【2024年】アマダイ釣りに適した電動リールおすすめ14選【コスパ重視ランキング!】

深場(底付近)でのアマダイ釣り

に最適なのが電動リール。もちろん浅い棚で釣れるような状態では手巻きリールでも十分ですが、手返しの良さから電動リールを選ぶ方も多いです。

 

しかし、

手巻きリールでも良いんでしょ…?

本当に電動リールで大丈夫なの…?

などなど、色々と疑問に思う方いるかもしれません。

 

そこで今回は

  • アマダイ釣りに適したリールって?
  • おすすめリールランキング

の順番に紹介させていただきます。

 

 

 

そもそも
電動って必要?

アマダイ釣りでよく、

手巻きで十分でしょ!

いや、絶対に電動リールの方が良い!

という議論になりますが、

  • 狙う水深
  • 予算(超重要)

を意識して選ぶと失敗が少ないでしょう。

基本どちらでもアマダイ釣りは出来ますが、快適さ・使いやすさが違ったりします。

 

 

水深が深い→『電動リール』

糸巻を自動でしてくれるのが電動リール!

です。水深が深いポイントでのアマダイ釣りでは必須となるのが電動リールであり、比較的 浅めのポイントでも女性や腕力に自信のない方から良く選ばれています。もちろん巻いてくるのも楽しいですが、60m以上にもなる水深で釣れるような状況で、手巻きリールのみだと、

ゆ、指がつった!!

となります。少し価格は高くなりますが、深場で釣れる状況のアマダイ釣りにおいても万全を期するなら電動リールを強くおすすめします。

 

 

水深が浅い&予算が少ない→『手巻きリール』

浅棚で釣れるなら手巻きリールでも十分

にアマダイ釣りは可能です。

また、電動リールに比べて安い&覚えるコトが少ない、ということからも人気が高まっているようです。30m程度でも釣れるような状況、水深が深くないのなら小型から中型のカウンター付き手巻きリールを選んでも問題ありません。

 

今回は電動リールに絞って紹介していきますが、気になる方は以下の記事を参考にしてみてください。

 

 

 

 

 

アマダイ釣りに最適!
電動リールの選び方

それではアマダイ釣りに適した電動リールの選び方として、全く分からない方に向けて簡単なチェックポイント・よくある疑問点をまとめてみましたので参考にしてみてください。

 

 

アマダイ釣りに適した電動リールの
『番手』について

シマノなら200~1000

ダイワなら200~400

あたりの小型~中型の電動リールがアマダイ釣りには良く使用されています。各社 番手によって様々な仕様・搭載テクノロジーが異なりますが、暴力的な引きをする青物とは違い、そこまでライン巻取量も必要ではありません。コンパクト・軽量にこだわるならダイワなら200番、シマノなら200~400でも十分でしょう。

 

 

アマダイ釣りに適した電動リールの
『ライン巻取量』について

  • PE(号-m) 2-300

上のように、各ベイトリールによって『糸巻量』というのが決まっています。どのくらいの太さ(強度)が何m巻ける、という指標です。ベイトリールは各モデルごとに推奨されている号数・巻取量が違うため、よく確認しましょう。

PE4号が300mとか巻ければOK?

基本的には2号~3号のPEラインが200m程度は巻ける糸巻量があれば十分です。潮流の影響を受けないために細糸を使う方もいらっしゃいますが、細すぎると根掛かりなどで簡単に切れたり、大型青物がかかったときに切られてしまうのでPE2号~PE3号あたりがオススメです。

 

 

 

アマダイ釣りに適した電動リールの
『おすすめブランド』について

釣り初心者の方は、

  • シマノ(SHIMANO)
  • ダイワ(DAIWA)

のブランドが出している電動リールを選ぶと良いでしょう。手巻きリールに比べて信頼度が重要視されるのが電動リールです。実際の釣具店を見渡しても、上記のブランドが圧倒的に強いです。

 

他にも安くて良いブランドはあるでしょ?
あくまで釣具店には上の2つが卸されているだけで…

たしかにプロックス(PROX)やテイルウォークなどは信頼できるメーカーなのですが、ことネットショッピングでは上記以外の信頼できないメーカーが多すぎるのです。そんなワケなので、今回の記事でも上記の2ブランドを基本として、コスパの高い電動リールを紹介させていただいています。

 

 

アマダイ釣りに適した電動リールの
『価格』について

高い方が良い、というワケではない!

