【衝撃!海外の安宿】バックパッカー宿で同室のカップルがセックスし始めたときの対処方法

こんにちは。

表題の通りです。まさかの事態にピュアなワタクシ、非常に驚きました。

 

というのも7時くらいに現在宿泊しているバックパッカー宿のドミトリー部屋に帰って、最近購入したワイヤレスイヤホンを装着してYoutubeを見ていたんですけど、うとうとして眠っちゃいまして。11時ごろ起きたら既に消灯されていて、なにやら妙な音がするんですよ。シュル….シュル……という多分 シーツのこすれる音とジュリ…..ジュリ…..というおそらく固くて太い毛のこすれる音、そして極めつけにピチュ….ピチャ…..っていう多分 オーラルの方か生殖行為の音。ワタクシ、すぐ気づきました。

 

 

 

 

 

 

セックスや!!!!!

 

 

 

 

もう明らかにセックスのアレなんですよ。幼少期から日本の性教育を必要以上に熱心に学んだだけでは足りず帰宅後にも予習復習、義務教育を終えてもAVというAV(Audio Visible)機器で学んだ私です。うつらうつらではありましたがすぐに気が付きました。あ、これセックスや、と。関西出身ではないのですが何故か脳内で叫んだのがそれでした。セックスや!

 

 

 

今回は後日、私と知人数人で協議した後の『バックパッカー宿などの安宿で同室のカップルが行為に及んだ際の対処方法』のいくつかを紹介していきたいと思います。

 

 

 

 

対処方法

 

 

対処方法①:明かりを点ける

イギリス人の知人の対処方法がこれでした。

今まで色々な国の安宿に泊まってきた彼ですが、そのようなことは頻繁にこそないものの、たまには遭遇する類の話だそうでした。

 

彼曰く、ほとんどの場合は部屋の電気を付ければ行為は収まる場合が多いということでした。まぁ普通に考えればビビりますよね。急に電気ついたら。

 

しかしデメリットとしては、夜中の場合は熟睡しているほかの人を起こしてしまったり、電気を消したら行為を再開されてしまったりすることもあったようで(イタチごっこかな?)、聞いた感じ 諸刃の剣だなぁ、と思いました。

 

 

対処方法②:友達と話し始める

ハンガリー人の対処方法です。

 

ほかの人が部屋にいるにも関わらず行為に至る彼等カップルの思考回路は『同室の人はみんな寝ていたり、イヤホンで音楽を聴いていたりするから大丈夫だろうというありえないほどの非現実的思考だから『オレらはバリバリ起きているんだぞ』ということを徹底的に知らしめるべく考え出された案でした。

 

こちらもほどよい声量で話さないと周囲の人を起こして逆にこっちあが注意されてしまう場合があるので注意が必要とのことでした。

 

 

対処方法③:受付に言う

一日目が我慢しようという平和的解決方法です。

 

安宿の受付の場合は、その手の話には慣れていることも多いらしく、とても簡単に部屋を変えることができます。なお、受付の人からどのカップルが行為をしていたのかなど、結構 詳細に聞かれる場合があります。堂々と答えましょう。

 

 

対処方法④:受け入れる

最初に同室のカップルのセックスを目撃したときの私の対処方法がこちらです。受け入れる。自分で言うのもアレですが、流石です。流石 仏教の国 日本で生まれ育っただけある。現実に立ち向かうのではなく、受け入れる。諸行無常。『一切皆苦(人生は思い通りにならない)』ということを認めないことが苦しみ・悲しみの大きな原因なのです。決してどうすべきか分からず狼狽えていたワケじゃあないんですホント。

 

 

で、実際にどうやって私が受け入れたか、についてですが、ずばり彼らの奏でるリアルな音を聞きながらエロ動画・画像を見てました

 

 

考えてみたんですよ。この状況はどうすれば好転するのか、と。そうしたら滅多にない機会なことに気が付き、どうにかこの貴重なチャンスを活かしたいと思いまして。そういうワケで思い付いたのがエロ動画・画像の閲覧でした。すぐ傍で行為中のカップルがいる状況で見るエロ画像の凄まじさたるや。私以外に傾聴することのできない音、感じることのできない独特な雰囲気で見るということが得難い付加価値となりました。さながら4Dシネマのような臨場感でした。まぁオナ禁しているのでアレでしたが、、、、、

 

 

 

変態だなんて罵らないでください。ごもっとも。私に変態チックな一面があることは認めます。が、おそらく普通の人なら対処方法が分からずに部屋を出て行ったりして自分自身にストレスを溜め込んでしまうことでしょうが、私の場合は彼らの周りの人を考えない暴力的な性欲を私自身の娯楽として昇華したというところに創意工夫があったと思います。だって誰も傷ついていないんですからね(2時間後 『オレなにやってんだろ…..』と気持ちが冷え込みましたが…..)。

 

 

とにかく、方法は様々ですが、『受け入れる』というのも立派な対処方法です。お試しあれ。

 

 

 

まとめ

というわけで表題の通り『安宿で同室のカップルがセックスをした際の対処方法』についてまとめさせていただきました。

 

総括すると、『オレらはまだ起きてるんだぞバカヤロー』ということが相手に伝われば自然と行為は収まるということでした。方法は色々とあります。是非 ご自身でも考えてみてくださいね。しかし、実際 現場に出くわすとドキドキして考えられなくなります。そんなときは今回 私が紹介したやり方についても試してみてください。

 

 

 

別に同じ部屋のカップルがセックスし始めたからって気にしすぎでしょ。童貞かよ』という感想を抱かれる方もいらっしゃるかもしれませんが、気になるんですよコレが。同じ経験をした人のほぼ全員が『イライラする』、『非常識』という感想を抱いていましたからね。そういうサバサバ系(笑)な意見を持っている人はもうイタリア人とかと付き合ってろ。普通に考えたら気になるだろ。オレが昔飼ってたクワガタですら餌のゼリーの上で交尾してたカブトムシのオスを後ろからギチギチと挟みこんで投げ倒してたからね。オレの頭には不運なことにもクワガタみたいな立派な角がないだけで、あったら挟みこんで投げるよ。あとオレは童貞だよ。

 

 

 

ということで話も脱線したところで今日は、この辺で。。

バイバイ。

 

 

 

 

日本ブログ村に参加しております。

上位にいるときはモチベーションが上がって 記事の更新頻度が上がったりします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
おすすめの記事