【2024年】シマノのスピニングリール(4000番) おすすめ16選【コスパ重視!】

圧倒的ブランド信頼度!

のシマノ(SHIMANO)です。

釣り初心者がスピニングリールを選ぶのなら、まず間違いないブランドであり、

サーフや河口で釣りするから飛距離が必要なんだけど…?

ライトショアジギングをやりたいんだけど…?

投げ竿に合わせたいんだけど…?

という方に総じて人気なのが4000番台のスピニングリールです。

 

 

今回は皆さんに分かりやすいように

  • スピニングリールの選び方
  • おすすめスピニングリール(4000番台)

の順に紹介していきます。

 

 

 

メリット&デメリット
4000番を選ぶ理由

長尺ロッドに最適

なのが4000番のスピニングリールの一番のおすすめポイントです。10フィートを超すロッドに合わせるとタックルバランスが良く、気持ち良いくらいに飛距離が出ます。

 

 

端的にポイントを列挙すると、

  • サーフ・ショアジギングでも十分使えるスペック
  • シーバスのような一般的なルアー釣りも可能
  • 投げ竿のような長尺な竿に合わせやすい大きさ・自重

といったメリットが魅力的です。

 

最強じゃん
デメリットはないの?

他モデル(3000番台など)に比べて自重が重いことでしょうか。

 

ある程度釣りをしてきて、4000番以下の番手を愛用してきた方からすると『ちょっと重いな…』と感じられる自重になっています。アジングやメバリングのようライトゲーム、チョイ投げ釣りでは無用の長物。

  • 投げ釣りやカゴ釣りのような大型仕掛け
  • 青物やシーバスのような大型の魚

をメインで楽しむ方にとって最適な番手が4000番台となっています。

 

 

 

大型・重い仕掛けを使った釣りに使える4000番台!
スピニングリールの選び方

それではシマノ製4000番台のスピニングリールについて、番手以外のチェックポイントを紹介していきます。

 

すこし長くなりますが、間違ってヘンテコなスピニングリールを購入しないためにもチョットだけ基本を学んでおきましょう。

 

 

チェックポイント①:
『ギア比』について

ハイギアモデル

が万能に使えるため、おすすめです。

ギア比って、そもそも何?

ハンドルを一回転させて何回スプール(ローター)が回るか、というのが『ギア比』という数値です。

 

5.2:1』のような値で表示されます。

上のような数値の場合、ハンドルを一回転させるとスプールが5.2回転するという意味になります。

 

そんなギア比、メーカーにも多少異なりますが、シマノでは大まかに

  • 5以下 → ローギア
  • 5~5.7 → ノーマル(スタンダードギア)
  • 5.8以上 → ハイギア
  • 6.2以上 → エクストラハイギア

というように呼ばれています。

 

シーバスやライトショアジギングなどをされる方はハイギアモデルがおすすめです。逆にヒラメやマゴチなどを狙う際 できるだけゆっくりと巻きたい方はノーマルがおすすめだったりします。基本的にはルアー釣りをやるのであればハイギア以上のモデルがおすすめですが、自分の目的に合ったギア比を選びましょうね。

 

 

チェックポイント②:
『ドラグ機能』について

『魚の引き』に対応する

のがドラグ機能になります。この性能によって、魚が強く引っ張ったときにスプールが(逆)回転し、糸が切られてしまうコトを防ぎます。各リールによって『最大ドラグ力』というのが設定されていますが、それは『このくらいなら耐えられますよ~』という指標として捉えてくれればOKです。

 

『最大ドラグ力』はそこまで…

そこまで気にしなくて大丈夫です。

シマノの4000番スピニングリールであれば最大ドラグ力は9㎏ほどはあります。ドラグ機能を活かせば、どんな大物でも釣り上げるコトができるので、特に気にしなくても大丈夫です。

 

『ドラグ性能』は重要

とにかく飛距離を出したい!

