【店で売ってない?】MARS R-32ってワームがヤバい【実釣インプレ評価・使い方まとめ!】

適当に投げても釣れる

というのが名作・傑作ワームの類でありまして。表題の通り、店頭は勿論 一時期ネットでも売ってないほどの人気を誇ったワームがMARSの『R-32(あーるさんにぃ)』でございます。ようやく最近 供給が追い付いてきたようで、

品数が少ないから打ってないだけで、ホントに人気あんの?てか釣れんの??

という方や、

わざと供給絞って価格高騰&ブランド力向上を狙ってるだけじゃねぇの??

という疑問を抱く人も多いでしょう。まぁ、分かる。

 

 

ってワケで、今回はMARS R-32について。

  • MARS R-32ってどんなワーム?
  • MARS R-32の使い方
  • MARS R-32ってホントに釣れるの?

という疑問に答えられる記事に仕上げられるように頑張っていきます。なお筆者はあまりにも釣れるので、シーズン中は待ちきれずにメルカリでアホみたいな価格で買ってしまうほどMR-32には振り回されています。

 

それでは、まとめていきます。

 

 

 

 

ここが素晴らしい!
MARS R-32ってどんなワーム?

シーバスゲームの定番ソフトベイト

あらゆる過酷な条件下でも結果を出さなければならない、プロフェッショナルアングラー小沼正弥が最後に手にする切り札的存在。ナチュラルな微弱ロールとリブから発する水流がカタクチイワシそのものの波動を生みだし、あらゆるルアーにスレきったシーバスも難なくバイトに持ち込むことが可能です。先の尖ったスイミング系のジグヘッドと組み合わせることで、そのポテンシャルを120%引き出してくれるでしょう。シーバスのみならず、カタクチイワシを捕食するすべてのターゲットに有効です。発売して10年以上が経った今も、全国各地でスレたシーバスをキャッチし続けている真の定番ルアーです。

引用:ヒルクライム R-32公式ページ

 

 

MARS R-32のスペック

フラットフィッシュ ルアー おすすめ『MARS』
フラットフィッシュ ルアー おすすめ『MARS』1
previous arrow
next arrow
ブランド(公式アイテムページ)MARS(マーズ)
ルアータイプワーム
サイズ3.2/4 インチ
個数6/5 個
コスパ
おすすめ度
おすすめポイント
  • 転売が横行するほど人気
  • 10年以上の歴史があるロングセラーワーム
  • シャッドテールで釣れないときに大活躍

    オフシーズン以外には定価で買うことが困難なほどの大人気ワームです。上級シーバスアングラーからも『最強ワーム』との呼び声高く、実績も抜群。3インチと4インチがありますが、ヒラメ狙いには4インチイ(グラマラスサイズ)がおすすめです。

    大きすぎない?

    という疑問ももっともですが、筆者の経験上35㎝程度のソゲ・シーバスの食いつきが良いです。なんなら先の方をちょっとだけカットすると良い具合に仕上がります。

     

     

    MARS R-32の特徴①:
    品薄なので価格は高め!

    筆者がおすすめするグラマラスサイズ(4インチ)は正規価格でも5個入りで720円。

    1個あたり144円

    というのはワーム的には高い部類だと思います。なお、正規価格では滅多に買えません。筆者の過去5回の購買歴によると、1パックの平均価格は915円。後述しますが、ワームの痛みやすさも加味すると、、というレベルの価格です。

     

     

    MARS R-32の特徴①:
    ワームが柔らかい!

    正直、耐久力も低いです。

    王道ワームのパワーシャッドを基準に考えるのもアレかと思いますが、ソフトマテリアルすぎて結構 破損に弱いです。というかパワーシャッドが強すぎるのか…?

     

     

     

    とにかくMARS R-32 、

    欠点は耐久力のみ!

    食い込みが良く、釣れるワームなんですけど耐久性だけ欠点!
    スズキのバイトには、あえなく破壊されます。
    今までは普通に捨ててましたが、今はセメダインのスーパーXで直してます。
    問題はこのワームを活かせるジグヘッドのチョイスでしょう。

    というレビュー評価の通り、ワームの耐久力が弱いです。筆者の経験的には、流石に魚をかけて一回でダメになる というレベルではありませんが、60㎝を超えるヒラメなど歯&アゴの強い魚を相手にすると一発でパッツリ切られてしまうことも多々ありました。

     

    というかR-32の公式ページでさえ、

    ☝のようなTOP画を使っていることからも、破損しやすさは自他ともに認めるレベルでしょう。

     

     

    MARS R-32の特徴②:
    動いてるか疑うレベルの微波動系ワーム

    不良品かな…?と思ってしまう程度には超微波動です。

    あらゆるベイトの大好物『カタクチイワシ』を模すために、ナチュラルな微弱ロールとリブから発する水流が肝になっているようです。ピンテール系のワームに慣れていない人、というか慣れている筆者でも簡単な泳ぎチェックで

    なんだこれ…泳いでなくね…?

    となるレベルで不安になりました。そんな具合には微弱な波動を発生させているらしく、タフコンディション(アピール力の強いワームでは食ってこないような状況)でも釣れるワームに仕上がっています。

     

     

    MARS R-32の特徴③:
    なにより良く釣れるワーム!!!

    ただ釣るためだけに開発された

    という開発者(小沼正弥氏)のブログタイトルの通り、非常に釣果の高いワームです。東西の釣り場で実釣テストが繰り返し行われ、通常の製品よりも2倍以上の時間をかけて開発されたということもあります。

     

    他のワームでも釣れるでしょ?

    という方のご指摘も分かりますが、どういうワケか他のワームではアタリすらない状態でも釣れることが筆者の経験上 多く見られます。ここら辺は主観でしかありませんが、高く転売されるにはそれなりの理由があるようです。

     

     

     

    実際どうなのよ!?
    MARS R-32 実釣インプレ!

