【Firealpaca】線画の色を変える方法3選

それでは早速いってみよう

 

 

 

 

スポンサーリンク

Firealpaca 線画の色を変える方法

今回は上の画像を使って説明していくよ

 

Firealpacaで線の色を変える方法は3つある(と思う)。

 

  1. 「透明度を保護」ツールを使った方法。
  2. (選択範囲(S))を使った方法
  3. 「クリッピング」を使った方法

 

僕的には1の「透明度を保護」ツールを使った方法が一番 簡単なので、そちらから紹介させていただく。

 

 

「透明度を保護」を使って線画の色を変える

これはもう超簡単。線画のレイヤーを選択して、「透明度を保護」にチェックする。すると、レイヤーに描かれている部分(線画)以外は塗れなくなるので

 

 

あとは好きな色で、好きなように線を塗っていくだけ。

 

 

 

(選択範囲(S))と使って線画の色を変える

まずはメニューバーの「選択範囲(S)」のところにある「レイヤーを元に作成/不透明度(O)」とチェック。

 

次にメニューバーの「レイヤー(L)」で「塗りつぶし(Ins)」をチェック。

 

そして選択範囲(S)、解除(D)をチェック。

 

 

完成。

 

 

 

「クリッピング」を使って線画の色を変える

 

クリッピングを使っても線画の色は変えられるぞ。

 

 

簡単だ。が、これはマジでおススメできない。

 

無暗にレイヤーを増やすとFirealpaca自体の操作が重くなるし、なによりレイヤーが嵩張って 後々 作業がし辛くなってくる

 

 

おススメはクリッピングを使わない「透明度を保護」ツールを使った方法だ。シンプルイズベスト。Firealpacaにおいて安直にレイヤーを増やす・クリッピングをするのはご法度だと僕は思う。

 

 

 

 

よくある質問

 

Q「透明度を保護」にチェックを入れられないんだけど?

A レイヤーの形式を確認しましょう

 

 

8(1)ビットレイヤー、テキストレイヤーになっていたりすると「透明度を保護」にはチェックが入れられないぞ。

 

 

そういった場合、レイヤーを変換する必要がある。

 

 

やり方は簡単。テキストレイヤーを選択して

 

レイヤー(L) /変換(T) /カラーレイヤーに変換(C)でOK。

 

 

 

 

 

まとめ Firealpaca線画の色を変える方法

以上 Firealpacaで線画の色を変える方法3選を紹介させていただいた。

 

おススメは「透明度を保護」ツールを使って変える方法だ。クリッピングやバケツツールを使った方法に比べても非常に簡単にできて、なおかつ線画の線を部分的にも塗っていけるのが素晴らしい。

 

 

説明しきったと思うが、それでも何か分からないことがあったら気軽に聞いてくださいな。

なお、「透明度を保護」ツールについては以下の記事でも紹介しているので参考にどうぞ。

 

 

 

 

それでは

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事