【最高の2番手!】シマノ 23ヴァンキッシュの実釣インプレ評価【圧倒的巻き&自重の軽さ】

ステラに次ぐハイエンド(最高級)

といわれるヴァンキッシュですが、個人的には納得がいきません。ステラよりも有能なのでは…?と。ステラが豊臣秀吉ならヴァンキッシュは黒田官兵衛。あくまで軍師だけど、人によっては一番評価されるような、そんなシブい存在のヴァンキッシュ。

 

シマノでは昨今の低賃金高物価問題を配慮してか、1万円前後で恐ろしくスペックの高い汎用スピニングリールが発売されました。しかし、23ヴァンキッシュは定価は67500円(実売50000円)程度。

誰が買うんだ…?と。

僕のような釣りキチが買います。

 

21アルテグラで良いじゃん…

という意見については概ね同意です。

1万円台で、あれほどのリールは数年は出ないでしょう。

 

しかし、予算に都合がつく&長期間に渡って愛用するのであれば23ヴァンキッシュがオススメ、というのが筆者のインプレ総括です。特に

釣りの楽しさに気付いたから極めたい!

と、熱く決意している方は23ヴァンキッシュを選んでみても良いでしょう。

 

というわけで今回は、実際にシマノのハイエンド(最高クラス) 23ヴァンキッシュ(C5000XG)にて、何十回も実釣を重ねた筆者のインプレ評価をまとめていきます。特に使用感については詳しく後述していくので、悩まれている方は参考にしてみてくださいませ!

 

 

 

 

そもそもどんなリール?
ブランド 23ヴァンキッシュ

2023年発売のニューモデル23ヴァンキッシュです。

それではまずは性能&外見(デザイン)などについて紹介していきます。

スペックざっくりと
シマノ 23ヴァンキッシュ

23ヴァンキッシュ
23ヴァンキッシュ1
23ヴァンキッシュ2
23ヴァンキッシュ3
previous arrow
next arrow
公式アイテムページシマノ(SHIMANO)
モデル(品番)C5000XG
自重220
各適合ライン
糸巻量(lb・号)-(m)
ナイロン:4-190, 5-150
PE:1.5-400, 2-300
ドラグ力(kg)実用6/最大11
ギア比6.2
おすすめ度
4.84
メーカー紹介文

“軽さ”のその先へ。

MGLシリーズの頂点としての軽量化、低慣性化、感度アップの追求はもちろん、インフィニティテクノロジーにより、抜けるようなキャストフィール、耐久性、巻きごこちとパワーを手に入れた。さらにライントラブルレス性能、ドラグの耐摩耗性能も大幅に向上。
それはただ軽いのではない、強靱さの中にしなやかさを纏った真の軽さ。全方向に圧倒的なポテンシャルを纏った新生ヴァンキッシュ。限界の向こう側に挑むストイックなアングラーに未体験のレスポンスをお届けしたい、それがシマノスピニングリール最先端のレーシングスペック。

引用:シマノ「23ヴァンキッシュ」

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥49,000 (2024/04/20 22:44:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

シマノ 23ヴァンキッシュ
搭載テクノロジー

搭載テクノロジーは以下の通り。

 

 

インフィニティドライブ

つねに主導権を握れる「インフィニティドライブ」

を搭載。メインシャフトをピニオンギアではなく特殊低摩擦ブッシュで支えていて、摺動抵抗を大幅に抑えてくれます。メインシャフトには特殊表面処理を施し、回転トルクを低減してくれるので、ブリやカンパチのような大型青物がかかったときなど高負荷でも積極的に巻き上げられる強靭なリールに仕上がっています。

 

インフィニティループ

‶超″密巻を実現している要のインフィニティループ

を搭載した23ヴァンキッシュ。スプールがゆ~~っくりと上下することで、スプールにラインが1本1本密巻きされていき、結果としてラインの放出抵抗を大幅に削減することができるテクノロジーです。(中間)ギアが増設されることで、オシュレート(スプールを上下させる運動)速度を減速し、スプールへと密にラインが巻き取られます。

 

アンチツイストフィン

ライントラブルの特性構造

となるアンチツイストフィンも搭載。

なにこれ?

