグヘッドSS』を使ってみての感想・インプレについてまとめていきます。

 

 

 

 

月下美人 SWライトジグヘッドSS
どんなジグヘッド?

まずは簡単なスペックを。

 

ダイワ(DAIWA) 月下美人 
SWライトジグヘッドSS

メバリング おすすめジグヘッド『月下美人 SS』
メバリング おすすめジグヘッド『月下美人 SS』1
メバリング おすすめジグヘッド『月下美人 SS』2
メバリング おすすめジグヘッド『月下美人 SS』3
メバリング おすすめジグヘッド『月下美人 SS』4
previous arrow
next arrow
メーカー ダイワ(DAIWA) 
自重(g) 0.6/0.9/1.3/1.8/2.7
個数 5個
コスパ
おすすめ度
メーカー紹介文

サクサス搭載で驚異のフッキング性能を実現

バスやトラウト、カワハギ釣りで劇的なフッキング率アップを果たした表面加工テクノロジー「サクサス」を採用したライトSWゲーム用ジグヘッド。最近のアジングは、ボトム周辺をリフト&フォールさせながら、微妙なバイトを捉えて掛ける、その名も“掛け釣法”が主流になっている。アジはルアー追尾しながら軽く吸い込むように捕食するため、アタリはラインのテンションがわずかに変化する程度。これを見逃せば当然フッキングには至らない。ところが、このジグヘッドはハリ先があまりに鋭いため、アジが吸い込んだ瞬間にポイントが勝手に上アゴに触れ、そのまま貫通するというオートマチックフッキングが増えているという。また、フック表面の滑らかさはフッキング率を上げただけではない。丈夫なのはいいけれど、硬くて刺しにくいとの声もある高強度スーパーソフトマテリアル製のワームでも、簡単かつスピーディーにセンターを貫くことができる。

 

引用:ダイワ『月下美人SWライトジグヘッド』

 

 

 

月下美人 SWライトジグヘッドSS 実釣インプレ

実際に月下美人 SWライトジグヘッドSSを使ってみての所感、評価をまとめておきます。

よければ参考にしてみてくださいませ。

 

 

『飛距離』について

まぁ普通…

な飛距離でした。

特段、飛ぶわけでもなければ飛ばないワケでもなく…。

 

これは超個人的な意見ですが、1gを切るようなジグヘッドの「飛距離」というのは天候に大きく左右されるので、飛距離についてはやはり、ライトゲーム用のジグヘッドだなぁ…、というくらいにしか飛びません。

え、30m以上飛ばしたいんだけど…

という方はフロートなどを付けると良いです。参考までに。

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥1,067 (2024/06/22 23:45:41時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

『フック強度』について

25㎝以下なら問題ない

レベルです。

 

ライトゲーム用のジグヘッドとはいえ、尺メバルとかでもなければファイトは勿論、抜き上げもまぁ可能でしょう。筆者の経験上、26㎝までなら問題なく、何匹も抜き上げられました。ただし、29㎝を頑張って抜き上げた際、若干の曲がりが確認できました。

 

あくまで足場の高さが4m以上ある筆者のホーム堤防の場合ですが、とくに大型のメバルの場合はタモで掬った方が無難です。まぁライトゲームを楽しむ方は使用するラインも細いので抜き上げようなんて思わないかもですが…。

 

 

『フックの貫通力』について

フック貫通力の高さ

は流石でした。

 

圧倒的な貫通力を誇るサクサスフック搭載となっており、そんじょそこらの安ジグヘッドとはくらべものにならないくらい鋭利。究極の触れ掛かりを実現しただけでなく、滑りが良いので新素材ワームへのセッティングも非常に楽になっているとのことでした。

 

 

『ワームのズレ感』について

ワームキーパーはないのですが、まぁワームのズレは少なかったです。

本当か?
メーカーに忖度してないか…?

してないしてない。

というか10gを超えるようなジグ単に比べて、1g程度のジグ単は軽い分 着水の衝撃などが全然ないので、そこまで気にしなくて良いと思います。あとは使用するワームの材質にもよりますが、とりあえず月下美人SWライトジグヘッドSSでは全く気になりませんでした。

 

 

『夜光』について

ジグヘッド自体が発光する

ので、夜釣りでの視認性が素晴らしく良かったです。

 

 

常夜灯下や、月明かりの強い日に使えば、光に紛れて、シルエットはぼやける。そんな状況下で、なるべく魚へアピールしたくない場合に有効とのこと。

 

 

『アイ』について

フックアイが大きい

のもおすすめポイント。

 

小型・小粒ジグヘッドを購入すると、

スナップがアイを通らねぇ…?!

ということが度々起こりますが、月下美人 SWライトジグヘッドSSでは無問題。

 

小粒ジグヘッドにしては(スナップやラインを結ぶ)アイがしっかり大きいので付替えも楽ちん。搭載で暗い場所での糸通しも一発OKということから年配の方からも選ばれているようです。

 

 

 

月下美人 SWライトジグヘッドSS
おすすめモデル3選

選べる自重も豊富な月下美人 SWライトジグヘッドSS。

どれを選べばいいんだ…?

という方に向けて、簡単におすすめモデルを紹介しておきます。

 

月下美人 SWライトジグヘッドSS  1.5g

ライトタックルで非常に使い勝手の良いサイズが1.5gだと思います。投げた感触、巻いている感触どちらとも感じやすいので水中を想像しやすく釣りがしやすいです。アジやメバルをフォールで喰わせるには1.5g程度が筆者の経験上 ベストでした。

 

月下美人 SWライトジグヘッドSS  0.5g

活性が悪い時、ゆ~~っくりと魚に見せたい時に使いたいサイズです。1.5gで釣れないときでも、0.5gに替えたら釣れたということも多々あります。渋いときに持っておきたいサイズでしょう。

流石に小さすぎるし、使いにくくない…?

個人的にはめっちゃ使いにくいです、1gを切るジグヘッド。強風の時とかマジで使えません。知人はメバルフロートなどと併用して、飛距離を稼ぎつつ、超ゆっくり落ちて魚にアピールするようにして使っていました。初心者は1g、もしくは1.5gを基本として、中級者以上のラインの扱いにも含蓄がある方にオススメな0.5gです。

 

 

月下美人 SWライトジグヘッドSS  2.5g

風が強い状況でも使えるのが2g以上のジグヘッドです。強風のときや、飛距離が求められる状況では2.5gや3gモデルを検討してみてくださいませ~。

 

 

 

月下美人 SWライトジグヘッドSS
インプレ評価:総括

流石はダイワブランド!

といったところの月下美人 SWライトジグヘッドSSでした。

 

魚の顔のようなデザインがキュートで良いですが、それ以上に、

  • 視認性が良い『夜光』
  • サクサスフックの貫通力

が素晴らしく、耐久力も割と良いので安心して使えると思います。新素材を用いたダイワのメバリングワームとの相性も抜群に良いので、是非 合わせて使ってみてくださいませ。

 

 

 

以上、月下美人 SWライトジグヘッドSSの評価についてでした。

 

 

 

月下美人 SWライトジグヘッドSSSSと相性の良いワーム

 

 

 

釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょう。しかし、検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

おすすめの記事