といって細糸(PE0.8号以下など)で釣りを楽しむ方は注意。シビアな釣りが要求されるので、ドラグ性能が良いスピニングリールを選びましょう。一般的に安い(3000円以下)のスピニングリールはドラグ機能が悪く、スムーズに糸が放出されずにラインブレイクが多発します。

 

ワゴンセールの糸付きスピニングリールを選ぶよりは、化粧箱に入っているような価格帯(大体6000円程度)のスピニングリールの方が長く使っていけるためコスパが高いと思います。

 

 

チェックポイント③:
『自重(軽さ)』について

『軽さ』は非常に重要

です。疲労感と直結するのがスピニングリールの自重。

じゃあできるだけ軽いモデルを選んだほうが良いじゃん!

ただ、軽量化に伴って価格が上昇する傾向があるので、そちらはお財布と相談しましょう。ある程度釣りに慣れている人なら軽量モデルの恩恵を十分に感じられますが。コスパを重視するのであれば、1万円前後の現行モデルが最もコスパが高く、自重の軽さも優先させられるでしょう。

 

 

チェックポイント④:
『ライン(釣り糸)・巻き取り量』について

  • ナイロン(lb-m) 14-125
  • PE(号-m) 1-250

上のように、各スピニングリールによって『糸巻量』というのが決まっています。どのくらいの太さ(強度)が何m巻ける、という指標です。

 

目的の釣りが出来るライン(釣り糸)を、必要な分だけ巻けるかどうかも要チェックです。

 

正直な話、記載されている適性糸巻量よりも多く、少なくもラインは巻けます。が!多すぎたり少なすぎたりするとライントラブル(絡まったり)の原因になりますので注意。推奨されているラインの細さ・巻き取り量をしっかりと確認しましょう。

 

 

というわけで長々説明してまいりました。

以上のことを踏まえれば、皆様にとって最もコスパが高いシマノ製4000番台のスピニングリールが選べると思います。

 

 

 

 

シマノ スピニングリール(4000番台)
おすすめランキング

高い方が釣れるんでしょ?

高いスピニングリールのほうが釣果は上がる?

変わらないと思います。釣りは趣味なので『高いモデルで釣った方が気分が上がる』という方もいますが、あくまで機能を重視するのであれば1万円前後のスピニングリールが最もコスパが高いでしょう。初心者のうちは5000円前後でもメーカー品(ダイワやシマノ)であれば十分だったりもします。

 

それでは、コスパを重視した4000番台のスピニングリールをいくつかランキング形式で紹介していきます。各種、さまざまなスペック(番手・仕様)があります。それぞれ商品リンクを辿るとサイズ選択・レビュー閲覧(各ショッピングサイトで)ができるのでお試しくださいませ!

 

1位:シマノ(SHIMANO)
アルテグラ 4000XG

シマノ アルテグラ
シマノ アルテグラ1
シマノ アルテグラ2
previous arrow
next arrow
公式アイテムページシマノ(SHIMANO)
モデル4000XG
自重(g)270
各適合ライン
糸巻量(lb/号)-(m)
ナイロン:3.5-170,4-150,5-125
PE:1-490,1.5-320,2-240
ギア比6.0
ドラグ力(kg)6.0(実用)/11.0(最大)
おすすめ度
4.97
おすすめポイント
  • コスパ最強スピニングリール
  • モデルバリエーションが豊富
  • 高い制動力・巻き心地が非常に良い
  • C5000XGと比べてドラグ力が変わらず、自重が軽く

コスパ最強のスピニングリールと名高いアルテグラです。お手頃なお値段にも関わらずワンピースベール、Xプロテクト、マイクロモジュール2、サイレントドライブ等、上位機種で装備されている機能が盛りだくさん。糸巻量に若干の差がありますが、ショアジギングやサーフでも十分に使える4000XGです。

 

 

created by Rinker
シマノ(SHIMANO)
¥12,442 (2024/04/19 20:27:01時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

 

