【アスタ合流!】helck 10巻 ネタバレ・画バレ含む考察と感想

王の目前まで辿り着いたヘルクたち。
しかし術士・ミカロスや覚醒戦士(プロトタイプ)、
さらに操られた勇者クレスまでも襲いかかる!

帝国ではミカロスが準備した塔が作動し、
「新世界生物」に変えてしまう“雪”が降り始める!!
王を倒し、“雪”を止めることはできるのか…!?

引用:Amazon

 

 

 

今回はそんなhelck第10巻の簡単なあらすじ紹介について。

 

ネタバレを含む、とあるけど、そこまで詳細なネタバレをするつもりはない…でと書きたいところだけど流石に無理。結構ネタバレしちゃってるので10巻を読んでない人は今回の記事は読まないでほしい。一言一句 説明しているわけでは勿論ないけど、あくまで『おさらい』として今回の記事は読んでいただきたい。展開的にも自分で何の情報もいれずに10巻を読んだ方が400倍は面白いはずだ。

 

 

ってなわけで作品の面白さを抜くようなネタバレはしていないつもりだけど、画付きで紹介するので苦手な人、そしてHelck10巻を読んでいない人はここらでブラウザバック推奨。

 

 

 

 

helck 10巻 各話あらすじ
【ネタ・画バレ含む】

それでは10巻に収録されてる各話について、大まかなあらすじについてまとめていくよ。

 

 

何度も言うように、マンガの面白さを抜くようなネタバレはしないように細心の注意を払ってまとめているけど、ネタバレはネタバレ。魅力が伝わるからと思って絵をつけているので、『真っ白な状態で読みたい』という人はここでブラウザバック。

 

10巻を読んだことのない人は頼むからブラウザバックだ!そもそもヘルクを読んでいない人は、、、なんでこの記事辿りついてんだテメー!悪いこと言わないからブラウザを閉じてスマホでマンガワンダウンロードして1話から読んで来い!

 

 

それでは、まとめていくよ。

 

 

 

 

第84話 兄弟

引用:helck 10巻 84話

 

不意打ちを仕掛けてきたのはヘルクの弟、クレス。

 

 

 

引用:helck 10巻 84話

 

反撃を狙っていた戦闘レベル78のアンちゃんだったが、それを凌駕する戦闘レベルのクレス。34話で登場した作中屈指の実力者アウギス同様に黒い、悍ましいオーラを纏う。

 

 

 

実力差もあることだが、何よりもクレスはヘルクの実弟。

 

クレスの自我がないことから殺し合いになるのは必須なので、どうにかクレスを抑え込もうとするアンちゃんだったが、

 

 

 

引用:helck 10巻 84話

 

前に出たのはヘルク。

 

 

 

意思を持たないクレスに一方的にヘルクが話しかけて始まったのは『兄弟ケンカ』。

 

 

どちらかが命を落とすまで続く、とシメシメ顔のミカロスだったが…

 

 

 

 

第85話 炎の術師

引用:helck 10巻 85話

 

もとより『王の討伐』が目的のアンちゃん達なので、ヘルクとクレスが兄弟ケンカをしている間に王に攻撃を仕掛ける。

 

 

 

が、これは防御系に特化したラファエドがガード。

結界、のような防御術を使ってアンちゃんの炎を止めるが

 

 

引用:helck 10巻 85話

 

したり顔。

 

 

 

無勢のときほど冴えわたるアンちゃんの能力なので

 

 

 

引用:helck 10巻 85話

 

四方からくる翼の兵士の相手、されにはラファエドを含む王への攻撃も行う器用さ。そして底が見えない魔力の量。

 

 

 

 

引用:helck 10巻 85話

 

いよいよラファエドの防御に亀裂が入った頃、予想外の事態が発生。

 

 

 

 

第86話 西の巨塔と雪

引用:helck 10巻 86話

 

大規模降雪(新世界のパウダー入り)計画の要となる塔の破壊工作を仕掛けた帝国軍の兵士だったが…

 

 

 

 

引用:helck 10巻 86話

 

突如現れたのは誰も想像し得なかった巨大な塔。

 

数百メートルを超す巨塔は、人間軍の建築技術を大きく上回る代物。かつての人類が建築したという古代遺跡の代物であった。

 

 

 

王によって言術をかけられたシャルアミの能力も相まって

 

 

引用:helck 10巻 86話

 

降り始めた雪(新世界パ(略 )。

 

 

 

引用:helck 10巻 86話

 

魔界の毒同様、アンちゃんくらいの術師では耐えられるようだが、その他 一般帝国兵には影響は避けられない。

 

 

 

 

 

遥かに高い塔を前に打ちひしがれた帝国軍だったが、

 

引用:helck 10巻 86話

 

という魔王シンの考察によって、塔を機能させる『核』を思い付く。

 

 

 

モチベーションを取り戻した帝国軍、そして王討伐を急ぐアンちゃん達だったが、人間軍は更に策を用意していたようで…

 

 

引用:helck 10巻 86話

 

 

 

 

 

 

第87話 裏切り

引用:helck 10巻 87話

 

突如 ミカロスを攻撃し出した翼の兵士達。

 

 

 

引用:helck 10巻 87話

 

弓兵の持つ『勇者殺し』の効果もあって致命傷。

突然のミカロス退場劇(…実は生きてます)

 

 

 

 

引用:helck 10巻 87話

 

ピンチの中 登場したアスタの働きもあって人間軍の超重要術師シャルアミの奪還にも成功。

 

 

 

 

 

数話前にアンちゃんが何かに気付いたコマ(聴力強調シーン)があったが、あれは

 

引用:helck 10巻 87話

 

ということだった様子。

 

 

 

そしてついに

引用:helck 10巻 87話

 

 

 

 

 

 

 

 

引用:helck 10巻 87話

 

ピウイの存在を知ったアンちゃんだった。

 

ピウイの『しまった!!』って顔がツボ。

 

 

 

第88話 王の居場所

引用:helck 10巻 88話

 

そういえばたしかに

 

 

引用:helck 10巻 88話

 

とピウイの脅威の耐久力(?)が判明した。

 

アスタのような帝国民でも焦るレベルの雪を平然と浴びていたピウイだった。

 

 

 

 

と話は本題に。

ひょんなことからシャルアミがまたも王の言術をかけられてしまった。

 

 

 

 

引用:helck 10巻 88話

 

シャルアミがヘルク達を案内したのが王の居場所。

 

 

長い通路を終えて待ち構えていたのは

 

 

 

 

引用:helck 10巻 88話

 

 

4体の棺が並ぶ場所。

 

 

引用:helck 10巻 88話

 

異なる時代、異なる能力を持って国を治めたとされる4人の人間王の墓所だった。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事