【2024年】小型電動リールの選び方&おすすめ14選【コスパ重視ランキング!】

手持ちスタイルの釣り

に最適なのが軽量かつコンパクトな小型の電動リールです。

 

しかし、

小型って、具体的にどのくらいの番手のことを言ってんの…?

どんな魚種に使えるの…?

などなど、色々と疑問に思う方いるかもしれません。

 

そこで今回は

  • 小型電動リールって?
  • 小型電動リールの選び方
  • おすすめ電動リールランキング

の順番に紹介させていただきます。

 

 

 

小型電動リールを使うメリット

船釣りでは度々、

手巻きでも出来るっしょ!

いや、絶対に電動リールの方が良い!

という議論になりますが、

  • 狙う水深
  • 予算(超重要)

を意識して選ぶと失敗が少ないでしょう。結論から言うと、特に水深の深いポイントでの船釣りを楽しむのであれば電動リールはオススメといったところ。手巻きでも可能ですが、以下のようなメリットがあります。

 

 

メリット①:疲労軽減!

糸巻を自動でしてくれるのが電動リール!

です。なんといっても楽なのがメリットであり、おすすめポイントです。もちろん手動で巻くのも釣りの楽しさなのですが、手巻きリールのみだと、

ゆ、指がつった!!

となります。水深が70m以上にもなるポイントで何度も仕掛けを落としたり、餌をついばまれたような感触があっても

巻き上げるの面倒だなぁ…
多分、気のせいでしょ…

と躊躇してしまっては時間を無駄にしてしまいかねません。電動リールならボタン一つで簡単に回収してこれるので快適に釣りに集中できるというメリットがあります。

 

 

メリット②:巻き上げが速い

巻き上げ力が強く、早い

のも電動リールの特徴です。仕掛けを投入して、アタリが無ければ別ポイントに向かうのも釣果を伸ばす鍵です。各電動リールによって巻き上げ速度は異なりますが、まず間違いなく手巻きリールよりも格段に速く仕掛けを回収することが出来ますよ。

 

 

メリット③:手持ちスタイルで楽しめる

タイラバやイカメタル、タチウオテンヤなど、ライトタックルで行う釣りで大活躍するのが小型電動リールです。大型青物や水深が200mを超えるようなポイントでは少し不安な部分がありますが、そんな中深海でもなければ使い勝手抜群。

 

近海でのライトタックルゲームにおいて、手持ちで快適にできるというのも小型電動リールを選ぶ大きなメリットになるでしょう。

 

 

 

電動リールの選び方

それでは小型電動リールの選び方として、全く分からない方に向けて簡単なチェックポイント・よくある疑問点をまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

 

小型電動リールの
『番手』について

シマノなら800番以下

ダイワなら300番以下

のモデルが小型電動リールに分類されます。軽量かつコンパクトなボディ設計となっているのが特徴で、ライトアジやヒラメ、イカメタルやタチウオテンヤ、タイラバなど2号以下のPEラインで楽しめる釣りでは特に人気の番手になっています。

小型だからパワーは弱いの…?

やはり中型以上の電動リールと比べると最大ドラグ力からして分かる通り、パワーは弱めです。しかし、勘違いしてほしくないのですが、中型以上の青物でもなければ普通に使えるパワーはあります。後述します「フォースマスター」の最小番手200番であっても大鯛相手に十分すぎる巻き上げ力となっていますよ。

 

 

小型電動リールの
『ライン巻取量』について

PE(号-m) 1-300

上のように、各電動リールによって『糸巻量』というのが決まっています。どのくらいの太さ(強度)が何m巻ける、という指標です。各モデルごとに推奨されている号数・巻取量が違うため、よく確認しましょう。

 

どのくらい巻ければ良いの?

