第89話 ヘルクの選択

引用:helck 10巻 89話

 

王の内の一人『支配』がヘルク達を移送。

 

 

戦闘が目的ではない様子の人間王。

 

 

引用:helck 10巻 89話

 

自らを古代人と名乗る。

 

 

前巻で何度も登場した『新世界』が要因となってミカロス、そしてラファエドが動いていることは察知していたアンちゃんだったが、

 

 

引用:helck 10巻 89話

 

旧世界、という言葉に引っかかったようで動揺を隠せないアンちゃん。

 

 

 

引用:helck 10巻 89話

 

地下遺跡でアンちゃん達に見せた古代人たちの生活。

 

高度な文明を誇る彼等が住んでいたのが旧世界。古代人たちにすれば、アンちゃん達が生きる現世は既にアップデートがされた『新世界』。

 

 

引用:helck 10巻 89話

 

当然 今、ヘルク達と対峙している人間王の一人も肉体は淘汰された存在になっているのだが、そこは古代の凄まじいまでの科学技術。なんと何万人という人間達の自我を端末にして保存。何言ってるか分からないと思うが、僕もよく分からない。

 

 

 

情報大洪水となった第89話だったが、話の根幹は王の交渉。

 

 

引用:helck 10巻 89話

 

『世界の意思』というのが非常に厄介なようで、人間の未来を真剣に危惧する人間王『支配』。

 

 

アンちゃん達に持ち掛けた交渉内容は

 

引用:helck 10巻 89話

 

ヘルクの肉体の譲渡。

 

 

勿論 自我の共存は精神安定の弊害となるのでヘルクの意思は消去されてしまう。

 

 

 

当然

引用:helck 10巻 89話

 

ジリジリ怒り始めたアンちゃん。

 

 

 

しかし、人間王が見返りとしてヘルクに提示してきた条件は

 

 

引用:helck 10巻 89話

 

というヘルクが自分の身を投げうるに値するものだった。

 

 

 

ヘルクの選択はいかに。

 

 

 

 

Helck 10巻の考察と感想

と、10巻に収録されてる残り2話を紹介しようと思ったが、これ以上はどうしても過度なネタバレになってしまったので控えさせてくれ。

 

 

これまでのヘルクネタバレ記事に比べると画像数が少ないので魅力がイマイチ伝えきれてないと思うが、シリアスが多いのと、ネタバレしすぎると漫画が面白くなりそうなのでな。

 

 

勿論、これまで以上に続きを期待させられたヘルク10巻だったし、89話では

 

 

 

引用:helck 10巻 89話

 

 

 

 

 

引用:helck 10巻 89話

 

 

というやりとりから

 

 

引用:helck 10巻 89話

 

と珍しく憤慨するアスタだったりと、各所 見所がギッシリ。

 

 

 

冒頭(1巻)からHelckの舞台設定を諜報員として語る、ひとつの視点になっていたアスタとの合流が感慨深かった。なんというか物語が終結に向かってまとまってきた感じがある。

 

 

引用:helck おまけ『アスタの本気』

 

戦闘レベルは素手で42と、登場人物の中では結構高めのアスタ。たしかケンロスが37だったし、初期ヒュラが40代前半だったことから諜報レベルも考えると作中屈指の有能キャラである。

 

 

 

引用:helck おまけ『90話に入れたかったシーン』

 

雪にも平然と耐えるピウイだったり、先述したように見所まみれの10巻だった。

 

 

 

まだhelck(ヘルク)を読んでいないって方はネタバレサイトなんかで読んだ気にならないで、是非helckが全巻配信されてるU-NEXTでページの隅々まで見渡せる最高の状態でじっくり読んでみよう。絵の迫力と感動がネタバレサイトに落ちてる画像、表現なんかとは比べ物にならないくらい素晴らしいぞ

 

 

現在、31日間の無料体験キャンペーンもやっているようだ。是非 この機会にどうぞ。

 

実質790円で毎月2本漫画が無料で読めるぞ!
計算したら一日当たり26円はお得すぎる!
今は無料体験で即 漫画が一冊まるごと無料で読めるから、無料体験超おススメ!
helckを無料で読む!!

ボタンをクリックするとU-NEXTの公式サイトに移ります。
解約料金はかかりません。信頼できるサイトなので是非 目を通してみてください。
U-NEXTの無料体験は本当におススメです。

○○を読む!!

3分もかからずに登録できます。

 

netflixは無料体験を終了したようです。いつU-NEXTの無料キャンペーンも終了してしまうか分からないので機会を逃さないよう注意です。

 

 

 

最後に

「面白くないコンテンツには金を払う必要はありません。これがネットの自由なんです」
と高らかに言っていた違法マンガサイトがありました。
しかし漫画を楽しむ読者がお金を払わなくなってしまったら、漫画家はどうやって生活すればいいのでしょうか? 『面白いマンガ家だけが生き残ればいい』、と言う人もいますが、誰しもが一発目から面白いマンガが描けるのでしょうか。
苦しい生活の合間を縫って やっとの思いで頑張って仕上げたマンガが違法アップロードサイト、ネタバレサイトで公開されてしまって、漫画家には一銭のお金も入らない状態で作者さん達はモチベーションを保てるのでしょうか。
実は、僕がhelckのコミックスを購入したのは連載が終了してずっと経ってからです。書店で『あ、懐かしいな』と思って購入したhelckは色褪せておらず、今読み返してもしっかりと面白いファンタジー漫画の名作です。
そんなhelckですが、あのとき、僕が一冊でも購入していれば もっと長くHelckを読めてたのかも…と考えると後悔、そして作者での申し訳なさが募ります。
漫画に払うお金(それも600円とか微々たるもの)は、あなたが将来 『Helck』のような傑作を楽しむための投資のようなもの。
自由って言葉を履き違えないようにね。
読者の行動一つでマンガの未来が変わってしまうかもしれない現在です。そのことは留意しておいてください。
それでは
created by Rinker
小学館
¥46 (2024/06/23 01:58:25時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

おすすめの記事