【ウェリントン 電車】乗車の仕方・ホームの見つけ方等のまとめ

シティのセントラルから歩いて15分ほどのところにはウェリントン国会議事堂がそびえ立ち、そこから歩いて2分ほどのところにウェリントン駅があります。

 

バスが圧倒的に便利なウェリントンですが、遠出する際などは電車を使ったほうが安く早く目的地に到着することができたりします。2019年現在はWaikanae、Melling、Wairarapa、Johusonville、Kapiti、Hutt Valley方面に向かう電車があるようです。こちらのTrain Timetableのところから各行先の駅、時刻表が確認できます。

 

このウェリントンの電車事情ですが、改札がなかったり電子マネーなんかも使えなかったりして私的には若干 迷いました。そういうワケで今回はウェリントン内での電車の使い方についてまとめてみました。

 

 

 

ウェリントン電車の使い方

1937年建設の駅内はこのように、歴史を感じるデザインになっていました

 

それではウェリントンでの電車の使い方について説明していきます。

今回はウェリントンのシティセントラル駅から出発する場合のチケットの買い方、発車ホームの探し方などをまとめていますが、ウェリントン付近の電車なら同じような感じだと思いますので参考にしてみてください。

 

 

①:チケットを買う

ウェリントンでバスを使っている人は持っているでしょう『Snapperカード』は、なんと電車には使えません(ちょっと不便ですよね)。

 

そのため電車に乗る際は2019年現在は切符を購入する必要があります。

 

チケット販売所で購入する

ウェリントン駅から乗車する場合は、駅の中にある切符売り場で購入できます。目的地の駅名を伝えましょう。

片道か往復かを選べますので用途に合ったほうを購入しましょう。2019年現在は自動券売機のようなものは見当たりませんでした。

 

 

 

!注意!

場所にもよりますが、シティから離れた駅は無人駅であり、切符を購入する場所がない場合があります。
その場合は電車内で駅員さんから購入することになるのですが、電車内で切符を買う場合はカード払いができないようなので現金が必要になってきます。
手持ちの現金がない場合は事前に往復分を購入しておくか、切符売り場の横にあるANZのATMからいくらか引き下ろしておきましょう。

 

 

 

電車の車内で購入する

乗り遅れそうな人は電車の車内でも購入することができます

その場合は先述したように、現金での購入となります。持ち合わせがない場合は、、、、どうなるんでしょうね?経験のある人は教えてくださいませ。

 

 

②:電車の出発するホームを探す

目的地に向かう電車のプラットホームの探し方は私の思いつく範囲で2つあります。

 

 

Meltlinkのサイト・電子掲示板で確認する

上の画像のような電子掲示板があるので、そこで自分の目的地方面の電車の出発時刻・ホーム(Time/Platformの欄)を探すことができます。

 

切符にはBetween zone1 and zone4なんて書いてありましたが、実際に出発したのはzone6でしたので、皆さまもお気を付けください

 

 

こちらのサイトで目的地までのバスや電車、またホームの番号なども調べられますので、是非 ご活用ください。

 

 

駅員さんに聞く(おススメ)

これが一番手っ取り早いですし、安心です。

駅員さんっぽい人に尋ねましょう。

 

 

③:電車に乗る

ドアのところにグリーンボタンがあるので、閉まっていたら押して乗車しましょう

 

自分の目的地に向かう電車を見つけたら乗り込みましょう。

 

音楽を聴きながら待つのも良いですが、突然 係員が来て『違う車両に移動してくれ』みたいなことを言われる場合もありますので、電車が出発するまでは周囲には気を配っておきましょう。

 

 

そして、電車が動き出すと係員さんが乗客一人一人の切符をチェックしにまわってきますので、そのときに事前に購入した切符を見せましょう。まだ切符を買っていなかった人はここで購入することになります。

 

 

このように切符に2つの穴が空いたら完了です。

あとは目的地に着くまで待ちましょう。なお、こちらの電車は停車してもドアは自動で開きませんので ドアの傍にある緑色のボタンを押して降車しましょう。

 

 

降りるときも自動でドアが開くわけではないので、上の画像にあるようなグリーンボタンを押しましょう

 

 

 

まとめ

自転車を積むこともできます。

 

いかがだったでしょうか。

 

というか『いかがだったでしょうか』も何もないほど簡潔だったと思うので皆さんはきっと簡単に使えると思います。注意点としては、電車内で切符を購入するときは現金払いになる、Snapperカードが使えないということくらいでしょうか。

 

 

もし何か分からないことがあれば是非、お尋ねくださいな。

 

 

 

日本ブログ村に参加しております。

上位にいるときはモチベーションが上がって 記事の更新頻度が上がったりします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
おすすめの記事