基本的には2号前後のPEラインが300m巻ければ小型電動リールが活きるライトゲームでは十分でしょう。150mしか巻いていないと、万が一の高切れ・ラインブレイクで続行不可能になってしまうので、使用したい号数のPEラインが200~300m程度巻けることを必須条件として考えておいてください。

 

 

小型電動リールの
『自重』について

ライトタックルで楽しむ対象魚の場合、手持ちが苦にならない、軽量なモデルが好ましいです。

でも軽い電動リールって高いじゃん…?

その通りです。イグザクトリー。自重については軽い方が良いのですが、予算に応じて選ぶのが良いでしょう。頻繁にキャストするような釣りモノでもなければ、数十gの違いはさほど気になりませんよ。

 

 

小型電動リールの
『おすすめブランド』について

釣り初心者の方は、

  • シマノ(SHIMANO)
  • ダイワ(DAIWA)

のブランドが出している電動リールを選ぶと良いでしょう。手巻きリールに比べて信頼度が重要視されるのが電動リールです。実際の釣具店を見渡しても、上記のブランドの電動リールを紹介されることが圧倒的に多いです。

 

他にも安くて良いブランドはあるでしょ?
あくまで釣具店には上の2つが卸されているだけで…

たしかにプロックス(PROX)やテイルウォークなどは信頼できるメーカーなのですが、ことネットショッピングでは上記以外の信頼できないメーカーが多すぎるのです。そんなワケなので、今回の記事でも上記の2ブランドを基本として、コスパの高い電動リールを紹介させていただいています。

 

 

小型電動リールの
『価格』について

高い方が良い、というワケではない!

ので注意しましょう。対象魚に合った糸巻量、トルク力やドラグ力などが備わっている一番安いモデルでも十分です。シマノでいえば、フォースマスターよりビーストマスターの方がトルク力やら搭載性能は優れているのは間違いないです。しかし、それが釣果に左右するか?と考えると、そんなに影響しないと思います。

 

同じくらいの値段であれば、最新の機能を持っているモデルがオススメですが、型落ちモデルでも問題ないです(少し前まではそれが快適とされてたくらいですし…)。大幅に値段が違うのであれば、あえて型落ちモデルを選ぶのもアリですよ。なんにせよ、予算と目的に見合った電動リールを選ぶのがベストです。

 

 

 

コスパ重視!
小型電動リール おすすめランキング

それでは、小型電動リールをいくつかランキング形式で紹介していきます。

 

電動リールは各モデルごとに搭載機能が大きく違ったりするので、どうしても本文では説明できなかった部分があります。各種、それぞれ公式アイテムページと商品リンク、使用者のインプレ(レビュー)を紹介しています。各電動リールごとに細かな設定や仕様が確認できますので是非、ご利用ください。

1位:シマノ(SHIMANO)
プレイズ 600

ブランド シマノ(SHIMANO)
モデル(品番) 600
自重 470
PE糸巻量(号-m) 2-300/3-200
ギア比 5.5
最大ドラグ力 5kg
おすすめ度
4.92
おすすめポイント
  • 価格が安い
  • 楽楽モード
    →リールにかかる負荷に合わせて、常に一定のテンションを保ちながら巻上げ
  • 速度一定モード
    →リールにかかる負荷の大小にかかわらず、一定の速度を維持しての巻上げ

シマノのエントリーモデルでありハイコスパ電動リールです。PE2号300m、PE3号200mのラインキャパシティを有し、タイラバ、マルイカ、コマセマダイ、テンビンタチウオ、ヒラメ、浅場の根魚など、幅広い電動ライトゲームに対応しているベーシックモデルとなっています。

めっちゃ安いけど、他モデルに比べてやりにくいとかないの?