先述したように、密巻きにするインフィニティループが採用されているので、どうしてもスプール内で上下の糸との逆転現象が起こりやすくなります。それがライントラブルにも繋がりかねません。そこで強制的に巻かれる位置を固定することでズレの発生を抑制してくれるのがアンチツイストフィンです。

 

マグナムライトローター

左右非対称のローター構造を採用

しており、異次元の回転軽さを実現。23ヴァンキッシュでは十分な剛性を保ちながら肉厚をそぎ落とすことに成功。軽量化により回転慣性が生む回転ブレ、ムラが減少されました。わずかな力でも起動する素早い立ち上がりを実現。

 

サイレントドライブ

部品間で起こるノイズを排除してくれる機能です。

23ヴァンキッシュではボディ全体の基本設計、駆動関連部品をひとつひとつ見直し、部品間の微細なガタ、隙間、揺れを細部に至るまで徹底的に排除。

ドライブギア、ウォームシャフト、ウォームシャフトピン、ウォームシャフトギア 、摺動子ギアなど様々な箇所を改善しており、新たな次元での滑らかな回転性能、静粛性を伴った巻き心地の良さが実現されています。

 

Xプロテクト

シマノが誇る鉄壁の防水構造です。

23ヴァンキッシュでは接触式の防水構造を採用しており、低摺動タイプのシール部材で海水の進入経路を物理的に断つことで回転抵抗を押さえつつ高い防水性能を実現されました。ストッパーベアリング部、ラインローラー部に採用され、特にストッパーベアリング部は防水規格IPX8に相当しているとか。

 

G-フリーボディ

ロッドとの一体感を向上させる重心配置です。

スプールを前後運動させるためのウォームシャフトの位置をロッド側に配置することでリールの重心を手元に近づけられています。Gフリーボディによって、実際の自重よりも軽量に感じることができ、キャストによる疲労軽減やロッドの操作性の向上に繋がるというワケです。

 

その他いろいろ!

その他にも『A-RCスプール

塩ガミを大幅に減少させる『S A-RB

鳴りの低減、滑らかなギアフィーリングの向上させる『マイクロモジュールギアⅡ』等、ちょっと多すぎてアレです。

 

まじで多いです。

実釣インプレに移行したいと思います。

 

 

 

高い操作性と飛距離!
23ヴァンキッシュ 実釣インプレ

『インフィニティループ』やら『インフィニティドライブ』だとか色々説明しました。が、ぶっちゃけそんなこと説明されても余程の釣りキチ以外は

はぁ??

でしょう。どう『釣り』に関係するか分からなすぎる。

 

もっとこう、筆者の直感的に23ヴァンキッシュを説明していいのなら、衝撃的な軽さへの衝撃度がTOMOO『Super Ball』。流石、5万円近く払っただけあって、隅々まで満足。カッコイイ。新時代を感じる具合だ。

 

もっと具体的に説明してくれや

それでは実際に23ヴァンキッシュを実釣で使ってみてのインプレ評価をまとめていきます。参考までにどうぞ。

 

 

なんといっても軽い!

衝撃的なまでに自重が軽い!

というのも筆者が23ヴァンキッシュを推すポイントです。

 

 

筆者の購入した大型番手「C5000XG」では、

23ヴァンキッシュ23セドナ
自重220g310g

といった具合。

もちろん23ヴァンキッシュひとつでセドナを8つくらい買えるので当たり前っちゃ当たりまえですが、それにしたって圧倒的な軽さです。さすが「軽さのその先へ。」みたいな良く分かんないコト言ってるだけあるわ。

 

軽いって、そんなにメリット…?

堤防ルアーキャスティングは、とにかく何度もキャストを繰り返します。その際、数gであっても軽い方が良い!というのがスピニングリールであり、事実 軽いリールの方が手首に負担が少ないです。腕力に自信のない方にも23ヴァンキッシュを一考していただきたいです。

 

 

素晴らしい『耐久力』&『ドラグ機能』!

流石はヴァンキッシュ!

といった耐久力の23ヴァンキッシュでした。購入直後から現在まで、ヒラメから青物、堤防からオフショアまで、とにかく酷使してきましたが、巻き心地が悪くなるでもなく、購入直後のように快適に使えています。3㎏程度のカンパチ相手にフルドラグでファイトしても問題なし。

 

ドラグ機能も素晴らしく良く、魚な追従して滑らかに出てくれました。急に魚に走ったりしたときにもドラグが間髪入れずに機能するのでラインブレイクを防止してくれます。

 

先述したように、ショアジギングに最適なモデルですが、サーフでヒラメを狙う方にもおすすめでしょう。XGならではの回収の速さも相まって、時合を無駄にしません。その他、大型のサイズを何度かけてもボディの歪みなどもなく、現在に至るまで快適に使えています。

 

 

巻きの「軽さ」がヤバい!