ので注意しましょう。対象魚に合った糸巻量、トルク力やドラグ力などが備わっている一番安いモデルでも十分です。シマノでいえば、フォースマスターよりビーストマスターの方がトルク力やら搭載性能は優れているのは間違いないです。しかし、それがアマダイの釣果に左右するか?と考えると、そんなに影響しないと思います。

 

同じくらいの値段であれば、最新の機能を持っているモデルがオススメですが、型落ちモデルでも問題ないです。大幅に値段が違うのであれば、あえて型落ちモデルを選ぶのもアリですよ。なんにせよ、予算と目的に見合った電動リールを選ぶのがベストです。メーカーの販売戦略に惑わされ過ぎないようにしましょうね。

 

 

 

アマダイ釣りに最適なスペック!
電動リール おすすめランキング

それでは、アマダイ釣りに適した電動リールをいくつかランキング形式で紹介していきます。

各種、それぞれ公式アイテムページと商品リンクを紹介しています。各電動リールごとに細かな設定や仕様が確認できますので是非、ご利用ください。

1位:シマノ(SHIMANO)
プレイズ 600

ブランド シマノ(SHIMANO)
モデル(品番) 600
自重 470
PE糸巻量(号-m) 2-300/3-200
ギア比 5.5
最大ドラグ力 5kg
おすすめ度
4.92
おすすめポイント
  • 価格が安い(電動リールとしては)
  • 楽楽モード
    →リールにかかる負荷に合わせて、常に一定のテンションを保ちながら巻上げ
  • 速度一定モード
    →リールにかかる負荷の大小にかかわらず、一定の速度を維持しての巻上げ

シマノのハイコスパ電動リールです。PE2号300m、PE3号200mのラインキャパシティを有し、アマダイは勿論、タチウオテンヤ、マルイカ、コマセマダイ、テンビンタチウオ、ヒラメ、浅場アカムツなど、幅広い電動ライトゲームに対応しているベーシックモデルとなっています。価格も比較的安く、電動リール初心者から人気の機種になっています。

 

使用者のレビューを見る

 

 

2位:ダイワ(DAIWA)
レオブリッツ 200J

レオブリッツ
レオブリッツ-1
レオブリッツ-2
レオブリッツ-3
レオブリッツ-4
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) 200J
自重 480
PE糸巻量(号-m) 3-400/4-300
ギア比 5.1
最大ドラグ力 8.5g
おすすめ度
4.91
おすすめポイント
  • コスパが高い
  • 電動リールとしては自重が軽い
  • クラッチ連動巻き上げ機能が新たに搭載

2023年にニューモデル化したレオブリッツ200Jです。電撃のごとく瞬時に動力を伝達してトルクフルな巻き上げを行うハイパワーモーターやクラッチ連動巻き上げ機能(、MAGMIGHT構造などが搭載されており、コスパは非常に高いです。JOGパワーレバーも搭載しており、片手での操作も容易にできます。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥54,200 (2024/03/03 14:05:13時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

3位:ダイワ(DAIWA)
レオブリッツ 300J

23レオブリッツ 300J
23レオブリッツ 300J-1
23レオブリッツ 300J-2
23レオブリッツ 300J-3
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) 300J
自重 540
PE糸巻量(号-m) 3-400/4-300
ギア比 5.1
最大ドラグ力 13g
おすすめ度
4.86
おすすめポイント
  • ジギングやライトな餌釣り、落とし込みなども可能
  • 落下スピードを瞬時に設定できるブレーキシステム搭載
  • 糸巻き状態をキープし、スムーズな仕掛け落下を実現するシンクロレベルワインド

「自重540g」軽量・ハイパワー・ハイスピードと名高い2023年発売のレオブリッツ300J。ワンハンド快適操作JOGパワーレバーと合わせ、快適な操作性を実現。もちろん、軽いだけではなく「BRITZモーター」を採用することでハイパワー・ハイスピードを実現しています。ドラグには滑らかに効き続けるATDを採用、液晶画面は視認性に優れたドット液晶カウンターを搭載。また、落下速度を瞬時に変えるフォールブレーキダイヤルは落とし込みのベイトの付き、日によって違う魚の中層反応を捉える優れもの。基本性能充実で幅広いターゲットに対応するハイパフォーマンス電動。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥54,200 (2024/03/03 14:05:13時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

