【息子の射精について言及する母親】血の轍 6巻 ネタバレ・画バレ含む感想と考察

衝撃的、という一言では表せないが、なんにせよ大部分のマンガとは一線を画す異質さを存分に醸し出した血の轍。これまで色々と読んできたけど、これほど先行きが暗そうで、なおかつ続きが気になる漫画も珍しい。

 

ニッチ、というか…なんだこの漫画……?

 

と狙ってる読者層が全く、見当もつかなかったのだが2020年現在、100万部越えの超人気作になっているらしい。大丈夫か日本。大人気、にふさわしい売り上げを誇る『血の轍』だけど、ワンピースとかハガレンとか、そういった王道漫画からは大きく離れている作品なんだよ。Roneの曲でいうとApacheあたり。徐々に迫ってくる感じと不気味さがクセになる、といった感じの漫画である。

 

 

 

 

漫画なんて読んだ方が作品を堪能できることは間違いないのだが、多くの人気作品で『○○ ネタバレ』とGoogleサジェストで出るからにはネタバレサイトで読んだ気になってしまう方がいらっしゃるのだろう。愚の骨頂、というか大変 勿体ないことをしているとは思わないかね。目を覚ませ、あんなもん百害あって二利くらいしかないぞ。

 

 

というわけでネタバレを含む、とあるけど、そこまで詳細なネタバレをするつもりはない。ので注意。

 

 

 

一言一句 説明しているネタバレサイトもあるが、それは僕の基準ではネタバレというレベルではないのでな。というか下手に素人が文字に起こしても作品の面白さを損なうから注意だ。僕はあるネタバレサイトで読んだ『鬼滅の刃』で全く面白さが理解できず、むしろ『なんでこんなん流行ってんの?BL要素とかで釣ったのか?』、となってしまい流行に乗り遅れたという経験がある。あれは酷かった。読者諸君も容易に『〇〇(作品名) ネタバレ』なんかで調べちゃダメだぞ。

 

 

 

そういうわけで、漫画の魅力は本編に及ばないまでも伝えたいと思ってチラリ画像をつけて紹介するけど、くれぐれも本編を知った気にならないように注意。ネタバレ・画バレが苦手な人は本編をもう読んじゃおう。君は賢い。真っ白な状態で読んだ方が漫画は楽しいぞ。

 

 

 

 

え、御託はいいから海賊版よこせ?zipはまだかって?

 

よろしい、そんな君には良いリンクがあるから下から飛んでほしい。人気作家たちのマンガがたくさんあるから満喫してこいバカタレ。

それでは、まとめていくぞ。

血の轍 6巻
ネタバレ・画バレ含む考察と感想

静一がママとの棲み家へ、恐怖の帰宅!?

「女」として自分に迫りくる吹石さんを
すんでのところで拒否した静一。
それは脳裏に数多のママが過ぎったから…

「ママを…ママを裏切るわけにはいかない!」

しかし帰宅した静一には
ママの凄絶な告白と追及が待ち受けていた!!

引用:Amazon

 

それでは『血の轍』6巻の各話 大まかなあらすじについてまとめていくよ。

 

何度も言うように、マンガの面白さを抜くようなネタバレはしないように細心の注意を払ってまとめているけど、ネタバレはネタバレ。魅力を伝えるには絵が最良だと思って付けているので、『真っ白な状態で読みたい』という人はここでブラウザバックだ。これが最終忠告ぞ!

 

 

 

第42話 両岸

引用:血の轍 6巻 第42話

 

寸でのところで吹石さんを拒否した静一。静子に『お前なんかいらない!』と反抗してから1日、色々なことがあって混乱していたが、どうしても静子が切り捨てらなかった様子。

 

 

 

吹石さんに靴をあげたので、雨の中 靴下でフラフラと徘徊していると、、

 

 

引用:血の轍 6巻 第42話

 

 

 

 

 

引用:血の轍 6巻 第42話

 

 

 

 

自転車を投げ捨てて駆け寄ってくる人物は、

 

 

 

 

引用:血の轍 6巻 第42話

 

 

 

 

……

 

 

 

引用:血の轍 6巻 第42話

 

 

 

 

第43話 帰巣

引用:血の轍 6巻 第43話

 

帰巣、とあるように、家に帰ってきた静一。

 

 

 

 

部屋に入って目の当たりにした光景は、、、

 

 

 

引用:血の轍 6巻 第43話

 

食器や服は片付けられておらず、血を拭ったであろうティッシュがゴミ箱から溢れていたりと、静子の錯乱っぷりが想像できるような有様だった。

 

ほどなくしてお父さんが登場し、安堵の表情で言葉を交わそうとするが静子がこれを牽制。何も言い返さないお父さん。

 

 

引用:血の轍 6巻 第43話

 

汚したパンツをグシャッと丸めて洗濯機に入れて、2日ぶりの入浴。

 

 

引用:血の轍 6巻 第43話

 

 

一息ついていると…

 

 

 

 

 

引用:血の轍 6巻 第43話

 

浴室の曇りガラス越しに静子。いちいち登場の仕方が怖い。個人的な話だけど、ページを捲った瞬間に知人から電話があって心臓が飛び出そうになった。

 

 

 

引用:血の轍 6巻 第43話

 

いつもと変わらないように見えた静子だが……

 

 

 

第44話 お話をしよう

引用:血の轍 6巻 第44話

 

『静ちゃんと2人で、お話しするから…全部』

と静子。お父さんを一旦 追い払って静一と2人、しげる君を突き落とした崖での一件について話し始めるつもりのようだった。

 

 

引用:血の轍 6巻 第44話

 

ずっと聞きたくても聞けなくて、やっと聞けたと思ったら首を絞められたりした静一。ついにお母さんが決心したと思い、これまで以上に真剣な表情で静子の方も向く。

 

 

 

引用:血の轍 6巻 第44話

 

 

静子が語り始めたのは…

 

 

引用:血の轍 6巻 第44話

 

 

 

 

……

 

 

 

 

引用:血の轍 6巻 第44話

 

崖で事故が起き始めた一部始終で……

 

 

 

 

というところで第44話のネタバレ終了。これ以上は本編で読むように!

 

 

 

 

 

第45話 本当のこと

引用:血の轍 6巻 第45話

 

やっとのことで聞けた崖での一件。しかし、静子の言う『真実』は静一の目撃した事実と大きく歪曲しており、『なんで本当のことを言ってくれないんだ』と言わんばかりな表情の静一。子供の時からお利口で、言われたことを素直に聞く静一だったが、静子の言う事実には明らかな不信感と拒絶。

 

 

 

 

これに静子。

 

引用:血の轍 6巻 第45話

 

 

……

 

 

引用:血の轍 6巻 第45話

 

静一の腕をギュッと掴み、

 

 

 

 

 

 

 

引用:血の轍 6巻 第45話

 

『ママは…嘘なんてついてない…』

と大粒の涙。とても嘘をついているようには見えない。

 

 

 

 

引用:血の轍 6巻 第45話

 

そして始まった洗脳のような静子の行動。

静一の目の奥を見つめるように、顔をぐっと近づけて話し始める。

 

 

 

 

引用:血の轍 6巻 第45話

 

静一の気持ちを肯定しつつ、実際に起きたことも話したりして宥めるような口調の静子。

 

 

 

引用:血の轍 6巻 第45話

 

そんなマインドコントロールのような静子の行動が見所の第45話だった。

どんどん静一の自我、自分が見た真実を見失い始めるような描写は圧巻の一言だった。ネタバレ記事で知るには勿体なさ過ぎるので本編で読んでほしい。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事