【名作ルアーロッド】ルアーマチックを4年以上使い込んでみた【インプレ実釣感想記事】

安いモノを購入しても性能が低いし…

高いモノはそもそもオーバースペック感が否めないし…

安いモノを買ってすぐに壊れたらバカらしいし…

初心者なのに見合ってない高価なモノもってて釣れなくてもダサいし…

 

 

そこそこの値段で、素晴らしい性能のルアーロッドを買いたい

と欲張りな貴方(そして過去の私)。

貴方に強くおすすめしたいのがAmazonのロッド・竿の売り上げランキングで長らく1位の座を占拠しているSHIMANO(シマノ)の《ルアーマチック》です。

 

 

今回は、そんなルアーマチックについてのインプレ記事!

 

 

追記:売ってない?
どうも生産中止した説が濃厚で、

どこにも売ってないんだけど??
という迷える読者が多いようです。SHIMANOの製品ページからも(MBシリーズではない)ルアーマチックの紹介ページが消えていたことからも、生産は中止してしまった説が浮上しています。ご購入を検討される方はおはやめに…!

 

 

SHIMANO ルアーマチックULシリーズ
インプレと感想まとめ

幅広いルアーゲームに対応

高性能&充実バリエーション

メバル、アジといったショアからのライトルアーゲーム、シーバス、アオリイカ、ショアジギング、はては淡水でのバス・トラウトゲームまで、幅広いルアーターゲットに対応するハイコストパフォーマンスロッドが「ルアーマチック」。

幅広い釣りが楽しめ、かつシマノの品質とリーズナブルさを兼ね備えており、初心者向けのエントリーモデルの釣り竿としてもおすすめです。

引用:SHIMANO

 

 

SHIMANO ルアーマチックULシリーズ
基本スペック

全長継数仕舞寸法自重適合ルアーウェイト適合ライン(PE)グリップ長さカーボン含有率商品コード
S70UL2.142109.5830.8~100.3~0.810680.833884 6
S76UL2.282117900.8~120.3~0.813778.933885 3

引用:Shimano Lurematic

 

 

 

SHIMANO ルアーマチックULシリーズ
【4年以上使ってみて】おすすめポイント

とにかく筆者がおすすめしてやまないルアーマチックULシリーズ。

実際に4年以上使い込んでみてのインプレと、おすすめポイントについてまとめてみました。

 

 

SHIMANO ルアーマチック:インプレ感想①
丁度良い適合ルアーウェイト

ルアーウェイトが丁度良い…!

というのもおすすめポイントの一つ。漁港などのお手軽な場所でルアー釣りをするときに、

  • メバル・アジを狙う際の『0.6~3g』
  • 根魚を狙う際の『7g前後』

を自在に操れるので非常に釣りの幅が広がります。初心者の方で

ライトゲームをやりたいんだけど、どんなルアーロッドが良いんだろう…?

と迷っている方がいたら強くおすすめしたいルアーマチック。丁度良いルアーウェイトなので繊細なアジングやメバリングに最適だと思います。

 

 

SHIMANO ルアーマチック:インプレ感想②
自重が軽く、疲れない!

  • S70ULならば83g
  • S76ULならば90g

と恐ろしいくらい軽量なのもルアーマチックの特徴です。ほんとコレ1万円以下で買えるのが不思議なレベル。。

 

特にメバルはポイントを見つけるまでに何度も竿を振ったりして探索する必要があります。数グラム違うだけでも結構 疲労感が違います

たかが数グラムで…??

と購入前の筆者も思いましたが、4年以上使い込んでみて『軽いのは良いことだ…!』と感動しています。この竿じゃなかったら疲れて諦めていた釣行があったと思いますホント…。

 

※ちなみに同じルアーマチックでもS70MLだと145g、S66Kでも125gと結構な差があります。購入する際は、間違えないように気を付けましょう。

 

 

SHIMANO ルアーマチック:インプレ感想③
デザイン・外装の美しさ!

