【高いけど!】がまかつ レンジスイマーの実釣インプレ評価まとめ【頑丈&飛距離が良い!】

色々ありすぎて迷う…

というジグヘッド。

昨今ではヒラメ・マゴチのようなフラットフィッシュも人気の魚種になり、店頭に並ぶジグヘッドの種類も格段に増えた気がします。

 

そんな中で、

信頼度の高いジグヘッドは?

と聞かれたらオススメしているのが、がまかつのレンジスイマーというジグヘッド。他に比べて若干 飛距離が良いように感じ、フックもタフ。本文で書きますが、ある程度はバラし必須のシーバス相手にも高い釣果を叩き出しています。

 

 

というワケで今回は『がまかつ レンジスイマー』を使ってみての感想・インプレについてまとめていきます。特に使用感については詳細にまとめていくので、検討している方は是非 参考にしてみてくださいませ。

 

 

 

 

がまかつ レンジスイマー
どんなジグヘッド?

今回紹介するのはレンジスイマーの中でも特にフラットフィッシュに適していると評される「ロングキャスト」モデルですが、ぶっちゃけ従来のモデルより重い&フックが大きい(5インチ想定)という点くらいしか変わらないので、ベーシックモデルを検討している方も参考にしてもらって大丈夫だと思います。

 

それではまずはざっくりとレンジスイマーのスペックを紹介。

 

 

スペックざっくりと
がまかつ レンジスイマー

公式アイテムページ がまかつ
自重(g) 7/10/14/18/21/24/28/35/42
個数 4~3個
コスパ
おすすめ度
メーカー紹介文

フラットフィッシュゲームにおいて、近距離のフィッシングプレッシャーの高まりにより飛距離が必要なサーフや急深・急流エリア攻略に対応したヘビーウエイトジグヘッドです。ヘビーウエイトでありながら、やや前方に配置されたラインアイが過度なルアーのボトムコンタクトを抑制し、ボトムを切ったレンジ攻略を可能にしました。フックは5インチクラスのワームの使用や大型ヒラメを想定したヘビーデューティー仕様。状況に応じてフックを上向き・下向きにもセッテイング可能なリバーシブルアイ採用。アイはアシストフックやブレードの装着等、様々な使用が可能です

引用:がまかつ「レンジスイマー ロングキャスト」

 

 

 

アイが2方向!

アイが2方向にあるのもレンジスイマーの特徴。

基本的には上のようにフックが上向きになるようにセッティングすることでボトムでの姿勢安定に優れ、根掛かり回避や鈎先の保護になります。ヒラメやマゴチなどのフラットフィッシュゲーム等に適しています。

 

シーバスのような捕食がドヘタな魚を狙うには下向けセッティングも有効らしいです。ジャークで切れのよいダートアクションを演出できるようにもなり、底方向からのバイトを確実にフッキング。個人的には根掛かり率が格段に上がるので使ったことがありませんが、表層から中層を狙うシーバスアングラーは使ってみる価値があるかもしれません。

 

また、一方のアイにトレブルフック、オーナーのヒラメシャフトなどを使って孫鈎を装着することも可能です。シンプルながらに色々と工夫のし甲斐があるレンジスイマーでしょう。

 

created by Rinker
オーナー(OWNER)
¥216 (2024/06/23 13:05:53時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

がまかつ レンジスイマー 実釣インプレ

実際にがまかつ レンジスイマーを使ってみての所感、評価をまとめておきます。

よければ参考にしてみてくださいませ。

 

 

飛距離が良い!

飛距離はとても良い!

ように感じたレンジスイマーでした。

21gは重さがあるので飛距離を出したい状況で、手返し良くボトム取れる重さがあります。絶対に底をとる必要のあるヒラメ・マゴチ狙いに最適。はじめてのポイントでも安定して釣果を上げてくれる所以でしょう。

 

筆者は基本的には

飛距離は他のメーカーのやつより抜群ですな

というレビューには疑心暗鬼、しょせん鉄だろが…と思うのですが、やはり若干の差はあるように感じます。流石に「がまかつ」という看板は背負ってねーぜ。

 

 

耐久力(塗装・フック)も◎

他のジグヘッドより頑丈?

