こんにちは。

 

来た当初は気温が低いことに加えて風が強いなんていうダブルパンチもあり、危うく日本への飛行機のチケットを手配しそうになりましたが、2週間ほどが経ち 徐々に友達などができ始めて孤独感が薄れてきました。井家と申します。皆さんは如何 お過ごしでしょうか?

 

 

 

毎回 毎回 前置きが長いので、今回はサクッと表題の通り ウェリントンのシティ内にある安めなバックパッカー宿『Rosemere Backpackers』について紹介させていただきます。

 

 

Rosemere Backpackersとは

ウェリントンの観光に便利な中心地に位置するRosemere Backpackersは、館内全域で無料のWi-Fiを提供しています。

ショップ、レストラン、バーが並ぶ自由奔放な地区のキューバストリートから400m、ケーブルカー乗り場、テ・パパ国立博物館から800m、最寄り空港のウェリントン空港から5kmです。

くつろいで過ごせる共用のラウンジエリア、自炊可能な共用キッチンやバーベキュー設備を利用できます。

カーペットフロアの客室には暖房、衣類ラックが備わります。バスルームは共用です。

宿泊施設にはサンテラスがあり、追加料金でランドリーも利用できます。

引用:Booking.com

 

私が宿泊したのは6人部屋で、一泊あたり24ドル程度でした。

日にちや部屋の大きさによっては22ドルから宿泊できるようです。

 

地図はこちらから

 

 

Rosemere Backpackersの良いところ

Booking.comの評価は6.5と、まずまずな評価だったんですけど、私としては非常に快適に過ごせました。

ルームメイトも2人の男だけで、夜はとーっても静かに過ごしませた。何かに困っていると、「どうしたん?」って尋ねてくれたりして、あぁ良いところだなぁ、、と初日から感じてました。

 

長期滞在者の有無がバックパッカー宿の良し悪しに繋がっているという話もありますが、ここの『Rosemere Backpackers』には現在 2年間ほど滞在している人がいるそうです。

 

それでは、『Rosemere Backpackers』の良いところについて紹介していきます。

 

 

朝食がついてくる

朝食は朝7時から10時までの間にとることができます。

 

日替わりなんてことはなく、毎朝 パンとシリアルです。アンリミテッドなパンとシリアル。あ、勿論 牛乳にバター、ジャムなどもあります。

 

 

そこそこ綺麗

シャワー・トイレは男女共用でした。ごらんの通り、結構 綺麗でした。

 

安いバックパッカー宿にありがちな『うぁ~~きったな~~~。。』ということは一度も感じないくらいには綺麗でした。便座が濡れている、なんてこともありませんでしたしね。

 

今は冬なので、そんなに客がいないらしいのでなんとも言えませんが、7月現在は全体的に とても綺麗に保たれているようでした。

 

 

(追記:夜 9時以降のキッチンは汚かったです。すみません。主にコンロの周りが汚かったです。あと、週末なんかは酒飲み達が集ったりして ご飯が食べづらかったりします。今 私はパスタを茹でながら この記事を書いているのですが、私以外の全員はグループで飲んでいるので 若干 気まずいです。まぁ、気になんてしていられませんが。。)

 

 

バスルームの洗面台のところにコンセントがある

これは驚きました。

今まで ウェリントンで5つの安バックパッカー宿(一泊25ドル以下)に宿泊しましたが、これまでにバスルームの洗面台付近にコンセントがあったところは、先日紹介した『Nomads Capital Backpacker』の一つだけでしたからして。。

 

ということで、ここのバックパッカー宿では、バスルームの洗面台のところでヘアードライヤーを使って髪の毛を乾かすことができます。

 

 

Rosemere Backpackersの悪いところ

正直 特にないっちゃないんですけど、ひねり出して「不便だなぁ」思ったことについて書いていきます。

 

 

寒い

私が止まった6人部屋。とても綺麗で快適だった。

 

私がRosemere Backpackersに宿泊したのはニュージーランドは冬に突入した7月中旬のことだったんですけど、バックパッカーの宿の中が寒かったです。

 

いたるところに窓があって、日中は日差しが差し込んだりして綺麗ではあるんですけど、夕方くらいから急激に冷え込むので、うっかり窓を閉め忘れようものなら冷気が外から流れ込んでくるので、大変 寒かったです。

 

坂道・階段がつらい

こちらがRosemere Backpackers唯一のエントランスの前にある階段です。そこそこ傾斜があって、キツかったです。

 

また、Rosemere Backpackersの道中も結構 急な坂道で、そこそこ大変でした。その分 シティの中心地付近にありながらも、夜に通行人が騒いだりしないという素晴らしいメリットもあったりするんですけど、それにしたって坂道と階段は辛かったです。

 

ベッドが安っぽい

私が使ったベッド。薄かった。。

 

ご覧の通り、ベッドが薄くて安っぽいです。

まぁ、私としては十分 眠れはするのですが、、、それにしたって薄かったです。

 

 

 

総括Rosemere Backpackers

外にも共有スペースがあります。写真 奥に見えるように、洗濯物を干す場所もあったりします。

 

ということで、Rodemere Backpackersについて評価するならば、

清潔度 ★★★★★★☆☆☆☆
受付の対応 ★★★★★☆☆☆☆☆
シャワー、トイレ ★★★★★★★☆☆☆
Wi-Fi ★★★★★★★★☆☆
立地 ★★★★★☆☆☆☆☆
安さ ★★★★★★☆☆☆☆

 

このような感じになりました。

 

 

私としては、結構 満足できたバックパッカー宿でした。無料Wi-Fiも無制限にサクサクとつながるのも素晴らしかったです。あと、このバックパッカー宿は飲酒が認められているのですが、Lodge in the cityとは違い 客層が比較的良いのか、すげー騒いでいるアホな若者なんかはいなくて快適でした。

 

私がチェックしている2019年6月から7月は、一泊22ドルから宿泊できるようでした。

 

⇒「Rosemere Backpackers」の詳細と空室確認をする(Booking.com)

 

 

 

 

日本ブログ村に参加しております。

上位にいるときはモチベーションが上がって 記事の更新頻度が上がったりします。

にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリへ
にほんブログ村 海外生活ブログ ワーホリ(ニュージーランド)へ
おすすめの記事