ないです。搭載機能としても楽速モードがあるので一定の速度でスローに巻いてくるようにも設定可能。価格も比較的安く、電動リール初心者から人気の機種になっています。

 

使用者のレビューを見る

 

 

2位:シマノ(SHIMANO)
フォースマスター 200

ブランド シマノ(SHIMANO)
モデル(品番) 200/201
自重 395
PE糸巻量(号-m) 0.8-270/1-220/1.5-150
ギア比 8.2
最大ドラグ力 5kg
おすすめ度
4.90
おすすめポイント
  • 自重がとても軽い
  • 素早い巻きアワセやリズミカルな誘いが可能
  • MUTEKI MOTOR+による高速な仕掛け回収スピード

とってもコンパクトで軽量な電動リールのフォースマスター200番台です。ギア比もとても高く、仕掛けの回収スピードも目を見張るものがあります。執筆時現在のところ、400gを切る電動リールは超貴重です。仕掛けの投入からタナ取り、そして巻き上げ。船釣りの一連の操作をロッドを握る手の親指だけでコントロール可能なタッチドライブとスピードクラッチを搭載しているので、頻繁に底取り&巻き上げをする釣りに最適です。タッチドライブは中間速設定機能を備え、好みのスピードで瞬時に巻き上げることができるのもおすすめポイント。

 

3位:シマノ(SHIMANO)
フォースマスター 600

フォースマスター
フォースマスター-1
フォースマスター-2
フォースマスター-3
previous arrow
next arrow
ブランド シマノ(SHIMANO)
モデル(品番) 600/600DH
自重 495
PE糸巻量(号-m) 2-300/3-200
ギア比 5.1
最大ドラグ力 8kg
おすすめ度
4.90
おすすめポイント
  • アングラーの意志に感応するタッチドライブ
  • 船縁で魚探を見ることができる探見丸システムに対応
  • 楽楽モード
    →リールにかかる負荷に合わせて、常に一定のテンションを保ちながら巻上げ
  • 速度一定モード
    →リールにかかる負荷の大小にかかわらず、一定の速度を維持しての巻上げ

わずかな力で自在に巻上速度をコントロールすることがタッチドライブが搭載されたフォースマスター。釣り初心者がありがちな、いざ魚がかかったときの力が入りすぎてしまう場面でも設定速度以上にならない中間速設定機能なども搭載されており、画期的なシステムが多く搭載されています。そこまで深くない水深で、手持ちスタイルで楽しみたい方におすすめの600番です。

 

 

4位:ダイワ(DAIWA)
レオブリッツ 200J

レオブリッツ
レオブリッツ-1
レオブリッツ-2
レオブリッツ-3
レオブリッツ-4
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) 200J
自重 480
PE糸巻量(号-m) 3-400/4-300
ギア比 5.1
最大ドラグ力 8.5g
おすすめ度
4.89
おすすめポイント
  • コスパが高い(価格が安い)
  • 電動リールとしては自重が軽い
  • クラッチ連動巻き上げ機能が新たに搭載

2023年にニューモデル化したレオブリッツ200Jです。電撃のごとく瞬時に動力を伝達してトルクフルな巻き上げを行うハイパワーモーターやクラッチ連動巻き上げ機能、MAGMIGHT構造などが搭載されており、スローに巻き上げてくるタイラバなどでも快適に操作可能。JOGパワーレバーも搭載しており、片手での操作も容易。ダイワのエントリーモデルとも言われるレオブリッツであり、小型電動をお求めの方には200Jがおすすめでしょう。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥54,200 (2024/03/03 14:05:13時点 Amazon調べ-詳細)

 

使用者のレビューを見る

 

 

5位:ダイワ(DAIWA)
レオブリッツ 300J

23レオブリッツ 300J
23レオブリッツ 300J-1
23レオブリッツ 300J-2
23レオブリッツ 300J-3
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) 300J
自重 540
PE糸巻量(号-m) 3-400/4-300
ギア比 5.1
最大ドラグ力 13g
おすすめ度
4.88
おすすめポイント
  • ジギングやライトな餌釣り、落とし込みなども可能
  • 落下スピードを瞬時に設定できるブレーキシステム搭載
  • 糸巻き状態をキープし、スムーズな仕掛け落下を実現するシンクロレベルワインド

