【万能!】シマノ『EXSENCE BB 4000HGM』インプレ&実釣感想まとめ

1万円って、高いよな?

 

釣り具メーカーとして名高いブランドのリールを見てるとつい1万円が小銭(はした金)に思えてしまうが、1万円は高額である。そこの価値観が合っていないと以降、僕が何を言っても

 

それ、ステラでよくね??w

 

となってしまうので注意。

僕のように1万円を出し渋るような疑り深い感性 & 切羽詰まったお財布事情をお持ちの読者のみ、読み進めてくれ。。ブルジョワジーの方はブラウザバックしてステラでもイグジストでも好きなヤツを買っててくれ。

 

 

 

しかしステラまでいかずとも、良いリールはすべからく1~2万円前後はしてしまうことが多い。1万円以上出すのならば、それなりにデザインが格好良い・価格に見合うだけの性能も求めていたのが去年の僕の気持ちであった。

 

 

 

同じように、

 

シーバスを釣るのに十二分な性能のリールが欲しいんやけど

 

質感リーリングの軽さ剛性を兼ねそろえて、なおかつコスパが良いリールを探しているんだが

 

 

と言う方は必見。『SHIMANO エクスセンス BBシリーズ』という素晴らしいリールがあってな……?

 

 

 

 

今回はタイトルにもあるように、そんな記事である。

エクスセンスBBについて、使用歴1年の新参者ではありますがレビュー&インプレさせていただきます。

 

 

 

 

 

 

『EXSENCE BB 4000HGM』のレビュー&インプレ

BBシリーズでは初となるXプロテクトを搭載し、鉄壁の防水性能モデルへと生まれ変わった新生エクスセンスBB。さらに、HAGANEギアを搭載したことで、モデル史上最高の高耐久性を手に入れ、ショアゲームをはじめ、ウェーディングやボートなど多彩なシチュエーションで、ガンガン使い込める一台へと革新した。加えて、ビッグシーバスと対峙しても優位に展開するため、アングラーの瞬時の判断に即座に応えるラピッドファイアドラグを採用。クラスを超えた高スペックを備えただけではなく、デザインもハイグレードなものへと一新し、ランカーシーバスを目指すアングラーをさらなるステージへと導く。

引用:SHIMANO 製品ページ

 

 

 

『EXSENCE BB 4000HGM』のスペック

自重 290g
スプール寸法 51/17mm
実用ドラグ力 6.0kg
最大ドラグ力 11.0kg
PEライン巻取り量(号/m) 1.5-200/2-150
最大巻上量(ハンドル一回転) 93cm
ハンドル長 55mm
ギア比 5.8

 

 

 

『EXSENCE BB 4000HGM』を1年間使ってみて

それでは実際に1年間、みっちり使用してみての所感・インプレを書いてみる。

 

 

 

恰好良い…!

なんといっても格好良いのがポイント。

 

 

金ピカ系のリールは持っている竿と合わない気がしたので、銀色を基調としたエクスセンス BBを購入したんだけど、コレが正解だった。併用しているフリーゲームXTシリーズの竿と最高に馴染む気がする。1年経った今でも、使うたびにモチベーションが上がる良いデザインのリールである。

 

 

 

ランカーシーバスでもすんなり!

初めてのランカーサイズのシーバスでも、すんなりと寄せられたくらい頼もしいリールだと思う。想定外に90㎝を超すシーバスをかけたときでも心乱されず楽しめる。足元で急に突っ込まれたときでも魚に主導権を渡さないためのドラグが調整しやすかったりとと非常に有能。

 

 

また

 

ドラグ性能も良いらしく、シーバスのエラ洗いなどにも柔軟に対応。たわむことなく、糸がスムーズに出てくれるので、ヒットした後にバラしがちだった40~50㎝ほどのシーバスも楽々キャッチできるようになった。

 

 

スプール寸がデカい ≒ 飛距離が出る!

至極当たり前な話になるが、エクスセンス BB 4000HGMのスプール寸法が今まで使っていた2000~3000番台のスピニングリールに比べて大きい。ので、キャストしたときの摩擦係数も少ないので飛距離も出た

 

 

僕が遠投が必要な時に使ってる竿との相性も素晴らしく良いそうで、とにかく飛距離が出る。そんじょそこらの人じゃ届かないようなポイントにまでルアーを飛ばせるので、他の釣り人が打ち尽くした場所でも上のような大物を釣れることが多かった。

 

 

 

 

 

『EXSENCE BB』シリーズ

現在、SHIMANO EXSENCE BBシリーズでは

  • C3000MHG
  • 3000MHG
  • 4000MHG
  • 4000MXG

の4種類が発売されている。

 

個人的なおススメを2点だけピックアップさせておくので、是非 商品ページに飛んで見てほしい。

 

 

エクスセンス BB C3000MHG

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥14,180 (2022/09/25 19:27:45時点 Amazon調べ-詳細)

 

エクスセンス BB 4000MHG

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥14,575 (2022/09/25 15:07:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

総括『EXSENCE BB 4000HGM』

見た目(デザイン)
携行性
使い勝手
コスパ

 

今回 僕が紹介したのは『14 エクスセンス C4000HGM』だ。数年たつとバージョンチェンジするSHIMANOさんなので、現在販売されているのは『20 エクスセンス C4000HGM』。シリーズ14と比較すると、そもそもデザインが大幅に違うのもあるが、

 

 

HAGANEギア

 

これまで多くのシマノスピニングリールに搭載してきたHAGANEギア。NEWエクスセンスBBでは、上位機種同等の新設計HAGANEギアを搭載。それによりワンサイズ上のリールギア強度を実現しました。

 

 

Xプロテクト

 

撥水効果とラビリンス構造を複合することで、回転の軽さを損なうことなく、水圧にも耐える防水性能を実現。搭載箇所はラインローラー部とボディ(ローラークラッチ)部。特にラインローラーの耐久性は5倍以上もアップしています(対当社従来品)。

 

 

ラピッドファイアドラグ

 

ドラブノブの回転数に対するドラグ力の変化が大きく、ストラクチャー周りで魚を止めたいとき、足元で急に突っ込まれた時など、瞬時にドラグ調整をしたいシチュエーションで非常に有効な機能です。

 

など、最新版のエクスセンスの方が機能的に大幅改良されているようだ。

 

 

 

10ステラよりも良い!』等レビューも上々。

デザインも艶ナシブラックと、シックで格好良い。いまのところ14年エクスセンスが万事快調なので買い替える予定はないが、不調があれば躊躇なく購入すると思う。時代の移ろいはあれど、その発売時期でトップクラスのコスパを実現させてくれるエクスセンスBBシリーズだ。あとはもう、デザインで購入しても、そんな失敗することはないだろう。

 

 

 

どのシリーズにも言えるのは“コスパ以上の性能のエクスセンスBB”ということである。気になる人は購入に踏み切ってほしいところ。迷われているようなら、是非。

 

 

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥14,575 (2022/09/25 15:07:17時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

エクスセンスBBでの実釣記事

 

おすすめの記事