25話 ゴール

引用:helck 3巻 25話

 

色々あって大陸にたどり着いたアンちゃん一行。え、海の怪物?あぁ、いたねそんなの…

 

『大丈夫、俺にはやることがあるから…』

というヘルクだったが

 

引用:helck 3巻 25話

 

見ろ!ピウイの心配そうな顔を!

 

 

 

とまぁ、一悶着ありつつも足を勧める一行。

すると人の気配…

 

 

 

前回(2巻 16話)のようなドッキリかと思いきや

 

引用:helck 3巻 25話

 

弓を放ってきた。

敵なのか…久しぶりのシリアスなのか…

 

 

 

 

 

26話 蛮族トースマン

引用:helck 3巻 26話

 

そんなこんなで敵と遭遇。

 

 

緊張が高まる!と思いきや

 

引用:helck 3巻 26話

 

おとなしく連行されるアンちゃん一行。

 

 

村に訪れると、そこは…

引用:helck 3巻 26話

 

家も人もボロボロ、みんな目が死んでいる有様だった。

 

どうやら蛮族トースマンという集団が戦争を仕掛けてきて、アンちゃんたちを捉えた兵士たちエリーユ国は支配されてしまったようだ。

 

そんなトースマン、それまでは数も少なく統率力もなかったので相手ではなかった蛮族だったのだが、

 

引用:helck 3巻 26話

 

異常なまでに急激に力を付けたようだ。

 

そうこう話していると、、、

 

引用:helck 3巻 26話

 

 

 

 

 

27話 トースマン王の力

引用:helck 3巻 26話

 

戦闘開始。やめないか!と平手打ちでペチっ、チュドーン。これが勇者の力である。

 

 

 

引用:helck 3巻 27話

 

襲い掛かる敵をことごとくペチペチペチ平手打ちで懲らしめる。

 

 

引用:helck 3巻 27話

 

 

ちょっと良いところを見せたトースマン王だったが…

 

 

 

 

引用:helck 3巻 27話

 

勝利…

 

 

 

 

 

 

28話 予兆 

引用:helck 3巻 28話

 

と思われたが、姿形が変わっていくトースマン王。

明らかに異常事態。

 

 

引用:helck 3巻 28話

 

それまでと比べ物にならない攻撃力、再生能力まで身につけたようだった。

戦闘レベルも異常なスピードで上昇。

 

 

そんなトースマン王の攻撃を受けたヘルク。

 

 

引用:helck 3巻 28話

 

怒り、なんていう感情ではない、何か別の 味方のアンですらゾッとするような雰囲気を纏い始める。

 

 

 

新世界生物のような、魔物を多く見てきたアンちゃんですら嫌な予兆を感じるようなトースマン王の変貌。

 

 

胸騒ぎを感じる、そんな28話だった。

 

 

 

29話 地図を求めて

引用:helck 3巻 29話

 

どうにか帝国までの地図が欲しいアンちゃん。

行商たちでにぎわう町に立ち寄る。

 

 

引用:helck 3巻 29話

 

2国が同時に滅びてしまう戦いがあったようで、その鎮魂歌を歌う者も。

 

 

で、肝心の地図。

どうにか売ってる行商を見つけるも、大金をふっかけられてしまう。

 

引用:helck 3巻 29話

 

 

 

値切ることもせず、何か大金を稼げることはないか…と考えていると、

 

引用:helck 3巻 29話

 

当然 飛び入り参加する。

 

 

引用:helck 3巻 29話

 

さぁ、優勝なるか?

地図はゲットできるのか?!