XGなのに巻き出しが鬼軽い!

というのも23ヴァンキッシュを使ってみて、素晴らしく高評価だった点です。一般的には(特に巻き始め)が重いとされるXG(エクストラハイギア)モデルであってもノーマルギアのように巻き出しが軽いです(ヴァンキッシュのノーマルギアとかスゴイんだろうなぁ…)。

 

マイクロモジュールギアⅡ(滑らかな巻き心地になる)、さらにはサイレントドライブ(静粛性とガタ揺れなどを徹底的に排除)という上等なシマノテクノロジーをふんだんに搭載している23ヴァンキッシュです。

 

巻き心地としては、スルスルッ!という感じ。

こればっかりは実際に使ってみないと分からないかもですが、プラグをゆっくり巻くのも、ジグ単をリフト&フォール主体で素早く巻くのも、メタルジグやバイブレーションを鬼巻きするのも高い次元で出来ました。

 

 

デザインが素晴らしく良い!

シンプルながらに洗練されている

デザインも素晴らしく良かった23ヴァンキッシュでした。

 

シルバーと黒を基調としたシンプル&洗練されたデザインと色味になっており、どんなロッドにも合うでしょう。ついこの前までは黒×金が主流でしたが、最近は色々な色味のロッドが登場しています。

 

2022年発売のネッサBBや、

 

 

同じく2023年発売のディアルーナなど、同価格帯のロッドとの相性が抜群に良かったです。

 

 

やっぱり『巻き心地』!

やっぱりなんといっても

滑らかな巻き心地

が素晴らしい23ヴァンキッシュでした。

 

これまで色々リールを使ってきたけど、トップオブザトップ。これまでの上位機種をことごとく上回ってる気がします。

 

上の写真のような20gのルアーを引いてくると

あれ、高切れした…?

と、心配になるくらい巻き心地が静謐。シャッドテールのテールのプルプルすら伝わってくるかのような静寂な巻き心地が凄すぎた。シンキングペンシルなど、ゆ~~っくりと巻くような釣りモノをする方はすぐに実感できるでしょう、その滑らかさ。

 

流石はマイクロモジュールギアⅡ」を搭載モデル。

一般的には巻き出しが重いと評されるエクストラハイギアモデルですが、巻き出しも軽かったです。是非、指先に全集中できるナイトゲームで使ってみてほしい。

 

 

 

 

シマノ 23ヴァンキッシュ
タックル例(C5000XG)

本当に初心者だから、ロッド(釣り竿)とかライン(釣り糸)についても簡単に知っておきたい!

という方に向けて、筆者が実際に23ヴァンキッシュ(C5000XG)と併用して使っているロッド、ライン、ルアーなどについて紹介しておきます。

 

9.6フィート以上のM~MHクラス

23ヴァンキッシュ4000番以上のモデルと併用するなら、9フィート前後のM、またはMHクラスのロッドがおすすめです。ショアジギングなどでは重めのルアーをフルキャストする必要があるので、ネッサXRあたりがオススメ。

 

 

PEラインは1号以上がおすすめ

23ヴァンキッシュ(4000/5000番台)に巻くなら、1号以上あたりのPEラインがおすすめです。

1.5号とかじゃなくていいの?

ん~、相当重いメタルジグとかをフルキャストするなら1.5号以上を使うのも良いでしょう。ただ、堤防釣りの場合、12g程度のルアーならPE1.2号+ショックリーダー20Lb.であれば根掛かりしたときにスプールを抑えて後ろにゆ~っくりと下がってくれば針が曲がって戻ってくることが多かったです。

 

 

 

よく使うルアー

  • ヒラメを釣りたいならワーム
  • シーバスを釣りたいならシャロー系のミノー

を選ぶと良いでしょう。とくにワームについては、筆者の経験に基づくオススメラインナップや選び方を以下の記事で紹介しているので、是非 参考にしてみてくださいませ!

