【コスパ最強・鬼便利】《シマノ ライトフィッシュグリップ CT-981R》使ってみた感想

必須じゃないけど超便利なフィッシュグリップ。

 

クロダイのように強靭な顎を持つ魚、ゴンズイのようにヒレに毒がある魚などを安全に持ち運べる利点の他、

  • 手が汚れない・魚臭くならない
  • 躍動感ある写真撮影
  • 〆る時の魚の固定
  • タモアミを使いたくない魚(ナマズとか…)のランディング

など、様々な用途で使用可能。持っておいて損はないフィッシュグリップです。

 

 

 

今回は筆者が長く愛用してる《ライトフィッシュグリップ CT-981R》について紹介してみます。

 

 

 

 

 

安定・信頼のSHIMANOブランド!
《ライトフィッシュグリップ CT-981R》

  • おすすめフィッシュグリップSHIMANO
    引用:Amazon
サイズ 210×30×30mm
自重 60g
耐荷重
材質 ガラス強化ナイロン
カラー 黒・
備考 公式アイテムページ
・売り上げランキング上位

 

魚体を挟むだけでなく口を掴むことも出来る!

 

 

《ライトフィッシュグリップ CT-981R》特徴

それではまずは特徴から見てましょう。

 

サイズ問わず使えるフィッシュグリップ!

上のように、

  • 中央:両サイドとセンターの3本刃の仕様
  • 先端:小魚の口をつかめるミニグリップ機能搭載

となっており、大小問わず全ての魚に使用ができるような理想的フィッシュグリップとなっています。

 

 

ワンタッチ開閉!

上端にはロックシステムが搭載

必要に応じて簡単に開閉ができる『イージーロック機構』になっています。しっかりとロック・アンロックできるので、不要のタイミングでロック・ロック解除される心配がありません。

 

 

《ライトフィッシュグリップ CT-981R》
購入を踏み切ったポイント

 

軽い・錆びない・SHIMANO!

なにより『軽い』という点です。

スチール・アルミ製のフィッシュグリップの平均値が190g(筆者調べ)に対し、こちらのライトフィッシュグリップ CT-981Rは60g程度。圧倒的に軽い……。ルアー釣りを好む筆者にとって『軽さ』は強みであります。大小兼ねたフィッシュグリップで60gという軽さは魅力的でした。

 

そして、その材質『ガラス強化ナイロン』も良い。

性質的にどうなのか全く知りませんが、『錆びない』という点は確実。釣行後に寝てしまいメンテナンスを怠ってしまうことの少なくない筆者としては安心なんです。グッド。錆びない=ベリーグッド。

 

 

極めつけはブランド『SHIMANO』

よく分からんチャイナブランドが同価格帯でで同デザイン・機能のフィッシュグリップを出していても『ぜってー粗悪品だろコレ…』となるところですが、SHIMANOなら『シマノなら大丈夫でしょ』という具合。信頼感がスゴイ。

 

 

他の人のインプレ(使った感想:レビュー)が軒並み高かった

使いやすくて、おすすめです。

トング型には珍しく、先端で魚のあごをつかめるので、大きめの魚でもこれで事足ります。
手のひらサイズから40~50cm程度の魚であれば、これで十分に対応可能。
アジングしていて想定外のシーバスが掛かっても、画像のように問題なく保持出来ました。
Dai一精工さんのGa-グリップの出番がなくなり、今はこればかり使っています。

ハサミ型と比べ、手の小さい方にも使い易いと思います。
アジングのようなライトゲームであれば、ひとまわり小さいCT-980Rでも良さそうです。

※ダイソーさんの工具ホルダーにピッタリ収まりました。軽くてとてもいいです。

引用:Amazon

 

使いやすい!

携帯性に優れている! 閉じた時に持ち手部分の重なる所で隙間ができるので、ヒップバックのベルトに通して、フィッシュグリップをロックしておけば、落ちることもないので便利です。

引用:Naturum

 

流石シマノ。作りが良い。

ワニグリップとして使用するだけではなく、先端形状が工夫されているため、魚の口を挟むこともできる。
2WAY構造なので、単にワニグリップを購入するよりも使い勝手は非常に優れていると感じる。
また、ワンタッチロック・アンロック機構も、1段階抵抗があるような感じで、しっかりとロック・アンロックできるので、普通の使用においては不用意にアンロックされてしまう事は無いだろうという安心感がある。
商品全体の作りもよく、しっかりと嵌合するので、使用するのに安心感がある。耐久性は分からないが、それなりに長く使えそうな感じがする一品。

引用:Amazon

 

 

《ライトフィッシュグリップ CT-981R》
実際に使ってみた感想

 

 

 

小魚は抜群に掴みやすい!

ご覧のように、両サイド・中央の3枚刃がガッチリと小魚のボディをキャッチ。力をグッと入れなくても魚をホールドしてくれるので楽ちん。ハゼも観念したように身を任せてました。

 

 

ハゼのようなおとなしい魚は勿論のこと、

サンバソウのように表面がぬるぬる、釣れた後に暴れまくるような元気な子魚も掴みやすいです。20㎝に満たないくらいの小魚に有効、というだけでも良かったのですが……

 

 

 

50㎝を超える魚にも使える!

小魚を狙っていて偶然 大きな魚が釣れてしまった場合でも対応可能なのが、シマノ ライトフィッシュグリップ CT-981Rの凄いところです。ご覧のように、成人男性の手のひらを優に超えるサイズの魚であっても、、、

 

 

 

フィッシュグリップ先端の『ミニグリップ』が魚の口元をガチっとホールド。小魚同様、安全に魚を取り扱うことができます。

 

 

というか極端に小さな魚じゃなきゃ大抵…?

この前 写真のようなメジナを釣ったんです。

磯際の海藻などをモグモグ食べることから口元が超ちっちゃいメジナ。フィッシュイーターとしては全くの無名なことも分かるように、小魚を捕食する魚ではないので口が超小さいんです。おちょぼ口の代表格 メジナ。

 

 

 

そんなメジナでも…

 

スポッと口に『ミニグリップ』が入り…

 

 

 

 

ヒョイっと持ち上げる事が可能でした。

 

ライトフィッシュグリップ頂上の『ロック機構』を使えば手元でホールドする必要もなく、フィッシュグリップを持ち上げるだけでOKという点も使いやすくて〇。さらには『ミニグリップ』の丁度良い大きさ、材質からか魚の口元を貫通させてしまうこともなく、極めてダメージの少ない状態でリリースできるのも◎。

 

 

アジとかは体を掴むしかないけど、それ以外なら口元を狙ってもOKなのでは…?と思うほどに先端の『ミニグリップ』が使いやすいライトフィッシュグリップでした。

 

 

 

総括:《ライトフィッシュグリップ CT-981R》

コスパ
耐久
使い勝手
おすすめ度

およそ非の打ち所がないフィッシュグリップだと思います。超おすすめ。

 

名前こそ『SHIMANO ライトフィッシュグリップ CT-981R』とか名乗ってますが、ライトフィッシュどころか普通~大サイズの魚にも併用可能。流石SHIMANO、期待を超えてくるぜ

 

 

おすすめポイントおさらい
  • 1000円前後という価格の手頃さ!!!
  • 魚のサイズを問わず使えるフィッシュグリップ
  • 材質的に錆びない
  • ロックシステム搭載
  • 安定のSHIMANO!

といった具合です。

 

う~ん、悩むなぁ…

 

という方は是非。

フィッシュグリップをまだ一つも持っていない方には超絶おすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おすすめの記事