2位:シマノ(SHIMANO)
ストラディック 4000XG

23ストラディック
23ストラディック-1
23ストラディック-2
23ストラディック-3
previous arrow
next arrow
公式アイテムページシマノ(SHIMANO)
モデル4000XG
自重(g)275
各適合ライン
糸巻量(lb/号)-(m)
ナイロン(号-m)3.5-170/4-150/5-125
フロロ(号-m) 3-190/4-145/5-115
PE(号-m)1-490/1.5-320/2-240
ギア比6.2
ドラグ力6.0(実用)11.0(最大)
おすすめ度
4.79
おすすめポイント
  • デザインが超カッコイイ!
  • 最高級モデルが搭載してる4テクノロジーを網羅
  • 細部まで徹底したサイレントドライブ
  • 実際の自重よりも軽く感じる『G-フリーボディ』

    2023年発売、ニューモデルとなりデザインがかなり格好良くなったストラディックです。毎度のことながらフラッグシップ(高級)モデルの特徴を搭載しており、満足度が高いです。ギアの耐久性を大幅に向上させるインフィニティクロス。インフィニティドライブにより「巻き」の性能が向上しているのでルアー釣りで使うハイギアモデルでも滑らかな巻き感が得られます。

    最初から良いモノを選びたい!

    という方にオススメです。

     

     

     

    3位:シマノ(SHIMANO)
    ヴァンフォード 4000XG

    シマノ ヴァンフォード
    シマノ ヴァンフォード1
    previous arrow
    next arrow
    公式アイテムページSHIMANO
    モデル4000XG
    自重(g)215
    各適合ライン
    糸巻量(号)-(m)
    ナイロン:3.5-170,4-150,5-125
    PE:1-490,1.5-320,2-240
    ギア比6.2
    ドラグ力6(実用)/11kg(最大)
    おすすめ度
    4.88
    おすすめポイント
    • 自重がとても軽い
    • モデルバリエーションが豊富
    • マグナムライトローター搭載で巻き出しが素晴らしく良い
    • サイズバリエーションが非常に豊富

    マグナムライトローターと軽量ボディによる『巻き出しの軽さ』と『優れた操作性』が特徴のヴァンフォードです。滑らかで静粛性の高いギアフィーリングを叶えるマイクロモジュールギアⅡ、サイレントドライブを搭載し、より繊細なリーリングも可能になりました。ロングストロークスプールによる遠投性能やXプロテクト、HAGANEギアによる耐久性能も非常に高いです。

     

    created by Rinker
    シマノ(SHIMANO)
    ¥23,764 (2024/04/19 16:56:12時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

     

    4位:シマノ(SHIMANO)
    エクスセンスBB 4000MHG

    シマノ エクスセンスBB
    シマノ エクスセンスBB1
    シマノ エクスセンスBB2
    previous arrow
    next arrow
    公式アイテムページシマノ(SHIMANO)
    モデル4000MHG
    自重(g)280
    各適合ライン
    糸巻量(lb/号)-(m)
    ナイロン:10-160、12-120
    PE:1.2-250、1.5-200
    ギア比5.8
    ドラグ力6.0(実用)/11.0(最大)kg
    おすすめ度
    4.90
    おすすめポイント
    • 高級感漂う艶消しブラック
    • 強靭なドラグ力・快適な操作感
    • 実自重よりも軽く感じる(Gフリーボディの恩恵)

    ハイエンドモデル(最上位)の『エクスセンス』の兄弟種が『エクスセンスBB』です。足元で急に突っ込まれたときなど瞬時にドラグ調整をしたいシチュエーションで非常に有効な機能『ラピッドファイアドラグ』が採用されていることから分かるように、比較的大き目の魚種(メインはシーバス)を対象にしているスピニングリールです。デザインも黒塗りでGOOD。

     

    created by Rinker
    シマノ(SHIMANO)
    ¥10,697 (2024/04/19 21:07:44時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

     