「自重540g」軽量・ハイパワー・ハイスピードと名高い2023年発売のレオブリッツ300J。ワンハンド快適操作JOGパワーレバーと合わせ、快適な操作性を実現。もちろん、軽いだけではなく「BRITZモーター」を採用することでハイパワー・ハイスピードを実現しています。ドラグには滑らかに効き続けるATDを採用、液晶画面は視認性に優れたドット液晶カウンターを搭載。また、落下速度を瞬時に変えるフォールブレーキダイヤルは落とし込みのベイトの付き、日によって違う魚の中層反応を捉える優れもの。基本性能充実で幅広いターゲットに対応するハイパフォーマンス電動。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥54,200 (2024/03/03 14:05:13時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

6位:ダイワ(DAIWA)
シーボーグ 200J

22シーボーグ(SEABORG) 200J.
22シーボーグ(SEABORG) 200J-1
22シーボーグ(SEABORG) 200J-2
22シーボーグ(SEABORG) 200J-3
22シーボーグ(SEABORG) 200J-5
22シーボーグ(SEABORG) 200J-4
22シーボーグ(SEABORG) 200J-6
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) 200J
自重 490
PE糸巻量(号-m) 2-300/3-200
ギア比 5.1
最大ドラグ力 10kg
おすすめ度
4.84
おすすめポイント
  • 自重が軽い
  • 巻上力は1.1倍、ドラグ力は1.3倍と大幅なパワーアップ
  • スマートフォンで簡単操作「電動モバイルセッティング」対応

軽さは感度であり「SMALL MONSTER」とも言われているダイワのハイエンドモデル シーボーグの最小モデルです。2022年モデルとなり、軽量コンパクトでありながら巻上力は1.1倍、ドラグ力は1.3倍と大幅なパワーアップを実現(19シーボーグ200J比較)。2022年モデルからクラッチ連動巻き上げが搭載したので、操作性でも格段に良くなりました。予算があれば、シーボーグ200Jがおすすめです。

 

使用者のレビューを見る

 

 

7位:ダイワ(DAIWA)
シーボーグ G200J

シーボーグ G200J
シーボーグ G200J-1
シーボーグ G200J-2
シーボーグ G200J-3
シーボーグ G200J-4
シーボーグ G200J-5
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) G200J
自重 520
PE糸巻量(号-m) 2-300/3-200
ギア比 5.9
最大ドラグ力 10kg
おすすめ度
4.84
おすすめポイント
  • 自重が軽い
  • 200Jよりも高耐久

200Jよりも更に高耐久になっているG200Jです。MAGMAX-Gモーターを搭載しており、高耐久ブラシモーターもあってレスポンスの良い回転フィーリングとパワーを生み出します。タイラバやテンヤ太刀魚等は勿論、電動ジギングなどでブリクラス以上を狙ってみたい方にオススメの200J強化モデルともいえるでしょう。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥92,519 (2024/03/03 22:33:51時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

8位:ダイワ(DAIWA)
シーボーグ 300J

シーボーグ
シーボーグ-1
シーボーグ-2
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) 300J
自重 560
PE糸巻量(号-m) 3-400/4-300
ギア比 5.1
最大ドラグ力 16kg
おすすめ度
4.84
おすすめポイント
  • 軽量コンパクトな洗練されたフォルム
  • トルクと瞬発力を両立したMAGMAXモーター
  • ワンハンド快適操作アルミ製JOGパワーレバーを採用

小型電動に求められる軽量コンパクト&ハイパワーなシーボーグです。低速での巻上げがスムーズで安定感があり重みが加わったところで中速にスピードUPすれば力強く・速く・それでいてとても静かに巻き上げてきてくれます。活性が悪い時には微細なアタリを取れるか否かが釣果を左右することもあるので、手巻きでアタリを取れる小型電動リールのシーボーグ300Jも(予算があれば)おすすめです。