 

そんな29話だった。ギャグ回。回を増すごとにギャグのキレが良くなってる気がするのは単に僕がhelckにドハマりしてるからなのだろうか。客観的意見を求む。。

 

 

 

30話 闇の戦士

引用:helck 3巻 30話

 

とまぁ、無事に地図代を稼いだ2人。

地図には端っこではあるが、帝国も描かれていたので向かうべき方角が分かった。

 

最短距離を進もうとすると、

引用:helck 3巻 30話

 

どうやら非常に危険らしい。

 

 

引用:helck 3巻 30話

 

……

 

しかし遠回りとなると、またさらに時間がかかってしまう。

時間は刻一刻を争う。

 

 

引用:helck 3巻 30話

 

そんなわけで、避けるべきと忠告をもらった北西ルートを辿ることにした。

 

 

ある場所に足を踏み入れた瞬間…

引用:helck 3巻 30話

 

 

 

少し離れた先には…

引用:helck 3巻 30話

 

 

 

 

という30話だった。

これまで敵、それも1体に対して取り乱したことのなかったアンちゃんですら声を荒げる闇の戦士とは…

 

 

 

 

Helck 3巻の考察と感想

というわけで、helck3巻についてだった。

各地を旅しながら色々なイベントをこなしていく、古くとも名作と呼ばれるRPGゲームのような気がする3巻だった。

 

シリアスもあり、ギャグも面白いというのがヘルクだ。どちらか一辺倒にならないので非常に読みやすい。本当に読んでほしい。や、既に終わってしまって話題性に乏しいのはある。が、helckに限っては面白さがイマイチ伝わらずに終わってしまっただけだと思うんだよ。

 

 

どうにかヘルクの面白さが伝わりますように。。

 

 

まだhelck(ヘルク)を読んでいないって方はネタバレサイトなんかで読んだ気にならないで、是非 helckが全巻配信されてるU-NEXTでページの隅々まで見渡せる最高の状態でじっくり読んでみよう。絵の迫力と感動がネタバレサイトに落ちてる画像なんかとは比べ物にならないくらい素晴らしいぞ。ギャグなんて、拾いきれないから書いてないだけで、本編は何十倍も面白いからな。

 

現在、31日間の無料体験キャンペーンもやっているようだ。是非 この機会にどうぞ。

 

1990円の月会費なのに毎月1200円分のポイントが貰えるし、
計算したら一日当たり26円はお得すぎる。
4人でシェアもできるしな!
そもそも今は無料体験期間で雑誌は読み放題などの特典もある。
無料体験をしない理由がないぜ!
helckを無料で読む!!

ボタンをクリックするとU-NEXTの公式サイトに移ります。
解約料金はかかりません。信頼できるサイトなので是非 目を通してみてください。
U-NEXTの無料体験は本当におススメです。

○○を読む!!

3分もかからずに登録できます。

netflixは無料体験を終了したようです。いつU-NEXTの無料キャンペーンも終了してしまうか分からないので機会を逃さないよう注意です。

 

 

最後に

「面白くないコンテンツには金を払う必要はありません。これがネットの自由なんです」
と高らかに言っていた違法マンガサイトがありました。
しかし漫画を楽しむ読者がお金を払わなくなってしまったら、漫画家はどうやって生活すればいいのでしょうか? 『面白いマンガ家だけが生き残ればいい』、と言う人もいますが、誰しもが一発目から面白いマンガが描けるのでしょうか。
苦しい生活の合間を縫って やっとの思いで頑張って仕上げたマンガが違法アップロードサイト、ネタバレサイトで公開されてしまって、漫画家には一銭のお金も入らない状態で作者さん達はモチベーションを保てるのでしょうか?
実は、僕がhelckのコミックスを購入したのは連載が終了してずっと経ってからです。書店で『あ、懐かしいな』と思って購入したhelckは色褪せておらず、今読み返してもしっかりと面白いファンタジー漫画の名作です。
そんなhelckですが、あのとき、僕が一冊でも購入していれば もっと長くHelckを読めてたのかも…と考えると後悔、そして作者での申し訳なさが募ります。
漫画に払うお金(それも600円とか微々たるもの)は、あなたが将来 『Helck』のような傑作を楽しむための投資のようなもの。
自由って言葉を履き違えないようにね。
読者の行動一つでマンガの未来が変わってしまうかもしれない現在です。そのことは留意しておいてください。
最後まで読んでくれてありがとう。
それでは
created by Rinker
¥607 (2022/01/26 13:41:36時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

おすすめの記事