    5位:シマノ(SHIMANO)
    ナスキー 4000XG

    シマノ ナスキー
    シマノ ナスキー1
    シマノ ナスキー2
    previous arrow
    next arrow
    公式アイテムページシマノ(SHIMANO)
    モデル4000XG
    自重(g)285
    各適合ライン
    糸巻量(lb/号)-(m)
    ナイロン: 3.5-170/4-150
    PE:1-490/1.5-320
    ギア比6.2
    ドラグ力6.0(実用)11.0(最大)
    おすすめ度
    4.88
    おすすめポイント
    • 軽快なキャスト性能
    • 軽量でバランスが良い
    • 高いコストパフォーマンス
    • 格好良いメタリック銀ボディ

    ビギナーからベテランまで幅広いアングラーに人気の21ナスキーです。リールの回転を支えるメインギア部分にHAGANEギア採用でハードな使用にも対応。今回の21ナスキーからサイレントドライブが初搭載されました。これによりスプールが上下に動く際の挙動やリトリーブを止めた直後の安定感が向上。コアプロテクトによる防水機能でボディ内部への浸水もガードという防御力。コスパが高く、洗練されたシンプルなデザインで長く使えるモデルです。

     

     

    created by Rinker
    シマノ(SHIMANO)
    ¥10,783 (2024/04/19 09:47:27時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

    6位:シマノ(SHIMANO)
    22サハラ 4000XG

    公式アイテムページSHIMANO
    モデル4000XG
    自重(g)280
    各適合ライン
    糸巻量(lb/号)-(m)
    ナイロン(lb-m) 3.5-170
    フロロ(号-m) 3-190,4-145
    PE(号-m)1-490,1.5-320
    ギア比6.2
    ドラグ力6.0(実用)11.0(最大)
    おすすめ度
    4.85
    おすすめポイント
    • ガシガシ使える頑丈さ
    • サイズバリエーションが豊富
    • 価格の割に巻き心地が非常に良い

    2022年のスピニングリールとしては断トツでコスパが高かったのが22サハラです。Gフリーボディの活躍もあってか持ち重りも少なく、快適に釣りも出来ました。価格の割に巻き心地が素晴らしく良く、耐久力もばっちり。見た目がややシンプルすぎる気もしますが、実用性能が半端なく良いです。ルアー釣りは勿論、遠投投げ釣りもしやすい4000XGです。

     

     

    created by Rinker
    シマノ(SHIMANO)
    ¥7,854 (2024/04/19 18:17:06時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

    7位:シマノ(SHIMANO)
    ツインパワー 4000MHG

    シマノ 20ツインパワー
    シマノ 20ツインパワー1
    シマノ 20ツインパワー2
    シマノ 20ツインパワー3
    シマノ 20ツインパワー4
    シマノ 20ツインパワー5
    previous arrow
    next arrow
    公式アイテムページシマノ(SHIMANO)
    モデル4000MHG
    自重(g)230
    各適合ライン
    糸巻量(lb/号)-(m)
    ナイロン:8-130,10-110,12-85
    PE:1-190,1.2-150,1.5-120
    ギア比5.8
    ドラグ力3.5(実用)9.0(最大)
    おすすめ度
    4.87
    おすすめポイント
    • 高剛性・高耐久
    • 自重がめっちゃ軽い
    • モデルバリエーションが豊富
    • 価格が高いのに超人気・高評価続出
    • デザインがカッコ良い(特にメタルボディの質感)

    長い歴史を持つシマノの名作スピニングリールのツインパワーです。特に評判が高いの20ツインパワー(2020年モデル)であり、ボディもローターも金属。デザイン的にも格好良く、長く快適に使っていける超一級スピニングリールです。

    か、価格が…高すぎない…?

