【Firealpaca】応用「透明度を保護」 イラストのシルエット(影)作り

この前 Firealpaca便利機能の1つ「透明度を保護」ツールについて書いた。

 

 

 

今回はその応用。シルエット(影)の作成方法について。

 

 

 

スポンサーリンク

『Firealpaca』でイラストのシルエット(影)作り

マスターすると、☝みたいな感じのシルエットが簡単に描けるようになるぞ。

 

まずは元絵を用意しよう。今回は

先日書いた記事の「暑がりヒナタさんと寒がりヨザキくん」のヒロイン、ヒナタさんを使ってくぞ。幸せだな。

 

 

それじゃあまず、消しゴムでいらない部分を消していこう。

 

 

 

準備完了。

そしたら一旦 シルエットを作りたいレイヤーをコピーして貼り付け。

今回の場合、同じレイヤーが2つとなった

 

 

そしたら一方のレイヤーの「不透明度を保護」にチェックを入れて、シルエットに適当な色で着色。

 

 

着色完了。

 

 

そしたら色を塗ったレイヤーを下に配置。

 

このままだと色が見えないので、大きさを変形。

 

 

あとはお好みでシルエットを斜めにしたり、いらない部分を消しゴムで消したりして完成。

 

 

 

シルエットを作る際のコツ

 

 

(重要)消し残しを作らないために

背景が白いままだと、ちゃんと消し残しがないか確認できない。

 

そういうときは

☝のように、ひとつ下にレイヤーを作って、黒系の色で塗っておくと消し残しなく綺麗にシルエットを作成できるよ。

 

 

今回で一番 力を入れるポイントはココだと思う。ちょっぴり面倒だけど、消しゴムを使って細かいところまで消そう。細部をこだわると何事も完成度がグッと高まるぞ。

 

 

 

 

まとめ

めちゃくちゃ簡素な記事になってしまった。1000文字以下の記事なんて僕史上 初めてだと思う。

 

簡潔にまとめすぎたかしら?そうだったらスマン。分からないことがあったら気軽に聞いてくださいな。

なお、今回 使ったFirealpacaの機能は

 

 

くらいだと思う。つまずいたりしたらそちらも是非 参考にどうぞ。

 

 

それでは

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事