第13話 日陰の密会

引用:血の轍 2巻 13話

 

来訪者は吹石さん。

家に行きたい、といって約束するも全然 電話くれないからと尋ねてきたらしい。

 

 

両親がいないことを知った吹石さん。

引用:血の轍 2巻 13話

 

断る理由がなく、静一は吹石さんを家に上げることにした。

 

 

気になっていた女子が部屋を訪れる、普通の中学生男子なら嬉しい展開。なんだけれども、前日のしげる君の事故のこともあり心身ともにヘトヘトの静一。

 

 

 

引用:血の轍 2巻 13話

 

会話もそこそこに、『遊べない…』と吹石さんに告げて、帰らせようとする。尋常ではない様子を覚ったのか、吹石さんも理解したようで、部屋を後にしようとする。

 

 

 

引用:血の轍 2巻 13話

 

去り際に吹石さんが渡したのは…

 

引用:血の轍 2巻 13話

 

 

 

 

 

 

第14話 はじめましてえ

引用:血の轍 2巻 13話

 

吹石さんが帰る間際、ギィーーー、バタン……、と 玄関の開く音。

 

 

玄関の靴を見て、静一の部屋を訪れたのは

 

引用:血の轍 2巻 13話

 

勿論 お母さん。

 

 

 

引用:血の轍 2巻 13話

 

知らない女子が静一の部屋にいる。

お母さんの反応は……

 

 

 

貰ったラブレターをサッと隠す静一。

 

引用:血の轍 2巻 13話

 

 

 

気まずくなったのか、吹石さんは会話を切り上げて帰ろうとする。

引用:血の轍 2巻 14話

 

 

『おじゃまだったかしら?』とお母さん。

引用:血の轍 2巻 14話

 

 

終始 にこやかな笑顔のお母さんなんだけど、どことなくコワイ。吹石さんも何か感じることがあったのか、目を伏せて答えるのが印象的だった。

 

 

 

 

第15話 救済

引用:血の轍 2巻 14話

 

……

 

 

引用:血の轍 2巻 14話

 

 

吹石さんからラブレターを貰ったことはバレていたようで、手紙を見せるように要求される。

 

 

 

普通の中学生男子なら間違いなく拒否するところだろうが、静一、素直にお母さんに手紙を渡す。

引用:血の轍 2巻 14話

 

 

静一自身、まだ読んでいないラブレターに目を通すお母さん。

 

 

 

 

その表情は…

 

 

 

 

 

 

手紙を読み終えたお母さん、静一にも手紙を見せる。

引用:血の轍 2巻 14話

 

 

吹石さんからのラブレターを読んだ静一。

 

 

その反応を見たお母さんは…

 

 

 

 

 

引用:血の轍 2巻 14話

 

 

 

 

 

 

引用:血の轍 2巻 14話

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

血の轍 2巻 感想と考察

という血の轍2巻だった。

 

1巻 7話『顕現』から徐々にお母さんの異質さが表れてきたが、2巻 15話の『救済』でついに…、、という感じだった。正直、タイトル『救済』の意味は全く分からなかったし、なんなら展開にもついていけなかった。が、それでも続きが気になって仕方ない。

 

 

とにかく、これ以上は本編で読もう。今回のネタバレあらすじ紹介記事では本編の面白さの1割も伝えきれていないぞ。

 

引用:血の轍 2巻 15話

 

 

 

まだ『血の轍を読んでいないって方は、こんなネタバレサイトなんかで読んだ気にならないで、是非 本編が全巻配信されてるU-NEXTでページの隅々まで見渡せる最高の状態でじっくり読んでみよう。あらゆるコマが妙な生々しさを妊んでいるのが『血の轍』だぞ

 

現在、31日間の無料体験キャンペーンもやっているようだ。是非 この機会にどうぞ。

 

1990円の月会費なのに毎月1200円分のポイントが貰えるし、
計算したら一日当たり26円はお得すぎる。
そもそも今は無料体験期間で雑誌は読み放題などの特典もある。
無料体験をしない理由がないぜ!
『血の轍』を読む!!

上のボタンからU-NEXTの公式サイトに移るぞ。

解約料金はかからないぞ。

信頼できるサイトなので是非 目を通してみてほしい。
U-NEXTの無料体験は本当におススメ。
○○を読む!!

3分もかからずに登録できるぞ。

netflixは無料体験を終了したようだ。いつU-NEXTの無料キャンペーンも終了してしまうか分からないので機会を逃さないよう注意

 

 

 

いよいよお母さんの異常性が露わになり、ますます続きが気になった血の轍 2巻だった。

 

 

 

それでは。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事