【マッチングアプリ】タイプじゃない女性でも実際に会ってみたら好印象を持つことはあるのか?

10~20分程度の電話を数回して盛り上がり、話しやすくて良いなあと思ってる相手でも実際会ってみたら冷めた(or冷められた)

 

ということは往々にしてあるのがマッチングアプリ。僕も最初の頃はそのような経験をしてメンタルがヘラった時期があった。あまり思い出したくない記憶である。

 

 

が、落ち込むことなかれ、それがマッチングアプリの常識である。むしろ実際に会って、以降も連絡を取り合う関係でいられることの方がレアケース。僕の場合、17人と会って、2回目以降に繋がったのは5人だ。そう簡単に恋愛が成功するんならマッチングアプリなんて成り立たないからして甘い考えはゴミ箱にぶち込むべきだ。僕もつい後悔デートを思い返しては『甘き死よ、来たれ』をエンドレスリピートしちまうけど、感傷に落ち込んでるヒマはない。

 

 

 

 

 

良いなぁ、と思う相手ですら実際に会ったらフェードアウトされる確率が高い。のであれば、最初から「良いなぁ」と思えない相手に費やす時間は無駄以外の何物でもないように思われる。ましてや実際に会うなんて、もっての外。

 

 

しかし、ネットで探してみると案外

 

実際に会ったら印象変わって、気付いたら好きになっちゃいました///

 

みたいな意見も見受けられた。相手の容姿はタイプとはかけ離れているが、強引な押しに負けて、実際に会ってみたら好印象を抱き、見事ゴールイン。そんな寓話のようなお話もあるらしい。マッチングアプリの手先みたいな女が言ってた意見なので工作の匂いがプンプンするが、疑いすぎても始まらない。

 

 

 

 

今回 僕が実際に会ってきた相手は、そういう女性である。マッチングアプリをはじめて間もない当初、

 

ん~、そこまでタイプじゃないが、とりあえずマッチしておくか…

 

くらいの感じで知り合い、

 

 

若干文字数と温度の差はあったけど、6週間程度メッセージを重ね続けた相手だ。プロフ写真ではタイプではないし、性格的にも合わなそうに感じたけど、会って確かめてきたワケ。

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

概要

数時間前のデート☟

 

ヒマリさんとのデートが終わり、デート相手の職場が近い六本木駅に向かった。

 

 

 

デート相手

マキさん(仮名)。
30代前半のバリキャリ女性。今まで出会った女性の中でもトップクラスの年収。

先述したように若干 メッセージで温度差を感じてしまって、僕の場合はやや引いてしまったが、普通に“良い感じ”の女性だと思う。マッチングアプリ女子によくある

 

返事が1行か2行くらい

 

自分からの質問が皆無

 

といった感じもなく、自分から積極的に話題をくれて、さらには質問まで投げてくれた。

 

普通にしてれば男性も寄ってきそうだが、どういうわけか長年 彼氏がいなく、マッチングアプリは3つ並行してやってるらしい。その熱量が裏目に出てるのか、プロフの自己紹介文から重めな印象を受け、僕が今までデートした相手の中では最も「いいね!」が少なかった。

 

 

 

マッチング経緯
一日平均メッセージ数

マッチング経緯 向こうから『いいね!』
相手の『いいね!』数 100以下
一日平均メッセージ数 5.1通
会うまでの期間 6週間
LINEへの移行 会う2週間前

※メッセージ数の数え方としてはマッチングしてからの3日間と、実際に出会うまでの3日間のメッセージ数を集計し、それらの平均を出して一日の平均メッセージ数としてる。それ以上の正確さを素人の僕には求めないように。マッチングアプリ攻略サイトじゃないぞここは、個人ブログだぞ。

 

 

 

内容・時間

場所 六本木ヒルズ周辺
時間

1時間45分(15:30~17:15)

 

六本木なんて2年ぶりくらいで若干 不安だったけど、マキさんのおススメ店に連れてってくれることになってた。

 

夜ご飯も食べるなら予約しておくけどー?

 

と事前に言われたが、丁寧に断っておいた。

 

 

 

① 六本木駅 日比谷線改札口で待ち合わせ
(15:30)

アンティコカフェでお話
(15:45 ~ 16:45)

③ ウィンドウショッピング
(16:55 ~ 17:15)

 

というタイムスケジュールで動いた。

 

 

 

実際のデート 《ポイント》

当日は小雨が降り出していて、六本木ヒルズのお店に直接集合の予定だったが

 

雨降ってるから日比谷線の改札口で待ってるね(笑)

 

とのことだった。

 

 

 

恐る恐る、集合場所に向かってみると………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

      (第一印象)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果

カフェはちょっと落ち着かなかったけど、ホットチョコレートにデザート等 さいこうに美味しかったです。

 

駄目だった点
  • 外見・性格共に好きでもないのに、会おうとしてしまったところ

 

そこそこ外見の良い女性(多分マッチングアプリが作った偶像、存在しない)は冒頭のように

 

会ってるうちに好きになってしまって///

という逆転満塁ホームランのような戯言を言っていた。

 

 

 

しかし、僕等のような非モテ男性は、好みじゃない女性(特に外見的に)から執拗に『会ってみませんか?』と聞かれても

 

もしかしたら、素晴らしい女性と出会えるかも…

 

な~んて甘い考えは持たず、心を鬼にしても断ろう

 

女性を内面で判断できる度量があるなら別だが、そんなイイ男だったら既に彼女できてるもんオレ達。別に美人を求めてるわけじゃないにしろ、プロフ写真で少しも心を動かされないようなら会わないのが吉。男女問わず、大抵の場合はプロフ写真よりアレな実物が現れるからな。逆転満塁ホームランを狙うのはやめようぜ。そもそもライナーが出てねぇよ。

 

 

 

 

デートしてる最中に

 

(あんまり一緒に歩きたくないぁ…)

とか

(あのカップルよりはイケてるよな…?)

 

なんて思うのは相手にも失礼だし、そんな薄ら寒いことを考える自分にも失望するぞ。

 

 

 

くどいようだが、容姿・性格的に惹かれない女性に『もしかして』を期待して会うのは止めておこう。間違いなく自分にとっても相手にとっても時間の無駄でしかない。

 

でも宇多田ヒカルも『どんなことでもやってみて、損をしたって少し経験値 上がる』って言ってるし…

 

そうかもしれないけど、経験値に対して損がデカすぎる場合もある。マジで相手にも申し訳なくなるからして、やっぱり男は会わない方が良いと思う。

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事