に感じたがまかつのレンジスイマー。上の写真に写ってるレンジスイマーは釣行8回目。軽く見積もっても50投以上はしており、たまにキャストミスして堤防に叩きつけてたりしましたが、御覧の通り。まぁまぁ綺麗。

 

 

激安ジグヘッド「ジグパラ ブン太」に比べると明瞭な差。あっちはあっちで格安なので甲乙つけがたいですが、とにかくジグヘッドにも信頼と安心を求めるなら是非、がまかつのレンジスイマーを選んでほしいところ。

 

 

 

フックの刺さりも良い!

バラしやすいシーバス

相手でも比較的、キャッチ率が高いように感じたレンジスイマーでした。マジでシングルフックのジグヘッドでのシーバスキャッチ率は鬼低いのですが、今んところ6バイト4キャッチ。こればかりは運要素もありますが、21gという重さの割にはキャッチ率が高い気がしました。

 

 

ちなみにヒットルアーは全部 ミドルアッパーによるもの。

 

 

上の動画のように、シーバスがいるところを泳がせれば結構な確率で喰ってくるセッティングなので、

合わせるワームはまだ決めてない…

という方は是非 参考にしてみてください。ヒラメ相手ならバルトが最強な気がしますが、シーバスも狙うならピンテール系の微波動ワームは強いでっせ。

 

 

 

 

 

がまかつ レンジスイマー
おすすめモデル3選

サイズバリエーションが豊富ながまかつのレンジスイマー。

どれを選べばいいんだ…?

という方に向けて、簡単におすすめモデルを紹介しておきます。

 

レンジスイマー 7g

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥793 (2024/06/23 13:05:54時点 Amazon調べ-詳細)

堤防やドッグ内など、そこまで飛距離を重視しない状況では7gのレンジスイマーがおすすめです。他モデルよりも軽い分、フォールスピードも丁度良く、シーバス相手には最適。

 

 

レンジスイマー 18~21g

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥792 (2024/06/23 13:05:54時点 Amazon調べ-詳細)

ヒラメを狙うなら18~21gの、重いモデルのレンジスイマーがおすすめです。

14gでも良いのでは…?

まぁそれはそうなのですが、筆者的には「飛距離」を出したいときに使っているレンジスイマーです。10フィートを超える長尺ロッドで使うことが多いので、18~21gの重量モデルが一番 竿をしならせてくれて飛距離も良いです。

 

逆に14gなら他のジグヘッドでも良い気がするので(それこそムゲンヘッドとか…)、あえてオススメモデルを紹介するなら18~21gの重量モデルが筆頭に上がります。

 

 

レンジスイマー ロングキャスト35g

とにかく飛距離が重要なシチュエーションでは、レンジスイマーの中でも特に重い「ロングキャスト」モデルを選ぶと良いでしょう。従来のモデルに比べて入り数が少なくなりますが、その分 フックが更に大きく頑丈になり、超大型ヒラメとの強引なファイトでも安心に。

 

 

 

がまかつ レンジスイマー
インプレ評価:総括

とにかく頑丈で飛距離が良い!

というのがレンジスイマー(ロングキャスト)のインプレ総括です。

 

本文でも述べたように、

  • 他ジグヘッドよりも(若干)飛距離が良い
  • フックが頑丈かつ刺さりが良く、シーバス相手でも驚異のキャッチ率

と、素晴らしい釣果を叩き出しているジグヘッドです。ベーシックモデル(タイプリバーシブル)が4本入りなのに対し、ロングキャストモデルは3個と入り数が少ないですが、それでもなお、限界貧乏な筆者が使い続けているには理由があるのです。

 

 

以上、がまかつのジグヘッド「レンジスイマー」のインプレ評価についてでした。

 

少し高いけど、それ相応の利点はあります。ある程度ポイントを熟知した方や、とにかくジグヘッドにも信頼度を求める堅実な方におすすめです。よければ参考にしてみてくださいね。

 

 

created by Rinker
Gamakatsu(がまかつ)
¥792 (2024/06/23 13:05:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

 

シラスヘッドと相性の良いワーム

 

 

 

釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょう。しかし、検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ 陸っぱりへ

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

おすすめの記事