4位:シマノ(SHIMANO)
フォースマスター 200

ブランド シマノ(SHIMANO)
モデル(品番) 200/201
自重 395
PE糸巻量(号-m) 1.5-150
ギア比 8.2
最大ドラグ力 5kg
おすすめ度
4.86
おすすめポイント
  • 自重がとても軽い
  • 素早い巻きアワセやリズミカルな誘いが可能
  • MUTEKI MOTOR+による高速な仕掛け回収スピード

とってもコンパクトで軽量な電動リールのフォースマスター200番台です。ギア比もとても高く、仕掛けの回収スピードも目を見張るものがあります。執筆時現在のところ、400gを切る電動リールは超貴重です。その分(ライン巻き取り量などが少なくなるため) 釣りモノは限られますが、そこまで深いポイントでもなく、青物のような暴力的な引きをする魚以外には快適に使えるでしょう。アマダイ釣りには必要十分ですよ!

 

 

 

5位:ダイワ(DAIWA)
レオブリッツ S400

レオブリッツ S400
レオブリッツ S400-1
レオブリッツ S400-2
レオブリッツ S400-3
レオブリッツ S400-4
レオブリッツ S400-5
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) S400
自重 550
PE糸巻量(号-m) 4-350/5-300
ギア比 3.6
最大ドラグ力 10g
おすすめ度
4.85
おすすめポイント
  • 防水トーナメントドラグ
  • FF構造&ベルトドライブ
  • ウルトラスプールフリー&シンクロレベルワインド
  • 基本性能充実の万能400番サイズPE専用電動リール

あらゆるターゲットを手軽に楽しみたい船釣り師にオススメのレオブリッツS400。手持ちでの操作性にこだわったFFモーター構造によるコンパクトボディで、船釣りの人気釣種であるマダイ・イカ・タチウオ・アジ・サバ・ヒラメなどはもちろん、その他の多彩なターゲットに幅広く対応。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥39,886 (2024/03/03 23:31:30時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

6位:ダイワ(DAIWA)
シーボーグ 300J

シーボーグ
シーボーグ-1
シーボーグ-2
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) 300J
自重 560
PE糸巻量(号-m) 3-400/4-300
ギア比 5.1
最大ドラグ力 16kg
おすすめ度
4.85
おすすめポイント
  • 軽量コンパクトな洗練されたフォルム
  • トルクと瞬発力を両立したMAGMAXモーター
  • ワンハンド快適操作アルミ製JOGパワーレバーを採用

小型電動に求められる軽量コンパクト&ハイパワーなシーボーグです。アマダイ釣りだけなら200Jで十分なのですが、本文でも述べたように、他の釣り(オフショアジギングなど)も見越して当記事では300Jを選出しておきました。あくまでアマダイ釣りを楽しむのであれば200Jがおすすめです。

 

使用者のレビューを見る

 

 

7位:シマノ(SHIMANO)
フォースマスター 600

フォースマスター
フォースマスター-1
フォースマスター-2
フォースマスター-3
previous arrow
next arrow
ブランド シマノ(SHIMANO)
モデル(品番) 600/601
自重 495
PE糸巻量(号-m) 2-300/3-200
ギア比 5.1
最大ドラグ力 8kg
おすすめ度
4.85
おすすめポイント
  • アングラーの意志に感応するタッチドライブ
  • 船縁で魚探を見ることができる探見丸システムに対応
  • 楽楽モード
    →リールにかかる負荷に合わせて、常に一定のテンションを保ちながら巻上げ
  • 速度一定モード
    →リールにかかる負荷の大小にかかわらず、一定の速度を維持しての巻上げ

わずかな力で自在に巻上速度をコントロールすることがタッチドライブが搭載されたフォースマスター。釣り初心者がありがちな、いざ魚がかかったときの力が入りすぎてしまう場面でも設定速度以上にならない中間速設定機能なども搭載されており、画期的なシステムが多く搭載されています。

 

 

 

 

8位:ダイワ(DAIWA)
シーボーグ 200J

22シーボーグ(SEABORG) 200J.
22シーボーグ(SEABORG) 200J-1
22シーボーグ(SEABORG) 200J-2
22シーボーグ(SEABORG) 200J-3
22シーボーグ(SEABORG) 200J-5
22シーボーグ(SEABORG) 200J-4
22シーボーグ(SEABORG) 200J-6
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) 200J
自重 490
PE糸巻量(号-m) 2-300/3-200
ギア比 5.1
最大ドラグ力 10kg
おすすめ度
4.84
おすすめポイント
  • 自重が軽い
  • 巻上力は1.1倍、ドラグ力は1.3倍と大幅なパワーアップ
  • スマートフォンで簡単操作「電動モバイルセッティング」対応

