【普通に根掛かるけど!】ブン太 根魚タイプは"超"使える!【インプレ評価まとめ】

トルコアイス並にフックが伸びるって聞いたけど…?

というメジャクラブン太「根魚タイプ」に猜疑的な方も多いでしょう。

 

11g程度のジグヘッドであれば、450円で3個入っていればまぁ普通…のレベルですが、ジグパラブン太(根魚タイプ)は5個入りで400円を切る破格の安さ。コワイくらい安いのです。地元の釣具店では取り扱いがないのも不気味で、

  • バランスが悪くてヘンテコそう…
  • フックが(めちゃくちゃ)弱そう…

など、筆者自身 使う前は『大丈夫かなぁ…?』と疑念が尽きませんでした。

 

 

というワケで今回は『ジグパラブン太(根魚タイプ)』を使ってみての感想・インプレについてまとめていきます。

 

 

 

 

ジグパラ ブン太(根魚タイプ)
どんなジグヘッド?

リーリングでラインテンションをかけると、フックが立ち上がる起き上がりこぼし設計。

障害物を回避しやすいセッティングです。

引用:メジャークラフト ジグパラブン太『根魚タイプ』

 

 

メジャークラフト
ジグパラヘッド ブンタ 根魚タイプ

根魚ジグヘッド おすすめ『ブン太』
根魚ジグヘッド おすすめ『ブン太』1
previous arrow
next arrow
メーカー メジャークラフト
自重(g) 3.5/5/7/10/14/
20/30/40
個数 14g以下は5個
20g以上は3個
コスパ
おすすめ度
おすすめポイント
  • 根魚に特化した形状
  • 使いやすいサイズバリエーション
  • コスパ最高レベル

沈み根や障害物を回避しやすいカタチになっているジグヘッドです。放っておくとワームの浮力でフック部分が起き上がるというジグヘッドです。14g以下は5個で400円程度とコスパ最高レベル。これから根魚釣りを始める方は是非。根掛かりを恐れずにボトム付近を攻められます。

 

created by Rinker
Major Craft(メジャークラフト)
¥440 (2022/08/20 04:41:20時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

ジグパラ ブン太『根魚タイプ』の特徴①:
とにかく安い

とにかく安い!

これに尽きます。パフォーマンスはともかく、コストが半端なく安い

安いだけじゃあねぇ…

まぁそれはそうかもしれません。が!極端な話 ジグヘッドは消耗品です。シーバスのように捕食がアホみたいに下手な魚の場合はジグヘッドの『泳ぎ』なんかも重要な要素になりますが、

  • 根魚・ヒラメのようにバクッ!と喰ってくれる魚
  • 根掛かりの多いポイントでの釣行

を想定している方は、『安さ』が一番大事といっても過言じゃないと思います。

根掛かりしそうだから、あそこに通すのはやめとこ…

という貧乏アングラーあるある失敗談を防ぐ程度に価格がハチャメチャに安いジグパラブン太です。

 

 

ジグパラ ブン太『根魚タイプ』の特徴②:
店頭で売っているのを見たことがない

そんな価格の安さから、店頭で売ってることが少ない気がします。『こんなにも安いと他メーカーのジグヘッドが売れなくなる…!』という店側の懸念もあるのでしょうかね?とりあえず筆者の地元のキャスティ〇ングとアタッ〇ク5には一切無かったです。

 

 

ジグパラ ブン太の特徴③:
ワームキーパーが小さい

ワームキーパーが小さいのもジグパラ ブン太の特徴です。

素材の柔らかいワームの使用時に、カラーチェンジの際などでワームが痛みにくい、というメリットがあります。人によっては、

ワームにダメージが残るからなぁ…

とのことですが、エコギアとかのワームなら頑丈なので、特に気にせずに使うコトができます。

 

 

 

ジグパラ ブン太 根魚タイプ
実釣インプレ

直近でジグパラブン太の根魚タイプを使ってみての所感、評価をまとめておきます。

よければ参考にしてみてくださいませ。

 

 

フックは柔らかい気がするぜ!

筆者が使っているのは5~7gの根魚ブン太ですが、1号PEライン×フロロカーボン3号で根掛かりを外そうと引っ張ると上のようにフックが伸びます

考えられないぞぉ!!

という方もいるかもしれませんが、個人的にはあまり気にしていません。というのも基本的にはは5㎏の荷重でドラグがズルズルと出ますし、なによりフックが伸びることによってリーダーが切れることなく戻ってくるのでタイムロスも少ない気がするからです。

 

 

普通に根掛かりもするぜ!!