 

 

 

シマノ 23ヴァンキッシュ
モデルの選び方

ラインナップが豊富なのも嬉しい23ヴァンキッシュですが、執筆時現在、モデルが全部で10種類以上。

どれを選べばいいのか分からないんだけど……

という方もいらっしゃるでしょう。

かんたんに紹介させていただきますので、迷っている方は是非 参考にしてみてください。

 

 

ライトゲームに最適!
23ヴァンキッシュ C2000SHG

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥51,000 (2024/04/20 22:44:30時点 Amazon調べ-詳細)
モデルC2000SHG
ギア比6
最大ドラグ力3(㎏)
自重145(g)
1回転の巻取り量81
    • 衝撃の自重145g!
    • ライトゲーム向けハイギアモデル

    です。アジングやメバリングなどの繊細な釣りに最適なスペックであり、大きさ自体は1000番と変わりません。糸巻量などが若干違いますが、浅溝スプールとなっていることもあり、C2000SHGでもライトゲームに必要十分なラインだけで済むのもおすすめポイント。

    • ライトゲーム特化

    の23ヴァンキッシュはC2000番モデルでしょう。

    C2500SHGモデルと迷ってるんだけど…

    悩ましいですよね。どちらでも大丈夫ですが、ライトゲームを特に快適に楽しみたいのなら2000番、シーバスなども楽しみたいのであれば2500番を選ぶのもアリです。

     

     

    堤防ルアー釣りには!
    23ヴァンキッシュ C3000XG

    created by Rinker
    ¥58,432 (2024/04/20 22:44:30時点 楽天市場調べ-詳細)
    モデルC3000G
    ギア比6.4
    最大ドラグ力9(㎏)
    自重170g
    1回転の巻取り量94
    • 最も汎用性が高い3000番台
    • ハンドル一回転のライン巻き取り量が多い

    ということから公式ホームページでも堤防ルアーフィッシングにおすすめされているモデルです。

    堤防からシーバスとかヒラメとか色々やりたい…

    という方であれば、エクストラハイギアモデルの23ヴァンキッシュがオススメです。

     

     

    遠投重視・9.6フィート以上なら!
    23ヴァンキッシュ 4000番/5000番

    created by Rinker
    シマノ(SHIMANO)
    ¥48,000 (2024/04/20 22:44:31時点 Amazon調べ-詳細)
    モデル4000XG
    ギア比6.2
    最大ドラグ力11(㎏)
    自重205(g)
    1回転の巻取り量101
      • 長尺ロッドに合わせる
      • ライトショアジギングやサーフでも使う

      のであれば4000番、もしくは最大モデルC5000XGがおすすめです。

      どっちか迷ったら?

      オフショアジギングもやる方は3号が200m以上巻けるC5000XG。あくまでショアジギングをされる方は4000XGが良いかと思います。自重だけで考えるなら4000番の方が5000番よりも15g軽いです。

      ただ、やはりオフショアで使うなら3号-200mは巻けた方が安心です。

       

       

       

       

      ハイエンド(最高級)モデル!
      23ヴァンキッシュ インプレ総括

      大満足!

      の23ヴァンキッシュでした。シマノの名作スピニングリール『ヴァンキッシュ』の最新モデルとあって、様々な最先端機能を搭載しており、難癖付けやすい釣りキチでも満足できる仕上がりになっていました。

       

      ハイエンドなら22ステラで良かったのでは??

      う~ん、なんか筆者の周りではトラブルが多く、開発者が「ちゃんとした店で買わなきゃダメだよ」みたいな苦しい言い訳してたのが気にかかりまして…。とんでもない価格なのにアタリハズレがあると聞いた時点でステラを買うのは諦めました。じゃあ二番手のヴァンキッシュの方がいいかな…と。黒田官兵衛みたいでいいかな…と。

       

      本文を総括すると、

      • 洗練されたデザイン
      • 衝撃的な自重の軽さ
      • 滑らかでスルスルした巻き心地

      がオススメポイント。

       

      3年以上使えて、最高にカッコイイデザインのリールを選びたい…

      という方は是非!

      僕が選んだC5000XG以外にも素晴らしいセッティングのモデルが選べるのも23ヴァンキッシュのおすすめポイントですよ!

       

      それでは!

       

      created by Rinker
      シマノ(SHIMANO)
      ¥49,000 (2024/04/20 22:44:31時点 Amazon調べ-詳細)

       

       

      こちらも読まれてます

       

       

       

       

      釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょう。しかし、検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

       

       

      にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

      にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ

      にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

      おすすめの記事