    どんなに評価が高かろうと、ワームとしての完成度が高かろうと釣れなければ意味がありません。直近でR-32を使って釣った実釣経験をもとに、実際に使ってみてのインプレ評価をまとめておきます。

     

     

    MARS R-32  実釣インプレ①:
    んめっちゃ釣れるぅ!!!!

    めっちゃ釣れるぞ!!

    というのが正直なインプレ評価です。とにかくね、釣れるの。先述したように超極微波動で『ホントに動いてんのかよコレ…パワーシャッドに変えよかな…』と不安になるくらい棒泳ぎに見えるけど釣れるの。師匠が

    今日は活性が低いねェ…

    というタフコンディションでも、

    まぁ今日は潮が悪いしねェ…

    という潮回りでも釣れるの。師匠がボウズのときでも容赦なく釣れるの。気まずいの。

     

    ………

    と、師匠が色々なワームを駆使して試行錯誤している間にも、

     

    バンバン良型カサゴを釣り上げられるほど、とにかく釣れるワームなのは間違いないです。勿論 活性が高いときはパワーシャッドの方が勝負は早いと思うんですけど、それ以外のタフコンディション(活性が低い時など)ではMARS R-32の一人勝ちが多かったです。

     

     

    MARS R-32  実釣インプレ②:
    特にヒラメ・マゴチが釣れやすい気がする

    特にヒラメ・マゴチなどが釣れやすい気がします。

     

     

    シーバスを専門に作られたワームなんですけど、筆者の周りでは専らヒラメ・マゴチなどのフラットフィッシュを狙うために使用されています。事実 ネットレビューでも

    釣れるワーム!

    フラットフィッシュが良く釣れる!
    アシストフックがあると根掛かりが増えるので、マゴチ・ヒラメを狙うときは外してます!

    と高い評価を得ているワームのR-32。

     

     

    MARS R-32  実釣インプレ③:
    マジでヒラメがよく釣れるワーム!

    ポイントに落とした瞬間喰ってくる

    というレベルで良く釣れるワームだと思います。

     

    結構重めのジグヘッドに合わせてフリーフォールで落としても、気付いたら何かの魚が付いている…というコトが多かったです。

     

     

    MARS R-32  実釣インプレ④:
    やっぱり耐久力が…

    ワームなので底を果敢に攻めたいR32。

    河口付近で夏シーバス・マゴチを狙うのに超おすすめ(マジで食いつきが違う気がする…)なんですが懸念がひとつ。根掛かりはともかくとして、運が悪いと一匹釣っただけで、

     

    こんな感じでワームが裂けてしまうんです。釣れるワームは弱い、とか業界人が言っていた気がしますが、それにしたって…、です。釣れるんだけど、ワームが弱いのはホントにデメリット。

     

     

     

     

    下手なアクションは不要!MARS R-32
    使い方・おすすめカラー等

    ちょっと特殊なカタチをしていることもあり、実際に手元に来てから

    どうやって付ければいいの?

    と困惑される方もいらっしゃるでしょう(店頭で確かめられないので、どうしても手元に来てから戸惑う人が多いようです)。簡単に、R-32の付け方や使い方、おすすめジグヘッドやカラーなどを紹介していきますので是非 参考にしてみてくださいね。

     

     

    ワームの向きに注意!
    MARS R-32の刺し方

    上のように平らな面を上側にしてセッティングしましょう。

     

     

    ワームの向きに注意!
    MARS R-32の使い方

    ただ巻きでOKです。

    むしろ下手にダートさせると魚を散らせてしまうこともあります。まずは着底させて、ゆっくりと等速で泳がせるコトを意識しましょう。

     

     

    ワームの向きに注意!
    R-32に最適なジグヘッドの重さ

    • 3.2インチには5g~10g
    • 4インチには14g~21g

    程度のジグヘッドが丁度フィットすると思います。

     

    注意!

    ワームキーパーの大きさにも注意しましょう。
    特に3.2インチを選んだ方は気を付けていただきたいポイントで、ワームキーパーが太いジグヘッド(静ヘッド16gなど)にセッティングしようとするとワームが裂ける場合があります。3.2インチはワーム断面が小さいので、セットするジグヘッドも10g以下のモノが良いと思います。

     

     

    MARS R-32
    おすすめカラー 2選

    カラーラインナップが豊富なのもR-32の長所ですが

    どのカラーを選んだらいいんだろ?

    と迷う方もいらっしゃるでしょう。筆者の実釣経験からオススメできるカラーを2種類にまとめておきます。それ以外にもいろいろありますが、迷っている方には以下のカラーがおすすめです。

     

    オヌマオレンジ

    水が澄んでいる状況&日中~マズメ時で最も釣果が高いカラーがオヌマオレンジです。

     

    パールホワイト

    曇天・雨の後などで水が濁っている状況で効果抜群なカラーです。

     

     

     

    【総括】MARS R-32
    インプレ評価まとめ

    売ってない&高いけど釣れる微波動ワームの完成形!

    というのがMARS R-32のインプレ総括です。

     

    多少 他ワームに比べて高く、ハイシーズンには滅多に手に入らないような品薄の人気ワームですが、あらかじめ持っておくべきワームのひとつとして超オススメです。最近ようやっと供給が間に合ってきたのか、ネットショッピングでチラホラ買えるようになりましたが…

     

     

    高ぇよ!!!

     

     

    以上、MARS R-32についてのインプレ評価でした。

    悩んでいる方は是非、ご検討ください。めっちゃ釣れますよホント。

     

     

     

    こちらも読まれてます

     

     

    釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょう。しかし検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

     

     

    にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

    にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

    にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

    おすすめの記事