【コスパ重視!】ダイワ 20クレストの実釣インプレ評価【安くても十分使える!】

コストパフォーマンス

を考えるなら最高レベルの20クレスト。流石は一流釣具メーカー『ダイワ』のスピニングリール。廉価なモデルながらもドラグ、巻き取り性能ともに文句なし。

 

これから釣りを始めるんだけど…

釣り初心者に渡す&私もサブタックル用に、安くて頑丈なリールを選びたいんだけど…

という方に超おすすめな20クレスト。

 

 

そこで今回は、実際に身銭を切ってダイワ 20クレストを購入。何十回も実釣を重ねた筆者のインプレ評価をまとめていきます。特に使用感については詳しく後述していくので、悩まれている方は参考にしてみてくださいませ!

 

 

 

 

そもそもどんなリール?
ダイワ 20クレスト

リールの心臓部となるギア、そしてそれを包み込むボディのマテリアルをよりタフなものへと進化させ生まれたダイワ小型スピニングの新基準、LT(Light(軽さ)・Tough(頑丈さ))の20クレストボディ。スプール、ハンドルといった細部までの徹底した軽量化へのこだわりが随所に見られるスピニングリールです。こちらも2020年発売ということで、DAIWAの最新機能がふんだんに使われています。

 

スペックざっくりと!
ダイワ 20クレスト(LT2500S)

釣り初心者 リール おすすめ『DAIWA 20クレスト』①

公式アイテムページDAIWA
モデルLT2500S
自重(g)235
各適合ライン
糸巻量(号)-(m)
ナイロン:4lb-150
PE:0.6-200
ギア比5.3
最大ドラグ力(kg)5.0
おすすめ度
4.74
メーカー紹介文

ハイバリューリールのCRESTが待望のLTコンセプトにより大幅軽量化を実現!

ATD搭載によりドラグ性能UP!LTコンセプトにより大幅軽量化を実現!(前モデル2500番比で、なんとマイナス40gの軽量化!)ATD採用によりドラグ性能UP!LC-ABSにより飛距離UP!

引用:ダイワ 『20クレスト』

 

 

 

20クレスト
搭載テクノロジー

次に20クレストの性能&外見(デザイン)について紹介していきます。

 

LIGHT & TOUGH

ボディ、スプール、ハンドルといった細部までの徹底した軽量化へのこだわりが感じられる21クレスト。リールの心臓部となるギア、そしてそれを包み込むボディの材質をよりタフなものへと進化させ生まれたダイワ小型スピニングの新基準が『LT(軽く&強く)』です。

 

ATD

魚の引きに追随し、ドラグ力をコントロールし魚に主導権を与えないATDです。その特性を活かすためには緩めのドラグ設定が有効で、フッキングの際には強く効きながらも魚の引きに対しては常にドラグを効かせることのできるこの設定は大型魚であっても有効。必要以上に暴れさせることなくランディングに持ち込めるという強みです。

 

LC-ABS

LC(ロングキャスト)ABS搭載により、飛距離UP。

スプール端に引っかかることなく、なめらかに釣り糸が放出されます。ひと昔前なら上位機種に搭載されていたような機能です。

 

 

溝付きハンドルノブ

プラスチック樹脂のハンドルノブです。

濡れたりした指でも滑ることなく摘まみやすかったりします。ここら辺の工夫も釣り初心者には嬉しいですね。

 

 

デザインがカッコイイ!

その他にもストッパー付きボディであったり、パーフェクトラインストッパーなど様々な機能を搭載している21フリームス。キリがないので詳細は公式サイトにおまかせしておいて、当記事で実釣インプレ評価に入っていきます。

 

 

 

実釣性能抜群!
20クレスト 実釣インプレ

筆者の直感的に20クレストをインプレ評価するならMr.Chirdrenです。喜怒哀楽意味深なんでもござれなミスチル的 万能っぷり。

 

さて、読者の皆様が再度

…はぁ???

となったところで実釣してみての20クレストのインプレ評価をまとめていきます。参考までにどうぞ。

 

 

初心者にピッタリ!

友達にも気軽に渡せる

という点において、非常におすすめな20クレストです。筆者が使っているリールは1~2万円のモノが多いです。そんなわけで、釣り初心者に渡して

ごめん…落としちゃった…

と、ザラザラと硬い堤防や駐車場アスファルトの上に落とされると非常に凹みます。マジで、その後の釣りに支障をきたすくらい凹みます。使われている間も『直置きしてないかしら…?』と気が気ではありません。

 

そんなときに20クレストです。

価格が5000円ということもあり、気軽に渡せます(無論、5000円は安くありませんが…)。

 

 

巻き心地もGOOD!

巻き心地も良好

な20クレストでした。

 

そりゃ1万円以上のリールと比較すると

巻き始めがちょっと重いかな…?