外装の綺麗さもおすすめポイントです。

 

エメラルドのような力強い深碧色

星を散らしたように煌めくような精巧な塗装

と、筆者の一軍ルアーロッドの中でも最上級に気に入っています。長年使ったので愛着もあるかもしれませんが、スタイリッシュで高級感のある良いデザインだと思ってます。

 

 

SHIMANO ルアーマチック:インプレ感想④
尺メバルの引きも楽しめるパワーとしなり!

対象魚がメバルやアジ、というルアーマチックULシリーズ。

20㎝くらいの魚でも竿がしなり、魚と強烈に格闘している感じがして楽しいです。小魚の引きを最大限に面白くしてくれて、尺メバルにも負けないパワーもおすすめポイントの一つでしょう。

 

もう、本当にギュンギュンと、グングンと魚の引きが堪能できます。竿の柔らかさがUL(ウルトラライト)だからというのでしょうが、それにしたって魚とのファイトが強烈で面白いです。20㎝のメバルでも、使い始めた当初は結構な大物と勘違いして『タモ出してタモ!』と同行者に言ってましたしね。

 

 

ちなみに筆者の実釣レポートでは度々使用される☟

この画像。ルアーマチックのしなりを参考にして描いていたりします。

 

 

 

 

ライトゲームにおすすめ!
ルアーマチック ULシリーズ

ルアーマチックには『シーバス』、『エギング』などの色々なモデルがあります。今回は、その中でもライトゲームに特におすすめできる、ルアーマチックULシリーズについて紹介してみます。

 

 

繊細な釣りをされる方におすすめ!
ルアーマチック 《S70UL》

アジングロッド おすすめ『SHIMANO ルアーマチック』
アジングロッド おすすめ『SHIMANO ルアーマチック』1
アジングロッド おすすめ『SHIMANO ルアーマチック』2
アジングロッド おすすめ『SHIMANO ルアーマチック』3
アジングロッド おすすめ『SHIMANO ルアーマチック』4
previous arrow
next arrow
型番S70UL
長さ(m)7フィート(2.1m)
自重83g
竿の硬さ UL
適合ルアーウェイト0.8~10g
おすすめ度

 

後述するS76ULに比べて少々軽く、短くなっているので繊細な釣りのアジング・メバリングなどに最適です。価格の安さ&価格以上の使いやすさが魅力的で、初心者でも振り抜きやすいので軽いジグ単ワームも良く飛びます。30cm程度の魚ならそのまま抜けるバットの強さも頼もしいです。最初ルアーロッドで迷っている方や予備ロッドを探している方にも強くおすすめしたい傑作ルアーロッドです。

 

 

 

少し重いルアーも投げてみたい方におすすめ!
ルアーマチック 《S76UL》

アジングロッド おすすめ『SHIMANO ルアーマチック』
アジングロッド おすすめ『SHIMANO ルアーマチック』1
アジングロッド おすすめ『SHIMANO ルアーマチック』2
アジングロッド おすすめ『SHIMANO ルアーマチック』3
アジングロッド おすすめ『SHIMANO ルアーマチック』4
previous arrow
next arrow
型番S76UL
長さ(m)7フィート(2.3m)
自重90g
竿の硬さ UL
適合ルアーウェイト0.8~12g
おすすめ度

 

ショートグリップなので手返し抜群な操作性。最小対応ルアーウェイトは0.8グラムですが、十分なしなやかさとテンションがバランス良く保たれてる印象です。勿論 アジ・メバルなどの小魚も狙えるし、45㎝くらいのヒラメでも普通にファイトできる、万能ルアー竿の呼び声高いS76ULです。

 

 

 

 

 

SHIMANO ルアーマチック ULシリーズ
インプレと感想:総括

デザイン
携行(持ち運び)性能
使い勝手
コスパ

同じ価格帯で、以上のアジング・メバリングロッドを探すのは困難だと思います。SHIMANOという絶大な信頼感・本文中で述べた性能的な利点など、素晴らしいコストパフォーマンスのルアーマチックです。

 

高感度・ティップの柔軟さ等、ライトゲームに最適のルアーマチック。現在 あなたがルアーロッドを探しているならば是非、検討してみてくださいね!

 

 

それでは。

 

 

 

 

 

こちらも読まれています

 

 

 

 

釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょう。しかし検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

おすすめの記事