【こんな時期でも まだまだ活気ヨシ!】2020年 初冬 千葉県は外房でヒラメ釣りin堤防

この時期(1月後半)になってヒラメ釣りなんて無理?!

 

 

うんうん!分かるよ!こんなクッソ寒いのにヒラメなんて釣れるわけないよってね!というかこんなクッソ寒いんだから釣りなんてしたくないってね!分かる分かる!ヒラメっていうか、釣りどころじゃねぇよな!

 

 

 

そんなオレの心の中の軟弱者どもの意見をことごとく却下、無視して千葉県は外房の漁港・堤防に行ってきたよ。

 

 

 

 

スポンサーリンク

実釣レポート

 

 

千葉県 外房

 

 

実釣

この前 書いた記事のように オフシーズンの匂いがプンプンするような人気のない堤防になったけど、オレの日本滞在期間も少なくなってきたので気合を入れて釣行開始。

 

 

しかし、まぁ気合入れようが入れまいが釣れないもんは釣れないもんで、昼くらいから頑張ったものの、まったく釣れないので宿に帰って携帯ゲームしていたほうが有意義にも感じたのであと30分やって帰ろうと決意。

 

 

 

それまで投げてこなかった堤防の岸を水平に投げてゆ~~っくりとワームを引いてくると、

 

 

 

むむ!!生体反応!!竿がしなるわしなる!溢れる脳内麻薬!!

 

 

逃がしてなるもんか、とドラグは緩めで調整。

 

慎重に慎重を重ねてファイトしていたので全然 上がってこない魚。。

 

 

 

 

 

 

 

そして・・・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒラメが釣れた!!!

 

 

 

 

 

タモを使うようなサイズじゃないようなサイズに見えたが、どうにか1匹は釣りたかったのでタモアミですくい上げた。

 

 

 

 

☝撮った直後、堤防を叩いて跳ね上がるヒラメの写真。

魚体を照らす夕日が綺麗。

 

 

 

 

 

さて、気になるサイズは~~

 

 

 

 

 

 

ギリギリ40㎝ってところ。迷うことなくリリース。

 

外房のヒラメはこの時期でも活きが良いようで、サイズの割に素晴らしい引きだった。

 

 

 

 

潮が良くなってきたのか、このヒラメを皮切りにアタリが連発するようになった。

 

 

 

 

が、日没になってしまい、一眼レフもライトも忘れたので写真は撮れず。。。

 

その後は、もう一匹 ややサイズアップしたヒラメ(45㎝)を追加して、完全に日没を迎えてからはシーバス、メバルが飽きない程度に釣れた。

 

 

 

8時半くらいまで堪能して納竿。冬なのにすっごい楽しかった。

 

オフシーズンじゃ、、、ないのか??いや、人がいないだけ、、、、なのか???

 

 

 

 

まとめ

出先ということもあって、全部リリースしようと思ったけど、思った以上に良いサイズ、型のメバルが釣れたのでお持ち帰り。メバルは24㎝と25㎝。肉厚で良く引いた。ワームはいつものパワーシラスじゃなくって、グラスミノーのMサイズ。このサイズのグラスミノーでメバルを釣ったのは久しぶりだった。

 

 

 

お魚は旅館の近くの居酒屋さんに持ち込んで調理を頼んでみると快く承諾してくれて、1匹のメバルは煮付けに、ヒラメはお刺身で頂けた。メバルの煮付けがよ~~く味が染みていて、どことなく独創的で絶品だった。写真を撮る暇もなく完食してしまった。

 

 

 

以上!

 

寝る!!!

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事