【口座がロックされてしまった!】オーストラリアANZ銀行での口座ロック時の解除・対処方法

人より不器用で失敗の多い皆さん、こんにちは。そんな皆様が束になってもかなわないほどの失敗を生まれてこの方おかしてきました。井家と申します。

 

今回は何を失敗したのかというと、表題の通りです。

 

具体的にいうと、オーストラリアで開設したANZ銀行のインターネット口座がロックされてしまったわけです。ただロックされるだけならまだ良かったんですけど、ロックを解除するために電話をして、その電話で本人確認の質問にも失敗してしまって、さらに問題がややこしくなってしまったのです。どうでしょう、このアホさ加減。私はワーキングホリデーで来ている人なんて皆どっかアホだと思っているんですけど、私が一番 アホな気がしてきました。ネジが数本飛んでるとかじゃなくって、ネジを締める部品すらないようなアホさ加減。死んでも治らない気がするわ。

 

 

それでは、本題に入っていきます。

オーストラリアのANZ銀行がロックされてしまった原因と対処方法についてまとめていきます。おそらく、このページにアクセスする人は焦っていることでしょうが、まず落ち着いて。大丈夫。運が良ければ数十分で解撤しますから。というか焦るとオレみたいに5日かかるぞ

 

 

 

ANZ銀行の口座がロックされてしまったときの解除方法

それでは解説していきます。

 

と、その前に余談がてら、なぜ私のオーストラリアのANZ銀行の口座がロックされてしまったのかについて触れておきます。

 

 

ANZ銀行の口座がロックされてしまった原因

そもそもなぜ口座がロックされてしまったかというと、ずばり、個人情報(たしか携帯電話の番号)を更新しようとしたときに、秘密の質問をされたんです。

 

そして、2回連続して失敗したというワケです。質問は「身長何センチ?」というものと「小学生時代の親友は?」という質問でした。

 

私の身長は173なのですが、朝か夜か、それに図り方によって174になったり172になったりするので、「開設時にはどっちの身長を言ったのだろう、、、」と 迷ったワケです。で見栄を張って175と答えたわけです。

 

小学生時代の親友問題は名字と名前の順番で迷いました。どっちが先だったけな、、と。

 

あれってどこかにメモしたほうがイイね絶対。

 

 

ロック解除方法 ①:実際に支店に出向く

一番 手っ取り早いのは直接、オーストラリアのANZ銀行の支店に行くことです。

その際はパスポートなどのフォトIDと呼ばれる、政府に認証されたようなIDと、ANZのカードを持っていきましょう。

 

 

ロック解除方法 ②:電話

貴方が海外にいて、オーストラリアの支店に出向くことができない場合は電話にてロックの解除ができるようです。私が実際に電話をした時間は10分程度なので、口座開設時にもらった紙などをキチンと手元に用意していれば、数分で解決すると思います。

 

電話しているのが口座の所有者本人であるために、過去に自分で設定したVerbal Question(口頭質問)を聞かれます。

 

が、私の場合は忘れてしまった(超アホ)ので、そのほかに口座所有者本人しか知りえない質問を2つされました。

その二つは

  • 口座を開いたのはオーストラリアのどこの州か。
  • 口座を所有している期間はどのくらいか。

ということでした。

 

おそらく、大半の人は電話でロック解除できるでしょう。お疲れさまでした。

 

 

 

私の場合は、手元に口座開設時にいただいた紙を用意せずに出先の釣り場で電話したこともあって、見事に二つとも的外れなコトを答えたらしく、オペレーターに『残念ですが、お客様の身元確認をすることができませんでした….』と言われてしまいました。流石にショックでした。

 

そのときの釣り記事 ↓

 

おそらく、大抵の人は実際に支店に行くか、電話での簡単な質問にて口座のロックは解除できると思います。

ここからは、それでも失敗したような愛すべきアホ共のために書いていきます。

 

 

それでも口座がロック解除できなかった場合

電話越しでのロック解除にも失敗した場合は、上の写真のようなメールが送られてきます。

 

What if I am overseas or unable to attend an ANZ Branch within Australia?

という項があるので、そちらを読んでみますと、、

 

If you are currently overseas or unable to attend a local ANZ branch, we will need you to send in certified identification documents via Fax or Email.