    たしかに価格は高いのですが、質実剛健な良いリールという評価のツインパワーです。覚悟の決まっている、これから磯でのヒラスズキ・ライトショアジギングなど極める予定の方におすすめ。あ、モデルバリエーションも豊富なのでライトゲームに特化したモデルもあります。

     

     

     

     

    8位:シマノ(SHIMANO)
    ヴァンキッシュ 4000XG

    23ヴァンキッシュ
    23ヴァンキッシュ1
    23ヴァンキッシュ2
    23ヴァンキッシュ3
    previous arrow
    next arrow
    公式アイテムページシマノ(SHIMANO)
    モデル4000XG
    自重(g)205
    各適合ライン
    糸巻量(l号)-(m)
    ナイロン:3.5-170/4-150/5-125
    PE:1-490/1.5-320/2-240
    ギア比6.2
    ドラグ力(kg)6.0(実用)11.0(最大)
    おすすめ度
    4.60
    おすすめポイント
    • とんでもなく自重が軽い
    • 圧倒的な耐摩耗性のDURAクロス
    • 安定した滑らかなドラグ性能を発揮させるリジッドサポートドラグ
    • インフィニティテクノロジーによる、抜けるようなキャストフィール

    強靱さの中にしなやかさを纏った真の軽さ、という2023年モデルのヴァンキッシュ。圧倒的に自重が軽いこともさることながら、新機能・新素材を使っており、全方向に圧倒的なポテンシャルを纏っています。エアリティと同じように、とにかくルアー釣りを快適に楽しみたい!という方におすすめのヴァンキッシュです。

     

    created by Rinker
    シマノ(SHIMANO)
    ¥48,000 (2024/04/19 12:37:20時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

    9位:シマノ(SHIMANO)
    ツインパワーXD4000XG

    21ツインパワーXD
    21ツインパワーXD1
    21ツインパワーXD2
    21ツインパワーXD3
    previous arrow
    next arrow
    公式アイテムページシマノ(SHIMANO)
    モデル4000XG
    自重(g)245
    各適合ライン
    糸巻量(号)-(m)
    ナイロン:3.5-170, 4-150, 5-125
    PE:1-490, 1.5-320, 2-240
    ギア比6.2
    ドラグ力(kg)6.0(実用)11.0(最大)
    おすすめ度
    4.91
    おすすめポイント
    • デザインがイイ!
    • 自重が非常に軽い!
    • ステラSWと同じバリアコートスプールリングを採用

    大型青物対応、ゴリ巻きが出来る『ツインパワー』のXDシリーズです。自重や防水性能、堅牢(耐久)性など、どれをとっても一級品であり、安心感が極めて強いです。SWほどの防水性や強さはなくとも、とにかく操作性、軽量化を重視してライトショアジギングを楽しむならXDシリーズがおすすめです。

     

     

     

    10位:シマノ(SHIMANO)
    エクスセンスXR 4000MXG

    エクスセンスXR
    エクスセンスXR2
    エクスセンスXR1
    エクスセンスXR3
    previous arrow
    next arrow
    公式アイテムページSHIMANO
    モデル4000MXG
    自重(g)225
    各適合ライン
    糸巻量(lb/号)-(m)
    ナイロン:10-160, 12-120, 16-90
    PE:1.2-250, 1.5-200, 2-150
    ギア比6.2
    ドラグ力6.0(実用)/11.0kg(最大)
    おすすめ度
    4.91
    おすすめポイント
    • シーバス特化モデル
    • マクロモジュールギアⅡの搭載
    • リジッドサポートドラグ搭載
    • ルアーの飛距離アップするロングストロークスプール搭載

    2023年新発売、最高峰のシーバスリールがエクスセンスXRです。エクスセンスCI4+のデザインがさらに洗練され、内部の機能性も大幅にグレードアップ。フラッグシップモデルに迫る機能性であり、情報量の少ないナイトゲームにおいてアングラーの頼れる武器となります。

    created by Rinker
    シマノ(SHIMANO)
    ¥28,000 (2024/04/20 04:44:12時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

     