軽さは感度であり「SMALL MONSTER」とも言われているダイワのハイエンドモデル シーボーグの最小モデルです。2022年モデルとなり、軽量コンパクトでありながら巻上力は1.1倍、ドラグ力は1.3倍と大幅なパワーアップを実現(19シーボーグ200J比較)。操作性では、新たにモーターON/OFF連動クラッチも搭載。

 

使用者のレビューを見る

 

 

9位:ダイワ(DAIWA)
シーボーグ 400J

シーボーグ 400J-1
シーボーグ 400J
シーボーグ 400J-3
シーボーグ 400J-2
シーボーグ 400J-4
シーボーグ 400J-5
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) 400J
自重 585
PE糸巻量(号-m) 3-500/4-400/5-300
ギア比 5.1
最大ドラグ力 16kg
おすすめ度
4.84
おすすめポイント
  • 軽量コンパクトな洗練されたフォルム
  • 500サイズ並みのトルクと瞬発力を両立「MAGMAXモーター」

手持ちできるコンパクトさ&500サイズなみのトルク力が魅力的なシーボーグ400Jです。巻糸量はPE4号400m、5号300m。先述したシーボーグ300Jでは足りない巻糸量を実現しています。アマダイ釣りとしてはやや強すぎますが、500サイズで行っていた釣りを300サイズ感覚で行えるようになり、ヤリ・スルメはもちろん、マダイや青物、中深海や落とし込みまでシーボーグ400Jはこなしてくれます。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥75,670 (2024/03/03 20:05:57時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

10位:テイルウォーク
エラン SW 電動

ブランド テイルウォーク
モデル(品番) 150
自重 435
PE糸巻量(号-m) 2-200
ギア比 -
最大ドラグ力 6kg
おすすめ度
4.82
おすすめポイント
  • 自重が軽い
  • アタリを音で知らせるドラグクリックサウンド仕様
  • 軽快なロッドさばきをサポートするコンパクトボディ
  • 巻き上げスピードは30段階と細かく、様々な巻きスピードに対応
  • 指を離した瞬間にサムバークラッチが戻るフリッピングMODEに切り替え可能

ワンタッチでスプール交換ができるなど、シニアアングラーにやさしい電動リールのエラン 電動SWです。コンパクトかつ軽量で、どんなアングラーでも扱いやすいサイズ感が追求されています。スプールのワンタッチ交換が可能となっており、不意な高切れからの迅速なスプール交換をサポートしてくれます。

 

created by Rinker
ノーブランド品
¥80,384 (2024/03/03 15:32:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

11位:シマノ(SHIMANO)
フォースマスター 601/601DH

フォースマスター 601
フォースマスター 601-1
フォースマスター 601-2
previous arrow
next arrow
ブランド シマノ(SHIMANO)
モデル(品番) 601/601DH
自重 495
PE糸巻量(号-m) 2-300/3-200
ギア比 5.1
最大ドラグ力 8kg
おすすめ度
4.83
おすすめポイント
  • 珍しい左巻きモデル
  • NEWタッチドライブを搭載
  • パーミング性を向上させたSコンパクトボディ
  • 高負荷時での過酷なファイトに無類の強さを発揮するMUTEKI MOTOR+

フォースマスター600の左巻きモデルです

左巻き、だけ?

中間速設定を追加したNEWタッチドライブ搭載となっており、不意に強い押圧を加えても最大巻上速度に至らず、アングラーがあらかじめ設定した速度で巻上げを開始。その後は魚の大きさや引きに応じて繊細な調整をしながら楽しむことができます。

 

 

 

 

12位:シマノ(SHIMANO)
プレイズ 800/1000

ブランド シマノ(SHIMANO)
モデル(品番) 800
自重 615
PE糸巻量(号-m) 3-300/4-250
ギア比 5.1
最大ドラグ力 10kg
おすすめ度
4.82
おすすめポイント
  • お手頃な価格
  • 楽楽モード
    →リールにかかる負荷に合わせて、常に一定のテンションを保ちながら巻上げ
  • 速度一定モード
    →リールにかかる負荷の大小にかかわらず、一定の速度を維持しての巻上げ