とは思いますが、釣り初心者には問題ないでしょう。そんなに長時間、ルアーフィッシングでもされる方でなければ巻き初めの重さは気にしなくて大丈夫。

 

 

 

ドラグ性能も良い!

ラインブレイクをさせない

ように、滑らかに放出されるドラグも心強かったです。

 

 

急に魚に走ったりしたときにもドラグが間髪入れずに機能するのでラインブレイクを防止してくれます。流石は大径ドラグ。よく分からない方でも摘まみやすく、焦ったときでも操作しやすいでしょう。

 

 

自重が軽い!

自重が軽い

というのもおすすめポイントの20クレスト。

もっと軽く・強くがコンセプトの『ライト&タフ』ボディとなっており、『あと一投』が永遠に出来てしまうくらい軽く、持っていて疲れません。

 

日中まっッたく釣れなくて『今日はダメかもしれん…』と意気消沈。残ったのは誰も打たないような閑散としたポイントでも、

ダメだろうけど、もう一投だけしとくか…

という気にさせてくれます。

 

 

チョイ投げ釣りに最適!

チョイ投げに最適

に感じた20クレストでした。勿論、先述のようにドラグ機能なども低価格帯ながらにシッカリしているのですが、それ以上に価格の安さ・自重の軽さから初心者にこそ選んだ欲しい、そしてチョイ投げをやって、魚釣りの楽しさを感じてほしいと感じます。

 

 

アジングや

 

 

メバリングのような繊細なライトゲームも楽しめます。

 

しかし、日中の投げ引き釣りのような簡単&釣果も出しやすいチョイ投げ釣りこそ是非、釣り初心者は試してみてください。

 

 

夕マズメ、朝マズメ関係なく、近場の堤防でヒョイっと投げれば釣れるキスです。天ぷらにしても最高に美味しいので是非。

 

 

 

 

ダイワ 20クレスト
おすすめモデル

ラインナップが豊富なのも嬉しい20クレストですが、執筆時現在、モデルが全部で12種類。

多すぎて、どれを選べばいいのか分からないんだけど……

という方もいらっしゃるでしょう。そんな方に向けて、おすすめモデルを3つに厳選させていただきました。迷っている方は是非 参考にしてみてください。

 

 

ダイワ 20クレスト LT3000-CXH

筆者が購入したモデルです。ヒラメや根魚なども狙いたい筆者としては

ジグヘッドとかを極力ゆっくり巻きたい!

ということでノーマルギアの『 LT3000』、もしくは『LT2500』あたりと非常に迷いましたが、時期的に河口シーバスが熱かったのでハイギアモデルにしました。実際、ルアーやジグなどを早く巻いて誘うのに非常に向いているように感じます。9フィート前後の竿に合わせるモデルとしてもおすすめ。

 

 

ダイワ 20クレスト LT4000-CXH(LT5000-C)

ヒラメ、小型青物狙いのライトショアジギング等に超おすすめの人気モデルです。またサーフ(砂浜)で使用される方は10フィート以上の長尺ロッドを使うと思われます。そういった場合にもLT4000番以降のモデルの方が重心や持重り的にもバランスが良いでしょう。青物もやりたい方は巻き取り量が多いLT4000-CXH、ヒラメを狙いたい方はジグ単をゆっくり巻いてこれるLT5000-Cがおすすめです。

 

 

ダイワ 20クレスト LT2000

エリアトラウトやアジング・メバリングを主体の釣りをされる方にはLT2000がおすすめです。よくある質問に

2000と2000S、どっちが良いんだろう…??

というものがありますが、2000Sの方が浅溝(シャロータイプ)です。釣り糸を多く巻きたい方は『2000』、必要十分な量で良い方は『2000S』タイプがおすすめです。

 

 

 

コスパ最高レベル!
20クレスト インプレ総括

コスパ最高!!

であることは間違いない20クレストでした。

 

  • 価格の安さ
  • 自重の軽さ
  • 頑丈でタフ!!!

といった点から、価格以上に素晴らしいリールです。

 

1万円以下でお買い得なリール…ないかなぁ…

子供にも気軽に渡せるリールで良いんだけど……

という方は是非 検討してみてくださいませ。

 

 

それでは!

 

 

 

 

こちらも読まれてます

 

 

 

 

釣り雑誌で釣果を確認しても良いんでしょう。しかし検索に引っかからないマイナーなブログの方が場所や餌などの釣り情報が細かかったりするので、皆さんも参考にどうぞ↓

 

 

にほんブログ村 釣りブログ 関東釣行記へ

にほんブログ村 釣りブログ ソルトルアーフィッシングへ

にほんブログ村 釣りブログ メバリングへ

おすすめの記事