【シェアハウスのここが嫌!】え?それって反応しなきゃダメ?問題

こんにちは。現在 3月はニュージーランドはサマータイム期間ですので祖国 日本との時差は4時間だそうです。先日 大学生の友達から深夜2時(ニュージーランドで)に鬼電がきて何事かと思って飛び起きました。飲みに来ないか、というお誘いでしたが物理的に無理。気高く飢えてるぜ精神的に

 

 

さて、前回の記事でお伝えした通りわたくし井家、シェアハウス(フラット)に移動したんです。ボロいしシェアメイト(一緒の部屋に住む人)がブリバリのヤンキーという泣きっ面にオオスズメバチなコンディションのシェアハウスだったんですけど、辛うじて何事もなく過ごせていました。

そう、過ごせていたんです(過去形)

 

 

そこで今回はシェアハウスに住む、いや というよりは部屋をシェアするということにおける問題点【え?それって反応しなきゃダメ?問題】について解説させていただきます。

 

 

シェアハウスとは

 

まず 海外に出たことのない人で シェアハウスについてご存知ない方がいらっしゃるかもしれないので簡単に説明させていただくと、説明させていただく必要もなく、その名の通り部屋をシェアする、つまりは他人と就寝場所という究極のパーソナルスペースを共有するというインドア派の私のようなタイプにとっては なかなかの辛いタイプのハウスのことです。

 

就寝場所を共有する、なんて書くとなんだか気味が悪いですが ベッドは別々なので安心してください。「え?もしかして男女が一緒の部屋になることもあるのか?」と鼻息の荒い下半身に脳があるタイプの ワーホリメーカー♂の候補生の方は改心してください。そんなワケねーだろ

 

 

さて、それでは本題の【え?それって反応しなきゃダメ?問題】について解説させていただきます。

 

 

【え?それって反応しなきゃダメ?問題】

あまり一般的ではないと思うのですが、シェアメイトがおしゃべり好きなタイプ、もしくは私のシェアメイトのトシヤ君のようなヤンキー上がりのタイプは、会話をするのが好き方が多いようです。かつての私のような「日本語なんて話しませんよ一切」みたいな意識高い系ワーホリメーカーのような思想は一切なく 日本語でバリバリコミュニケーションをとってきます。

 

さて そのコミュニケーションの始まり方についてですが、こと私のシェアメイトのトシヤ君の例を考えると

 

 

あぁぁぁっぁァァァァッ!?!!?

 

とか

 

っズアァァァアアアッ??!?!!?!!

 

 などの叫び系が多いです。そんな奇声を聞くたびに心の中で

(な、なんだ、、、?反応、すべきなのか、、、?いやでも、、)と自問自答しつくして最終的には「ど、どうした~?」と私から声をかけて会話がスタートします。

 

正直 まったく興味がわかないどころか

(チッ。。っるせーーな。。)

みたいなマインドなんですけど、(きっと話しかけてほしいんだろうな、)という親心的なモノから白々しく「ど、どうした~?」と声をかけるのです。トシヤくん、本当は ぼく全く興味はないんだぜ。それどころ心の中では舌打ちしてるんだぜ。

 

 

反応しなければいいだけだろ、と簡単にお思いになられる方もいらっしゃるかもしれませんが 実際そうはいかないんです。ことシェアメイトがブリバリのヤンキーでONE PIECEが好きなヤツの場合は、そうはいかない。これまでの私の人生における統計においてONE PIECEが好きなヤンキーの9割は

 

というような考え方をします。画像のヤツはONE PIECEではないですが、、

 

そういうわけなので彼らの仲間、もしくはファミリーとならないと、もしも敵対心でも持たれようものなら大変なことになります。私がもし、トシヤ君の奇声を聞こえているのにフルシカトしていたら恐らくシカトした回数分は死んでいるでしょう。

 

そんなわけで私が本を読んでいたとしてもトシヤ君が「あ”~~~~」とか「これウケるわ(チラッチラッ)」という声や気配を感じたら「ど、どうしたの?」と聞き返しているんですけど、、、

 

 

 

 

めんどくさいんですよ(直球)。興味のないことを自ら聞きに行くというのが。殺してくれていいから無視していいかい僕? ホンットに興味がない

 

 

 

解決(?)

ということで いやどういうことかはわかりませんが、私が陥っている【え?それって反応しなきゃダメ?問題】についてのご理解はいただけたかと思います。

 

しかし 私は先日 画期的な解決策を思い浮かび それを実行して現在に至るのです。ストレスフリーなシェアハウス生活をしています。

 

さて それをどう解決したでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

イヤホンをするのです(天の声)

 

 

 

そう シェアハウスにいる間 四六時中 音楽を流しているんです。少なくとも 「あ、会話したくないな今」と私が感じたときは すぐさまイヤホンを装着するようにしてます。

 

大事なのはイヤホン、紐付きのイヤホンをすることです。

一度 耳栓を使ったことがありますが、耳栓越しに声が聞こえたので何事かと思い 耳栓を外すした瞬間 トシヤ君が大声で

 

なぁオイ ショウ!コラ!!

 

と 私を呼んでいるのに気が付きました。耳栓だと 相手が「あ、コイツ今 音楽聞いてんのか」と思ってくれないので シカトする免罪符が得られないのです。

 

 

 

まとめ

ということで【シェアハウスのここが嫌!】え?それって反応しなきゃダメ?問題、についてでした。おそらく海外在住者のインドア派では一定数 このように考えるかたもいると思います。え、オレだけ?

 

 

解決、なんて書きましたが 解決したかどうかについては正直 疑問が残ります。なんかトシヤ君の機嫌がよろしくない気がします。こえー。あとでアメちゃんでもあげよ、、

 

 

愚痴の吐き捨て場がないのでブログに書いてしまいましたが、もとよりブログの本質はそんなところだと思いますので 吐きたいときはじゃんじゃんゲロしていきますので 気分を害した方には先に謝っておきます。

万が一 トシヤ君、君がこのブログを発見した場合はいきなり殺さないで 謝罪の場を設けさせていただければ幸甚につきます。

 

耳栓についても記事かいてみた

 

 

日本ブログ村に参加しております。

上位にいるときはモチベーションが上がって 記事の更新頻度が上がったりします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
おすすめの記事