 

使用者のレビューを見る

 

 

9位:ダイワ(DAIWA)
シーボーグ G300J

シーボーグ゛ G300J
シーボーグ゛ G300J-1
シーボーグ゛ G300J-2
シーボーグ゛ G300J-3
シーボーグ゛ G300J-4
シーボーグ゛ G300J-5
シーボーグ゛ G300J-6
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) G300J
自重 575
PE糸巻量(号-m) 3-400/4-300
ギア比 6.0
最大ドラグ力 16kg
おすすめ度
4.83
おすすめポイント
  • 軽量コンパクトな洗練されたフォルム
  • MAGMAX-Gモーター&ジギングモード搭載
  • 親指1本でジグの投入からアクション、回収までが可能
  • 「ジギングモード」「シャクリモード」から選択してオートマチックジギング可能

SEABORG 300Jをベースに更なる高耐久を実現したTOUGH LIGHT MONSTERのシーボーグG300Jです。人力では実現できない速度と持久力がキーの高速リトリーブが可能であり、ハマればシーボーグ Gの独壇場になり得ます。G200Jにはない「ジギングモード」などが搭載しており、まさに電動ジギング特化モデルでしょう。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥91,252 (2024/03/04 07:36:04時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

10位:テイルウォーク
エラン SW 電動

ブランド テイルウォーク
モデル(品番) 150
自重 435
PE糸巻量(号-m) 2-200
ギア比 -
最大ドラグ力 6kg
おすすめ度
4.82
おすすめポイント
  • コンパクト&軽量
  • アタリを音で知らせるドラグクリックサウンド仕様
  • 軽快なロッドさばきをサポートするコンパクトボディ
  • 巻き上げスピードは30段階と細かく、様々な巻きスピードに対応
  • 指を離した瞬間にサムバークラッチが戻るフリッピングMODEに切り替え可能

ワンタッチでスプール交換ができるなど、シニアアングラーにやさしい電動リールのエラン 電動SWです。“デッドスローからハイスピード”までの巻き上げスピード幅に設定されており、シマノかダイワの2大ブランドにこだわらなければコスパ最強格の電動リールです。不意なビッグワンや細ラインでファイトすることを想定し、下限の幅をより持たせ、更に調整幅が広いステーショナリードラグも搭載。青物には不安ですが、真鯛やヒラメなどでは問題なく使えますよ。

 

created by Rinker
ノーブランド品
¥80,384 (2024/03/03 15:32:54時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

11位:ダイワ(DAIWA)
レオブリッツ S400

レオブリッツ S400
レオブリッツ S400-1
レオブリッツ S400-2
レオブリッツ S400-3
レオブリッツ S400-4
レオブリッツ S400-5
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) S400
自重 550
PE糸巻量(号-m) 4-350/5-300
ギア比 3.6
最大ドラグ力 10g
おすすめ度
4.80
おすすめポイント
  • 防水トーナメントドラグ
  • FF構造&ベルトドライブ
  • ウルトラスプールフリー&シンクロレベルワインド

あらゆるターゲットを手軽に楽しみたい船釣り師にオススメのレオブリッツS400

400番は小型じゃないのでは…?

スペックから分かる通り、自重としては十分 軽量であり、手持ちでの操作性にこだわったFFモーター構造によるコンパクトボディになっています。船釣りの人気釣種であるマダイ・イカ・タチウオ・アジ・サバ・ヒラメなどはもちろん、その他の多彩なターゲットに幅広く対応してくれます。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥39,886 (2024/03/03 23:31:30時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

12位:シマノ(SHIMANO)
プレイズ 800

ブランド シマノ(SHIMANO)
モデル(品番) 800
自重 615
PE糸巻量(号-m) 3-300/4-250
ギア比 5.1
最大ドラグ力 10kg
おすすめ度
4.50
おすすめポイント
  • お手頃な価格
  • 楽楽モード
    →リールにかかる負荷に合わせて、常に一定のテンションを保ちながら巻上げ
  • 速度一定モード
    →リールにかかる負荷の大小にかかわらず、一定の速度を維持しての巻上げ

