失速したか?『翼くんはあかぬけたいのに』は面白いんだけどさ…

猫の目のように目まぐるしく新連載⇒打ち切りをするマンガワンにおいて、2015年から現在まで連載を続けている古参『翼くんはあかぬけたいのに』というマンガがある。

 

男女ウケする高度なギャグセンス、本編にも負けず劣らずなおまけマンガの豊富さで僕含め 多くの読者を魅了してきた。

 

 

引用:マンガワン

 

 

5巻続けばスゴイとされるマンガワンにおいて今月の12日、記念すべき7巻が発売された。

今回はそんな『翼くんはあかぬけたいのに』について。

 

 

 

 

スポンサーリンク

翼くんはあかぬけたいのに

栄えある第1回ヒバナ新人賞大賞受賞作家である小花オト氏の
初連載作品、待望のコミックス第1巻刊行です!
冴え渡るギャグセンス、個性的すぎるキャラクター達、
ほんのり香る胸キュン要素、でも全体的にはおバカ…?
コミックスをお待たせしすぎてマンガワンのコメント欄が
「一刻も早く単行本に!」との声で溢れかえるほどでしたが、
その高まり切った期待を決して裏切らない、最高の一作です!

引用:小学館

 

初期の頃は僕も『翼くんはあかぬけたいのに』を読みながらキラキラしたシェアハウス生活、サラサラ爽やかな都会の学生生活、しよちゃんの顔芸などでケラケラと笑ってた。読了感が素晴らしく良かったのを覚えてる。『翼くん』と聞いてサッカーではなく『あぁクソださTシャツの…』て思い浮かべるくらいには面白かった。

 

が、そんな僕でも4巻以降はコミックスの購入を諦念し、それどころか徐々に作品から離れてしまった。

 

理由は何か。今回はそれをまとめてみようと思う。ファンの方はここで立ち去れ。お互い不毛な争いは控えよう。

 

 

過イケメン・美女状態

引用:翼くんはあかぬけたいのに 65話

 

「マンガくらい夢を見ろ」

みたいなことを以前 どこかの記事で言った。

 

そりゃそうは言ったけどもイケメン・美女がそこらじゅうに跋扈している世界線は僕にとっては理想じゃなかったそうで、徐々に『翼くんはあかぬけたいのに』から離れていった理由の1つに『過イケメン・美女状態』があると思う。

 

 

主人公の翼君が私服のセンスが壊滅的なだけで素は良いのは置いとこう。そしてシェアハウスの同居人が揃いも揃ってイケメン・美人なのも一旦 置いとこう。僕が過去に訪れた男女兼用のシェアハウスが結構 殺伐・混沌としていたこともあって言いたいことは多々あったが、そこはどうでも良い。現実と漫画は違うもんな。

 

 

 

ただ、新キャラが軒並みイケメン・美女揃いなのがね、おじさん胃もたれしちゃってさ…

 

 

なにも不細工を出せっていうワケじゃないんだけど、ただ単純にイケメン・美女の新キャラの連続は堪える。それまではしよちゃんの顔芸で釣り合いをとっていたモンが崩れた。作者の小花オトも別に『ビジュアルの良い新キャラを出そう!』って思ってたわけじゃないにしろ、ただでさえキラキラ輝くような絵柄の『翼くんはあかぬけたいのに』だ。そこにさらにイケメン・美女をぼんぼん投下していくのは僕的に少々キツかった。味のあるオッサンとか出してくれる嬉しいんだけど…

 

 

初期メンバーでドタバタやってた頃が一番面白かった気がする。ファッション税関とか言ってたくらいの絵柄が安心できた。徐々に絵が上手くなっていったけど、個人的には初期の絵柄の方がキラキラと眩しすぎず、どことなくハートフルで良かった。

 

そりゃ初期メンバーだけでは徐々にネタが枯渇してしまうのだろうけど、それでも3巻くらいまでの『翼くんはあかぬけたいのに』が爆発的に面白かったのは僕的にそういう要素もあると思う。シェアハウスメンバーのキャラ立ちがハンパなかった。

 

 

 

というか4巻から失速してない?