アマダイだけではなくイカ釣りや青物相手にも使いたい!という方には少し大きいですがプレイズの800・1000番もおすすめです。新しくMUTEKI MOTORを搭載することで、実用巻上持久力6kg、最大巻上速度190m/分と、パワーもスピードも大幅にアップ。電動リールの“パワーベーシック”を目指してシマノが本気で挑んだコストパフォーマンスモデルとなっており、巻き上げ力も強いですよ。

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥41,815 (2024/03/03 22:33:52時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

13位:ダイワ(DAIWA)
シーボーグ 300MJ

シーボーグ300MJ
シーボーグ300MJ-1
シーボーグ300MJ-2
シーボーグ300MJ-3
シーボーグ300MJ-4
シーボーグ300MJ-5
シーボーグ300MJ-6
previous arrow
next arrow
公式アイテムページ ダイワ(DAIWA)
モデル(品番) 300MJ
自重 670
PE糸巻量(号-m) 3-400/4-300
ギア比 4.4
最大ドラグ力 13kg
おすすめ度
4.78
おすすめポイント
  • ハイエンドモデル
  • 持ちやすく使いやすくするFF構造
  • ガッチリ握れる大型アルミラウンドノブを標準装備

コンパクトなサイズながらに10kgオーバーの青物も余裕でやり取りできるシーボーグ300MJです。アマダイ釣りで使われるような小型電動に求められる充実の基本性能はそのままに操作性、軽量化、デザインに更なる磨きをかけたシーボーグフラッグシップモデル。ワンハンド快適操作アルミJOGパワーレバーはフィールドでの濡れた指先でも繊細な直感操作が可能。棚取り・誘い・スロー巻上げ・アワセ・回収までスピードコントロールは親指ひとつで釣り人の思うがまま。Hi/Loギア切り替えが可能なMEGATWIN-PROは、スムーズなギアシフトによりイカのバラシを防いだり、不意な大物とのファイトで真価を発揮。アイアンマンのようなデザインが光るハイエンドモデルです。

 

created by Rinker
ダイワ(DAIWA)
¥96,760 (2024/03/03 07:55:18時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

14位:シマノ(SHIMANO)
プレミオ 3000

プレミオ 3000
プレミオ 3000-1
プレミオ 3000-2
プレミオ 3000-3
プレミオ 3000-5
プレミオ 3000-4
previous arrow
next arrow
ブランド シマノ(SHIMANO)
モデル(品番) 3000
自重 625
PE糸巻量(号-m) 4-400/5-350
ギア比 3.6
最大ドラグ力 10kg
おすすめ度
4.77
おすすめポイント
  • お手頃な価格
  • シンプルで使いやすい

シンプルを極め、さらに扱いやすくがコンセプトのプレミオ3000です。

3000番って大きすぎない…?

糸巻量を調整すれば普通に使えます。この前行った茅ヶ崎の船長が使っていたのもプレミオ3000であり、お手頃な価格帯から「とりあえず色々な船釣りをやってみたい」という方から人気。細ハリス使用時や口の軟らかい魚、喰い上げ時にもきめ細かに対応できるようになっており、そのほかにも電動超スロー巻上げ、メモリーバックアップ機能、なめらか船縁自動停止など、お求めやすい価格ながら最新機能を備え、シマノの電動リールテクノロジーを十二分に反映させた“超”エントリーモデルです。

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥29,727 (2024/03/03 23:01:55時点 Amazon調べ-詳細)

使用者のレビューを見る

 

 

 

 

総括:アマダイ釣りに最適!
電動リール おすすめランキング

以上、アマダイ釣りに最適な電動リールの選び方&おすすめランキングについてでした。

 

総括して一番のおすすめは?

と聞かれたら、『シマノ(SHIMANO) プレイズ600』を推します。

  • デザインがシンプルでカッコイイ
  • 幅広い電動ライトゲームに対応できる
  • 手巻き時も軽い力で快適に巻き上げることが可能

という点でおすすめ度が高いです。電動リールの門戸を拡げる“パワフルベーシック”モデルの「プレイズ」であり、ライトゲームを快適に楽しむのなら600番がオススメです。

 

 

今回の記事で、皆様のアマダイ釣りに役立つ電動リールを紹介できていれば幸甚に尽きます。

 

それでは!

 

こちらも読まれてます

 

 

おすすめの記事