基本的にはライトゲームを楽しむプレイズ800/1000です。ただし、やはり先述した600番に比べて片手操作は若干しにくいので、あくまで他の釣りモノと併用してライトゲームもしてみたいかも…という方は良いかもしれません。

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥41,815 (2024/03/03 22:33:52時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

13位:シマノ(SHIMANO)
フォースマスター 1000

フォースマスター1000
フォースマスター1000-1
フォースマスター1000-2
フォースマスター1000-3
フォースマスター1000-4
previous arrow
next arrow
ブランド シマノ(SHIMANO)
モデル(品番) 1000
自重 680
PE糸巻量(号-m) 2-600/3-400/4-300
ギア比 5.3
最大ドラグ力 15kg
おすすめ度
4.50
おすすめポイント
  • NEWタッチドライブ搭載
  • 初期性能を守る高耐久性
  • 大型青物も射程に収めるパワー
  • ワンハンドで操るライトゲームの軽快感
  • 強化ギアシステムとドラグ、そしてMUTEKI MOTOR+のバランス

ライトゲームの軽快感に3000クラスのパワーと高耐久性を融合させてフォースマスター1000がモデルチェンジしました(2021年)。高回転、高トルクのブラシモーターで、最大ドラグ力15kg。実用巻上持久力8.5kg、最大巻上速度210m/分となっています。プレイズ800番同様、小型電動リールとしては少し大きいので、中型青物にも対応させたいという明確な目的があれば十分 おすすめの番手になります。

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥60,115 (2024/03/03 12:37:04時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

14位:ダイワ(DAIWA)
シーボーグ 300MJ

シーボーグ300MJ
シーボーグ300MJ-1
シーボーグ300MJ-2
シーボーグ300MJ-3
シーボーグ300MJ-4
シーボーグ300MJ-5
シーボーグ300MJ-6
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) 300MJ
自重 670
PE糸巻量(号-m) 3-400/4-300
ギア比 4.4
最大ドラグ力 13kg
おすすめ度
4.71
おすすめポイント
  • ハイエンドモデル
  • 持ちやすく使いやすくするFF構造
  • ガッチリ握れる大型アルミラウンドノブを標準装備

コンパクトなサイズながらに10kgオーバーの青物も余裕でやり取りできるシーボーグ300MJです。小型電動に求められる充実の基本性能はそのままに操作性、軽量化、デザインに更なる磨きをかけたシーボーグフラッグシップモデル。Hi/Loギア切り替えが可能なMEGATWIN-PROなどスムーズなギアシフトによりイカのバラシを防いだり、不意な大物とのファイトで真価を発揮。アイアンマンのようなデザインが光るハイエンドモデルです。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥96,760 (2024/03/03 07:55:18時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

 

 

総括:コスパ重視!
小型電動リール おすすめランキング

以上、小型電動リールの選び方&おすすめランキングについてでした。

 

総括して一番のおすすめは?

と聞かれたら、『シマノ(SHIMANO) プレイズ 600』を推します。

  • お手頃な価格帯(安い!)
  • 幅広い釣りモノに対応してくれる
  • 片手での操作性も良く、手持ちスタイルで楽しめる

という点でおすすめ度が高いです。正直、片手での操作感を考えるならフォースマスター200(滅多に売ってないけど201DHのダブルハンドルモデルとか)がオススメなのですが、価格的にプレイズ600の方がコスパは良いと思うので(問題なく出来るし)、今回はプレイズ600の方をランキング1位に選出しました。

 

 

今回の記事で、皆様の目的・用途に見合った電動リールを紹介できていれば幸甚に尽きます。

 

それでは!

 

こちらも読まれてます

 

おすすめの記事