やぁやぁこんにちは皆さん。

私のバックパッカー巡り(ウェリントン)も早いもので、今回 宿泊した『Cambridge Hotel』を含めて、のこり3つになりました。肌寒く 強風吹き荒れるウェリントンを重たいキャリーケースを引きずって移動する生活も 残り数日だと思うと感慨深いです。

 

今回 紹介する、バックパッカー宿『Cambridge Hotel』は先述 紹介したバックパッカー宿『Base wellington』のすぐそばにあるBase wellingtonと同じくらい綺麗で、値段の安いバックパッカー宿になっております。

 

それでは紹介していきます。

 

 

 

Cambridge Hotelとは

 

ウェリントン市内中心部にある19世紀築のCambridge Hotelは、繁華街のコートニー・プレイスから徒歩わずか3分です。朝食に4ドル(NZD)でエッグ・オン・トーストを楽しめるバー、レストランを併設しています。1日あたり60分間無料のWi-Fiを利用できます。

Cambridge Wellingtonから有名なテパパまで徒歩わずか10分、美しいオリエンタル・ベイ・ビーチまで徒歩15分です。

Cambridgeでは男女共用ドミトリールーム、専用バスルーム付きの個室など、様々なタイプのお部屋を用意しています。ほとんどのお部屋に衛星テレビ、冷蔵庫、お茶/コーヒーが備わっています。

The Cambridge Hotelには共用キッチン、ゲストラウンジ(大画面プラズマテレビ付)があり、24時間対応のフロントではランドリーサービス、荷物預かりを手配できます。

The Bistroでは朝食、昼食、夕食に様々なニュージーランド料理を、バーでは地元ビールを楽しめます。水曜には無料のバーベキューイベントを18:00から開催しています。

引用:Booking.com

 

この前のBase Wellingtonでも言いましたが、バックパッカー宿のあるケンブリッジテラス沿いは、そこまでバーがあるわけでもありません。人通りも キューバストリートやディクソンストリートに比べて少ないので 人込みが嫌いな私のような人にとっては良さげな宿だと思います。

 

 

!注意!

ケンブリッジ ホテル(Cambridge Hotel)は、ホテルのウェブサイトがあります。

Booking.comやtoribagoでも調べてみましたが、ホテルのウェブサイトから直接 予約をしたほうが安いです。

公式サイトはこちらから

!注意2!

このケンブリッジホテルですが、バーなどと併設されていることもあって、入口が少々 分かり辛かったです。
下の写真のように、大通りに面しているのがバーで、ホテルの入口は路地を入ったところにあるので注意しましょう。

 

 

 

 

地図はこちらから

 

Cambridge Hotelの良いところ

それでは、まずは良いところから

 

施設の割に安い

先述したように、公式サイトから予約すると、上の画像のように19ドルから宿泊することができます。一週間 宿泊しても140ドルという驚愕の安さです。日によっては15ドルとかでも宿泊することができます。後述しますが、このバックパッカー宿は もはやバックパッカー宿と呼ぶのをためらうくらい綺麗です(キッチン以外)。この価格は破格です。

 

 

ちなみにBooking.comから予約すると

まぁ、他のホテル予約サイトに比べたら 安いほうなんですけどね、Booking.com。

 

 

超綺麗(キッチン以外)

共用バスルーム。とっても綺麗で数も十分。待つことなく使えた。

 

 

バスルームにコンセントがついている

場所によってはコンセントどころかドライヤーが設置されていました(ちょっと風は弱めでしたが、、)。

 

今までのように、部屋の片隅や、共有ルームで周りに気を使いながらではなく、洗面台の前で思う存分 ドライヤーをかけられたのは良かったです。

 

 

部屋が大きい

宿泊した8人部屋

 

宿泊したのは8人部屋だったのですが、天井が高くて大きく感じました。窓もあって 空気の入れ替えも簡単そうでした。暖房も備えついていて まったく寒くなかったです。

 

 

Cambridge Hotelの不便なところ

 

無料Wi-Fiは一日一時間

Booking.comで予約したときには、『無料Wi-Fi!!』なんて書かれていたのですが、実際に訪れてみてビックリ 『一日1時間まで』とのことでした。

 

それ以上 使いたい場合は上の画像のように、追加料金を支払う必要があります。(24時間で8ドルって結構高いです。シェアしているカップルもいたりしましたが、、、)

 

なお、無料Wi-Fiを使いたい場合は受付の人に『無料Wi-Fiを使いたいのですが』というと、上の写真 右側のような小さな紙をもらえます。そこに書かれているのが、Wi-Fiのパスワードです。ちなみに一時間 すぎると自動的に接続が途切れるので、インターネットを使って作業をされる方は気を付けましょう。ちなみに左側のがカードキーです。

 

 

キッチンが狭い&汚い

こちらが実際のキッチンの写真。

 

写真 中央にあるように、コンロが2つしかないんですよね。そのため 夜19時以降は大混雑してました。現在 10時30分ですが、ようやっと前のアルゼンチン人グループが料理を終えてコンロが使える状況になりました。なんかジャムを作っているらしく すげー長時間 コンロを占拠されてて辛かった。

 

朝食の時間帯は全く人がいなくて、すこぶる使いやすかったのですが やはり夕食時はいつも混んでいるようでした。私のように『人がいなくなったら使おう』なんて悠長に考えていると、10時くらいまで使えないので コンロの前に待機しておきましょう。

 

ちなみに、電灯が壊れているのか 夜のキッチンは非常に暗いです。そのためなのか、キッチン が汚くなりがちです

 

洗濯機・乾燥機が一つずつしかない

ひとつずつしかなかったので、いつも誰かが使っていて なかなか自分の番が来なかったです。

 

 

 

総括 Cambridge Hotel

そんなケンブリッジホテルですが、評価をつけるなら

 

清潔度 ★★★★★★★★☆☆
受付の対応 ★★★★★★★★★★
シャワー、トイレ ★★★★★★★★★★
Wi-Fi ★☆☆☆☆☆☆☆☆☆
立地 ★★★★★★★★★☆
安さ ★★★★★★★☆☆☆

 

清潔度は満点をつけようか迷いましたが、キッチンが汚かったので ★2つ減らしました。

Wi-Fiがすこぶる低評価しましたが、やっぱり一日一時間はちょっとね、、、ゲームじゃないんだから。。

Nomads Capitalで無料Wi-Fiがないのは私の確認不足でしたが、ここは『無料Wi-Fiあります!!』と言っておいて行ってみたら『一日一時間だヨ!』でしたので、そりゃねーよって思いました(小並感)。

 

 

それ以外には本当に満足したバックパッカー宿でした。Wi-Fiとキッチンは残念でしたが、それ以外はすこぶる満足しました。シャワーとかも最高に勢いがありました。Wi-Fi以外は本当におススメできるバックパッカー宿だと思います。今まで宿泊したウェリントンの宿の中でもトップレベルの綺麗さでした。

 

 

⇒「Cambridge Hotel」の詳細と空室確認をする(Booking.com)

 

 

日本ブログ村に参加しております。

上位にいるときはモチベーションが上がって 記事の更新頻度が上がったりします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
おすすめの記事