普通に根掛かり連発でした。

浮力で立ち上がっているのは間違いないのですが、やはりロックフィッシュに使うとなると根掛かりは回避できないでしょう。

しかし、先述したように価格が半端なく安いブン太の根魚モデルです。数個ロストしても

350円だったし、モーマンタイ

と、すぐに立ち直れるくらいには心強かったです。

 

 

ボトムバンピング◎!

上のように、放っておいてもフックが上を向きます

ワームの浮力も相まって、底付近でも立っているのでチョコチョコと動かす『ボトムバンピング』などのアクションと相性が良いと感じました。

 

 

フォールで釣ったコトは何度もありますが、底付近のボトムバンピングでは釣れたことの少ないメバルも上の通り。リフト&フォールやボトムバンピングを主体に根魚を狙いたい方におすすめのジグパラブン太根魚タイプだと思います。

 

 

 

ジグパラ ブン太
各種モデル

主に根魚を狙いたい方には『根魚モデル』がおすすめですが、ジグパラヘッドにはいくつか種類があります。

 

アシストフックは個人的にイマイチでしたので、以下の2種類をオススメしています。

 

 

ジグパラヘッド
ダートタイプ

メバリング おすすめジグヘッド『ジグパラヘッド』
メバリング おすすめジグヘッド『ジグパラヘッド』1
メバリング おすすめジグヘッド『ジグパラヘッド』2
メバリング おすすめジグヘッド『ジグパラヘッド』3
previous arrow
next arrow
メーカー メジャークラフト
自重(g) 0.4/0.6/0.8/1/1.25/
1.5/1.75/2/2.5/3
個数 5個
コスパ
おすすめ度
おすすめポイント
  • サイズバリエーションが豊富
  • ダート/スイム/フォールの3タイプ有り
  • コスパ最高レベル

    根魚タイプに比べて汎用性の高いカタチとなっています。サイズバリエーションも豊富。コストパフォーマンスは最高レベルのジグヘッドです。カサゴをはじめとする根魚の他、アジやメバルなどの中層~上層の魚にも有効。そのほかの釣りにも共用したい方におすすめ。

     

     

    created by Rinker
    Major Craft(メジャークラフト)
    ¥317 (2022/08/20 04:41:22時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

    ジグパラヘッド
    スイムタイプ

    メバリング おすすめジグヘッド『ジグパラヘッド』
    メバリング おすすめジグヘッド『ジグパラヘッド』1
    メバリング おすすめジグヘッド『ジグパラヘッド』2
    メバリング おすすめジグヘッド『ジグパラヘッド』3
    previous arrow
    next arrow
    メーカー メジャークラフト
    自重(g) 0.4/0.6/0.8/1/1.25/
    1.5/1.75/2/2.5/3
    個数 5個
    コスパ
    おすすめ度
    おすすめポイント
    • サイズバリエーションが豊富
    • 安定したスイム&フォール姿勢

      根魚タイプに比べて汎用性の高いカタチとなっています。安定したスイム&フォール姿勢、優れたレンジキープ性能。刺さり重視の日本製フックを採用しているので硬い口を持つ根魚やフラットフィッシュ攻略に最適です。カサゴをはじめとする根魚の他、アジやメバルなどの中層~上層の魚にも有効。そのほかの釣りにも共用したい方におすすめ。

       

      created by Rinker
      Major Craft(メジャークラフト)
      ¥317 (2022/08/20 04:41:22時点 Amazon調べ-詳細)

       

       

       

       

      ジグパラ ブン太『根魚モデル』
      実釣インプレ:総括

      安いけど使える!

      というのがジグパラブン太のインプレ総括です。

       

      価格がメチャクチャ安いので過度な期待はダメ絶対ですが、

      • フックが上向きで安定する→ボトムバンピング◎
      • 丁度良くフックが柔らかい(個人的な意見です)

      と、普通に使えるジグヘッドでしょう。特にフックの丁度良い柔らかさ。1号のPEラインを使っていれば、まぁ強引に引っ張ればフックが伸びて帰ってきます。筆者は”魚をかけて、フックを伸ばしてしまった”経験がないので確証はありませんが、まぁ普通にドラグを設定していたら伸ばされてバレることはないと思います。

       

       

      以上、ジグパラヘッド ブン太『根魚タイプ』の評価についてでした。

       

      それでは!

       

       

       

      こちらも読まれています

       

       

       

      釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょうけど、検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

       

       

      にほんブログ村 釣りブログ シーバス釣りへ

      にほんブログ村 釣りブログ ルアーフィッシングへ

      にほんブログ村 釣りブログ 海釣りへ

      おすすめの記事