【ウェイト刻印アリ!】JAZZ 尺ヘッド マイクロバーブの実釣インプレ評価!

どれがいいんだろう…

と、色々ありすぎて迷うのが小粒ジグヘッド。昨今ではアジング・メバリングなどのライトゲームが熱を帯びていることもあり、店頭に並ぶ小粒ジグヘッドも増えた気がします。

 

どれが一番コスパがいいんだろ…?

と迷われる方に見当していただきたいのがJAZZから出ている尺ヘッドです。

 

というワケで今回は『 尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)』を使ってみての感想・インプレについてまとめていきます。

 

 

 

 

尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)
どんなジグヘッド?

まずは簡単なスペックを。

 

 

ジャズ(JAZZ)  
尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)

尺HEAD DX マイクロバーブ RtypeSPEC画像
メーカージャズ(JAZZ) 
自重(g)0.3~2.5g
個数5/20個
コスパ
4.89
おすすめ度
4.89
メーカー紹介文

より洗練された尺ヘッドに小型フックを採用したNEWアイテム!フックはベーシックさを残しつつ若干内側を向いた針先持った形状でマイクロバーブがポイント。ヘッドにはウエイトサイズの刻印が入り、判別もスムーズ。全サイズにヘビーユーザー御用達の漁師パック(20ヶ入り)を設定。

 

引用:ジャズ『尺ヘッド マイクロバーブ Rタイプ』

 

 

 

尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)
実釣インプレ

実際に 尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)を使ってみての所感、評価をまとめておきます。

よければ参考にしてみてくださいませ。

 

 

『ウェイトの刻印』について

めっちゃ使いやすい!

尺ヘッドでした。なんといっても『ウェイトの刻印』があることがイイです。上の写真のように、ジグのヘッド部分に『1.5』というような数字が刻印されているので、ジグヘッドを付け替える時に

「あれ、これ何gだっけ…?」

と悩む心配がありません。価格は平均よりも安いくらいですが、そういった細かい部分で使いやすいように感じた尺ヘッドでした。

 

 

『飛距離』について

飛距離は普通…

って感じ。特段、飛ぶわけでもなければ飛ばないワケでもなく、普通のジグヘッド。1gを切るようなジグヘッドの「飛距離」というのは天候に大きく左右されるので、飛距離についてはやはりライトゲーム用のジグヘッドだなぁ…、というくらいにしか飛びません。

え、30m以上飛ばしたいんだけど…

という方はフロートなどを付けると良いです。参考までに。

 

 

 

『フックの貫通力』について

フック貫通力は◎

でした。メバルやカサゴのような魚ならアタリ=即乗せ可能なくらいシャープな針先に仕上がっているようでした。

 

 

ULクラスのような、やわらか~~い竿であってもしっかりとフッキングが決まってくれます。シャンク(ハリの長さ)も丁度良く、1.5インチ程度のワームであっても丁度良い具合のサイズ感でした。

 

 

『ワームのズレ感』について

ワームを固定する突起(ワームキーパー)は見当たりませんが、まぁワームのズレは少なかったです。

本当か?
メーカーに忖度してないか…?

してないしてない。

 

というか10gを超えるようなジグ単に比べて、1g程度のジグ単は軽い分 着水の衝撃などが全然ないため、そこまで気にしなくて良いと思います。あとは使用するワームの材質にもよりますが、とりあえず尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)では全く気になりませんでした。

 

 

『フック強度』について

25㎝以下なら問題ない

レベルだったと思います。

 

名前に『尺』とついているように、尺メバルであってもファイトは余裕、抜き上げもまぁ可能でしょう。

 

 

 

追記:繰り返しの使用時は注意!

27㎝のメバルを抜き上げたとき、かかりどころが悪かったのか折れちゃいました…

筆者の選んだモデルはフックサイズが『#10』だったからか、尺の抜き上げはチョイ厳しかったのかも。あくまで足場の高さが4m以上ある筆者のホーム堤防の場合ですが、とくに大型のメバルの場合はタモで掬った方が無難です。まぁライトゲームを楽しむ方は使用するラインも細いので抜き上げようなんて思わないかもですが…。

 

 

 

 

尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)
おすすめモデル3選

選べる自重も豊富な 尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)。

どれを選べばいいんだ…?

という方に向けて、簡単におすすめモデルを紹介しておきます。

 

 

尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)  1.5g

created by Rinker
ジャズ(JAZZ)
¥324 (2024/04/19 09:47:54時点 Amazon調べ-詳細)

ライトタックルで非常に使い勝手の良いサイズが1.5gだと思います。投げた感触、巻いている感触どちらとも感じやすいので水中を想像しやすく釣りがしやすいです。

 

アジやメバルをフォールで喰わせるには1.5g程度が筆者の経験上 ベストでした。

 

 

尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)  0.5g

created by Rinker
ジャズ(JAZZ)
¥385 (2024/04/19 09:47:54時点 Amazon調べ-詳細)

活性が悪い時、ゆ~~っくりと魚に見せたい時に使いたいサイズです。1.5gで釣れないときでも、0.5gに替えたら釣れたということも多々あります。活性が低い時などに持っておきたいサイズでしょう。

流石に小さすぎるし、使いにくくない…?

個人的にはめっちゃ使いにくいです、1gを切るジグヘッド。強風の時とかマジで使えません。メバルフロート(浮き)などと併用して飛距離を稼ぎつつ、超ゆっくり落ちて魚にアピールできるようにセッティングしましょう。。初心者は1g、もしくは1.5gを基本として、ラインの扱いにも含蓄がある中級者以上の方にオススメな0.5gです。

 

 

尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)  3g

風が強い状況でも使えるのが2g以上のジグヘッドです。

強風のときや、飛距離が求められる状況では2.5gや3gモデルを検討してみてくださいませ。着底が速いので根魚を狙うにしても最適でしょう。

 

 

 

尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)
インプレ評価:総括

クセの少ない使用感

がオススメなジャズの『尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)』でした。

 

  • フックの貫通力
  • ヘッドの刻印(グラム数)

が素晴らしく、価格の割に使いやすいジグヘッドでしょう。この価格帯くらいのジグヘッドだと重さの刻印なんてまず無いのですが、尺ヘッドはしっかりと

刻印されているので、使っていて

あれ…これ何gだっけ…?
持った感じ2gよりは軽いから1gか?いや、1.5gくらいあるか…?

と悩むこともなく、快適にナイトゲームを楽しめるでしょう。

 

以上、 尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)の評価についてでした。

 

 

 

 

尺ヘッド マイクロバーブ(Rタイプ)SSと相性の良いワーム

 

 

 

釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょう。しかし、検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

おすすめの記事