【スミスさんの旅も終盤!】乙嫁語り 最新巻13巻のネタバレ・画バレ含む感想と考察

ライラ&レイリのおもてなし! 『乙嫁』帰路編、13巻はアラル海の漁村!

中央アジアを舞台に、さまざまな結婚模様を描き連ねていく『乙嫁語り』。カメラを手に、旅を続けるスミスたち。やがてたどり着いたのは、アラル海周辺の漁村。そこは褐色の双子乙嫁、ライラとレイリが暮らす村であった! 懐かしき再会もつかの間、新婚ほやほやの双子によるおもてなしの宴が始まる!

引用:Amazon

 

 

 

今回は、そんな乙嫁語り13巻について紹介させていただく。

 

 

タイトルにもある通り、ネタバレ・画バレを含むぞ。

 

簡単にあらすじ紹介、面白かったところの紹介をサラっとするだけなので、キャラの言動一つ一つを丁寧に文字に起こしたようなネタバレ記事をご期待の方には、申し訳ないがご期待に沿えないからブラウザバックしよう。

 

 

ではではまとめていく。

 

 

 

 

乙嫁語り 13巻 感想と考察
【ネタバレ・画バレ含む】

それでは乙嫁語り13巻の大まかな見所についてまとめていく。

 

 

何度も言うように、マンガの面白さを抜くようなネタバレはしないように細心の注意を払ってまとめているけど、ネタバレはネタバレ。魅力を伝えるには絵が最良だと思って付けているので、『真っ白な状態で読みたい』という人はここでブラウザバックだ。これが最終忠告ぞ!

 

 

 

ライラ&レイリのおもてなし

スミスさん達の旅も終盤。

今までに立ち寄ったところに寄りつつ、本国への船が出ているボンベイに向かっていた。

 

 

アラル海の漁村に立ち寄ったスミスさん。

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

発見するや否や、実直に思ったことを伝えてくるライラ&レイラ。

 

 

先を急ぐというコトもあり長居は出来ないスミスさんだったが、食事をご馳走されることになった。

 

 

で、名乗りを上げたのが

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

ライラ&レイラだった。

 

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

 

 

 

一人前の世帯として、お客さんを招待するのに興味をもったらしい。サーミ&サームは気乗りしないまでも、ライラ&レイラの提案を了承。

 

 

 

しかし・・・

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

 

・・・

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

お客さんを招き入れて歓迎するということは重大イベント。万が一、お客さんに粗相があったらということでお母さんが監督。

 

 

 

そして、お母さんの心配通りに

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

 

・・・・

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

慣れないことの連続にテンヤワンヤな4人だった(主にライラ&レイラ)。

 

 

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

このままでは・・・

と危機感を募らせた4人。

 

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

一致団結して、おもてなしの準備に励み始める。

 

 

 

 

年少の夫婦たちは粗相なく、スミスさん一行を歓迎することができるのか。。。

 

 

 

 

海に入るタラスさん

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

あまり面識がなかった3人だが、軽く自己紹介をすませて団欒。

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

すぐに仲良くなった。

 

タラスさんが砂漠地帯の出身ということを知ったライラ&レイラ。アラル海の漁村で育った二人はしょっちゅう海で泳いでいたが、そもそもタラスさんは海をよく知らないっぽい。そんなことを聞いた2人、

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

『それなら海に行きましょう!』

とタラスさんを海に誘う。僕的に、この人懐っこさがライラ&レイラの魅力だと思う。

 

 

 

そして、

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

タラスさん、初めての海。

リアクションが初々しくってかわいい。

 

 

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

2人に手を引かれて、

 

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

海の中に。

 

 

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

・・・・

 

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

スミスさんに着いてこなかったら多分、タラスさんは生涯見ることも、ましてや泳ぐこともなかったであろう海。

 

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

初めて見る光景・生き物に目を輝かせるタラスさんだった。

 

 

 

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

やや物憂げな表情のタラスさんは何を思ってたのか、想像にふくらむシーンだった。

 

 

 

 

増す旅路の危険

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

見開き1ページで伝わる、旅先の暗雲。

 

 

『この先はロシア兵なども出没するようになったから迂回したほうが…』

という忠告を聞いたが、最後にカルルク達の住んでいる村を訪れるべく、道を進む一行。

 

 

 

 

そして、忠告通り

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

未知先で、ただならぬ雰囲気を感じ取ったアリさん。

 

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

スミスさんからすると何のことか分からないが、銃を握り、周囲を警戒するアリさんとニコロフスキさん。

 

 

 

 

 

すると、

 

 

 

 

 

 

 

 

いきなりの発砲。

何が何だから分からないまま、銃撃戦になってしまう。

 

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

護衛者として経験のあるアリさん、実戦経験もあるニコロフスキさん。

 

 

 

頼りになる2人ではあるのだが・・・

 

 

 

引用:乙嫁語り 13巻(著:森 薫)

 

 

 

 

 

 

乙嫁語り 13巻の感想と考察

とてつもない充実感で読み終えた乙嫁語り13巻だった。今までの感と同じように、1コマ1コマの描き込み量が半端なく、いちいち感嘆しながら読んでたら

 

 

 

読了するのに40分もかかってた。ほかの人はもっと早いだろうけど、誰にとっても間違いなく満足感の得られる13巻だったと思う。YoutubeとかTiktokとかで40分とられるのとはわけが違う。上質な40分を過ごさせてもらった。

 

 

 

ホント、

 

ライラ&レイラの能天気っぷりも最高だった

 

何気ない描写でもクスっと笑えるシーンから

 

 

読み返しても心配になる…

 

緊迫したシーンまで、振れ幅が大きかった。

 

 

 

 

完璧なネタバレになるが、13巻でスミスさん達の旅が終わる

 

 

その終わり方の呆気なさと言ったらね…。ドタバタの中 突如終わる感じのリアルさといったらね…まさか漫画でここまで感情の琴線に触れられるとは思わなかった。それくらい面白く、若干 物悲しい乙嫁語り13巻だった。欲を言えばもう少し、スミスさん達には旅を続くけてもらいたかったよ……

 

 

 

 

まだ13巻を読んでいないって方はネタバレサイトなんかで読んだ気にならないで、是非 乙嫁語りが全巻配信されてるU-NEXTでページの隅々まで見渡せる最高の状態でじっくり読んでみよう。個人的な乙嫁語りの魅力は、絵とキャラクターの心象を描き切った緻密さだと思う。ネタバレでストーリーの概要が分かったところで乙嫁語りの魅力は3割も堪能できてないだろう。

 

何気ないコマすら愛おしい

 

 

 

 

現在、U=NEXTでは31日間の無料体験キャンペーンもやっているようだ。是非 この機会にどうぞ。

実質790円で毎月2本漫画が無料で読めるぞ!
計算したら一日当たり26円はお得すぎる!
無料体験超おススメ!
乙嫁語り 13巻を無料で読む!!
上のボタンからU-NEXTの公式サイトに移ります。

解約料金はかかりません。

信頼できるサイトなので是非 目を通してみてください。
U-NEXTの無料体験は本当におススメです。
○○を読む!!

3分もかからずに登録できるぞ。

 

netflixは無料体験を終了したようで、いつU-NEXTの無料キャンペーンも終了してしまうか分からないので機会を逃さないよう注意ね。

 

 

それでは。

 

 

created by Rinker
¥673 (2021/09/25 18:58:03時点 Amazon調べ-詳細)

 

 

おすすめの記事