    11位:シマノ(SHIMANO)
    ミラベル 4000XG

    公式アイテムページSHIMANO
    モデル4000XG
    自重(g)245
    各適合ライン
    糸巻量(lb/号)-(m)
    ナイロン:3.5-170/4-150/5-125
    PE:1.0-490/2-240
    ギア比6.2
    ドラグ力(kg)6.0(実用)11.0(最大)
    おすすめ度
    4.80
    おすすめポイント
    • とにかく自重が軽い!
    • 上位機種のテクノロジー搭載

    とにかく自重が軽く、疲れにくい22ミラベルです。数年前なら8万円程度のハイエンドリールと同じか、それ以上に軽く、長時間の釣りでも疲れません。渋めのデザインもグッド。4000番台のスピニングリールは結構重いので、コスパ以上に自重を重視される方におすすめのミラベルです。

     

     

    created by Rinker
    シマノ(SHIMANO)
    ¥11,000 (2024/04/19 21:07:45時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

    12位:シマノ(SHIMANO)
    21ネクサーブ 4000

    シマノ ネクサーブ
    シマノ ネクサーブ1
    21ネクサーブ1
    21ネクサーブ2
    21ネクサーブ3
    previous arrow
    next arrow
    公式アイテムページSHIMANO
    モデル4000
    自重(g)305
    各適合ライン
    糸巻量(号)-(m)
    ナイロン:3.5-170/4-150/5-125
    PE:1-490/1.5-320/2-240
    ギア比5.2
    ドラグ力(kg)6.0(実用)11.0(最大)
    おすすめ度
    4.76
    おすすめポイント
    • 価格が安い
    • 疲労を軽減するGフリーボディ
    • ライントラブルの抑制と遠投性能の両立するAR-Cスプール搭載

    クラスを超えた高級感、がセールスポイントの『ネクサーブ』。2ライントラブルを抑制するAR-Cスプールを搭載し、淡水、海水などフィールドを問わず使える汎用性を追求。このクラスでは例のない高輝度の塗装をはじめ、高級感を演出するメッキパーツをふんだんに使用しているのもおすすめポイント。

     

     

    created by Rinker
    シマノ(SHIMANO)
    ¥4,255 (2024/04/19 11:41:17時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

    13位:シマノ(SHIMANO)
    セドナ 4000XG

    23セドナ
    23セドナ-3
    23セドナ-2
    23セドナ-1
    previous arrow
    next arrow
    公式アイテムページSHIMANO
    モデル4000XG
    自重(g)295
    各適合ライン
    糸巻量(号)-(m)
    ナイロン:3.5-170/4-150
    PE:1-500/1.5-320/2-210
    ギア比6
    ドラグ力(kg)6.0(実用)11.0(最大)
    おすすめ度
    4.75
    おすすめポイント
    • とにかく価格が安い
    • 超豊富なサイズバリエーション

    確かな手応えが愉しさを演出。ここから始めるアングラーへ。

    というSHIMANOの素晴らしい文言にも分かるように、釣り初心者でも手を出しやすい価格設定のセドナです。機能は流石SHIMANO。HAGANEギアやAR-Cスプール、Gフリーボディなど最新機種に搭載された機能がテンコ盛り。とにかく初期投資を抑えたい方におすすめ。

     

     

     

     

     

    14位:シマノ(SHIMANO)
    FX 4000

    釣り初心者 リール おすすめ『SHIMANO 19FX』
    公式アイテムページSHIMANO
    モデル4000
    自重(g)320
    各適合ライン
    糸巻量(lb/号)-(m)
    ナイロン:3.5-170/4-150/5-125
    PE:1-490/1.5-320/2-240
    ギア比5.2
    ドラグ力(kg)4.0(実用)8.5(最大)
    おすすめ度
    4.70
    おすすめポイント
    • 価格が安い
    • ナイロンライン(4号150m)付き
    • 掴みやすい大径ドラグ
    • ライントラブルの抑制と遠投性能の両立するAR-Cスプール搭載