The standard requirement is for a person to provide:

At least One Primary identification document – Government issued photographic identification or at least Two Secondary identification documents. For a list of acceptable identification documents please clickhere.

The document/s are to be stamped, dated and signed by an Authorised Persons. The following is a list of persons authorised to certify your document/s;

  • A person who is enrolled on the roll of the Supreme Court of a State or Territory, or the High Court of Australia, as a legal practitioner (however described);
  • A judge of a court;
  • A magistrate;
  • A chief executive officer of a Commonwealth court;
  • A registrar or deputy registrar of a court;
  • A Justice of the Peace;
  • A notary public (for the purposes of the Statutory Declaration Regulations 1993);
  • A police officer;
  • An agent of the Australian Postal Corporation who is in charge of an office supplying postal services to the public;
  • A permanent employee of the Australian Postal Corporation with 2 or more years of continuous service who is employed in an office supplying postal services to the public;
  • An Australian consular officer or an Australian diplomatic officer (within the meaning of the Consular Fees Act 1955);
  • An officer with 2 or more continuous years of service with one or more financial institutions (for the purposes of the Statutory Declaration Regulations 1993)
  • A finance company officer with 2 or more continuous years of service with one or more finance companies (for the purposes of the Statutory Declaration Regulations 1993);
  • An officer with, or authorised representative of, a holder of an Australian financial services licence, having 2 or more continuous years of service with one or more licensees;
  • A member of the Institute of Chartered Accountants in Australia, CPA Australia or the National Institute of Accountants with 2 or more years of continuous membership

Once the document/s has been stamped, dated and signed by an Authorised person, please send it through via:

  • Email:CertifiedDocuments@anz.com(Maximum Email size restriction of 10mb)or alternatively
  • Fax: 03 9683 7566 (International: +61 3 9683 7566)

Once our team receives the correct documents, the Branch to Load will be removed and the new security code will be updated on your profile within 1 business day.

 

なるほどなるほど。。。

 

 

めんどくさいよ。切実に。。身から出た錆とは言え、ひじょ~~~にめんどくさい。長いし。

 

簡単に要約すると、

政府に認定されたパスポートとか国際免許証のような証明書を警察官とか、そういった類の人に認定してもらって、スタンプを押してもらった紙をメールでもいいから提出してね!

ということでした。

 

け、警察、、?!と思いましたが、Notaryホニャララとか書いてあるので、「これって普通にオフィスで働いているそこそこエライ人でも良いのでは、、、?」と早合点して、ウェリントンシティ内にあったANZニュージーランド支店に行ってみました。

 

従業員に経緯を説明すると、

 

 

無事、スタンプがもらえました。ちなみにスタンプはパスポートを印刷した紙にしてもらいました。

 

で、あとは空いたスペースに新しいパスワードを記入して、提出。提出先は、ANZからきたメールにあった、

CertifiedDocuments@anz.com

に提出すること、1日。

 

 

Hi Sho

Thank you for contacting the Certified Documents Team. Your documents have been received, verified and security code updated. Please contact ANZ on +61 3 9683 9999 from overseas for further assistance.

ということで、問題なく本人確認ができたようでした。

 

そして電話。カスタマー番号を伝えて、口座のロック解除をしたいことを伝えます。

すると、提出した紙に記載した新しい口頭パスワードを聞かれるので、それを伝えました。

 

 

そして、パソコンから自分の口座にログインして、新たに秘密の質問を3つ、自分で用意するように言われたので、そちらを作り、オールダン!すべて完了です!

 

 

 

まとめ

ということで、オーストラリアのANZ銀行のインターネット口座がロックされてしまった際の対処方法について、私が経験をもとにまとめてみました。

 

私は今回 ニュージーランドから電話をしたりしましたが、国外通話は思っている以上に高いので、自分の携帯プランに国外通話が入っていない場合は、Sparkならば10ドルくらいで1か月 200分まで無料になるので是非 そちらを追加しておきましょう。通話量のトップアップは10ドルからできますが、20分くらいしか話せないからね。

 

 

以上です。

他に違うやり方でロック解除できたよ、って方がいたら是非教えてください。

 

 

 

日本ブログ村に参加しております。

上位にいるときはモチベーションが上がって 記事の更新頻度が上がったりします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
おすすめの記事