先述したように3巻までは間違いなく面白かった。

 

「裏サンデー女子部」ってあるように、『翼くんはあかぬけたいのに』は女の子向けの作品であるようだったが、そんなの気にせずに買えるような抜群のギャグセンス、台詞回しがあった。関係ないが女子向けのコミックスを買ったのは『俺物語!!』以来のコトだった。

 

しかし、4巻を購入しようか迷った挙句、『まぁ今回は良いか…』と諦念したのは、なんとなく物語が失速したような気がしたからだった。それまでは『これは文句なく面白いな、友達にも教えてやろう』と思っていたのだが4巻以降、何というか、別に手元に置いとかなくてもいいか…って思ってしまった。

 

 

いまいちピントがずれてる僕だが、こればっかりは世論と意見が合ったようで、『翼くんはあかぬけたいのに』4巻 Amazonのレビュー欄のトップには

 

4巻で突然失速した感じです。3巻は文句のつけようがないくらい面白かったのに…
月1連載だったのを、人気が出たばっかりに週間連載にした時から
「こうなったらどうしよう?」と心配してたんですが…
月1でもオマケ漫画などのサービスが充実してて読者は満足してたのに。
どうしてくれるんですか、マンガワン?ヒトクイの扱いだって酷かったし!(私怨)

更に作者さんのコメントを読むと、プライベートの方でも色々大変なことが続いておられるようで心配です。
マンガワンさん、作家さんをどうか大事にして下さい。
翼くん本編は多くの人が有料でも読むので、量産させればそりゃ儲かるでしょうけど!
この作家さん潰したら恨みますよ…久々に見つけた神漫画なので!!

ついでにヒトクイが中途半端に終わらせられちゃったのが未だに腹立たしいです。
裏サンから移籍した漫画がことごとく冷遇されてたように見えて。
一気読みのチケット制もやめてください、あんなシステムで読めるわけないでしょう。嫌がらせですか?
話逸れましたが 作者さん、どうか無理なく頑張って下さい。

引用:Amazon 翼くんはあかぬけたいのに 4巻

 

とあった。

Amazon以外のところでも『なんか面白さが落ちてきたような…』というレビューがあったので僕以外にもそう感じた人は結構いたようだ。どうでもいいけど漫画の面白さがなくなったり、売れなかったりするとマンガワンの編集が叩かれるのはなんでなんだろうな。僕も堕天作戦のときは散々 書いちゃってたけどさ。

 

 

 

 

僕的には失速の原因は『キャラの増加』だったと思う。

 

 

勿論 新キャラも各々 独特な設定を持っていたりするので読んでいて面白かったのは間違いないのだが、初期の5人くらいでわちゃわちゃやっていたときの方がギャグも勢いがあった気がする。そりゃ扱いに慣れた初期メンバーの方が色々 やりやすいだろうしね。

 

 

当然、物語が進むにつれて新キャラ同士が絡みだすようになる。

 

『おっと更新 見逃してた』と気が付いて最新話を読んでみると『んん、誰だっけか…?』となるばかりが新キャラ同士が恋愛を始めたりするのは疎外感半端なかった。モチロン展開・ギャグは相変わらず面白いんだけどな。カラッカラに干からびた大人の僕には他人の恋愛にそこまで興味を見出せないんだよ…

 

 

 

 

引用:翼くんはあかぬけたいのに 65話

 

少々ネガティブな記事になってしまったが、それでも僕は『翼くんはあかぬけたいのに』は間違いなく面白いマンガだと思う。記事を書くにあたって読んでいなかった数話に目を通したけど相変わらずギャグ・台詞回しは冴えわたっていた。

 

 

僕は少々 新キャラの登場と恋愛要素、カップリングについていけなかったけど、エネルギッシュな人であれば何の問題もないだろう。というか僕自身、久しぶりに読んだら面白かったのでSPライフをつぎ込んで最新話に追いつこうと思う所存だ。

 

女の子向けの「翼くんはあかぬけたいのに」だが、男でも十分に楽しめるマンガであるので、読んだことのない人は是非 この機会にどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事