    安心・快適・トラブルレス。間違いない入門機。

    というSHIMANO公式レビューの『エフエックス(FX)』シリーズ。搭載機能は、これまでのスピニングリールに比べて少ないですが、最初からナイロンラインが巻かれているため、すぐに釣りを始めることが出来ます。ルアー釣りは自重的に厳しいので投げ釣りなどにおすすめ

     

    created by Rinker
    シマノ(SHIMANO)
    ¥2,916 (2024/04/19 12:37:23時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

    15位:シマノ(SHIMANO)
    シエナ 4000

    釣り初心者 リール おすすめ『SHIMANO 19シエナ』①
    公式アイテムページSHIMANO
    モデル4000
    自重(g)320
    各適合ライン
    糸巻量(lb/号)-(m)
    イロン:3.5-170/4-150/5-125
    PE:1-490/1.5-320/2-240
    ギア比5
    ドラグ力(kg)4.0(実用)8.5(最大)
    おすすめ度
    4.69
    おすすめポイント
    • 価格が安い
    • 糸付き(3号150m)
    • ライントラブルの抑制と遠投性能の両立するAR-Cスプール搭載

    全てのユーザーに快適に釣りを楽しんでもらえるように、という思いで作られた『シエナ』。3次元解析を駆使して設計したギアを用いることで、滑らかでかつガタの少ない回転フィーリングを実現。また、キャスト時のライントラブルを防止するAR-Cスプールを搭載してるため、ライントラブルに煩わされることなく釣りを楽しめます。

     

     

     

    16位:シマノ(SHIMANO)
    ステラ 4000XG

    シマノ ステラ
    シマノ ステラ1
    シマノ ステラ2
    シマノ ステラ3
    シマノ ステラ4
    previous arrow
    next arrow
    公式アイテムページSHIMANO
    モデル4000XG
    自重(g)260
    各適合ライン
    糸巻量(号)-(m)
    ナイロン:3.5-170, 4-150, 5-125
    PE:1-490, 1.5-320, 2-240
    ギア比6.2
    最大ドラグ力(kg)7.0(実用)11.0(最大)
    おすすめ度
    4.75
    おすすめポイント
    • シマノリールの最高峰

    シマノの最新・最高技術が搭載されている『ステラ(STELLA)』です。スピニングリールの頂に挑み続けてきたステラが、3つのインフィニティ(無限大)を纏ってさらなる高みへと到達。スプール周りにおけるライントラブルを抑えるアンチツイストフィン、優れた耐摩耗性により滑らかなドラグ性能が持続するデュラクロスなど、細部に至るまで機能性を追求。最高峰の矜持がアングラーの手元で眩い輝きを放ちます。

     

    created by Rinker
    シマノ(SHIMANO)
    ¥71,000 (2024/04/20 04:44:14時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

     

     

    総括:シマノ 4000番台のスピニングリール
    おすすめランキング

    以上、コスパが高い4000番台のスピニングリールおすすめランキングについてでした。

     

    総括して一番のおすすめは?

    と聞かれたら、『シマノ(SHIMANO)アルテグラ 4000XG』を推します。

    • 圧倒的コスパの高さ
    • 持ち疲れない自重の軽さ
    • 高い制動力・巻き心地の良さ

    という点でおすすめ度が高いです。価格帯を考えると異常なまでにパフォーマンス・仕様が良く、餌釣りからルアー釣りまで様々な釣りモノで人気。モデルバリエーションも豊富なので、目的に見合ったモデルが必ず選べるというのもおすすめポイントです。

     

     

    以上、コスパが高いシマノ製4000番台のスピニングリールおすすめランキングについてでした。

    今回の記事で、あなたが納得できる4000番台のスピニングリールを紹介できていれば幸甚に尽きます。

     

    それでは!

     

     

    created by Rinker
    シマノ(SHIMANO)
    ¥12,442 (2024/04/19 20:27:01時点 Amazon調べ-詳細)

     

     

     

    こちらも読まれてます

     

     

    おすすめの記事