【誰でも簡単!】Firealpacaでの『色トレース』やり方 2選【レイヤー統合有・無】

なーんか私の絵、素人感が出るのよねぇ…

 

ん~~、なんかアニメ塗り感が出ちゃうんだよな…

 

という人、こんにちは!

 

そういう悩みから

 

線画の色を変えればいいのではッ??!

 

という結論に至った人は聡明だ。線画の色を変えるだけでも、結構 仕上がりが変わってくるもんだ。

 

 

僕の今までのイラスト記事を見てくれれば分かるように、素人感が半端ない(まぁ素人なんだが…)。というのは、おそらく線画の色が真っ黒で、変にクッキリとしてしまっていたからだと思う。脱素人感のためには、線画の色を“馴染ませる”必要があるっぽい。

 

 

 

そんな線画を周囲の色と馴染ませる方法を『色トレス』というそうだ。

 

他のペイントツール(クリスタとかフォトショップ等)では丁寧に説明されていたけど、FirealpacaはYahoo知恵袋にしか説明されていなかったので、今回はそちらについて。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

Firealpacaを使った『色トレス』の方法

上のGIFのように、線画を周囲の色と馴染ませるだけでも雰囲気がガラリと変わる(ちょっと勢いで色とかも変えちゃっているが)。

 

 

Firealpacaでは主に2つの方法で『色トレス』することが可能だ。

それが

  • レイヤーを統合しない方法(簡単!)
  • レイヤーを統合する方法(後々作業しやすい!)

の2つ。

 

どちらも利点があるので、それぞれの方法について解説していく。

 

 

 

 

レイヤーを統合しない場合

まずは色塗りを8割くらい仕上げる。

 

 

 

次に、線画レイヤーのチェックを外す。

そして、画像をPNGとして保存

 

 

 

さきほど保存した画像を、レイヤーとして開き、線画レイヤーの上に配置。

 

 

 

フィルタ(R)」から「ガウスぼかし(G)」を選択。

設定値は各自、お好み(今回は10で設定した)。

 

 

 

線画レイヤーにクリッピングして、不透明度を下げれば完成!!

 

 

今回は白背景だし、僕の力量不足もあって、やや分かり辛いが

 

GIFにして、顔らへんにフォーカスしてみると違いが分かると思う。

 

以上がレイヤーを統合しない方法だ。

利点としては、何と言っても簡単なところだろうか。失敗する可能性がほぼないので(やり直しがきく)、やり慣れていない人は是非。

 

 

 

レイヤーを統合する場合

では続いてレイヤーを統合する方法で、色トレスを行っていく。

クリッピングしてるし、『乗算』とか『加算・発光』なんかのブレンドレイヤーも多用してるから統合するとゴチャゴチャになっちゃうんだけど…?

 

と心配になる人もいるかもしれないが、ご安心あれ。

 

2021年現在のFirealpacaでは正しい手順でやれば、ブレンドレイヤーだろうが、不透明度が違っていようが、レイヤーは簡単に統合できる

 

 

 

統合の仕方は

クリッピングしてる場合、一番下のレイヤーから順に、『上書き』ボタン(上記 赤丸で囲んだヤツ)を使えば簡単に、雰囲気を寸分も壊さずに統合できる。

 

 

今回の場合、まずはクリッピングしてるレイヤーから統合していって、

 

 

最終的に

各部分を補完させて、最後に『仕上がり用』のブレンドレイヤーを統合させた。

 

 

 

線画以外のレイヤーを統合させたら、あとは一緒の工程だ。

  1. 色レイヤー(統合済み)を線画レイヤーの上にコピーして貼り付け
  2. 『ガウスぼかし(G)』をしてクリッピング
  3. 透明度を下げて、色トレス完了

といった感じ。

 

 

色トレスが完了したら

上のように、『レイヤー24(色トレース)』を『線画』に、線画を『肌』に、といった手順で統合させてみよう。

 

すると、レイヤーがすべて統合されるので、気に入らないところ、もうちょっとこだわってみたいところなどを訂正してみよう。レイヤーは1枚に集約されたので、どこでも、線画なんか気にせずに絵を仕上げることが可能だ。

 

 

 

 

 

総括『色トレス』

色トレス自体は全く変わらないんだけど、その後の作業がしやすいのは「レイヤー統合あり」の方だ。僕としては是非、レイヤーを統合させるやりかたで色トレースしてみてほしい。

 

 

やればわかると思うけど、いままで

 

クッソ、線画邪魔だなこれ誰が描いたんだよ…!
という所感を随所に持っていた人からすると目から鱗。修正したいところを何にも気にせずに修正できるし、なにより絵を描いてて非常に楽しいと思う。線画を直接、他の色と調整しながらいじれるのは楽しい。
以上、Firealpacaでの『色トレス』のやり方についてでした。
ここをこうしたらもっと良くなるよ、という心優しい方がいらっしゃれば是非、コメント欄に指摘してくださると幸甚に尽きます。
それでは。
スポンサーリンク
おすすめの記事